« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月28日 (火)

栂池自然園に行って来ました(ミズバショウ他)。

2011年6月27日(火)に栂池高原の自然園に

行って来ました。

会社の寮が有った為スキーでは10数回と

行ってましたが、白馬岳の下りで横を下った

思い出のみあり、今回が初めてです。

栂の森ゲレンデ、馬の背等のゲレンデは

思いで深いです。

今回は梅雨の真ん中で天気にはイマイチ

恵まれず残念ですが、山の雰囲気は判りました。

Dsc00073

白馬三山です、右が白馬岳2932m山頂が見えず残念

真ん中が大雪渓、隣が杓子岳2812m、

左、白馬鑓ケ岳2903mです、凄い景色ですね。

Dsc00049

ミズバショウの群生です、雪が漸く溶け顔を出しました。

Dsc00026 Dsc00036

ミズバショウの湿原と奥が白馬岳、右奥は

小蓮華岳2766m、手前一番高く見えるのが

乗鞍岳2437m、この位置が1800m位か?

右の写真は杓子岳と白馬岳です。

Dsc00045 Dsc00050

ミズバショウとキヌガサソウです。

Dsc00111 Dsc00058

ショウジョウバカマですね。

此れより、ワタスゲ湿原・浮島湿原・展望湿原と

雪の中を5時間かけて回りました。

雪はまだ、沢山あり、帰りは大雨でした。

Dsc00061 Dsc00065

手前より乗鞍岳・真ん中あたりが白馬大池、

奥が小蓮華岳です。

ワタスゲ湿原よりの白馬三山です。

Dsc00067 Dsc00080

湿原と小蓮華岳

Dsc00083

白馬鑓と杓子と大雪渓です。

☆クリックして大きくして見てネ。

Dsc00091_2 Dsc00103

やはり、この山の全景が、でも山頂は最後まで見えず。

ガスが次から次ぎえと湧き上がります。

Dsc00142 Dsc00146

標高2010mの展望湿原でガスの晴れるのを

待ちました。

左は八方尾根ですね、唐松岳は?

Dsc00153 Dsc00157

ガスは何時まで待っても晴れませんでした。

その内、雨が降り始めました、残念。

白馬岳はガスの中なので、白馬鑓、

杓子岳、と雪渓です。

でも、ミズバショウの時期は良く、梅雨時

ですが、山が見え自然に感謝。

東京(埼玉)は熱いですね。

山はまだ雪山です。

2011年6月25日 (土)

再度(2度目)、日光に行って来ました(クリンソウ・ワタスゲ)。

2011年6月24日(金)梅雨の合間に昨日の

夕方明日は晴れの情報を元に日光へ。

☆写真はクリックして拡大して見てくださいネ!。

Dsc00020

Dsc00048

Dsc00113

戦場ヶ原入り口の赤沼より低公害車のバス。

西湖入り口で降り千手ガ浜(クリンソウはここ)まで歩く。

Dsc00008 Dsc00013

西湖には行かず新緑の中を歩く。

途中の新緑、巨木も多数あります。

平日にも関わらず多数の人が来ていました。

Dsc00014 Dsc00042

中禅寺湖の千手ガ浜です、バスは此処まで着ます。

この近くの仙人庵の敷地にクリンソウが群生。

今年は沢山の花がしかも丁度良い時期でした。

Dsc00055 Dsc00064

見てください、今が盛りです、今年は花芽が多いですかね。

Dsc00087 Dsc00096

一段と群生していますね、鹿よけの網が良いのか。

雪が春先まで有ったのが良いのか、4月1日の

雪の世界(前回のブログ参照)は素晴らしかった。

Dsc00099 Dsc00105

しかし、クリンソウが咲き乱れています。

水辺を好みますね。

Dsc00109 Dsc00130

水辺に映る色合いも良いですね。

今日は風がありますが、天気は良くなりました。

Dsc00157 Dsc00178

テフテフも花に誘われて来ていました。

新緑の木々もそれは爽やかです、夕方家に着いたら

蒸し暑く大変でした、現地では涼しく快適でしたネ。

帰りは小田代が原で降りて戦場ヶ原を歩きました。

Dsc00204 Dsc00218

花たちも、銀竜草です、戦場ヶ原にはワタスゲが

フワフワと風に揺れていましたネ。

Dsc00235 Dsc00236

でも、場所が変わればありません、植生の不思議ですね。

今、日光は修学旅行の生徒さんが多数来てました。

晴れて良かったです、良い思い出になると思います。

Dsc00243 Dsc00245

レンゲツツジも湯川の水辺に咲いていました。

ワタスゲの群生を此処で見たのは初めてです。

尾瀬では見ましたが、此処にはキスゲはありませんネ。

Dsc00247

太郎山と戦場ヶ原のワタスゲです。

晴れ間に感謝です、この後雲が出て少し

雨がパラツキましたが、爽やかでした。

感謝感謝。

2011年6月11日 (土)

尾瀬に行って来ました(水芭蕉と新緑の木々)。

2011年6月9・10・11日と格安ツアーで

前後の日はのんびりと温泉三昧で、

10日(金)は尾瀬鳩待峠からのフリー5時間で

尾瀬ガ原を散策してきました(当然その後は温泉)。

Dsc00128

梅雨時ですが、天気もそこそこで良かったです。

山はややモヤットしていますが。

Dsc00148

水芭蕉も今年は綺麗で多いですネ、今年は雪が多く

漸く雪解けとのこと。

Dsc00020

朝のうちは至仏山もハッキリだんだん温度があがり

モヤットしてきました。

Dsc00002 Dsc00005

新緑の美しさ素晴らしいです。

至仏と木々の美しさ感激ですネ。

Dsc00007 Dsc00012

木々の新緑、良く見てくださいネ。

Dsc00021

この新緑の微妙な色加減。

Dsc00022

自然の芸術です、拡大して見てくださいネ!。

Dsc00033 Dsc00035

水芭蕉も負けていません、沢山の水芭蕉が

しかも、今年は雪が多かったので水芭蕉の白が

汚れず一段と綺麗でした。

Dsc00062 Dsc00075

この純白、きれいでしょう!。

綺麗な水辺に咲くこの美しさ。

Dsc00081 Dsc00103

燧ケ岳です、モヤットですが。

片や、至仏山と水芭蕉、よくある写真です。

山がいま一つすっきりしませんが。

Dsc00138 Dsc00144

綺麗な綺麗な水芭蕉アップと群生です。

白樺もきれいですね。

Dsc00166

燧ケ岳と水芭蕉の群生です。

梅雨の合間の晴れ間に感謝感謝。

2011年6月 6日 (月)

箱根神山に行って来ました(イワカガミ)。

2011年6月4・5(日)に箱根に行って来ました。

Dsc00109

今年は沢山のイワカガミの花が迎えてくれました。

山水会の番外での観光と山行です。

Dsc00012 Dsc00013

明日上がる箱根駒ケ岳です。

芦ノ湖と富士山 霞んでいます。

Dsc00044 Dsc00046

箱根の関所も無事に通過し、海賊船にも乗れ

酒盛りでくれました。

Dsc00050 Dsc00051

此処から5日です、駒ケ岳の山頂・建物は神社です。

今回は山頂を踏まず神山へ進む。

Dsc00055 Dsc00056

駒ケ岳を下り、途中のコルより神山

1438mを見る、此処から1時間ぐらい?。

この山は原生林が一杯、新緑です。

Dsc00058 Dsc00059

コバイケイソウの群生です?、今年は花芽が無いですね。

豊かな趣のある木が沢山あります。

Dsc00060 Dsc00061

新緑と大きな木、見事です。

Dsc00065 Dsc00071

急な上りもあります、芦ノ湖があるので全体に

湿気があるのでしょうかコケも見事です。

カエデの大木とコバイケイソウ。

Dsc00073 Dsc00078

ツツジは盛りを過ぎていますが、頑張っています。

山頂の神山1438mです。

見晴らしはありません、この標識の奥より来ました。

天気は崩れてきました(午後から雷の予報も)。

Dsc00081 Dsc00090

大涌谷に近ずく岩場に今年は沢山の岩鏡の花が

迎えてくれました。

風があり、花たちがカメラを向けると恰もイヤイヤ

をするように首を振ります。

お蔭で写真を撮るのに苦労しました。

変なおじさんですから仕方ないですネ。

Dsc00106 Dsc00114

でも、可愛いお花さんですネ。

うれしいです。

大涌谷は天気が悪く、風も強く、

ガスも噴出しており、木々が立ち枯れ

状態でした、此処からは観光の人たちが多数いましたネ。

桃源台で食事し、バスで湯本に下りますが途中

大渋滞でした(以前も確か渋滞)。

梅雨時雨にも遭わず、花に合えたのが何よりでした、

皆様に感謝感謝。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ