« 草津・長浜城跡に行って来ました。 | トップページ | 佐和山城跡に行って来ました。 »

2016年6月10日 (金)

小谷城跡に行って来ました。

2016年6月6日(月)に浅井三代・浅井三姉妹の小谷城跡に行って来ました、JR北陸本線の河毛駅より駅のレンタル自転車で城址を見学、うれしいことに朝早くからオープンしかも見所まで説明を受け行く前からワクワクします。
Dsc03900
小谷山は西尾根(朝倉軍の曲輪)・東尾根(浅井軍の曲輪)真ん中の清水谷が浅井家の居住地からなっています東尾根を見学。
Dsc03947
河毛駅方面から見た浅井軍と織田軍(虎御前山)の配置図で直線で500m4年間の戦いの場所です、駅の案内の方に頂きました。
Dsc03948
駅から城に行く途中の小谷城跡です、東尾根は向こう側のヤヤ平坦な尾根沿いですネ。
Dsc03963
追手道入り口から山中に入ります、急な登り口が続きます・・・・結構な登りですよ。
Dsc03972
金吾丸跡にでました・・・昔佐々木六角との戦いで、朝倉方が味方して作った曲輪、この時の恩が朝倉にあり信長との同盟破棄に繋がりますね。
Dsc03974
金吾丸跡を下ると番所跡~山王丸跡までが連続した山城の縄張りとなります。
Dsc03977
番所跡・・・小谷城の入り口で昔は石垣での構えとか・・・・長浜築城で持っていかれたとか。
Dsc03981
番所から清水谷・・・・織田軍がいる虎御前山が目の前に対峙しています。
Dsc03991
脇の道(横矢がかり)を上ると御茶屋跡・御馬屋があります、此処は水がありました。
Dsc03992
図は下の方が御旅屋跡・真ん中が御馬屋・上が桜馬場で突き当りに黒金門になります。
Dsc04002
右が桜馬場方面で正面が黒金門跡です。
Dsc04004
桜馬場で横に2段で織田軍の見晴らし拠点とか。
Dsc04020
黒金門を上がると井戸があり大広間最大の曲輪です・・・・此処で徳川秀忠夫人お江が生まれたとか。
Dsc04024
大広間の奥が本丸(鐘の丸)天守。
Dsc04026
天守です。
Dsc04032
天守の裏側が大堀切で中丸と区分けされています。
Dsc04044
本丸を回り込み、大堀切から登ると中の丸跡へと出ます、三段の広場からなり石垣で構築してありました・・・石垣は殆ど長浜築城で持っていかれたみたいです。
Dsc04046
中の丸の図です。
Dsc04050
さらに上に京極丸・小丸(浅井久政)と続きます、この京極丸に羽柴秀吉軍が清水谷から急峻な崖を夜襲で上り本丸と小丸を分断落城となりました。
Dsc04055
小丸跡です、浅井久政が自刃、ちなみに浅井長政は黒金門よこの赤尾屋敷にて天正元年(1573)9月1日に自刃・・・・ここに浅井家は滅亡・・・・女子がしっかりと生き延びました。
Dsc04057
いよいよ標高400mに位置する山王丸入り口です、小谷城の詰め丸、石垣で固めた虎口を二重に備えた作りです、今も右側の脇に5mの石垣が現存します。
Dsc04060
此れが現存の石垣です・・・秀吉軍が見落とした????。
Dsc04061
山王丸跡です、此れを過ぎて下ると六坊・月所丸・・・清水谷への下りと大嶽(おおづく)への登りとなります。
この後、佐和山城・彦根城を見たいので虎御前山には行かず下山しました、素晴らしい山城ですこの辺り戦国絵巻の遺構が沢山ありますネ。

« 草津・長浜城跡に行って来ました。 | トップページ | 佐和山城跡に行って来ました。 »

城郭」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316295/65943350

この記事へのトラックバック一覧です: 小谷城跡に行って来ました。:

« 草津・長浜城跡に行って来ました。 | トップページ | 佐和山城跡に行って来ました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ