« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月28日 (木)

三原山に行ってきました(伊豆大島)。

2010年10月27日(水)に伊豆大島三原山

に行ってきました。

最近天気が悪くこの日のみ晴れ予報。

26日の22時の船で夜行日帰りコース。

Dsc00032_4 Dsc00034

竹芝桟橋より出航夜の東京を後に夜景を撮る。

今回乗船した船、明日の6時、大島岡田港へ

高速船と違い長い~です。

2等和室、かなり空いていたので楽でした。

明け方ゆれました(風強い?)。

岡田港よりバスで元町港へ、バスの時間待ち

御神火温泉へ入る。

雲が多く、風は強い。

Dsc00038 Dsc00046

その後バスで三原山山頂口、そこよりの全望。

舗装道路を山頂下まで歩く、三原神社があり御参り。

Dsc00058 Dsc00064

ほぼ頂上で南の海をみる、利島、新島が見える。

伊豆の山々、丹沢の山々も見える、富士山は見えず。

三原山の山頂と新火口、下の2枚を横に並べる

ほぼ、山頂の三原山がわかる。

Dsc00065 Dsc00069

新火口と旧火口を取り巻く山 横から見ると

双耳峰みたいかな!

以前みた浅間山よりはかなり小さく火も無い。

この日風が物凄く強く、飛ばされそうで危険

状態でした(しかも寒い)。

Dsc00100 Dsc00103

三原山山頂と火口の全体、前の写真は

左上の方から撮った(山頂コースを3/4ぐらい廻る)。

外輪山、三原山は外輪山に囲まれています。

Dsc00118

裏砂漠コースを下る、見上げた三原山

Dsc00122 Dsc00127

噴火より20数年、草も溶岩の間より生えている。

ススキが身頃でした。

この後大島温泉ホテルでバス待ちで、その間

温泉に今日2度目、露天風呂より三原山が

綺麗に見えました(写真なし)

Dsc00131 Dsc00132_2

岡田港の全景 この日も波が高く元町港では

ありません。

離れる大島、もう少し離れて三原山(?)が

見えました。

Dsc00134 Dsc00135

船は空いていました、2等和室です。

東京湾を出て行く、貨物船、山ほどの荷物です。

Dsc00148   

無事、東京へ、

しかし同じ様な写真を撮りますね。

自分の枠から抜け出れないネ!

2010年10月23日 (土)

大岳山に行ってきました。

2010年10月23日(土)奥多摩三山の一つ

大岳山に行ってきました。

紅葉は殆ど無し。

ケーブルカーで御岳山頂駅まで、御岳神社山門を

潜り左へ岩石園経由で大岳山。

この日も混んでいました。

最近は若い人が多いですね。

Dsc00004 Dsc00008

神社への道にある、神代ケヤキ 見事な巨木

御岳神社の山門です、御岳神社には今回行かず。

Dsc00010 Dsc00012

神社裏手の道で見たサラシナショウマ

杉の植林の道 コモレビ

Dsc00013 Dsc00016

岩石園の入り口にある 七代ノ滝 全体が見えない

同じ滝上にある 天狗岩

Dsc00024_2 Dsc00025

岩石園 森の中の沢と岩が美しい渓谷。

道は歩きやすく整備されている。

Dsc00028 Dsc00029

落葉樹の森      紅葉はまだまだ。

Dsc00031 Dsc00043

沢の岩に美しいコケ 沢の水音も載せたい

ですね。

綾広ノ滝 結界がはられ修験者の修行の場。

Dsc00047 Dsc00049

その少し下流にある お浜ノ桂の巨木。

岩石園が終わり大岳山への山道

岩場の箇所も多数あり、今日は雨上がりで

濡れているため滑る。

Dsc00050 Dsc00054

半分を過ぎ まだあるが、頑張ろう

大岳山山頂直下の御嶽神社の社

Dsc00055 Dsc00061

大岳山荘 今はやられていないハズ?

東京の夜景が良く見える、大きな建物で

このまま廃墟?

大岳山の山頂 微かに富士山が見えた。

ヤマガラが今日は顔を見せない。

Dsc00062 Dsc00068

富士山を少しアップで撮りました。

今日は天気が良いハズでしたが、

天気は難しいですネ。

下山は岩石園を通らず、天狗の腰掛杉

です、本日の巨木3本目です。

2010年10月17日 (日)

丹沢鍋割山に行ってきました(山水会10月定例会)。

2010年10月16日(土)山水会の10月定例山行で

丹沢の鍋割山1272.5mに行ってきました。

大倉バス停を9時15分スタート12時45分山頂着

13時30分下山開始16時20分着と大変長い歩き

でした。

渋沢の駅前の居酒屋で反省会(飲み会)20時ごろ

帰途に着きました。

Pa160020 Pa160024

大倉のバス停 塔ガ岳もここより

しばらくはわき道

Pa160027 Pa160028

鍋割山稜0 山頂で10 遭難時の連絡

ポイント 

二俣の渡渉、橋が有り ここまで長い車道

舗装されていないのが救い。

Pa160031 Pa160035

上りは後沢乗越経由、下りは小丸経由で

ここに下りてきます。

緑の森 紅葉は殆どしていない。

Pa160036 Pa160037

緑の回廊の説明

いよいよ、山道への入り口、後沢へ

山頂の山小屋で登山者へのお願い毎

水が無いので水を担ぎ上げて欲しい

との事(2Lの水を入れる)。

Pa160044 Pa160049

後沢乗越 ここで山稜5 半分?

疲れたためか写真がブレている。

稜線に出たためブナとか落葉樹が多くなる。

Pa160051 Pa160052

山稜9 もう少しで鍋割山山頂へ

Pa160053 Pa160055

鍋割山の山頂が見えてきました。

ガスがあり、塔ノ岳は?

Pa160060 Pa160063

山頂の鍋割山荘です、焼ウドンで有名です。

食べている人が多いです。

写真のペットボトルの1本は山荘へ

渡すために、残りは山頂での昼料理よう。

水は重いですネ!

Pa160065 Pa160066

山頂

小丸方面へブナの林が続く。

Pa160067 Pa160074

稜線より蛭ケ岳、檜洞丸の丹沢の主脈。

見事なブナ。

Pa160075 Pa160080

ブナ少し紅葉?

枯れ木に茸(おいしそうだが、食えるか?)。

Pa160083 Pa160085

キノコ アップ

今まで居た鍋割山

Pa160090 Pa160096

またまた、キノコ 大きいので食べごたえ

ありそうですネ(昼食が済んだ後なのが残念)。

紅葉はあまり、ぜんぜん!

Pa160100 Pa160106

花がかわいく、これからの下りを

見てくれていました(大変なのにご苦労さんネと)

道の根のハシゴ?

帰り暗くなる手前でバス停に着きました。

2010年10月12日 (火)

那須南月山に行ってきました。

2010年10月11日(月)那須の南月山に

行ってきました。

紅葉が綺麗とテレビで少し前放送された。

3連休で昨日まで天気が悪く、最後の休み

天気が良いとの予報で出かけた。

結果から言えば。

  渋滞がひどく最悪、

  紅葉は見事、天気もよし

Dsc00050_2 

ここから

Dsc00001 Dsc00004

黒磯駅前       駅前バス乗り場

バス乗り場に多数の人が居たが、バスが2台

出してくれたので座れた。

8時10分スタート9時10分山麓駅着予定

※なんと10時過ぎてもまだ途中

10時30分頃弁天温泉で下車其処より歩き

11時10分のロープウエーに乗れた(3時間)

Dsc00007 Dsc00010

渋滞で大幅な時間遅れのため茶臼岳には上らず

予定の南月山へ向かう

写真の向こうの山

Dsc00014 Dsc00030

回り込んだ茶臼岳  紅葉の向こうが南月山

Dsc00040 Dsc00043

この辺りの斜面一面紅葉

Dsc00049 

写真を大きくしてみて下さい。

この時間まだ雲があり光が弱く色がうまく

撮れない(言い訳)

Dsc00062 Dsc00075

山道に沢山の人人 車で来る人が多く

渋滞しますね。

裏側(ヤヤ横か)よりの茶臼岳です。

Dsc00078 Dsc00088

南月山への取り付きの山肌にも紅葉

噴煙をあげる茶臼岳

Dsc00092 Dsc00098

流石山方面の山々と三斗小屋温泉方面の紅葉

再び茶臼岳の雄姿

Dsc00115 Dsc00120

尾根筋よりの南月山 緩やかな上り下りで

振り返れば茶臼岳

山頂の南月山1775.8m 神社があります。

Dsc00128 Dsc00146

再び三度茶臼岳と紅葉

朝日岳です(小屋は峰の小屋)。

Dsc00149 Dsc00155

後からの茶臼岳 見る角度でかなり山が

異なりますね!

紅葉の朝日岳 写真を撮るのは同じ場所で

待機し光を気にしないと駄目ですね。

Dsc00170

最後の茶臼岳 ススキと紅葉と山

急いで下山16時のバスに乗りました。

17時に着く予定が18時と大幅に遅れ

この日バスで2時間予定が5時間です。

凄い、渋滞です、忘れるまで暫く那須には

近寄りません。

(休日の高速1000円、それともテレビ、天気)

紅葉が好きなのは分かるが!

2010年10月 5日 (火)

箱根に行きました(3年7組クラス会)。

2010年10月3日(日)-4日(月)とクラス会で

箱根1泊に行ってきました。

天気予報では2日共雨とのこと、

今回は先生の喜寿でのんびり温泉と

ハイキングが目当てで、雨ではチョット

矢駄と思いましたが此ればかりは?

しかし、良い方に予報が外れ、2日目の

少しが雨で無事に観光もできました。

※1日目

湯本よりバスで箱根町へ、そこより旧東海道を

湯本まで下山し再び電車で強羅を予定。

Dsc00001 Dsc00003

箱根町の芦ノ湖、駒ケ岳も見えてよい天気

ここから富士は見えませんでした。

Dsc00006_2  Dsc00008

箱根の旧街道の石畳を歩く、ヤヤ湿っている為

スベリ注意が必要でした、歩きずらいですね。

Dsc00009 Dsc00012

石畳の街道も途中で途切れ、途中よりバスで

湯本へくだる(バスで上がり、また、下る)

箱根電鉄で強羅駅まで乗りホテルへ

駅前で酒を買い込みました。

リックに隠し持ち込みました?

(必要無かったみたい)

この後は宴会です、

写真は載せません(女性も多数)。

※2日目

朝風呂に入り酒をぬく、その後強羅公園へ

Dsc00092 Dsc00093

ホテルよりの景色、朝のガスが山にかかる。

風情がありますね。

強羅公園の噴水

Dsc00096 Dsc00097

強羅公園内の景色、あまり、写真にならない?

強羅公園の上にある箱根美術館,

紅葉が見事なので入る。

Dsc00100 Dsc00101

萩に囲まれた道と見事な苔庭

朝方の雨で苔も美しく輝いている。

写真をクリツクし、大きくし見てくださいネ。

Dsc00108 Dsc00115

紅葉にはまだ早いが少し色付く、苔が石に

溶け込み風情あり。

Dsc00117 Dsc00119

あわせて樹木の根がまたまた風情あり

庭園のすばらしさを写真で表現出来れば!

花も岩陰で静かに咲く

     ホトトギスDsc00122

Dsc00123

竹庭これは広くないですヨ!

この後、早雲山より大桶谷へ

Dsc00131 Dsc00134

ロープウエイで大桶谷へ、このあたりから

風が強くなり雨もすこしぱらつく、

下りて谷を見学しだしたら雨が強く振り出した。

Dsc00137 Dsc00139

桃源台で昼食、雨も止み、少し日差しが出る。

海賊船で箱根町へ途中誤って下船、

騒ぎとなったがあわってて戻りokでした。

人騒がせ御免なさい。

今回2日間使用した箱根フリーパス(5000円)は

新宿往復込みで充分元が取れた。

先生も益々お元気であり、幹事さんもありがとう

御座いました、ご苦労様でした、感謝感謝。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ