« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

志賀高原に行ってきました(白根山・焼額山・志賀山)

2013年9月26日(木)~29日(日)に今年2・5度目の志賀高原に行ってきました。

天候に恵まれ気持ちの良い爽やかな山行が出来ました。

Dsc09559

一日目は最初良かったのですが夕方は雨になりました、田の原湿原をまわり三角池ではこの暗さとなりました。

Dsc09592

翌日は朝のうちは晴天です、白根山の山頂?の岩場です、コマクサは当然ありません、今回は花は殆ど有りません。

Dsc09600

山頂よりは富士山も見えました、これは浅間山ですよネ。

Dsc09604

横手山の山頂も見えます、朝バスで通過したときには北アルプスの山々が良く見えましたが白根に登ったら温度が上がってきたためかヤヤ霞みました。

Dsc09606

此れは最高地点から山頂方面の写真、左側が一番高いのですが、山頂は右の山見たいです。

Dsc09613

今日は万座温泉への下りを歩きます(景色がこの後みえずこのコースは?)、右が横手山2307m・左が笠岳2075m二度上りました(今年も上りました)。

Dsc09622

北アルプスの眺望です、鑓・穂高が判りますネ。

Dsc09639

万座温泉よりバスで再び白根山口へ、これは弓池です、右奥に白馬三山が見えるのに今は見えません残念。

Dsc09668

此れは渋池よりの横手山です、48池の入口にある池です、明日も来ますが、今日はヒョウタン池方面へ行きます。

Dsc09677

ひょうたん池です、風もなく周りの木々が湖水に映ります、人のいなく静かな池です。

Dsc09681

これもひょうたん池です、此方側はさざ波がわずかにありました。

Dsc09728

木戸池の朝もや風景です、ダケカンバ(しらかば?)に朝日があたり幻想的な雰囲気に撮れました。

Dsc09730
Dsc09738

如何でしょうか?、良いスポットでしょう、今度展示しますかね!。

そこで一句、”朝もやにうかぶ黄葉カンバの木”いかがですか!。

Dsc09772

此れは三日目の焼額山の山頂(2009m)です、朝が早いので雲があまり無く北アルプスが見えました、白馬三山です。

Dsc09779

山頂は湿原と池(稚児池)があり以前来て大層気に入った風景です。

Dsc09780

右側の山は妙高?、池塘もあります、シラビソの木々が庭園のようです。

Dsc09795

此れが稚児池です、静寂な神秘的な池です、ここでしばらくボッケーとしていました(それでなくとも、イエイエ)。

Dsc09809

白馬三山が良く見えました、遠いのでスッキリとは行きませんが。

Dsc09812

此れは貴重な北アルプスの右から五竜岳・なんと真ん中は剱岳ですよネ・鹿島槍岳と見えました、志賀高原は長野をまたいでその向こうが北アルプスですから遮るものが無いのです、高ければ後は天気の状態です。

Dsc09829

再び、稚児池です。

Dsc09831

これも妙高です。

Dsc09839_2

下りは大変でした・・・スキー場を降りたため舗装・ジャリ道の急斜面の下りを延々と、スキーならばすぐなのに・・・ほんと大変、でも花が、マツムシソウの群生がまだ咲いていました、ちなみにヤナギランは種を飛ばしていました。

Dsc09846

梅鉢草も咲いていました。

Dsc09847

リンドウもかろうじて咲残ていました。

Dsc09853

その後、志賀山・奥志賀山を登り四十八池のコースを歩きました、これは志賀山の山頂近くの岩場です、上る距離は短いですが岩場の段差があり疲れます。

Dsc09860

志賀山の山頂2035mより奥志賀山2940mをみる。

Dsc09867

お釜池?

Dsc09870

奥志賀山より今来た志賀山をみる・・・ガスが出てきました。
Dsc09871

この奥が奥志賀山山頂で志賀神社があります、右下は大沼池、この前は池の反対側の赤石山より池を見ましたがやはりガスが懸り良く見えませんでした。

Dsc09876

此れは下の四十八池です、ここに下山します。
Dsc09891

四十八池よりみた、志賀山手前と奥志賀山です、この後飛ばして歩いたのですが、下りのリフトは16時30分で間に合わず、結局坂道をバス時間に合わせて再び急いだので今日は焼額山の下りと下りが続いてヒザが悲鳴を揚げ出し痛い~。

Dsc09925

帰りの日の木戸池の朝もやの景色、朝もやの状況はその日ごとで大分違いますネ。

Dsc09955

田の原湿原のダケカンバ。

今回は天気に恵まれそこそこの写真も撮れたかな!!。

やはり、天気ですよね、如何でしょうか?。

2013年9月13日 (金)

山田温泉に行ってきました(笠岳、クラス会)。

2013年9月11日(水)~12日(木)に今は無くなりましたが都立学校の7組卒業生でのクラス会に行ってきました、先生の傘寿のお祝いを兼ねたクラス会で30名と大勢い昔の若人が集まりました。

小布施ー山田温泉ー雷滝ー笠岳ー山田牧場ー清里清泉寮とみて回りました。

Dsc09307

小布施では北斎館を見学しました。

Dsc09308

町中の野菜です・・・・。

Dsc09314

岩松院・・・ことしの7月に行ったばかりですがまた行きましたネ、北斎の天井絵で有名。

Dsc09316

裏山の福島正則公の霊廟です。

Dsc09325

裏山には獣も出るので仕掛けがアッチコッチにかけてありました、餌はリンゴ?ですネ。

Dsc09336

宿泊した山田温泉の裏の松川の渓谷です、散策できます。

Dsc09339

露天風呂近くの牛の寝床・・・です。

Dsc09342

此れが川沿いの露天風呂です、結構お湯が熱いです、2度入りました。

Dsc09345

旅館傍の水車模型?です、隣に外湯の大湯と無料の足湯がありました。

足湯で隣におじさんと10-20分位お話を朝からして別れました、旅ならばです。

Dsc09347

これも旅館前の湧水にあった今日生ける?花たちです、花たちもいきいきしていました。

Dsc09350

山田牧場へ行く途中の松川渓谷に落ちるの雷滝です。

Dsc09352

裏見の滝です、滝裏から見れます、向こう側に人がいます、左の滝裏が通れます。

Dsc09356

滝裏を過ぎて松川の流れと落ちる滝水です。

Dsc09359

大きな岩の先より水が落下、そのうちに岩が崩れるかも・・・・・・。

Dsc09374

滝の入口に栃の実がなっていました・・・・私はオニグルミかと勘違いしました。

Dsc09376

此れは笠岳を上る途中でみた御前立花の実です。Dsc09378

笠岳山頂より見た景色です・・・ガスが出てきました、横手山が見えたり消えたりです。

Dsc09379

山頂の大岩です、若いですがクラスの仲間です念のため・・・・ここの標高は2200Mぐらいですかね?、横手山側よりみるこの山は素晴らしい山です、昨年は熊の湯温泉より登りました熊の湯の人に熊が出るから気をつけてと注意されました、今年は大勢でワイワイガヤガヤですから熊も逃げたかな。
Dsc09389

山田牧場の食堂前からみた牧場と笠岳です、昔二度ほどこのゲレンデでスキーをやりましたが小さなスキー場ですネ。

Dsc09395

帰りに清里の清泉寮によりました、そこ寄りの景色、茅が岳と霊峰富士がわずかに見えました、南アルプス、八ヶ岳は見ることが出来ませんでした。
一泊の泊りでしたが50年前の学生気分を思い出す楽しい旅行となり皆さんに感謝でした。

特に幹事さんには多大な感謝を・・先生はまだまだ若く山歩きも生徒たちよりも達者でした
次回も皆さん元気であつまりましょう。

2013年9月 1日 (日)

東北に行ってきました(吾妻山、蔵王、鳥海山、月山)。

2013年8月29日(木)から31日(土)に東北の山々を見てきました。

1週間前位から帯状疱疹に罹り薬を飲みながらの観光ツアーとなりました。

Dsc09031

浄土平湿原の散策と吾妻小富士を上りました。

Dsc09050

吾妻小富士の噴火口です。

Dsc09049

この先が山頂です、噴火口を一周するだけの時間は無く途中までです、浄土平湿原はもうあまり花が有りませんでした。

Dsc09051

吾妻小富士よりみた一切経山です。

Dsc09033

まだ噴煙を上げています登山禁止です。

Dsc09034

連なる山々です火山の山ですネ。

Dsc09060

次が蔵王の駒草平からみた不帰の滝です、ガスが出たり消えたりでした、駒草はほんの少し有りました!!!。

Dsc09086

Dsc09093

蔵王のお釜です、標高が1700m位の為雲の上に上がり良く見えたのがラッキーでした。

Dsc09090

刈田岳の山頂の神社です。

Dsc09105

山頂からみたお釜、左奥が蔵王岳方面で樹氷ができる山です。

Dsc09122

鳥海山山麓の元滝伏流水です、岩の側面から伏流水が湧き出て流れ落ちています。

この日は雨模様の天気で降ったり止んだりを繰り返していました、水辺にガスが有り鮮明な写真が撮れず残念でした。

Dsc09123

富士山山麓の白糸の滝と同じようです。

Dsc09137

此処は鳥海山山麓の獅子ケ鼻湿原です、奇形ブナ・鳥海山マリモ・湧水があるブナの原生林です。

この木はブナですが”燭台”と名前がついた木です。

Dsc09144

”あがりこ大王”ここのブナの王様です、少し前まではこの木の空洞を熊が住みかとしていたとか?。

Dsc09151

Dsc09157

あがりこ大王です、やはり存在感が凄いです、此処は雨が降っていました、ブナの幹が濡れて美しいです。

Dsc09145

このブナの木も濡れて艶めかしいですネ、私だけですかネ!。

Dsc09160

鳥海山よりの湧水池です、コンコンと湧き出ています。

Dsc09172

鳥海マリモです、コケが重なり丸みを帯びたものです、北海道のマリモとは異なります。

Dsc09280

ここは月山八合目の弥陀ヶ原湿原です、最終日です。
Dsc09225

花殆ど終りでした、月山の山頂が見えます、以前(20年前ぐらいですか?)上りました、その時は鳥海山にも上りブロッケン現象を見ました。
この湿原は池塘が沢山あります。
Dsc09234

池塘と向こう側の山ガスが上がり空が見えるように・・・・天気予報では雨でしたが段々天気が回復しました。

Dsc09269Dsc09276
Dsc09278

如何ですか?、池塘を含んだ山の景色、やはり雲上の花園・楽園ですね。

今回は天気が駄目とあきらめていました、体調もわるく駄目と思っていましたが

そこそこの天気に感謝でした。

バスの車窓からの景色は紅葉にまだ間が有りますが次回は紅葉時期に計画しています。

期待してください。

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ