« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月30日 (水)

イエローストーン国立公園に行ってきました(前編)。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

前日の夜はカミナリと雹がふりましたが、

全体に天気がよく素晴らしい旅行になりました。

標高が2000m以上で寒いと聞いていましたが。

穏やかな晴天でした。

164 190

前日の夕方(9時まで明るい)のグランド・プリズマテイツク・

スプリングを側の丘上まで登り見た写真と木道より見た

写真、お湯の温度によりバクテリヤの色彩が微妙に違い

美しくみえる。

126 134

写真が前後しますが、イエローストーンレイク

湖の脇に色々な温泉が湧き上がっている。

139 143

湖より顔を出している温泉の噴出し口と水の中で

噴出している温泉、この噴出しの位置も一定でなく

変化する、生きている大地が此処で実感できます。

235 289

温泉の温度でバクテリアが色々な色彩をだすとの事、

美しい景観です。

イエローストーン国立公園に行ってきました(グランドティトン国立公園)。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

今回はグランドティトン国立公園の写真です。

こ国立公園は映画「シェーン」で有名です、

シェーン カムバック トーミ

スネークリバーとティトン山脈が中心です。

天気がよくグランドティトンの山山がよく見えました。

008_3 028_3

写真は シェーン当時の家と

トランスフィギュレーション礼拝堂です。

礼拝堂は木の十字架と大きい窓ガラスがあるだけで

後ろのグランドティトンの山が額縁の中に有るように

見えます、日本人でも式を挙げにくる人もいるとか。

051_2 060_2

ティトンの山々です、天気がよく見えました。

087 106

ジャクソンレイクよりグランドティトン(最高峰)の山

右の写真はジャクソンレイクロツジの前庭より。

イエローストーン国立公園に行ってきました(動物たち).

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

併せて映画「シェーン」で有名なグランドティトン国立公園

も行きました.

成田からソルトレイクシテイ空港そこからバスでジャクソン

とかなり遠いです。

それでも直行便で以前に比べると近くなったとの事です。

アメリカの土田舎ですが、自然が豊かで四国の半分の

大きい国立公園です。

まず、そこの動物にあえました。

309 201 514

川のそばにいるペリカンと、白頭鷲の親子

前日の夜、雹が降り雷も、鷲の子供も大丈夫でした。

502 209 420

コヨウテですが元気がありませんでしたね、餌が取れない?

鹿の仲間ですかね、メス(写真がうまく撮れない)と

オス 角が見事ですね。

観光バスのため外に降りられないので見るだけ

(その分危険は無いですが)

410 023 218

熊がいました大きいのではなっかたですが。

写真では分かりずらいですが、間違いなく歩いていました。

小さいのはリス、ネズミみたいのがよく出てきました。

310 317 323

バッファロウの群れです。

とても大きいですね、道を横切ると車は止まります。

すべて、動物優先です。

508

毛が汚く付いているので落としてあげたいですネ。

もともと、アメリカインデイアンの土地で開拓者に取られ

絶滅寸前までなったとのこです。

狼も絶滅したが、コヨウテ等との自然のバランスが必要に気がつき

狼も今では500頭あまりいるそうです。

2010年6月20日 (日)

日野の新選組のふるさと歴史館に行ってきました。

2010年6月19日(土)天気予報では
前日雨との事で外出が大変と思っていましたが
朝から晴れてきました。
午後からは蒸し暑く大変でしたが。
45年ぶりに高校の倶楽部自転車競技部の集まりが
八王子であり、折角だから、日野の新選組のふるさと歴史館
に行って来ました。

私は生まれも育ちも八王子で、私にとっては郷土の英雄です。
子供のころから憧れています、最近人気が有りますね。
資料館は緒と私のイメージとは会いませんでしたが。

井上源三郎資料館は生憎休みでした。
しかし、資料館が幾つかに別れあります(?)。

000014 000015 000016

日野駅前の甲州街道脇の本町に本陣が残っています。

子供の頃何回か行ったが大分町並が変わっていました。

縦に写真は天然理心流の日野における道場跡の碑です。

000018_3

日野本陣です。

000019 000020

駅前の急坂を上り市役所方面に有る、ふるさと歴史館です。

  000021

駅前の宝泉寺に有る、井上源三郎の碑

40歳で鳥羽伏見の戦で戦死ですね。

甥が同行していました。

首を落とし逃げたのですが、首が重く、途中で埋めたが

跡で分からなくなったと聞きましたが(?).

お墓も同所にあります。

土方歳三の資料館は別にあり今度行って見たいです。

2010年6月13日 (日)

岩殿山に行ってきました。(山梨県大月市)

2010年6月12日(土)山梨県の大月駅前に聳える。

岩殿山に行ってきました。

この山は岩殿城跡で武田24将の小山田氏の山城でした。

武田家滅亡に絡みます。

武田勝頼が落ち行く先でしたが、途中で挙止(裏切り)

され笹子の天目山で落命しました。

000001_2  000002 000003

大月駅前の桂川より岩殿山 桂川は深い渓谷です、 

川を渡り少し先が入口です。

000006 000008 000010

10分ぐらいで岩殿山丸山山頂に着きます。

センターがあり無料で見学ができます、

小遊三さんがビデオで紹介します。

000013 000014 000015

この山は岩場です。

標識があり分かりやすいです。

最初は右へ山頂を見た後、此処まで戻り左のコースへ行きます。

岩を利用した木戸です、攻めるのは大変ですね。

兵糧攻めですかね?

000017 000022 000023

山頂には野木大将の碑があります。

本丸の跡とか水場とかがあります。

水場が山頂脇にあり岩場で有るため山城の

条件を満たしていますね。

000027 000028 000030

此れよりは落延びるコースです。

先ほどの所を左に稚児落しの岩場へ

岩場コースか林間コースか選べます。

真ん中の写真は兜岩です、クサリで岩場を這い上がります。

右側の写真は左が兜岩で右側が岩殿山です。

大分落延びましたね!

000035 000036 000040

稚児落としの岩場です。

岩の反対側より後ろが岩殿山です。

この岩場ではふざけると危険ですね。

この岩場の脇を下ると浅利の町へでます。

そこから大月駅まで30分です。

2010年6月11日 (金)

山王日枝神社神幸祭を見てきました。

2010年6月11日(金)山王日枝神社(私が結婚した神社)

の神幸祭を見てきました。

山王まつり最大の盛儀で、優雅な格調高い御列は、

都心に華麗な王朝絵巻を繰り広げます。

神威ひときわ輝く御鳳輦二基・宮神輿一基・山車三基が、

王朝装束に威儀を正した総代役員や氏子青年に供奉されながら、

氏子区域を巡幸します。

供奉員総勢約500人・御列は300メートルに及びます。

今回は皇居坂下門の前での様子です。

20100611_000000

祭りが皇居に来る前に写した写真が3枚ほどつけます。

お城が綺麗です。

20100611_000000_3

20100611_000000_8

綺麗ですね、二重橋です。

20100611_000000_21

予定より遅れていましたが、やって来ました。

19800101_000000

神主さまですかね!

19800101_000000_6

皇居に迎い祝詞の準備です。

19800101_000000_18

準備が整いました。

19800101_000000_24

巫女さまが刀の演舞を行います。

19800101_000000_34

儀式が終わり動きはじめます。

19800101_000000_38_2

馬に乗る人、人力車に乗る人もおります。

19800101_000000_41

此れは神輿ですね。

なお、山車はこの神事には参加しないで先に進みました。

此れから各氏子町内を回ります。

 

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ