« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月26日 (月)

中央アルプス空木岳に行ってきました。

2010年7月21日(水)から24日まで中央アルプスに

行って来ました。

21日新宿より高速バスで駒ヶ根のロープウエイで

千畳敷へ13時ごろ着きました。

天気は曇りで雷が気になりました。

宝剣山荘が学生の林間で一杯と断られた為

木曽駒ケ岳(2956m)を超えた頂上木曽小屋に泊まり。

20100722_04424833 20100722_05045436 20100722_05133240

小屋前より宝剣岳から此れからの空木岳(2863m)が

遠くに見える。

木曽駒ケ岳、中岳を超え宝剣山荘が下に約50分は

余分に歩く(4時30分にスタートしました).

漸く、宝剣岳の上り口へ

20100722_05341844 20100722_05343446 20100722_06380264

宝剣岳(2931m)の山頂です山頂の岩の上には

登れませんでした(脇のお宮さんの屋根に足を

かければ登れますが、バチ当りが怖くやめ)

宝剣岳を越えた遥か先に空木岳が左は三の沢岳

稜線の道に高山植物(ウスユキ草)

20100722_06475667 20100722_092414119 20100722_121750160

稜線をメゲズに歩く

振り返れば遥か彼方に木曽駒宝剣が

それでも歩く 9時半ごろか?

20100722_125436164

檜尾岳(2728m)熊沢岳(2778m)と上り下りで

岩場のコースをした歩き漸く東川岳(この下に

木曽殿山荘がある(予約をしないと泊めてくれない

うるさい小屋とネットにはある).

14時に小屋に着いたが、当日に登る気力は無かった。

そばの”義仲の力水”を汲みに行き体を拭いたり

ビールを飲んだり疲れました(9時間以上歩き岩場多い)。

小屋は混んでいました、かつ、虫にくわれ大変でした。

20100723_044544169 20100723_044636175 20100723_053350197

翌朝も4時30分スタート途中で日の出(4時50分ごろ)

八ヶ岳の脇から日の出

逆側の景色

空木岳の第一ピーク(横から見ると三段階に見える)

20100723_054946208 20100723_060056225 20100723_060916249 

第一ピークより見た空木岳山頂本面

山頂近くの岩場

山頂よりの東側・・南アルプスの山々が反対

方向に見えます(当たり前)甲斐駒ケ岳ですね。

20100723_061044252 20100723_061154257 20100723_061216258

山頂

山頂後ろ木曽の御岳

昨日、苦労して歩いた稜線です宝剣岳駒ケ岳

がみえますね。

20100723_062226271 20100723_062324273

南木曽駒ケ岳です。

雲海に浮かぶ甲斐駒千丈です。

これから長い長い下山が始まります。

現在アチラこちらの道が壊れていて通れません。

私たちは伊奈川ダムまで林道を歩き

管理事務所の方にタクシーを呼んで

頂きました(感謝感謝),この日も14時ごろ

まで歩きました。

岩場および長距離の歩きで大変でした。

コースグレード5の健脚向きとのことでした。

ツアー(ガイドつき)での客で空木岳に登れ

無い人も何人かいました。

2010年7月11日 (日)

奥多摩むかし道に行ってきました。

2010年7月10日(土)に7月の例会で奥多摩の

むかし道に行ってきました。

大分以前に歩いた記憶が有るのですが?

思い出せませんネ。

今回は人数が多かったです。

この頃天気が予想どうりいかず、心配しましたが、

いきなり晴れマーク当日は暑くて暑くて湿度も

高いので疲れましたね、逆にビールがおいしかったです。

P7100001 P7100003 P7100008 

奥多摩駅よりスタート、ダム工事の資材を運んだ

軌道の線路跡です。

道の要所に道しるべがあり分かりやすいですね。

P7100013 P7100015 P7100017

不動の滝右脇に軌道のトンネルの跡がありますが

塞いであります。

景色の緑がよいです。

軌道の橋げたもあります。

P7100020 P7100026 P7100027

白髭神社、  釣り橋を往復し、釣り橋の真ん中で

渓谷の写真です。

P7100031 P7100033 P7100034

むかし道の地図 駅前の観光センターでも貰えます。

漸くダムが見えてきました、此処からが以外と長いです。

P7100036 P7100037 P7100039

下り上りで山に沿って回り込み結局ダムの裏え

回り込みますから、しかし、天気が良くよい

山行でした。

帰りのお酒もおいしかったです。

2010年7月 1日 (木)

イエローストーン国立公園に行ってきました。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

成田=>ソルトレイク・シテイ=>ジャクソン(箔)

=>グランドテイトン国立公園=>イエローストーン国立公園=>

ウエストイエローストーン=>ソルトレイク・シテイ=>

P6250001_4 P6270262_2 P6280282_2

ジャクソン   ウェストYS    ソルトレイクの議事堂

以前は直行便が無く大変とのこと、ソルトレイクからも

400-500KMもあり、アメリカは広い

ガイザーカントリー(間欠泉)

301 302_2 211

観光の拠点オールドフエイスフル イン

建物と内部および間欠泉予想時間表示

221 234

オールドフェイスフルガイザーの噴出し(予想時間10分後ぐらい)

沢山のお湯が流れる。

240_3 265_3 276_3

タイミング良く、噴出したキャッスルガイザー

噴出すお湯もすぐ冷めて冷たい、今日は

沢山のガイザーが噴出してアチラこちらと良く見えた。

256_3 235_2 289_2

グランドガイザー 一番高く噴出す何時も見れるとは限らない

右の写真はプール(温泉)でモーニング・グローリ・プール

丸い朝顔の形をした美しい温泉です。

キャニオン・カントリー(峡谷)

363 382

名前の由来の峡谷で天気もよく美しいものでした。

348_2

イエローストーンレイクより流れ出したリバーが削り落とした

造形美、奥の滝はロウアー滝(名前は単純上流、下流の滝)

400 417

上流に有るアッパー滝 滝を上から見るので迫力が無い

右の渓谷はバスの中より撮影。

マンモス カントリー(石灰棚)

426 435

温泉が石灰を溶かし、中国の黄龍、トルコのパムッカレと

概観は同じ様に出来るが、出来る速さが以上に早く

何年かで造形が変わるようです。

左の写真は リバテイキャップで地下から噴出し

塔が出来たとのこと。

470 489 485

写真はアッパーテラス(上の方の意)よりの景観

数年で色々変わるそうです。

大地の浅い地下で変動が繰り返し行われいる

大変な場所とのことです。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ