« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

今月再び滝子山に行って来ました。

2011年4月29日(金)に今度は山水会の

メンバーと滝子山に行って来ました。

昨日、日和田山が雨?の為中止となり考慮中に

連絡があり、再び行くことにしました。

前回は10日の日で天気がイマイチでした。

笹子駅ーズミ沢ー鎮西ガ池ー滝子山ー檜平

ー初雁駅の約6時間30分のコースです。

Sany0001 Sany0002

前回は見えない滝子山がよく見えていました。

道証地蔵を右に入り漸く山道です。

Sany0003 Sany0004

沢沿いの崖に頑張っている木。

左下に沢が流れ木々は淡い若葉が

出始めています。

Sany0007 Sany0008

沢沿いを歩きます、落ち葉が凄いですネ。

前回も撮りました三条の滝、雪も消えて

落ち葉の下にすこし有りました。

Sany0045 Sany0014

山野草の花が今回は見られます。

ヒトリシズカ・二輪草。

Sany0015

ハシリドコロー根に幻覚性の毒がある。

Sany0020 Sany0013

モチガ滝 全景が見えない大きなナメ状の滝

展望台でも有れば結構な滝だと常常

思っているのですが?。

Sany0023 Sany0029

ガレた沢沿いの連続した道を上ります。

大谷ケ丸です、この前より良く見えますネ。

Sany0030 Sany0032

表面少し左が八ヶ岳です、見えませんか?。

保元の乱で追われた白縫姫の神社、横に

鎮西ガ池があります、前回は雪が回りに

多数ありましたが。

Sany0033 Sany0034

滝子山山頂です、小金沢連峰の大谷が丸

黒岳方面です。

手前が本社が丸・奥が三つ峠・富士山です。

今回も富士山には恵まれませんネ。

Sany0035 Sany0038

前回同様の山頂標識、前回はこの後ろから

上がりました。

初狩駅えの下り道です、急坂です、膝の悪い

私は苦手です。

Sany0041 Sany0047

でも、ミツバツツジの花が慰めてくれます。

岩場で頑張る新緑の紅葉もいいですね。

Sany0050 Sany0051

再び、沢沿いを下ります。

この沢の水の源流は鎮西が池の一滴が集まり

流れ落ちているのです。

もう少しで初狩駅です。

2011年4月24日 (日)

坪山に行って来ました(イワウチワ・ヒカゲツツジ)。

2011年4月24日(日)坪山に行って来ました。

イワウチワの花を見に今回で3度目以前より

少ないか?。

ヒカゲツツジ・ミツバツツジは今年は沢山の花が

見えました。

Dsc00110_2 

イワウチワの花群生しています。

今回沢山の人が見にこられていました。

Dsc00052 Dsc00053

坪山の入り口を写す。

イワウチワの花がこの山に群生。

Dsc00106 Dsc00066

ヒカゲツツジもこの山に群生。

6月?イワカガミも群生今は花ナシですが。

Dsc00069 Dsc00096

ミツバツツジの花も多数見れました。

イワウチハ花が小さいの私のカメラで

上手く撮れず(言い訳)。

Dsc00102 Dsc00108

ヒカゲツツジは名前のとおり地味ですね。

Dsc00121 Dsc00125

1102・7mの坪山の山頂です、狭いです。

狭い山頂に人が多数いました。

後ろの山は雲取方面?

北側は三頭山です。

Dsc00123 Dsc00130

南側は富士山が見えるが山に雲が掛わかりずらい

写真となっています(少し待ったのですが雲晴れず)。

キノコですね。

Dsc00128 Dsc00133

まだ、新緑まで行かず、微かに見える後ろの

山が坪山か。

なんか、夜見たら怖そうな木ですね。

Dsc00134

下山口にいた巨大なイノシシ。

此処は山梨県上野原西原です。

花を見に沢山の高齢者の皆さんが

来られているが、結構尾根が狭く厳しい

下りでした、ロープがありますが。

2011年4月22日 (金)

江戸城を探訪してきました。

  2011年4月21日(木)に江戸城を

探訪してきました。

Sany0004_2

大手濠で泳ぐ白鳥

Sany0006 Sany0008

大手門よりはいります。

大手門の白壁が地震で崩れています。

ここにも被害がありました。

Sany0009 Sany0010 Sany0017

大手門の曲がりを入ると百人番所の広場

百人番所の建物、当時、役人が厳しく守る。

広場を抜けて最後の中雀門(右側)をあがると

本丸の広場です。

Sany0021 Sany0023

本丸広場の脇から見える富士見櫓です。

お城の一部現存する建物です。

楠の巨木。

Sany0025 Sany0026 Sany0033

本丸広場。

石楠花の花が盛りで綺麗でした。

十文字峠の石楠花を思い出します。

Sany0035 Sany0037 Sany0039

新緑の季節ですばらしいです。

ツツジ、八重桜も見えます、春欄も咲いていました。

Sany0040 Sany0049 Sany0045_2

汐見坂 昔海が見えたのですね、今は

ビルの頭が乱立しています。

本丸の内堀と石垣、堀の左が二の丸跡です。

二の丸の庭園も花盛りです。

庭園の池、見事ですね。

茶室の周りもツツジの花に囲まれています。

Sany0043_2 Sany0056_2 Sany0063

シャガの群生です。

天守閣の台です、振袖火事で消失ごはそのまま

会津中将の復興計画で外され、最近再建を願う

話がチラホラと出ていましたが?。

北桔橋門と石垣と堀です。

Sany0064 Sany0065 Sany0071

北の丸公園、田安門、九段の歩道橋より

東京スカイツリーが見えました、拡大して見てね。

Sany0072 Sany0075 Sany0079

九段の靖国神社です、庭は神社内の池です。

Sany0081 Sany0080

狛犬です、左右逆に提示しています。

ア・ウン。

朝は曇りでしたが、日ごろの行いが良く、

しかも、晴れ女さん?が入た為日中より

晴れ良い探訪が出来ました、感謝感謝。

2011年4月17日 (日)

生藤山に行って来ました。

2011年4月16日(土)に生藤山に

行って来ました。

暖かい陽気でした。

Sany0003

この桜は近所の花です。

今回は花見山行で桜の名所でこの山を選びました。

Sany0018 Sany0023

上野原より入り藤野におります。

植林された杉の急な斜面をジグザグに上ります。

尾根道にあがり展望が開けます。

Sany0020 Sany0024

ヤマトタケルが見つけた甘草水です。

展望が悪く、富士山が微かに見えますが、

写真では見えないようです。

真ん中の雲の下です。

Sany0025 Sany0027

三国山の山頂です、東京・神奈川・山梨の

三県の頂ですネ。

多分、三頭山です?、此処は長谷川メモリアル

の耐久レースのコースの一部です。

Sany0029 Sany0035

そこよりすぐ脇を上ると生藤山山頂です。

尾根を和田峠のほうに歩きます。

写真を見て頂ければ判りますが、桜の花は

まだ、有りませんでした、山はまだ冬です。

Sany0045

山間の町が和田の村?です。

急坂を下ります。

Sany0056 Sany0060

和田の町?では花が今盛りです。

可愛いですね。

2011年4月11日 (月)

滝子山に行って来ました。

2011年4月10日(日)天気が良い予報で

滝子山に行って来ました。

昨年は3月雪が深く山頂まで行かず断念しました。

天気予報がずれた為ガスの中の山行となりました。

此処のところ晴れ男?返上か

Dsc00001 Dsc00005

9時40分、笹子駅より甲州街道を戻り、今回は

寂しょう尾根を登る

途中はガスの中を歩く、落ち葉多数。

Dsc00011 Dsc00014

ガスで景色が撮れずブナの古木、この後は

岩場の連続で写真は撮らず。

13時頃漸く山頂近くへ、滑落多発の文字が目に

入る、大分疲れた、昼飯は1度この前に食べた。

Dsc00018 Dsc00019

山頂へこの奥より出てくる、判りずらい所あり。

山頂の標識、この後ろに富士山が・・残念

山頂には誰もいません、2度目の昼飯。

下りで4人組みに会いました、装備が悪かった?。

Dsc00020 Dsc00023

下りは北側の為、雪が残り、氷になっています。

アイゼン・スッパツをつけました、安全に下ります。

何せ、膝・腰が悪いので無理がききません。

Dsc00024 Dsc00032

鎮西ケ池と神社です、池にはカエルの卵?。

ブナと落ち葉・・・道は泥だらけで悪いです。

Dsc00033

大谷ケ丸がガスの中で見えます。

1643mで滝子山1620mより少し高い。

小金沢連峰で大菩薩の峰に続きます。

以前、大菩薩より歩きました。

この頃から晴れ間が見え出しました。

Dsc00038 Dsc00041

モチの滝 この下にナメ状の長い滝がありますが、

全体が見れません。

Dsc00045 Dsc00049

奥の山が滝子山ですかね?。

三条の大滝です、川に雪が残り落ち葉が

多数有る為解けずに残っています。

乗ると踏み抜きますネ!。

Dsc00051

写真が撮れず残念ですが、サービス。

如何ですか?。

2011年4月 4日 (月)

三毳(みかも)山に行って来ました(カタクリの花)。

2011年4月3日(日)にカタクリの花を

見に三毳山に行って来ました。

午後からも晴れずカタクリの花が下を見たまま

開かず写真としてはイマイチでしたが花 は沢山

ありました。

Dsc00049

三毳山は三毳神社の山頂(南)、中岳、青龍ケ岳(北)の

三峰よりなっています。

東駐車場より東のカタクリの里を見に上ります。

Dsc00006

Dsc00037Dsc00010

中岳、青龍ケ岳をすぎ北口のカタクリの里に

行きます、低山ですが急坂があります。

Dsc00011 Dsc00015_2

    中岳の先より青龍ケ岳が見える

Dsc00016_2   

山頂を下り、北口のカタクリの里を

見にいきます、そこに沢山の花があります。

今年は花祭りが中止の為人は少なかったです。

Dsc00039 Dsc00045

カタクリは花紋がそれぞれ異なりますが

なかなか曇りで見せてくれない(泣き)。

Dsc00057 Dsc00060

花は沢山あるのですが、微笑んでくれない。

Dsc00109 Dsc00127

毎年来ていますが、難しいですね。

Dsc00146 Dsc00160

でも、花祭りは中止でも花は咲いています。

Dsc00170

二人で手を繋いで寄り添うように。

2011年4月 1日 (金)

日光戦場ヶ原に行ってきました。

2011年4月1日(金)に日光戦場ヶ原

に行ってきました。

天気が良く最高の日和でした。

前々日は雪で昨日も雪との事でした。

Sany0004 Sany0012

中禅寺湖のバス停より見た湯元方面山が化粧

戦場ヶ原の車で見た白根山方面

写真機の一眼を持ってこないのが悔やまれた。

Sany0021 Sany0026

湯本までバス、湯の湖より湯の滝を行く予定だが

湯の湖の周りが通行止めのため、途中でやめ、

バスで光徳牧場入り口まで戻り戦場ヶ原へ

踏み込む、ピンクのテープが道の目印。

道を外れると深みに足をとられます。

Sany0030 Sany0039

冠雪した、男体山

Sany0043 Sany0044

隣の大真名子山と小真名子山 白は女峰山か

次は湯本側の白根隠山か

それぞれ雪化粧で綺麗ですね、感動です。

Sany0045 Sany0047

雪が飛んでしまいますが、腕でしょうか?

一眼の写真機が悔やまれる!!!

またまた、男体山と大真名子・小真名子

前景はススキの枯れ立ちです。

Sany0051 Sany0054

木道も雪に隠れ場所により歩くのに苦労します。

スキーで歩く2名とスノーシュウで歩く2名を見ました。

動物の足跡があります、今回遭遇した動物は

サル・鹿・キツネ キツネは綺麗な色で

初めて見ました、写真を撮るまもなく隠れました。

Sany0061 Sany0069

これも、男体山です。

大真名子・小真名子山の左側は太郎山です。

Sany0078 Sany0081

大真名子と小真名子山です。

太郎山です、これらの山は何回か歩いたことが

有ります。

根名草山は一度も行った事が無いですね。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ