« 再び掛川に行って来ました(高天神城址・掛川城址)。 | トップページ | 津久井城址・茅ヶ崎城址に行って来ました。 »

2015年8月13日 (木)

高島城址・新府城址・甲府城址に行って来ました。

2015年8月12日(水)に諏訪市の高島城址・韮崎市の新府城址・甲府城址と行って来ました、結構蒸し暑く電車内は寒いくらいで疲れました。Dsc02316

諏訪湖湖畔の高島城です、昔は諏訪湖がこの城の右脇まであり諏訪の浮城の名前が在るくらいです、今は諏訪湖は大分右奥まで下がっています、石垣も広がっていますが地盤が悪いのでやや緩い傾斜なのでしょう。

Dsc02326

当然復興天守ですがかなり昔昭和45年と有りました。

Dsc02329

天守閣の高覧からみた諏訪湖です、大分湖が後退しています、昔は城から船が出たと有りますから。

Dsc02363

城内から見た所です、復元にあたり昔の写真からですが此方側の写真は無いみたいですネ。

Dsc02367

Dsc02368

冠木門を城内から・・・・・これは冠木門ではありませんが築城当時が冠木門で名前がそのままなのでしょう・・・・太鼓門高麗門ですね、ちなみに冠木門は左右の柱に横に木を渡した門です。

Dsc02373

冠木門の橋から見た天守閣。

Dsc02374

冠木門を正面から見た所、三の丸はこの堀の外側です。

Dsc02378

冠木門の堀の外側から・・・二の丸がこの右側で川がありその右側が三の丸やはり川が有ります。

Dsc02385

隅櫓から見た冠木門・天守閣です、絵になりますね。

Dsc02391

堀の途中から冠木門・天守閣。

Dsc02395

冠木門の橋脇から隅櫓を見た所です。

次は新府駅まで戻り新府城址へ行きました、新府城址は2度目です。

Dsc02410

駅から歩いて20分ぐらいですか、道を忘れたので心配でしたが案内がありました、新府城の横腹から登ります、本丸跡に在る神社への上り口です。

Dsc02420

山頂の神社です・・・此処が新府中韮崎城本丸跡です。

Dsc02422

今図の右上から稲荷曲輪をへて本丸へ出ました、此れから本丸(かなり広い)を見て二の丸各曲輪を横目で見て西・東三の丸丸馬出し・大手門口と回り、上の方の堀(今は水は有りません)を見て廻りました、残念ですが七里岩は今回も見れませんでした。

Dsc02423

この城は織田信長に対抗するため新規に構築した城ですが結局、家臣が離れ籠城できず自ら火を放ち逃げたのです・・・後に家康が北条との戦いで使用したとか・・・。

Dsc02424

本丸跡の碑にも書いてあります、築城者は真田昌幸です、やはり人が石垣ですネ。

天正9年2月着工し12月入城で天正10年(1582年)3月ですからネ・・・・・・天正9年3月にはあの高天神城が落城していますから追い詰められました・・・ここから小山田信茂が進めた岩殿城(大月)に落ちていきます、裏切りに会い天目山で滅亡です。

Dsc02425

此れは以前は無く作り直しましたネ、勝頼公の霊社とあります。

Dsc02432

本丸脇の土塁をバックに有名な武田家の家臣に囲まれています。

Dsc02438

本丸脇から見た稲荷曲輪です、本丸から一段低い所です。

Dsc02456

稲荷曲輪と逆側の本丸脇にある二の丸跡です。

Dsc02473

奥上が本丸です、二の丸は左側です、西の三の丸でこの右側に東三の丸があります。

Dsc02486

東三の丸の前側に馬出し・南大手門があります。

この後周りを見て廻り次に甲府へと出ました。

Dsc02502

甲府城址(舞鶴城)の稲荷櫓です。

Dsc02510

甲府城の縄張り図です、右下から外側をまずまわり遊亀橋から城内に入り鍛冶曲輪・稲荷曲輪門・数寄屋橋曲輪・天守台脇・鉄門跡・中門跡・坂下門・内松陰門・銅門跡・本丸と見て廻りました。

Dsc02513

数寄屋橋曲輪が正面の石垣で、右側の石垣は17mと高い石垣が構築されています。

Dsc02519

遊亀橋からみた鍛冶曲輪と本丸の石垣・天守台の石垣が見えます。

Dsc02528

稲荷曲輪門です、防御性の高い門ですよ。

Dsc02534

内側から見た門内です、かぎ型で上からも狙い撃ちです。

Dsc02537

数寄屋曲輪から見た数寄屋櫓跡です・・・右広場は鍛冶曲輪です。

Dsc02546

稲荷櫓です、最初に撮った写真の城内から見た所です。

Dsc02547

これも稲荷曲輪門の内側石垣上から見た門内の所です、上から狙い撃ちでしょう。

Dsc02552

これは本丸に入る鉄門です・・・・・見事な門です。

Dsc02553

門横の石垣うえから見た所です、石垣がやはり高いですね・・・・大砲が無い時代は攻略するのが大変ですネ。

Dsc02568

此れは内松陰門の内側からみた本丸方面の石垣です・・・直進し右側へまた左側の銅門の向こう側が本丸ですから・・・・各石垣うえから狙い撃ちですからネ。

Dsc02572

石垣上からみた内松陰門の内側です・・・・三方の上から狙います。

Dsc02574

門を突破し再度の門(銅門跡)からみた所です、攻めるのも大変です。

Dsc02575

門内からみた本丸広場と天守閣台です。

Dsc02580

鉄門脇の石垣から見た高い石垣と天守閣台の石垣です、見事なものですね、浅野長政が築城者とあります・・・・戦国時代の生き残りたちの知恵の中から出来上がったのでしょうね。

« 再び掛川に行って来ました(高天神城址・掛川城址)。 | トップページ | 津久井城址・茅ヶ崎城址に行って来ました。 »

城郭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316295/61159322

この記事へのトラックバック一覧です: 高島城址・新府城址・甲府城址に行って来ました。:

« 再び掛川に行って来ました(高天神城址・掛川城址)。 | トップページ | 津久井城址・茅ヶ崎城址に行って来ました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ