« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月24日 (水)

以前行った屋久島

2008年7月7-9日に屋久島に行った。

鹿児島に行き、次に鹿児島から乗り継ぎ屋久島へ
屋久島ゆき飛行機は小さい、しかも上がったら下る感じで
意外と近い。 003

1日目は白谷雲水峡であの"もののけ姫の森"である。
苔が凄い、鹿も見れた(多いらしい)
旅館(民宿?)トビウオの天婦羅がでた。

2日目は朝早く出たが荒川登山口にトイレが1つ(小さく)
しかも、上る人は多く1時間ぐらい待たされた。
昔の軌道の道をしたすら歩く、軌道終点にトイレが1つあり。
そくより上り漸く屋久杉に出会える(途中にもあるが).

ウイルソン株、夫婦杉、大王杉、縄文杉に合えた。
確かに凄い杉達である。

歩くにあたりガイドさんがついて7-8人の単位のグループ
でのぼる、帰りも同じコースをもどる(帰りはダラケル)。

3日目は屋久島ハイランドと海側をまわる。
紀元杉、大川滝、千尋の滝
空港に着いたが、飛行機がトラブルで鹿児島から飛べない
従って、今日は帰れないとの案内があり、皆でどうするのだ
と騒いだが、この手のトラブルについて対応がしっかりしていて
本社と連絡しホテル(良いホテル当然無料)を手配し飲み物(1本)を
付けてくれた。

翌朝1番の飛行機で無事戻れた(会社は1日休んだが)

百名山の宮之浦岳には上っていない。

・・・・

054 090 114 137 138 155 174 194 210 269 287 318

2010年2月22日 (月)

以前行った八ヶ岳

2009年8月14-15・22-23の二週に渡り八ヶ岳に行った。

14日は主峰赤岳である。

当日は南沢より行者小屋へ泊まる、小屋の前は人が多数いたが
小屋泊まりは少なくゆったりと寝れた。

翌日地蔵尾根コースより主峰赤岳へ、ほぼ毎年上っているが、
今年は膝の調子が悪く、山への登山回数も少なく、
文三郎道のくだりは疲れた。
しかし、前日からの天気の良さとコマクサが多数見られ良かった。

22日は山水会の定例山行で硫黄岳、天狗岳である。

当日はオーレン小屋へ泊まり、硫黄岳へ上る、風が強く雲もあり。
この日は小屋のお祭り(チベットとの関係があり)で賑やかだった。
酒を飲みすぎたか(?)朝調子が悪かった。

翌日は寒く風が有ったが見晴らしは最高だった。
天狗岳、中山、丸山、麦草峠へ縦走、結構アップダウンがあり
大変だった。

どちら間も写真撮影にはよかった。

・・・・

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 P8150129 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Jpg Photo_9

以前行った谷川岳

2008年10月に谷川岳に行った。

紅葉は中々いい時期に当たるのが難しい、以前谷川岳
一の倉の岩壁の紅葉の美しい時期に行った、その時は岩壁を見ながら

蓬ヒユッテに泊まり翌日谷川岳山頂へ、今回も期待。

今回は家内と娘の3人で谷川岳の天神平ロープウェイで
上がり天神尾根歩きで肩の小屋へ1泊、天気はマアマアで紅葉も
マアマア、小屋は結構混んでいたが、予約のせいか楽な部屋で眠れた。

谷川の山頂を抜け、茂倉岳、武能岳、蓬ヒユッテ脇より
土樽へ下山、以前は逆コースを歩いたが上がり下がりが有り大変。

紅葉は全山とはならず部分的で以前来た時程では無かった。

此れとは別に谷川岳ー平標山のコースはまだなので一度やりたいと
思っているがどうだろう?

・・・・

C006 C042 C068 C078 C114

2010年2月18日 (木)

以前行った北アルプス表銀座コース(槍ヶ岳、燕岳)

2008年8月に北アルプス表銀座コースを何年か
ぶりに行った。

本コースは二度目である。
槍ヶ岳は5月一度、夏は四度となる。

中房温泉に宿泊し、

1日目急坂を上り燕山荘前より燕岳へ

燕山荘まで戻り表銀座コースの尾根を歩き大天井ヒュッテ泊
翌日西岳より東鎌尾根槍ヶ岳へ この二日間天気がよく
最高の景色でした。

残念なのは槍ヶ岳山荘で休んでいたら午後から雲が出て
山頂からの景色が見えなくなった、すぐ上るべきだった。

翌日は雨で膝を庇いながら景色も見えず槍沢を上高地へ
したすら下りた。

このコースは比較的簡単で景色が良いので、もう一度ぐらいは
行きたいコースである。

・・・・

Dsc00631_2 Dsc00596_2 020_2 Dsc00679_2 Dsc00737_2 Dsc00636 Photo Dsc00890 Dsc00895 Dsc01032

Dsc01012 Dsc01040_2

2010年2月16日 (火)

京都に行きました(その3日目)

2010年2月10日から2日12日までの3日間京都へ
此れは3日目、当日は朝小雨曇り途中より晴れ。

京都駅よりバスで嵐山へ

1,天竜寺
  庭が素晴らしい、特に桜の時期は良いと
  思われる、京都はやはり桜と紅葉を意識し
  山側の地を利用した庭が広大に造園されている。

後ろの出口より嵯峨の竹林道へ、但しタクシーが
入ってくるのには興ざめでした。

2,途中、落柿舎(らくししゃ)
  芭蕉の門人、向井去来の住処。
  江戸時代の家で京都の他の建物に比べると
  見劣りがするが趣はある。

  柿主や梢はちかきあらし山 去来
  (小生は俳句の良さが判らないが)

3、二尊院 
  2如来さま 釈迦如来、阿弥陀如来が祭られているので
  本寺の名前が付いたとの事。
  
4、祗王寺 尼寺 この辺を奥嵯峨と言う
  小倉山山麓 竹と楓に囲まれた草庵
  平清盛ゆかりの女性 昨日の寂光院は娘。

この後、化野念仏寺表まで歩く、再びもどり保津川渡月橋へ
この時期は蝋梅ぐらいで花が無いが人では結構あり。

5、広隆寺
  国宝群を参観 弥勒菩薩他仏像を参観
  小生は仏像が好きだ(平等院でも感じたが)
  弥勒菩薩は昔々修学旅行でお会いした。

・・・・

Dsc00243 Dsc00246 Dsc00250 Dsc00253 Dsc00282 Dsc00286 Dsc00292 Photo Dsc00302 Dsc00304 Dsc00320

2010年2月15日 (月)

京都に行きました(その2日目)

2010年2月10日から2日12日までの3日間京都へ
此れは2日目、当日は朝曇り途中より雨
午後からは本降りとなり大変でした。
京都観光一日乗車券(1000円)を購入し地下鉄バスでまわる。

地下鉄で国際会館駅、そこよりバスで大原へ

1,大原三千院
  庭が素晴らしい、阿弥陀さまも、
  当日は大根の煮付けのサービスがあり寒いなか
  ありがたかった(感謝)。
  此処でも国宝の阿弥陀様(お堂)があり、周りは苔で
  囲まれ趣十分でした。

京都は国宝が一杯ですね。

2,すぐお隣の宝泉院
  額縁庭園より五葉松等大原の里の風情をみる。

一度道路まで戻り逆側の山裾を登る。

3、寂光院 尼寺
  建礼門院(安徳天皇の国母)ゆかり、残念な事に
  平成12年放火(?)により消失 残念、再建
  諸行無常である

食事後京都市内へ地下鉄でさらに

青蓮院は表のみクスの樹が見事 知恩院の隣でした。
確か幕末に活躍された方が出られたと認識してましたが。

4、知恩院
  山門が見事、凄い山門を作ったもんですね!
  しかし、人が多数と雨がドシャブリのため
  ゆっくり出来ず、丸山公園の道へ

5、八坂神社
  此処でも雨の為、お参りご祇園方面へ

小路地をクネクネと
途中、高台寺へ(表のみ)、雨の中レンタル着物(?)の
女性が歩いていたが大変そう。

6,清水寺
  雨の清水寺を参観、景色を楽しむ風情では無かった。
  屋根より滝のような水が落ちていたのが印象的でした。

帰りは市内バスで京都駅へ

・・・・

Dsc00112 Dsc00114 Dsc00123 Dsc00128 Dsc00150 Dsc00155 Dsc00184 Dsc00189 Dsc00199 P2110036 Dsc00201 Dsc00202 Dsc00205 Dsc00209 Dsc00213 Dsc00233

2010年2月13日 (土)

京都に行きました(その1日目)

2010年2月10日から2日12日までの3日間京都へ
此れは1日目、当日は曇りと雨が交互です。

あるツアー会社の京都フリープラン3日間で行ってきました。
京都での参観は高校の修学旅行以来です。

京都よりJRで宇治駅へ
宇治平等院鳳凰堂を参観、初めて見ました。
平成の修復が完了したそうです。

阿弥陀さんのお顔が綺麗になっていました。
修復で少し自然に悪い所腐った所を直したり取り換えた
そうです。
1000年も前の木造建築および幾つかの国宝が
見事なものですね。

彫刻での阿弥陀様、雲中供養菩薩像52体もまた素晴らしい
写真に撮れないのが残念ですが。
白水阿弥陀堂の景観も同様ですが極楽の世界を表したのですね。

次は京都御所を参観しました、事前に申込で応募しました。
此処は写真可能でした。
庭が美しいです。

その後歩いて北野天満宮にお参りしました。
かなり遅くなり写真も・・・
今回は天気に恵まれず(晴れ男?)全体的に写真が不作です。

・・・・

Dsc00027 Dsc00037 Dsc00050 Dsc00053 Dsc000574 Dsc00070 Dsc00084 Dsc00099 Dsc00104

2010年2月 9日 (火)

以前行った北アルプス唐松岳

北アルプス唐松岳

百名山では無いが、比較的簡単でアルプスの山で
景色がよく素晴らしい山、唐松岳に紅葉を見に行った。

2004年、2007年とも10月の山行の写真。
2007年の時は天気がよく五竜岳を行き帰り
牛首岳の岩場のところでカメラが無いのに気がついて
五竜山荘まで戻り、2往復のため咽喉の渇きで
困った覚えがある。

カメラはその時見つからず、五竜山荘の方が届いたと後で
家へ後から送ってくださった、感謝感謝。

御陰で写真を掲示できます。

なお、唐松岳は八方尾根をゴンドラで途中まで上がれるので
楽である。

。。。

20100208_012 20100208_018 20100208_030 20100208_032 20100208_033 20100208_068 20100208dscn5193 20100208dscn5199 20100208dscn5216 20100208dscn5220

2010年2月 7日 (日)

以前行った北アルプス穂高岳

百名山であるが、日本の山でやはり素晴らしい山と言えば
穂高が入る。

小生も一時期穂高にこった。
以前8月の奥穂高岳は台風の為、山頂を断念、

以後、平成12,13,14年の5月の連休に行った。

晴れた日は良いが、天気の悪い時は大変だ、

まだこの時期降雪もあり油断できない。

晴れた雪の山穂高は綺麗で素晴らしい。

最初はデジカメが無く
写真も掲示できないが平成16年に撮った写真を提示する。

夏の写真が残念ながら見当たらない。

・・・

20100207 20100207_2 20100207_3 20100207_098 20100207_4 20100207_087 20100207_5

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ