« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

高水三山に行ってきました(奥多摩)。

2010年9月26日(日)山水会の定例会で

奥多摩の高水三山に行きました。

昨日に比べ朝より快晴の山日より爽やかです。

高水三山は高水山(750m),岩茸石山(793m)、

惣岳山(758m)の登山コース、時間はそれ程長い

わけでは無い、が上り下りは急です。

P9260001 P9260002

軍畑駅 10時スタート 駅脇の線路を

渡り舗装道路を標識に従い暫く歩く。

P9260003 P9260004

随所に標識があり、漸く、山道へ。

P9260006 P9260007

沢沿いを登る、山中も標識があり

P9260008 P9260010

全体的に杉・檜の植林の山です。

高水山山頂直下の常福院(波切白不動)です。

不動堂の額の3文字、 一 x x は読めず?。

堂に居た人教えてくれず(ネットでも解らず)。

P9260011 P9260012

高水山山頂 ここは休まず通過。

ほぼ、コースタイム 80分+

写真は下りの道で根を生やす杉、

高尾山にも蛸杉がありますネ。

私が子供の頃は根に登りましたが、今は

枯れて短く(私のせい?)なりました。

P9260014 P9260015

岩茸石山山頂付近は見晴らしが良い、

12時20分ー、その為頑張りました。

ここで昼食(私はワンタンと飲み物)

13時に皆で写真を撮り下りへ、

P9260016

山頂より見る、川乗山(この山は良いですね)

このころから雲が出てきました。

P9260019 P9260022

惣岳山の山頂で青渭(あおい)神社があります。

この山の上に立派な社を大変ですね。

例大祭は4月18日とありましたがどんな、お祭りか。

この後御岳駅まで急な下りな続きます(80分)。

この下りが膝悪の私は嫌なのです(泣き)。

今回は反省会が無く(残念)帰宅。

2010年9月 5日 (日)

志賀高原に行ってきました。

2010年9月1日~4日まで割安ツアーで

志賀高原に行ってきました。

高原は涼しく快適でした。

毎日温泉と山登りの実質3日間でした。

行き帰りがバスでホテルは3泊同じでフリー。

場所は高天ケ原です、ここを拠点。

2日目は渋峠(群馬と長野の境)まで戻り

芳ケ平湿原から本白根山までの縦走。

バスは1日券がお得。

☆彡写真はクリックすれば大きくなります。

Dsc00003 Dsc00011 Dsc00013

写真は志賀高原のシンボル笠岳 =>

3日目に上る予定出したが熊の湯で道を

聞いたら熊が出るので辞めた方が良いと

言われ急遽池めぐりに変わりました。

芳ケ平湿原の全景とカンバン

Dsc00018 Dsc00021 Dsc00037

湿原の地域はあまり大きくなく、且つ、

天気もガス模様で期待程でありませんでした。

白根山の火口です、お釜の見るコースが

硫化水素ガスの為以前と変わりました。

Dsc00043 Dsc00044 Dsc00045

本白根山コマクサは殆ど終わりです。

他の草がガレ場に繁殖し以前程のコマクサは

見られないそうです。

本白根の最高点と本当の山頂です。

白根山と本白根山二つあり本白根が高い。

3日目

結局池めぐり、48池と木戸池~蓮池まで

以前歩いたコースを熊の湯からスタートしました。

熊がスキー場でも見かけると脅され辞めました。

ちなみに、車でかなり上まで上がれるそうです。

歩く人は余りいないとのことです。

Dsc00075 Dsc00076 Dsc00079

48池の各写真です。

奥の山は志賀山で以前は上りましたが

今回は上りません。

大沼も行きません、同じ道を引き返した。

Dsc00080 Dsc00097 Dsc00104

48池  木地池、三角池です。

Dsc00108 Dsc00118 Dsc00121

上の小池付近の岩を抱えた木

秘密の場所に繁殖している、光コケです、以前

より綺麗に見えました、大切にしましょう。

池は長池です。

4日目

朝は曇りで心配しましたが、今日が一番良い

天気になりました。

焼額山2009mに上ります。

昨日せせらぎコースを帰りに下見し、わからず

再度ホテルの人に上り口を確認しました。

できれば、しなの巨木も見たいが時間的に無理

でした。

Dsc00130 Dsc00138 Dsc00150

スキー場のコースが花畑で色々な花があります。

山はスキー場で山頂下まで開発されていますが。

山頂の稚児池は見事な雲上の楽園です。

大切にしたいですね。

Dsc00156 Dsc00160 Dsc00170

池の周りを回れます、今回は天候に恵まれ

穏やかな景色に見とれ非常に満足でした。

Dsc00172   Dsc00182 Dsc00184 

池の周辺に湿原もあり小さな地糖をあります。

山頂を抜けると奥志賀スキー場で登山対象

に為らなくなっているのかナー!

でも、よかった!!

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ