« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月24日 (火)

千葉県久留里城址・館山城址に行って来ました。

2015年3月23日(月)に千葉県の城址を巡りに行って来ました、久留里城址・館山城址です、いずれもお城がある城址です。

お城・・・①現存天守、②復元天守、③復興天守、④模擬天守、⑤天守風建物に区別されてます(定義は省く)、今回のお城は模擬天守です。

Dsc07500

久留里駅から歩き一番下の旧二の丸へ上がる山道を上り(白い線は舗装道路)資料館脇へ、そこからは尾根筋から天守閣へ帰りは白い線の道を下りました。

Dsc07644

途中で見える久留里城の三の丸界隈の街。

Dsc07645

途中堀切が幾つか見られました。

Dsc07653

二の丸の塀を回り込みます、此処は中世の千葉の大名里見家の城と近世の江戸時代遺構が混在しています。

康正2年(1456)武田信長のお城、後に里見義堯が再構築、その後改易になり一時廃城1742年黒田直純が再建とあります。

Dsc07655

二の丸脇下の薬師曲輪・・・此処の曲輪は全体に狭いですネ。

Dsc07656

展望は好いです、切り立つ山なので木が邪魔しない、この下の郷が三の丸大手門堀とかが在ったみたいです、江戸時代です。

Dsc07664

現資料館のが二の丸跡・・・・正面が薬師曲輪、左側が三の丸へ下る道、後ろ側が天守閣への尾根筋、その脇が現在は白い道で脇に鶴曲輪(やに狭いですが)あります。

Dsc07668

狭い切り立つ尾根の先が本丸(突き当り)左上は天神曲輪、右側に回り込むと池があります。

Dsc07676

本丸脇に2個の池があります。

Dsc07680

池を過ぎると本丸入口です、資料では2層2階の土台に立ったお城だそうですが、浜松城に似た2層3階の天守閣です。

Dsc07714

左の盛り土が当時の天守の土台と説明版にありました、ほとんどのお城は模擬天守ですネ、でもやはりお城が在ると無いのでは違いますから・・・・特に有名なお城跡では建物が無いと見栄えがしませんからネ。

Dsc07723

尾根筋の道を二の丸脇から下る先に久留里曲輪があります、此処は少し他より広いです。

Dsc07725

青春18キップなので時間が有ったので(何せ電車が余りないのですがひとつ前に間に合ったので)館山まで行きました。

館山駅側からも見える高台にお城があります、あるいて30分ぐらいですかね、下側から孔雀園脇を回り込んで、万葉の径へ戻って山頂へ行きました。

Dsc07726

公園入口の下から見た館山城です、犬山城(国宝)に似た(破風が異なるか?)お城ですが美しいですネ。

Dsc07731

館山城址・・・今は公園ですネ。

Dsc07739

結構お城の遺構らしき景観がありますが、説明版が無いので思いにふけるだけですが。

Dsc07742

回り込むように突き当りが本丸です、左側が万葉の径側で結構昔の遺構らしき場所が見られました。

Dsc07747

上からの景色が右下側は梅園ですが、此処は三の丸相当ですかね?。

Dsc07751

戻り、左が日本庭園とかツツジ園とか(二の丸相当?)、右上が本丸です。

Dsc07754

本丸の脇に・・・此処では里見城跡とあります(脇の碑では館山城跡で説明がありました)。

Dsc07758

山頂からの景色は素晴らしいです、何せ海が目の前ですから、館山の街が眼下です、桜の花ももう少しで咲きますネ。

Dsc07761

本丸の天守です望楼型ですね、犬山城を模したお城です、里見義康が天正18年(1590)の小田原の役の時完成した城は?その後1614年大久保忠隣事件に連座し改易になり廃城、戦時中は高射砲部隊が進駐し改変したので当時の様子は?判らないのでしょう・・・・。

Dsc07774

ツツジ園側からの館山城・・・・今見ると流石に国宝(?)好いお城ですね、今江戸城に天守再建をの運動が有りますが、建物が在るほうが好いかもネ。

2015年3月19日 (木)

千葉の臼井・本佐倉に行って来ました(臼井城址・本佐倉城址)。

2015年3月17日(火)に京成臼井・佐倉・本佐倉駅近辺に広がる城跡を見てきました、臼井城址・本佐倉城址です。

Dsc07173

印旛沼近くの臼井城址です、現在は二の丸と本丸の遺構が残されています、此処は千葉一族の臼井・原氏が納めた結構大きな城です、有名な太田道灌も攻めました弟が戦死・・・上杉謙信も攻めましたがこれは失敗した有名なお城です。

Dsc07176

妙見さまの星神社側から土橋を渡り二の丸広場に入りました、河津桜でしょうか満開でお花見も地元の方がされていました、此の広場の周りは空堀です・・・・千葉のお城は殆どが平山城(山城では無く岡状態の山林を切り開いた感じです)で川・沼・崖状態の空堀等が多いですね。

星神社等も外郭の城の一部だそうですが今は殆ど判りません。

Dsc07183

二の丸と本丸を繋ぐ土橋・・・奥が本丸で左右は空堀で本丸は一段高くなっています。

Dsc07209

本丸からの眺望です、奥が印旛沼です、結構な広さがあり向こう側は帯郭が段々に構成された本丸の遺構が見えました。

Dsc07211

本丸の虎口で先ほどの土橋になります、土塁で周りが盛り上げてあります。

Dsc07215

現在は駐車場の広場ですが深い空堀後です、正面が土橋、右が本丸、左が二の丸です。

Dsc07220

本佐倉城址の全体図です、千葉の名門千葉氏の本拠地です、上総の里見氏・小田原の北条・関東管領の上杉に対抗最後は北条にのみこまれ秀吉の小田原攻めで名門も終焉、徳川は佐倉に城を築き、此処は廃城となりましたが遺構状態は良好です。

Dsc07221

山を背景にした東光寺ビョウ(Ⅵ郭)です、各ブロックの郭に分かれたお城で内郭部でも広いです、奥がセッテイ山(Ⅶ郭)です・・・名前は?。

Dsc07230

東光寺ビョウ(Ⅵ郭)の後ろの山の中腹にあるセッテイ虎口後です、右側がセッテイ山でです、入ると山を回り込むように帯(腰)郭状態の広い道になります。

Dsc07261

空堀手前を上がるとセッテイ山(Ⅶ郭)の広場です、かなり広いですが木々が生い茂っています、私か行ったらウサギが逃げ出しました・・・・金明竹も多く此処は山中の雰囲気です。

Dsc07266

セッテイ山(Ⅶ郭)は空堀で囲まれて独立した形の郭です、此処は空堀の底で右側がセッテイ山で左側は倉跡(Ⅲ郭)です、この手前が南奥虎口で東光寺ビョウ(Ⅵ郭)側出ていけます、下の図参照。

Dsc07276

空からの写真を参考に、写真にはありませんが右側がセッテイ山です、これから東山虎口から城内に入ります東山は今回説明しません、細い尾根筋と帯郭で東山虎口を補助した形ですね。

Dsc07277

東山虎口の一段目で回り込むように第二弾があります。

Dsc07279

東山虎口の第二弾目です向こう側が城内(Ⅳ郭)です。

Dsc07302

東山馬場郭(Ⅴ郭)から見たⅣ郭です。

Dsc07306

Ⅳ郭を上がる途中にある堀切での道があります、左が城山(Ⅰ郭)右が奥ノ山(Ⅱ郭)で回り込むように道が作られています(横矢掛ですか)。

Dsc07313

回り込んで城山の門入口です、この左にも門が在ったみたいです。

Dsc07323

城山の全景です、結構広いですね、右側から上って来たのです。

Dsc07329

上からⅣ郭を見ました、この下を半分回り込んで上がってきたのです、右側の外れが東山虎口方面です、右側は東山馬場です。

Dsc07342

次に奥ノ山(Ⅱ郭)に来ました、奥の高い所が妙見様の社跡とか・・・・千葉氏は妙見・・北斗七星を氏神様としていたそうです。

Dsc07357

奥ノ山と空堀を隔てて倉跡(Ⅲ郭)の広場です、右奥がセッテイ山です。

Dsc07369

本佐倉城址の前景です左側が東山虎口・東光寺ビョウ・セッテイ山方面で右側に京成線が走り本佐倉駅もそう遠くではありません。

2015年3月18日 (水)

千葉県佐倉に行って来ました(佐倉城址・千葉城・千葉寺)。

2015年3月17日(火)に青春18キップで千葉県の佐倉・成田・本千葉と行って来ました、当日は暑く本千葉は時間が有ったので周り非常に疲れましたが良かったです。

京成の臼井・佐倉・本佐倉と連続した駅近くに城址が在るのでまとめて見学しました、まずJR佐倉で降りて・・・・・・・。

Dsc07044

佐倉は今も武家屋敷が現存している侍の街です、高級な武士?の家並みです土塁で生垣が在るので馬の上からも家の中が覗けないのです、ここは丘の上なので残ったのでしょうか?。

Dsc07066

佐倉城址の図面です、鹿島川・高崎川が写真上から左側を流れています、右側は成田街道です、江戸時代に築かれた平山城です、図の下から左上と時計回りにみて回りました。

Dsc07067

三の門跡を過ぎて三の丸です、左側は空堀です、今は浅いですが・・・、千葉の内陸は石が無いので石垣の城ではありませんネ。

Dsc07082

三の丸の外れから出丸へ行ってみました、大分急坂を下ります。

Dsc07092

水堀に囲まれた出丸跡(左側)・・・・土塁が今は平らですが・・・・。

Dsc07099

急な細道を上り三の丸と本丸の近くに上りました、これは三の丸と本丸に架かる土橋で向こう側の不明門がありました、土橋の脇は深い空堀です。

Dsc07105

本丸不明門脇の櫓の土塁上から見た所です、脇は空堀です。

Dsc07108

本丸の奥から見た広場で左側にもありかなり広いですネ。

Dsc07114

此れが本丸の左側で土塁で脇が盛り上がっています、正面が一の門の土橋です。

Dsc07121

一の門を渡り二の丸側から見た一の門の土橋と空堀です。

Dsc07128

二の丸の二の門傍に立つ幕末の城主堀田正睦の殿様です、老中首座で幕末の国難に対応した人です、佐倉城は戦火を浴びませんが建物は佐倉連隊の設置で全て破却したそうです堀等も一部埋められたのです、城は土井利勝が今の形を作成したとかその後利勝は古河に移封しましたネ。

Dsc07146

姥が池で二の丸・三の丸の下にある池で城内に取り込まれています。

Dsc07150

此れは成田街道よりの水堀で左側が城内です、当時のお城は武家屋敷を取り込み大分広いですね、日本百名城ですネ。

この後、臼井城址・本佐倉城址を見学しましたが先に千葉の方を照会します。

Dsc07375

千葉城です、これは千葉市内の猪鼻城址に立つお城で復元天守閣ではありませんがやはりお城ですネ。

Dsc07388

この地は城跡に間違いはありませんが、当時は天守閣は無いそうです、名前も”亥鼻”が正しいのでは?。

Dsc07406

千葉寺の公孫樹の巨木です、樹齢1000年幹回り8mで樹勢も良さそうです。

Dsc07418

乳根も見事で太さも申し分ない1本イチョウですネ、わざわざ寄った甲斐がありました、疲れが跳んだ・・・・・イエイエやはり疲れましたが此れから帰ります。

2015年3月12日 (木)

伊豆半島の河津・伊東に行って来ました(河津桜・巨木)。

2015年3月11日(水)に静岡県伊豆半島の河津・伊東に行って来ました、青春18キップでの旅です、今日は風が凄く強い日でした。

河津桜祭りは昨日で御仕舞でしたが、桜は満開が過ぎて葉が出てきましたがまだ見れました、もう少し前に来たかったのですがインドの疲れと天気が悪いのとで遅れました。

Dsc06897

祭の後なので人は少なかったですが、花は・・・・・・。

Dsc06906

花はわずかに盛りもあれば葉桜も混ざり合いです、川の水は綺麗ですが風が強く寒かったです。

Dsc06907

人出が少ないのでお花見も寂しいですネ。

Dsc06908

菜の花も咲いていました・・・・・・。

Dsc06915

花はこの程度にして、目的は巨木なのです、伊豆半島は温暖な気候の性か巨木が多いのです、電車賃が懸るので青春18キップを利用して遠くに行きます。

Dsc06872

来宮神社(すぎほこわけの命)此処には樹齢1000年以上の楠が有ります、他に2本も相当な巨木で在りますが・・・・幹回り14m。

Dsc06873

神社脇にあり凄い存在感ですが、写真で上手く表現できないのが残念です。

Dsc06882

やはり、一部中は空洞?だと思いますが、樹勢は良いのでまだまだ長生きを期待しますネ。

Dsc06942

伊豆急の電車の中より海岸風景を写しました。

Dsc06946

もう1枚こちらは波が・・・・風は何度も言いますが凄く強いので海も荒れていると思いますが・・・・・北海道も海が荒れていたので知床で船が乗れないのを思い出しました!。

Dsc06983

伊東駅で降りて再び巨木写真を・・・葛見神社の楠です、樹齢1000年以上幹回り20mと有りますが、今は15m?・・・後ろ側右側中は空洞と相当現在はダメージを受けています。

Dsc06992

左側の樹勢は良いのですが、何百年と生きながらえるのは大変なのでしょうネ。

4月10日までキップを使い幾つかの予定を消化します。




2015年3月 3日 (火)

インドに行って来ました(アグラ)。

2015年2月28日(土)今日はアグラの街の観光とそれまでのインドの町中の写真を合わせて掲示します。

Dsc06490

やはり、野良牛が町中に沢山いました、雄の牛とミルクの出なくなった雌牛が町中でゴミを漁っていました・・・・水牛も沢山いましたね、水牛はミルクが沢山取れるとか、後クソを天日干しで乾かしているいましたネ、車は混んでいて怖いですね。

Dsc06492

オートバイにも沢山人が乗っています。

Dsc06497

色々な動物が町中で共存していました、これはイノシシでしょう。

Dsc06505

羊の群れ、野良犬は本当に沢山観光地町中にもいます・・・・・猫もいると言っていましたが見なかったです。

Dsc06510

小さな車にも沢山の人が乗っていました、車の外側にしがみ付き立ったまま乗っているのも普通ですね。

Dsc06511

ラクダですが、馬・ロバとかもいました、観光地では象さんもいます・・・・・あとリスが多かたです、町中は綺麗な所と汚い所があります、宗教言葉も混然として、貧富の差は極端です。

Dsc06546

アグラの街のタージ・マハールの赤砂岩で造られたメイン・ゲートです、アーテに刻まれたコーランで下から上に文字が大きく造られているので同じ大きさにみえるとか。

Dsc06550

タージ・マハールの正面です向こう側はヤムナー河で川沿いに立っているのです。

Dsc06552

やはり下は赤砂岩で上が白い大理石に象嵌細工を施した建物、横の塔はミナレットでモスクに付随塔です高さ42mとか。

Dsc06572

タージの右横・左横にもある赤砂岩のモスクがあります。

Dsc06574

これは入口で階段を上がり上のテラスにでます、靴はカバーを付けます

Dsc06590

横から観たタージです。

Dsc06596

真横にあるモスク。

Dsc06620

やや斜めから見た姿で四角同じ形に作られていますネ。

Dsc06670

フアテープル・シークリー遺跡のパンチ・マハールの五重の塔です。

Dsc06694

此れも同様ですね、観る角度で大分ちがいます。

Dsc06695

デイワニ・カース?、ジョダ・バイ宮殿ですか?。

Dsc06729

アグラ城の城壁で堀には昔ワニがいたとか。

Dsc06730

城門アマル・シン・ゲートです、この城門は日本の城の桝形方式に似ていますね。

Dsc06734

門内を入ると次に堅固な門があり、中に入ると壁に挟まれた急な上り坂で構成された防禦された造りです。

Dsc06738

これがジャハンギール宮殿で赤砂岩と白大理石の象嵌細工が美しい宮殿です。

Dsc06739

宮殿入口アップです。

Dsc06750

宮殿内部の広場。

Dsc06762

ヤムナー河の先にタージ・マハールが見えます。

Dsc06775

タージ・マハールを作った王様は此処に閉じ込められたとか。

Dsc06786

中庭。

Dsc06793

一般謁見の間ディワニ・アーム、これらはムガール帝国全盛期に建てられたお城です、

建物様式は?良く判りませんが、城壁とか軍事的な構えは凄いですね、これで今回のインド旅行は終わりです。

2015年3月 2日 (月)

インドに行って来ました(デリー・ジャイプール)。

2015年2月26日(木)-29日(土)にインドのデリー・ジャイプール・アグラの観光ゴールデントライアングルに行って来ました、時差はマイナス3・5時間で行きは10時間帰りは7時間の旅になりました。

Dsc06132

まずデリーのフマユーン廟・・・・入口の門です。

Dsc06144

ここは王様の廟(お墓)で後のアグラにあるタージマハーラの原型だそうです。

Dsc06154

やはり砂岩・大理石の象嵌細工が施された綺麗な装飾で出来ています・・・・規模が小さいのでこの廟を先に見せるとガイドさんが説明、なお今回は現地ガイドさんのみの旅行です、。

Dsc06175

車窓からのインド門、高さ42mの石製の凱旋門、第一次大戦の戦死者の名前が刻まれているそうです。

Dsc06187

デリー(ニューデリー・オールドデリー)のレッドフォート(赤い砦)の城門(ラホール門)です、中は広く今軍隊が住んでいるとの事、赤い砂岩で出来た城門城壁です、高さ18mとあります。

Dsc06194

やはり城壁の周りは堀・・・です。

Dsc06198

レッドフォート(赤い砦)の城門(ラホール門)、中に入れません。

Dsc06210

クトウブ・ミナールの塔高さ73m基底部は直径15m塔は5階層でいずれも外部に突き出たバルコニーがあります、中には現在入れないそうです。

Dsc06213

塔以外にも当時の遺跡(1209年・・・?)が複合遺産としてあります、趣がありますね。

Dsc06222

殆ど砂岩と大理石で出来ています。

Dsc06226

壁には文字と模様が施されているそうです。

Dsc06244

観た遺跡の中では古いものですね。

Dsc06262

これはアライ・ミナールです、クトウブ・ミナールの2倍の大きさの塔を作ろうとした土台部分です、1316年暗殺され未完。

Dsc06278

ここからはジャイプールの都市です2月27日(金)、朝は涼しいのですが、日中は凄く暑くなります、”風の宮殿”です、バスから降りて道端からの写真を撮りました。

Dsc06295

アンベール城です城の手前から・・・インド象に乗って上ります、車は大きく右側から迂回して城の後ろ側へ上ります・・・・現地ガイドが1人なので二手に分かれましたが言葉が判らずあわてました。

Dsc06318

一番最初の城内広場です、城門を潜り象さんが入ります。

Dsc06322

アンベール城を囲む山には万里の長城みたいに長い塀と砦が出来ているのが見えます。

Dsc06333

最初の広場から次の広場に行くと綺麗な宮殿(アンベール宮殿)があり赤砂岩と大理石綺麗な細工が成されています。

Dsc06337

此れは最初の広場を中の方から見た所です・・・やはり向こうの山にも長塀が有ります。

Dsc06349

宮殿の綺麗な門、上の穴あき窓はお妃達が送り迎えする窓とか・・・王様は戦で余り住んで居ないとあります、この奥は女の園との事でした。

Dsc06358

綺麗な細工が施された天井・壁。

Dsc06375

宮殿の中庭と外輪の砦。

Dsc06423

その宮殿の中庭の奥の広場・・・・広いが女性たちはこの空間で過ごしたのですから・・・・。

Dsc06425

アンベール城の下からの全景。

Dsc06442

ジャンタル・マンタル天文台・・・・世界一大きな日時計だそうです、太陽の日差しの陰で時間が図れます。

Dsc06457

シテイパレス・・・現在もジャイプールの王様のお住まいとか・・・ほとんどは国が管理しているが此処はそのまま使用し半分は観光用見せているとか。

Dsc06464

奥の高い方が現在でもつかわれている宮殿とか。

Dsc06468

宮殿の中庭・・・観光用に開放しているので入れました。

インドでの食事はカレーです(カレーでも具の種類・甘さ辛さが色々)。

二日目はここまでで明日はアグラ観光となります。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ