« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月27日 (月)

石裂山に行って来ました。

2010年12月26日(日)に石裂山(オザクヤマ)に

行って来ました。

又しても、女房殿が山にとの事で出かけました。

この山は多分3度目かな?

Dsc00113_2

登山コースとなっているのは岩場なのです。

一時事故が多発しハイキング気分は駄目なのです。

Dsc00002 Dsc00006

加蘇山神社です、杉野巨木が3本もあります。

神社横の山道を上ります。

杉野大木が多数あり横を沢が流れて

霊気が漂うようで身がしきしまる思いです。

Dsc00007 Dsc00012

清滝です、少し上るとシモバシラの花が

ありました。

Dsc00035 Dsc00053

千本桂の巨木です、2株縦にあり、回りに

細い木がでています。

中ノ宮跡より岩場が始まります。

写真は行者返しの岩場でハシゴとクサリ

でのぼります。

Dsc00057 Dsc00068

奥ノ院の岩場です以前はクサリだけかな?。

この先”ひげそり岩”の急な岩場を木の根

クサリ、ハシゴを握り上ります、緊張します。

西、東剣ノ峰の上り下りをハシゴをつないで

行きます、以前はクサリとハシゴ?

大分雰囲気が変わったか(事故が多発)。

石裂山879mの山頂です、見晴らしが

余りよくないので、月山まで行きました。

Dsc00078 Dsc00081

月山よりの景色です。

男体山と女峰山が雪で化粧しています。

綺麗ですね。

右の写真は左奥が日光白根山?ですかね。

Dsc00088 Dsc00094

日光男体方面の山々です。

★写真をクリックし拡大して見てください★

岩場のクサリの写真です、多数クサリ。ハシゴ

が有り。

久しぶりに行きました。

調べたら、2000年4月そのときは

ヤシオツツジが多数、カタクリが少し有と

メモがありました。

それ以前は?ハッキリしません。

判りました、1988年(昭和63年)

10月と2002年にも行ってました。

2010年12月23日 (木)

倉岳山に行って来ました。

2010年12月23日(木)倉岳山に

行って来ました。

昨日例により天気が良いとの事で

女房が山に行くと言い出す。

鳴神山が候補に挙がったが、バスの時間が

以前より遅く、この時期難しいと私がヒヨッタ、

為に3月の例会山行の山に下見を兼ね行った。

Pc230022 Pc230024

梁川無人駅

駅前の梁川大橋を渡り道成に進む。

Pc230028 Pc230045

登山道脇に沢があり、清涼な空気を

醸しだしている(この時期は寒いが)

Pc230057 Pc230064

沢沿いに巨木があり(木の種類は?)

立野峠今回の山は2個の峠を通る。

峠は甲州街道側と道志側の秋山を結ぶ

主幹道路でした(昔は大変でしたネ)。

Pc230077 Pc230086

山頂よりの富士山(途中は木の枝が邪魔)。

大月富岳12景の9番目。

同じく山頂より大月方面を写す。

大菩薩方面はヤヤ雪が有りそうです。

Pc230091 Pc230100

此処の山の松は松食虫にかなりヤラレテイル。

穴路峠です。

Pc230103 Pc230118

峠よりの下りで松の木にハチの巣・・・この時期は

大丈夫?

下りも沢沿いを下り沢山の小さな滝と

トチの巨木があります。

★今回沢沿いの写真は

見苦しい出来で御免なさい★

Pc230128

鳥沢駅 

★倉岳山の山頂直下は上り下り共

15分位は急坂で大変でした。★

2010年12月19日 (日)

陣馬山に(シモバシラの花を見に)行って来ました(今年2度目)。

2010年12月18日(土)に相変わらず急に

寒さと天気のよさでシモバシラの花を

見に出かけました。

出かける旨、メールで流したところ、一名の

参加希望を得られ、楽しい山行が出来感謝。

高尾駅よりバスにて陣馬山高源下へ。

途中まで舗装道路を上り、新ハイキングコースより

Dsc00002 Dsc00003

写真はコース入り口此処数年前より出来た道。

途中の地点より左に陣馬山?が見える。

Dsc00010 Dsc00018

新コースを上りつめた所より少しシモバシラの花が

見え出した、昨年は12月末に来たら既に無かった。

花は中空の草が水を吸い上げ寒さで凍りつく

寒さで氷が弾け微妙な造形を作る。

★写真部分をクリックし拡大して見て下さい★

Dsc00024 Dsc00029

以前より少なく、破裂していないので

微妙な造形美が見られず。

Dsc00034 Dsc00036

でも、色々な形が見られます、不思議ですね。

草も破裂すると、水が吸い上がらず花も終わりに

なります。

Dsc00040 Dsc00046

綺麗な花を見てください

右の花は茎を割って氷が膨らんでいます。

左はどのように凍ったのでしょうか?

Dsc00047 Dsc00055

林の下の奥にシモバシラが出来やすい。

山頂よりの富士山少し太陽が強く鮮明に

写せず御免なさいネ、左は三つ峠ですネ。

Dsc00059 Dsc00064

逆側の白馬(山頂)は綺麗に撮れました。

武田信玄が陣地を敷いたところに白馬?

此処は甲斐の武田と相模の北条の接点です。

碑の後ろは生藤山です。

明王峠より相模湖にくだり反省会をしました。

天気良っかた。

2010年12月11日 (土)

岩殿山に行って来ました(山水会12月度定例会)。

2010年12月11日(土)山水会の例会で

大月駅前の岩殿山に行って来ました今月は幹事です。

天気に恵まれ富士山が良く見え絶好の山行

となりました。

Sany0004 Sany0009

岩殿山の上り口より富士山が良く見えた。

岩殿のセンターと岩殿の岸壁天然の要塞ですね。

Sany0011 Sany0014

登る途中よりの富士山右が高川山

その右側は三つ峠です。

大月の町も眼下にみえます。

Sany0018 Sany0019

岩殿山の岸壁と岩を利用した城戸です。

攻めるのは大変ですね。

武田勝頼が籠城したら、どのくらい耐えたのかしら?

Sany0022 Sany0024

山頂の三の丸です。

山頂からの富士山です、デジカメが悪く(腕が悪い?)

イマイチですが。

Sany0026 Sany0028

眼下に桂川が流れ攻めるのは大変ですね、

多分、この方面からわ攻められないか?

兵糧攻めですかね。

山城ですが、井戸も有りますし水も現在有ります。

籠城も精神的にタフで無いと耐えられないのでしょね。

Sany0032 Sany0034

山頂からの滝子山と大菩薩方面に連なる山並みが

綺麗に見えます、少し、雪がみえますね。

兜岩より岩殿山を見る。

Sany0036 Sany0038

兜岩の岩場とクサリで攀じ登る。

三点確保、滑落に注意です。

Sany0043 Sany0050

落葉樹の葉が落ち、落ち葉を踏みしめながらの

気持ちよい山行です。

稚児落としの岩場、見応えのある岩場です。

Sany0056

上から見た稚児落としの岩場、

此処より浅利へ下り、中央高速の

下をくぐり、大月駅へ戻りました。

行きつけの中華屋さんで、忘年会の予行練習を

開催しホリデー快速にて帰宅。

2010年12月 4日 (土)

長崎に行って来ました。

2010年12月3日(水)ー5日(金)に神戸・長崎・

高千穂とに瀬戸内クルーズしながら行って来ました。

天気が悪く、最悪でした。

1日目は天気が良かったですが、2日目が雨で高千穂峡

阿蘇の景色は殆どガスがかかり駄目状態でした。

★写真部分クリックし拡大してください★

Dsc00041 Dsc00029

神戸の異人館、風見鶏館と萌黄の館

Dsc00030 Dsc00049

萌黄の館の煙突 阪神・淡路大地震で

落下した煙突です。

神戸で六甲山の景色を見たが曇りで

見えず(写真なし)、船で大分港まで揺れないが

微妙な振動があり、船室は狭い、結構大変です。

Dsc00078 Dsc00094

高千穂峡は雨のため、写真もクッキリしない

紅葉もほぼ終わり、残念でした。

Dsc00120

大滝も傘をさしながらの写真をとる。

阿蘇の草千里は写真なしです(ガスで見えず)。

Dsc00130 Dsc00147

長崎の夜景 写真が悪く御免なさい。

大浦天主堂

Dsc00173 Dsc00214

グラバー園 竜馬伝で長崎は旬です。

竜馬役の福山さんも長崎出です。

最古の眼がね橋です。

Dsc00228 Dsc00229

原爆の被害にあい、平和の祈り 平和の像と

長崎の鐘です。投下されたのは1945年8月9日です。

Dsc00220

半分破壊された鳥居です。

Dsc00235

柳川の城下町、現在は船での町めぐりでの

情緒があり、有名ですね。

このあと、福岡空港より飛行機で帰宅ですが。

風のため、飛行機が遅れ、最終電車に間に合わず

タクシーで帰ることになりましたが。

途中までの電車も遅れ、帰宅したのは2時過ぎて

いました、お疲れでした。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ