« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年7月24日 (日)

乾徳山に行って来ました。

2016年7月23日(土)に乾徳山に行って来ました、山水会の例会幹事で昨年は雨で流会し、今年は何とかですが、塩山は笹子峠を越えたら青空が出ていましたが山はガスでした。
通常コースは徳和からの往復7時間強の長いコースですが、今回はタクシー利用で大平牧場先(現在は牧場は廃業)まで入り往復5時間弱位でのコースです。
Dsc05434
大平高原(戦後開拓者が起こした大平牧場は現在廃業)は鹿の遊び場とか道満尾根筋を小屋沢の頭脇を上ります、途中舗装した林道をバイパスしながらの登りですネ。
Dsc05435
漸く徳和からの合流点月見岩・扇平へガスがご覧のごとく景色は見えません、高山植物も見えませんネ(高山植物が無い!鹿に食べられるのでしょうか?)。
Dsc05437
扇平を過ぎると岩と木に挟まれるような登りが始まります、道が泥濘で歩きずらいです。
Dsc05441
岩場が立ち塞がり、クサリを利用しながら登ります、初めてのメンバーは緊張の連続でヤヤ疲れ気味です。
Dsc05445
木々が減り岩場が多く露出していますが大抵は歩くコースで岩に乗るわけではありませんヨ。
Dsc05451
でもガスで岩場が濡れて靴は滑りますからやはり注意しないと危険ですね。
Dsc05459
頂上の岩場ですね、右脇の岩場がハイライトのクサリ場です、クサリをたどり登れます、う回路もありますがやはりこの岩に挑戦したいですね。
Dsc05460
我がメンバー達も果敢に挑戦しています、命綱はありませんからクサリから手を離してはいけません。
Dsc05469
岩場脇から他の岩場下を除きます、ガスが時々晴れ視界が見え始めましたね、帰りはこの下の下山コースを予定しましたが来た道を戻る事にしました、皆さん大分お疲れの様子(私も踵の調子が悪く自信が無いのですが)無理は禁物。
Dsc05474
此れが頂上脇の岩場です、クサリを頼り上るのです、岩から体を離し靴底を岩場に平らにできれば無理なく登れるのですが、やはりクサリにしがみ付くので大変なのです。
Dsc05476
あそこまで上がると後はそれ程でもないのですがまだ油断はいけません。
Dsc05478
上から下を見ました、華麗な登坂技術?に見上げる人々(何を馬鹿な?)、奥の人もメンバーの人たちですね。
Dsc05489
此処が乾徳山山頂です、日本200名山標高2031M、徳和の戌亥(北西)の山なので乾徳山と名ずけられた名峰です。
Dsc05491
帰りもやはり岩場はあります、雷岩・・・・多分ゴロゴロな岩場でしょう、下りはしたが見えないので足の置き場がわからず怖いのです。
Dsc05498
漸く岩場地帯を離れました徳和への分岐コースでもあります扇平の月見岩です、下山時はガスが消え下界も見え始めました、ケガもなく下山でき皆様に感謝です。

2016年7月 6日 (水)

中国桂林に行って来ました(龍勝の棚田)。

2016年7月3日(日)桂林観光の最後の日桂林郊外90kmの山中標高1200mぐらいにある少数民族(チワン族)の生活する棚田龍勝に行って来ました、この日は朝から大雨です、途中の道路に石が崩れています・・・・結構危ないですね(昔成都から九寨溝・黄龍にバスで行った所はもっと凄かったですが地震で??)。
Dsc05000
龍勝の棚田・・・少数民族チワン族日本人のルーツに近いとか?、漢民族に追いやられたが、山中に耕作地を設けた為広大な棚田がありますね。
Dsc05090
大雨の為視界が悪く見えなくなりますが、小ぶりの時には近場は見えました・・・でも遠くまではガスがあり見えませんが、何せ道路が川のように水浸しですが私は靴カバーを下の入り口でで購入したので濡れずに済みましたが、武陵源でも買いましたが途中で破け水浸しになりましたが今度は大丈夫でした・・・この頃雨にぶつかりますね!。
Dsc05095
ガスの関係で沢山写真を撮りましたがぼんやりしていますね。
Dsc05097

Dsc05103

Dsc05126

Dsc05129

Dsc05137

Dsc05176
集落です。
Dsc05187
この建物は食堂です、私たちでした・・・・食事は桂林の食事より味が日本人好みで私は美味しく頂きましたね、この館大雨で外が見えないぐらいでしたが、しばらくすると又小降りになりました。
Dsc05262
帰り際にまた奇麗な棚田が見えました、一日中こんな感じでしょうか・・・でも見えて良かったです、でも翌日帰国ですが広州空港でまた大雨雷雨で空港が1時間位閉鎖、結局2時間位遅れました、今回は毎日雨で大変でしたが現地ガイドの劉さんによると涼しのでラッキーですよと言われました。


2016年7月 5日 (火)

中国桂林に行って来ました。

2016年7月2日(土)に桂林観光のハイライト漓江(リコウ)下りです、竹江~陽朔へ4-5時間かけてのクルーズです。
Dsc04675
竹江の船着き場です何十もの船が接岸しています・・・・三国志の赤壁での船団見たい沢山です。
Dsc04677
出発して1時間ぐらいは山が無く見所は少ないです・・・・・今日も途中から雨が降ったり止んだりの天気でカメラが雨で取れないことが何回もあります。
Dsc04681
船の料理に特別料理があり、必要な具材は購入するみたいです、船に売りに来ます。
Dsc04688
桂林の岩場に名称があるのですが、良くわからずに撮りました、順番に羅列します。
Dsc04706

Dsc04763

Dsc04776

Dsc04814

Dsc04839

Dsc04843

Dsc04876
Dsc04914
この岩右側は九馬画山ですね・・・・馬が九頭見えるらしいですが?。
Dsc04984
此れが?20元の札裏の景色とか?。
Dsc05001

Dsc05018

Dsc05033
陽朔の船着き場出口です。
Dsc05035
陽朔の船着き場から西街に出ます、此処はスリが多いので気を付ける指示が出ました・・・。
Dsc05036
陽朔は大きな町です、橋を渡り船着き場方面を見た所です。
Dsc05052
工農橋から見た風景です、川の船と山が風情ありますね・・・・雨は降りますが川霧は出ませんね。
Dsc05076
たいしたことは無いのですが月亮山です、山の岩場に丸い穴が開いているので有名なのでしょう、ガイドブックに像鼻山・月亮山ありますね。

中国桂林に行って来ました。

2016年6月30日(木)から7月4日(月)まで中国の桂林に行って来ました、30日は羽田から中国の広州空港へそこから広州南駅から高速電車(新幹線)で桂林西駅です桂林のホテルに4泊の連泊です、この時期は雨期の為毎日のように雨でした、しかも湿気が90%ぐらいの蒸し暑さでしたね。
Dsc04568
飛行機からも雲が多く広州空港では着陸後大雨で荷物が遅れました・・・・帰りはもっと大雨で1時間30分位飛行機が飛べませんでした・・・帰れるか不安でしたネ。
Dsc04572
新幹線駅の広州南駅です、大きいですが人もいっぱいです・・・プラットホームは時間が来ないと入れてくれない。
Dsc04575
パスポートが必要で荷物検査もありますね。
Dsc04577
この電車に乗りました、ゴミ掃除の方がすぐ捨てろとか?、公安の方が荷物の載せ方を直したり・・・・その割に携帯電話ダメなのに大きな声で電話していたり、チグハグでした。
一日目はホテルまでです。
Dsc04583
翌日、桂林市内観光でまずパンダが起きて居そうな時間に七星公園に行きました。
Dsc04592
Dsc04589
パンダは一日4時間ぐらいで後は寝ていることが多いとか・・・昔上野動物園では寝ていたを見ました、此処は2匹ですが、起きて(1匹は寝転んでいましたが)いました、野生の猿がパンダの周りにも来たりしていました。
Dsc04602
その後像鼻山を見に行きましたが?・・・・!!!!、沖縄の崖”万座毛”の鼻の方が象さんらしいかな。
Dsc04612
古い街並み(老街)の大きょ古鎮探索です、その後整備されておらず古いまま・・・・・!!!!。
Dsc04617
此れはしっかりとした横浜中華街で見れそうな建物ですね。
Dsc04623
街が壁門で区切られているのがわかります、古い壁門があります。
Dsc04638
桂林は石灰岩の山々なので沢山の鍾乳洞があるそうです、此処は穿山岩鍾乳洞です。
Dsc04645
中国の鍾乳洞らしく派手な色のライトアップです。
Dsc04656
色々な石があります。
Dsc04668
大きな鍾乳洞がありますが、此れはそれ程大きくはありませんでしたね。
明日はいよいよ桂林の漓江(りこう)下りです。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ