« 宇都宮・小山に行ってきました(宇都宮城址・小山城址)。 | トップページ | 京王沿線に行ってきました(片倉・高幡不動・府中)。 »

2014年4月 7日 (月)

東京に行ってきました(江戸城・上野東照宮)。

2014年4月7日(月)に絶好の晴天との事で、天皇陛下傘寿の記念行事で坂下門から乾門への皇居開放が目にとまり急遽行きました。

乾門・・・乾は戌と巳の方角を現し本丸から見て北西にある門です。

Dsc05659

東京駅から皇居へ歩く人波・・・・お堀端を回り込む形で沢山の人が・・・・。

Dsc05660

それでも10時を過ぎると人波が進み始めたので我慢・・・桜田二重櫓(巽櫓)です。

巽・・・は辰と巳の方角を現し本丸から見て南東に有るので呼ばれている。

Dsc05667

皇居広場を回り込み二重橋前に漸く辿り着きました(奥は伏見櫓)。

Dsc05673

此処からしばらく立ち止まりました・・・広場に大きく2列出来て1列が終わると次の列が進むバッチ方式でした。

Dsc05676

2時間ぐらいで漸く持ち物検査をし坂下門へ到着・・・坂下門外の変を思い出しながら歩きましたね、写真の平行感覚がおかしいネ(危ないか!、立ち止まらず撮るわけですから)。

Dsc05689

漸く皇居内へ入りました、富士見櫓です、この石垣は本丸の石垣です。

Dsc05701

蓮池濠と富士見多聞です、この中が本丸です。

Dsc05704

相変わらず人は沢山で少しつつ歩きます、結構御歳の方も歩いています・・・ここまで来たら歩くしかありませんが。

Dsc05713

でもまだ桜の花も咲いていますヨ。

Dsc05719

ここは感心しました、道灌濠です、昔の城の名残の堀なのでしょうか?。

Dsc05727

西はね橋からみた蓮池濠、左は本丸の石垣、右側が今歩いてきた道です。

Dsc05728

沢山の方が歩いています。

Dsc05729

此方は乾門へ行かれる方々です、堀は乾濠です。

Dsc05735

私は西桔橋(西はね橋)を渡り本丸(皇居東御苑へ入りました)、これは天守台です、今江戸城天守閣再建運動の声も一部ありますネ。

Dsc05739

天守台からみた本丸跡です。

Dsc05748

北桔橋門(北はね橋門)を内側から見ました。

Dsc05750

北桔橋門外からみた乾濠とその先に見えるのが乾門に向かう人たちです。

Dsc05767

此れは本丸から二の丸への出口です汐見坂(海が見えたのでしょう)。

Dsc05772

汐見坂から見た本丸の石垣と白鳥濠です、左側が二の丸で突き当り左側が大手門方面です。

Dsc05785

二の丸庭園での花シャクナゲですか。

Dsc05787

これも二の丸庭園です。

Dsc05814

大手門の内側です、此処も桝形の防御方式での虎口です。

Dsc05819

外側からみた大手門です・・・2時を過ぎています休まず飯も食べず歩きました。

Dsc05822

東京駅北口側です。

Dsc05830

帰りに上野公園の東照宮へ行きました、まだ沢山の方がお花見をしています。

Dsc05831

漸く修復が終わりましたネ、此処も傾いていました・・・危ないね。

Dsc05844

見事な金箔での社殿です。

Dsc05851

私は此れが見たくて中に入りました、神木の大楠です、樹齢600年幹回り8mです。

Dsc05852

拝殿です、中に入れませんが金箔彩色が見事です。

Dsc05853

これは表側から見えますが裏側からみた唐門です左甚五郎の昇り竜・降り竜が表側に彫られています。

今日は天気に恵まれましたが、人が凄いので疲れました、何人位来たのでしょうか。

 

« 宇都宮・小山に行ってきました(宇都宮城址・小山城址)。 | トップページ | 京王沿線に行ってきました(片倉・高幡不動・府中)。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316295/55686768

この記事へのトラックバック一覧です: 東京に行ってきました(江戸城・上野東照宮)。:

« 宇都宮・小山に行ってきました(宇都宮城址・小山城址)。 | トップページ | 京王沿線に行ってきました(片倉・高幡不動・府中)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ