« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年5月31日 (土)

尾瀬ヶ原に行ってきました。

2014年5月29日(木)・30日(金)に尾瀬に行ってきました。

尾瀬ヶ原とアヤメ平を散策予定でしたが、アヤメ平は雪が深いとの事で尾瀬ヶ原周遊だけとしました。

Dsc07462

鳩待峠より山の鼻に下ります、途中水芭蕉の群生が現れました、まだ花が小さいですがその分綺麗です葉も可愛いです、今日は人が少なく絶好の散策日和でしたが?。

Dsc07489

此処は山の鼻の広場の水芭蕉の群生地ですが、カミナリが鳴り始め雨が少し降りました、少し様子を見た後で尾瀬ヶ原に出ました。

Dsc07518

尾瀬ヶ原の木道で緊急ヘリが木道で脚を骨折した人を救助していました。

写真はタンカーに寝かし補助の方が一緒に付き添い下からもロープで触れない様確保していました。

Dsc07546

大堀川の水芭蕉と至仏山のビュウポイントです。

Dsc07569

尾瀬には川が沢山ありますネ、川上川・只見川とか・・・、これは逆さ至仏山を入れました。

Dsc07633

座禅草です、以前見たのでその近辺で気をつけていたら矢張り有りました、サトイモ科です仏像の光背に似た花弁の重なりが僧侶が座禅する形に見えるので名付けたとか。

Dsc07639

リュウキンカ やはり水辺や湿地に咲き水芭蕉の群生地にありますネ、以前より少なめでした未だ早いのですかネ。

Dsc07640

水芭蕉これもサトイモ科の多年草 純白の仏炎苞は花に見えるが葉の変形したもので中央の円形状の部分が小さな花が多数集まった花序だそうです。

Dsc07667

翌朝4時過ぎです、朝靄に霞む至仏山とまだ緑が出ていない尾瀬ヶ原です。

Dsc07683

此れは尾瀬ヶ原北側にある景鶴山で入山禁止の山です、群馬と新潟の県堺の山です。

Dsc07688

至仏山です、朝早くから写真家の皆さんが・・・・・・。

Dsc07717

これは5時過ぎ頃の景鶴山と池塘です、水に写る山・・・・・。

Dsc07746

水芭蕉です・・・なかなかアップで見ると綺麗なのが無いものですヨ。

Dsc07754

再びザゼンソウです、中の僧侶にカメラが向けられず此れでも大変なのです。

Dsc07756

水芭蕉の群生地です・・が、左土が荒らされているのは鹿が遊んだ所です大分被害が?。

Dsc07778

これも水辺を好むショウジョウバカマです、結構沢山ありました。

Dsc07798

池塘にすむ、ワニ・・・・イエイエ、サンショウウオですノンビリ泳いでいました。

Dsc07810

至仏山と逆さ至仏山です。

Dsc07814

至仏山と水芭蕉・・・尾瀬ですネエ。

Dsc07860

燧岳と水芭蕉です、これも尾瀬ですネエ。

Dsc07876

これは岳ケ倉山・大白沢山・・・奥の方見えないが平が岳方面の新潟県の山々と水芭蕉です、本日はカミナリも無く良い天気です、人も昨日よりは大分多いですが、空いていて良い山行でした。






























































2014年5月13日 (火)

奥多摩に行ってきました(塩船観音・倉沢・古里・日原鍾乳洞)。

2014年5月12日(月)に以前より予定の日原の倉沢ヒノキを見に行きました。

子供の車に便乗したのでアチラコチラと見て回りました。

Dsc06947

まず、青梅の塩船観音に寄りツツジを見ました、ツツジの花はほぼ終わりかけていました。

Dsc06956

観音様の下のツツジです、連休には沢山の人が来たみたいですが、まだ結構人手が有りました。

Dsc06938

私は此処の大杉が目当てで来ました、幹回り6・6mの大杉です。

Dsc06964

続いて奥多摩駅前の奥氷川神社の三本杉を見ました、東京都で樹高が一番高いとか。

Dsc06967

幹回り7・5m樹齢700年とか3本の杉が癒着して成長したものです、神木です。

Dsc06970

日原街道を行き、倉沢のトンネル前の景色です、大ヒノキを見に来ました、向こう側の山は石灰岩の為削られています。

Dsc06999

此れが倉沢の大ヒノキです幹回り6・3m樹齢1000年(600年?)との伝えが有るとか、避雷針設置問題で有名とか。

Dsc07002

横?から見たヒノキです幹の途中から幾つかに分かれてまた伸びています、。

Dsc07003

尾根を上り正面真ん中が大ヒノキです、土が崩れない様石積みがしてあります、この右側奥が廃村になった倉沢の集落です、そこの人たちに大切にされていたのでしょうネ。

Dsc07009

日原街道を上り鍾乳洞駐車場からみた川にはまだ残雪がありました、新緑の訳です。

Dsc07010

此処が鍾乳洞入口です、連休には駐車場待ちで大変だとホームページに有りました、今日は数人でした。

Dsc07012

日原の稲村岩ですかなりの岸壁です。

Dsc07016

鍾乳洞の案内図で右側が横に広がり、左側下が縦上に広がり(立体的)新洞窟と呼ばれています。

Dsc07028

十二薬師ですか岩に沢山の一円玉が張り付いていました・・・・・。

Dsc07029

大広場の洞窟でライトアップされています、以前海外の洞窟では凄い色を見ました・・・どこだか忘れましたが!。

Dsc07036

新洞窟での石筍群です、旧洞窟はもぎ取られた見たいですネ(怪しからん輩がいるのです)。

Dsc07048

行きに判らず通り越したので帰りにユックリ進みながら見つけました、有りました。

古里附春日神社のイヌグス(タブの木)の巨木です、後ろが線路で前が道路右側がダンプの進入口の環境です、治療されていますが頑張りきれず右側は枯れ死です。

Dsc07062

治療後も痛々しいです、皮が剥がれていますから!。

Dsc07067

幹回り6・5m樹齢600年位とか・・・・左側の幹はそれでも頑張って枝をだし新緑の葉を出してくれています(感動です)。

2014年5月11日 (日)

龍王峡に行ってきました。

2014年5月10日(土)に鬼怒川の龍王峡に行ってきました。

天気は良いが風が結構ありましたネ。

Dsc06800

会津鬼怒川線の龍王峡駅から川治湯元駅までを歩きました。

この案内図を下流から上流めざし歩きました、帰りに温泉に入る為上りのコースにしました。

Dsc06831

龍王峡駅の広場売店裏から渓谷沿いに下ります、花は終わりましたが、新緑がご覧のとおり美しです。

Dsc06833

降りるとすぐ滝が見えます、虹見の滝です、鬼怒川に架かるのが虹見橋です。

Dsc06841

滝の前五竜王神社の岩場から、鬼怒川の清流と虹見橋です、後程この橋を渡りました。

Dsc06847

二つ目の滝で竪琴の滝です。

Dsc06849

これは虹見橋からみた鬼怒川の下流です。

Dsc06859

これは上流を眺めた所です。

Dsc06855_2

此れも橋からみた虹見の滝と五竜王神社です、先ほどは神社の上から滝と川を見ました。

Dsc06867

散策路の途中にクリンソウが咲いていました可憐ですね。

Dsc06868

これは芋科の座禅草の葉です・・・・根元に咲き終えた座禅草が微かに残ていました、水芭蕉とは異なります、水芭蕉もありましたが花は有りませんでした。

Dsc06869

周りの山々の緑の美しいこと心が洗われますネ。

Dsc06871

木漏れ日の新緑の中を歩きます、イイデスネ。

Dsc06876

これはムササビ橋から見た鬼怒川の渓谷美です、如何です。

Dsc06887

これは下流を見ました。

Dsc06906

シロヤシオツツジがわずかに咲き残ていました。

Dsc06926

吊り橋・トンネル等を歩き川治温泉薬師の湯に入りました、気が付いたのですが2年前に学校でスケッチ旅行に来たホテルが目の前でした、その時はバスで来たので駅・鬼怒川等を認識していませんが今回歩いたので位置関係をハッキリ把握しました。

これは駅から浅草方面の写真です下が鬼怒川ですが見えません、小生この線路を川から見上げて書いた思い出が蘇りました。

2014年5月 8日 (木)

越生に行ってきました(上谷の大楠・五大尊のツツジ)。

2014年5月7日(水)に越生の上谷の大クスの木を見に行きました。

バスで越生梅林入口までそこからしばらく舗装した山中を歩きます。

Dsc06740_4

此れが楠の巨木です、樹齢1000年以上・幹回り15m高さ30mと有りました。

埼玉県最大の木、全国16位と書かれていました。

Dsc06744

大きさは凄いですネ、見晴台にタケノコ掘りに来ていた子供がこんなに小さいです。

Dsc06750

樹も勢いがあります、迫力があります。

Dsc06758

これは回り込んだ上から撮ったものです、上から見ると二本の木のように見えます。

定義が判りませんが、私は二本の木が張り付いた様にも感じました、何せ1000年ですから・・・縄文杉も単独(複数の木)では無いとの説が有る見たですから。

Dsc06774_3

正面からみた根元です・・・・でも凄いのには代わり有りませんね。

Dsc06790

下の広場から見上げた大大楠の木です、大きいので近くからは写せませんから。

Dsc06796 Dsc06818_2

此れは越生駅近くの五大尊のツツジです、白のツツジは満開状態ですが、他の色のツツジは終わりかけでした。

Dsc06808Dsc06817_2

でも、山肌に沢山のツツジが見事に咲いています、連休が終りましたが、そこそこの人が花を見に来ていました。

 

 

2014年5月 3日 (土)

加須の鯉のぼり・騎西の藤まつりに行ってきました。

2014年5月3日(土)に騎西の玉敷神社の藤を見に行きました。

加須の駅でバスを待っていましたが、他のバス停でパンフレットを配っているのが目に入り聞いてみた、利根川の河川敷でジャンボこいのぼり遊泳を行う第5回加須市民平和祭を開催との事、無料送迎バスですの一声で急遽行ってみました。

Dsc06625

利根川河川敷の大越でイベントを開催していました。

Dsc06627

沢山の市民の方がジャンボこいのぼりが遊泳するのを待ちます。

Dsc06629

これがジャンボこいのぼりを上げるクレーンです。

Dsc06630

遊泳する前のこいのぼりです丸いのは目です。

Dsc06631

1時30分から上がりだしました。

Dsc06634

土手の上の人と比べてください、今日は適度の風があり鯉が泳ぎ始めました、初めてなので判りませんが風が今日は最高なのでは風が無ければだらしないし・有りすぎれば怖いし・・・・・・。

Dsc06649

下のこいのぼりがメダカの様ですが、これでも相当大きい鯉です。

Dsc06652

風を口から入れて上手く泳いでいます。

Dsc06659

土手で近所の方と偶然会いました、この後玉敷神社に車で乗せていただきました、凄い人混みの中よく会いましたね。

Dsc06660

騎西の玉敷神社です、二・三日前新聞でこの神社の藤が見頃との事で来ました。

Dsc06666

此れが樹齢400年で幹回り4・8mの大藤です、見事の花房です。

Dsc06668

大藤をアップしました・・・・木が割れていますが大切にされて元気に花が咲いています。

Dsc06669

此れは若い方の花房ですが長い花房で見事です。

Dsc06680

今が盛りですね、上から下まで咲き誇っています。

Dsc06687

これは花の中側から撮りましたが、本当に満開です綺麗です。

Dsc06700

此れは玉敷神社の大銀杏の巨木です樹齢500年幹回り6mと有りました。

藤とあわせて見事な巨木が見れて良い1日でした。

 

 

 

坪山に行ってきました。

2014年5月2日(金)に坪山(1102m)に行ってきました、本日は夏日との天気予報で連休の間ですが狙いすまして出かけました。

上野原からバスで小1時間八ッ田まで970円でした、今回で四回目です。

Dsc06538_2

八ッ田の村(?)から登りはじめます、新緑が綺麗な雨上がりです。

Dsc06540_2

上り始めの沢の横にある滝を上から写しました、下には降りられそうもないので。

Dsc06548_2

坪山は意外と岩場が多いのですが、花が売り物の山なので高齢者の方々が多いです。

Dsc06552_2

今回イワウチワの花はすべて終り一つも見れませんでした・・・残念です、一番最初に来たときは踏み潰すぐらいのイワウチワの花が咲いていましたが・・・・今はそんなに多くないかも・・・後はこのヒカゲツツジの群生です・・・これも終りに近いですか?。

Dsc06564

イワウチワが終りイワカガミの花が咲いていました。

Dsc06571

イワカガミの花です、花が全体に小さいかな!!。

Dsc06577

山頂近くにはまだヒカゲツツジが咲いていました・・・・・・やはり花が無いとさびしいです。

Dsc06580

もう少しで山頂です、結構荒れていました、アチラコチラにロープがあります高齢者対策ですかね。

Dsc06581

山頂に綺麗な標識がありました・・・以前?は・・・・。

Dsc06582

山頂からみた左が奈良倉山(1349m)で富士山がよく見えるので人気見たいですね、私は上っていません、奥が飛龍・雲取ですかね・・・・、右側は三頭山のほうです。

Dsc06584

三頭山(1531m)です、右側手前の尾根が笹尾根ですね、東京山梨の境目です。

Dsc06587

権現山方面です?、手前は馬酔木の花です。

Dsc06588

此れから下る尾根筋です、2時間ほどですが結構アップダウンがあります。

Dsc06597

ツツジが沢山咲いています、山桜が散り際です、ミツバツツジとヤシオツツジですか?。

Dsc06602

多分ヤシオツツジ(ゴヨウツツジ)でしょう!。

Dsc06606

下りの尾根筋に奇妙な木が多数あります・・・・幾つかを紹介します、まだ巨木までは・・・・、これはブナですかね。

Dsc06619

此れは巨木です木は?。

Dsc06623

この手の木が多い虫か病気か、ごとごつで・・・・・。

Dsc06624

疲れましたが、でもこの新緑で疲れを癒されますね、もう少しでひりゅう館へつきます。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ