トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

個人の日記

山登り、旅行等の日記を写真で残します。

    20100207

本画面がトップページ。

    最近の記事欄 もしくは 

    カテゴリー欄より選択

     クリックしてください

     全ての記事より選択は

     右横下の”RSSを表示する”をクリックし明細より選ぶ。

      <写真は写真の上をクリックすれば拡大します。>

2010年1月26日 (火)

以前行った中国九サイコウ黄龍の写真

2007年5月26日、中国四川省九サイコウ黄龍等に
行きました。

中国四川省の地震の1年前です。
これ以前、中国は黄山に行った、2度目。

小生が行った、各地区が地震の被災地でした。
都江堰、成都等も立ち寄りました。

中国、チベット、少数民族の人たちは
無事だったのだろうか。

当時も成都よりバスで1日川添えを上り
九サイコウ迄大変な旅だった(今は殆ど空路)。

黄龍には標高4000mの峠をバスで行きかえり
軽い高山病に罹る人がいた。
九サイコウ・ 3000mぐらい
黄龍・・・・・・3500mぐらいの高地である。

今回の旅は思い出に残った1つだ。

・・・

Imgp0026_2

Imgp0044_2

Imgp0068_2

高地のため、水が冷たく樹が腐らない?

Imgp0094_2

この滝の上がなだらかな流れで歩いてくだる、なにせ、爽やかな渓流

Pict0147_2

この峠をバスで越える、今回は途中までは景色が見えたが峠では見えず。

黄龍へはこの峠を行きかえりする。

Imgp0129_2 Imgp0134_2

下の谷までは水が無く(温暖化の為?)チョット残念。

トルコのパムッカレも石灰岩で似た感じ(景色は全然違うが)。

Imgp0186_2

此処は地震で名前が出ていたが大丈夫だたのか?

2010年1月23日 (土)

以前行ったトルコの写真

1月23日、昨日今日と天気は良いが寒く
家の近所中心でした。

海外旅行は最近(数年前から)たまたま
子供がタイに行っていたので、遊びに行き
その後何箇所か行った。

中国の黄龍に行った時、トルコにも似た
景色があると、話があり 2008年1月に
行った。

特に、カッパドキア地区の地下都市には興味が

あった。

写真も以前はデジカメでなかった為、タイ等は
記載出来ない。

トルコは乗り継ぎで行った為非常に疲れた、
思い出がある。

・・・
Photo Photo_2 Photo_3 Imgp0830 Imgp0846 Imgp0895 Imgp0899

2010年1月18日 (月)

皇居周辺

1月18日(月)

昨日はクラブの新年会で冷酒を飲みすぎ
途中から記憶がとんだ・・反省しきり

本日も小生が勤めていた会社のOBの新年会が有楽町のホテルで開催。
あまり飲み過ぎないよう注意。

好きなのでなかなか適度が難しいデス。

11時30分より13時30分、殆どが小生の先輩である。

帰りはホテルの前の日比谷公園へ次は皇居の桜田門より二重橋へ
本日は月曜日なので江戸城内は入れず、周りの写真を撮りました。

城内見学もよいが今回は残念、皇居の周りを走っている人が多いが
景色が良いので気持ち良さそうでした。

小生も以前、何回かは走りました。

今は歩き中心です。

そうそう、江戸城に本丸再建を運動している団体もありましたネ。

写真を撮り終わり帰宅に・・・・・・・

東京駅で電車が途中で止っている、そう、人身事故現場だった。
3分後ぐらいかな?,その後かなり待たされた。

P1180009 P1180013 P1180019 P1180028 P1180030 P1180031 P1180033 P1180037

2010年1月15日 (金)

国宝白水阿弥陀堂

1月14日、昨日風のため電車が遅れたため本日拝観

本尊の阿弥陀さまは写真撮影が禁止のためありません。

この日も寒かった、バスの接続が悪く、内郷の駅よりタクシー

お堂は池に囲まれ(浄土庭園)趣があり。20100113s_022 20100113s_038 20100113s_046

お堂内に阿弥陀様、観世音菩薩、勢至菩薩、持国天、多聞天、

の立像のお姿があり。

鵜の岬に行ってきました。

1月13日人気の高い、茨城県立国民宿舎 鵜の岬に宿泊

魚系が苦手のため、肉系で予めお願い、おいしい肉でした。

車が無いため、電車(青春18キップ)当日朝雪があり、しかも、朝もやで

遅れがあり、勿来ー植田間では強風のため途中で停車40-50分遅れとなった。

それでも、十王駅への迎えの車にまにあった。

宿舎より海が目の前で見晴らしは良好でした。

いくつかの写真を添付

20100113_003 20100113_007 20100113_010 20100113_011

2010年1月12日 (火)

カンボジアのアンコール地区に行ってきました。

カンボジア(CAMBODIA) アンコール(ANGKOR)地区

カンボジアはビザが必要、且つ、出国では出国料25ドルが必要。

12月20日SIEM REAP空港(ベトナム ハノイより)

翌朝4時ワットの朝日を観る 入場料4ドル(3日分写真付)
1,ワット
2,トム
3,パンテアイ・スレイ
4,タ・プローム
等を3日間で観光した。

この季節は乾季でしかも虫はいない。
しかし、日中は30度を越す暑さである。

昼は観光も休みでホテルに戻り休憩する。
現地の住民の子供は裸足である。
電気も無い村が多いとのこと。

遺跡群は多岐にわたる。

すばらしい、遺跡で感動した。

いくつかの写真をのせる。

Dsc00128

アンコール ワット

Dsc00154

アンコール ワット

Dsc00216

アンコール トムの城門

Dsc00272

アンコール トム内の女神

Dsc00463

パンテアイ・スレイ ガジュマルの木の根
ジャングルに埋もれていた為、木が覆いかぶさった

Dsc00489

タ・プローム

2010年1月 8日 (金)

下町八福神めぐり

天気の良いのに釣られ、上野駅より浅草まで歩き出した。
下谷神社によりお参り・・・八福神めぐりの案内が目に留まり
簡易地図を片手に歩き出した。

1、下谷神社   写真を撮るのを忘れた
2、小野照崎神社 此処から写真あり 今回初めてお参り 入谷
3、鷲神社    酉の市で有名 千束
4、今戸神社   此処も今回初めてお参り
5、第六天榊神社 此処も今回初めてお参り 蔵前橋の脇
6、水天宮    人形町
7、小網神社   此処も今回初めてお参り
8、住吉神社   此処も今回初めてお参り

途中 吉原神社、薬研堀不動尊、鉄砲洲神社もあり11社めぐりを
帰りは入船駅より仲御徒町で下車アメ横で買い物をし帰宅。

20100108024

20100108_025

20100108_026

20100108_029

吉原神社

20100108_030

20100108_038

20100108_041

20100108_042

20100108_043

20100108_046

20100108_048

20100108_052

20100108_054

鉄砲洲神社

2010年1月 3日 (日)

カンボジアに行ってきました(改定その1)

カンボジア(CAMBODIA) アンコール(ANGKOR)地区

12月20日SIEM REAP空港(ビザが必要)
翌朝4時ワットの朝日を観る 入場料4ドル(3日分写真付)
1,ワット
2,トム
3,パンテアイ・スレイ
4,タ・プローム
等を3日間で観光した。

この季節は乾季でしかも虫はいない。
しかし、日中は30度を越す暑さである。

昼は観光も休みでホテルに戻り休憩する。
現地の住民の子供は裸足である。
電気も無い村が多いとのこと。

遺跡群は多岐にわたる。
いくつかの写真をのせる。

Sdsc00128_3

Dsc00154

1,アンコール・ワット

  日の出前

Dsc00272

 

2、アンコール トム 王の微笑み

Dsc00463

 

3、タ・プローム 遺跡が樹の根に覆われているDsc00489

4,,パンテアイ・スレイ

スイスのハイキング

2009年7月11日ー18日の8日間スイス国内を

ハイキングを含め見て回りました。

ベルンでは少し雨へでしたが、以外天気にも恵まれた。

まずは、マッターホルンの朝焼けです、山頂に火がつきます。

S_310_21

地下電車等乗り物で展望台へ、そこはマッターホルンが目の前にあり、展望を楽しみハイキング祝福の時です。

S_4914477m_21_2

そこから目を左に向けると、モンテローザの山並みです 4634m、左隣はリスカムですね。

S_4644634m_21_2

ベルニナ山塊4049m 展望台の脇ではスキーをやっていました。

S_0741

カペル橋 

A_1381

アイガー 天気が良いのですが、暑いため写真は?

このときは午後からフリーなので山を見ながらテラスでワインを見てました。

A_2491

ベルンの旧市街 この日少し雨がふりました。

A_2861

ドリュー針峰です。

A_3721


グランドジョラス(三大北壁の一つ)山頂は雲の中でした。

S_3211


ウエンゲンの町からみたユングフラウ4158m。

S_1691


素晴らしい景色でした。

トップページ | 2010年2月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ