« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月30日 (金)

2016年城郭巡りに行って来ました(今年の一覧)。

2016年に廻った城郭を一覧にしてみました、建物が無い城跡も在りますが解りやすい城跡のみにしました。
Dsc00652Dsc00677
後北条と豊臣軍との最初の激戦地区となった中山城跡です、1枚目が西櫓方面と障子堀左側は西の丸です、2枚目は二の丸(北条丸)奥が西の丸で本丸西橋堀は薬研堀(Vの字型)に彫り込んであります、わずか一日での激戦ですが、秀吉軍の軍事力を見せた猛攻です。
Dsc00754Dsc00764
岡崎城です、徳川家康が生まれた城です、1枚目は大手門です、2枚目が天守で乙川の川沿いですね。
Dsc00876Dsc00903
吉田城です、豊橋市の豊川の川沿いにありあの姫路城の築城者である池田輝政です。
連隊本部が使用していましたが、本丸付近は遺構が残っています、1枚目は本丸から見た天守です、2枚目は豊川添いの帯曲輪から見上げた天守で石垣は池田期時代のものだそうです。
Dsc00937Dsc01005
岡山城です宇喜多秀家が豊臣秀吉の後押しで築城、外壁の下見板が黒いので烏城と呼ばれた、昭和6年国宝・・・昭和20年空襲で焼失昭和41年再建3層6階復元、1枚目は後楽園側旭川沿いから、2枚目は本丸からの天守です。
Dsc01111Dsc01158
御存じ、姫路城です、1枚目は三国池沿いから連立式天守乾小天守・西小天守・大天守(東小天守は見えません)、2枚目は天守への入り口の一つで”はの門”・”にの門”方面側と天守です。
Dsc01283Dsc01315
忠臣蔵で有名な赤穂城です、1枚目は隅櫓で奥が大手門、2枚目は本丸櫓門で内枡形構造のもんです。
Dsc01487Dsc01514
備中松山城です、山城の頂上近辺は高い石垣で覆われています、1枚目は本丸から見た五の平櫓と奥が天守、2枚目は本丸奥にある二重櫓です奥が天守・・・共に当時のお城です。
Dsc02192Dsc02212
丸亀城です、生駒氏が築城、扇の勾配の見事な高石垣で高さ20m以上も積み上げられています、1枚目は下の本殿側から見上げました、2枚目は堀外から大手門・天守を見ました、大手門はやはり内枡形構造です、大手門への道は鵜首ですね。
Dsc02233Dsc02384
高知城です、山内一豊ですね、1枚目は追手門から見た高知城です、2枚目は三の丸から見た天守です望楼型の高覧廻縁ですね。
Dsc02474Dsc02512
宇和島城です、築城の名人藤堂大学高虎の海城です、1枚目は二の丸脇から見た天守、2枚目は本丸から見た天守。
Dsc03900Dsc03918
長浜城です、羽柴秀吉が最初に建てたお城です、琵琶湖湖畔です、1枚目は駅側(琵琶湖の反対側)、2枚目は左横側からです、石垣技術がまだ確立していないのか緩やかな建て方ですね。
Dsc04024Dsc04067
小谷城跡です、浅井氏三代の山城です、浅井長政お市の方が住んでいた所です、1枚目は上が本丸です石垣は後に外して持ち去ったみたいですね、2枚目は一部残った石垣部分です。
Dsc04100Dsc04117
1枚目は村上水軍能島城跡です、小さな島城です地域との協力が無ければ孤立無援ですね、2枚目は石田三成の佐和山の城跡です・・・此処も石垣は彦根城に持ち去らわれました一つ二つしかありませんでした。
Dsc04197Dsc04230
彦根城・国宝です、井伊氏の城です来年の大河ドラマ直虎・・・その時は浜松ですが、1枚目は天秤櫓です、2枚目は本丸から見た天守です。
Dsc04423Dsc04449
安土城跡です石垣が今に沢山残っていますね、1枚目は本丸へ回り込む石垣です、2枚目は回り込んだ先で右側から天守(天主)へのあがり路です。
Dsc07710Dsc07711
花園城跡です?秩父寄居にある山城の城跡です、後北条氏邦に吸収された秩父の藤田氏の居住の城です、1枚目は本郭跡、2枚目は本郭を囲む堀切あとです。
Dsc07952Dsc08002
金さな御嶽城跡です(有名な金さな神社の奥です)、上野・武蔵野境目で北条;武田との激戦地です、1枚目は本丸跡、2枚目は本丸への東虎口。
Dsc08010Dsc08020
1枚目は中山城跡・・・真田の沼田城・岩櫃城・名胡桃城の真ん中に当たる拠点の北条方の城、2枚目は岩櫃城跡で真田方の城跡。
Dsc08030
最後に松井田城跡です、豊臣軍北陸支隊と北条軍が最初に戦い籠城し敗れた城です、登り口がわからず苦労したお城ですね、これ以外を幾つか行きましたが、今年も元気に回れました出来れば来年も・・・。

2016年12月21日 (水)

金鑽御嶽城に行って来ました(金鑽神社・本庄城跡)。

2016年12月20日(火)に金鑽御嶽城に行って来ました、JR本庄駅から神泉総合支所行きのバスで”新宿”下車で徒歩20分で金鑽神社に行けますバスの本数が少ないですが意外とゆっくりと見れました(JR八高線使用より便利ですヨ)。
Dsc07872

金鑽神社の多宝塔です二重塔婆で重要文化財、1534年天保3年安保全隆寄進とか良く戦火に会わず今に残りました。
この神社境内も城郭的な造りに見えます、金鑽御嶽城は天文21年(1552年)上杉山内方の安保氏を北条氏康が攻め取りました、その後永禄12年・元亀元年(1569・1570年)武田信玄が激戦の末攻め取り、翌年武田・北条同盟が成立し北条方へ返還されたのです、武田信玄は元亀3年上洛を目指しますからこの頃が最も充実していたのでしょうか。
Dsc07889

金鑽神社の中門です、御嶽山が御神体では無く社殿後背の御室山(御室ケ岳)が神体山だそうです(勘違い)、全国でも珍しい形態の神社です、本殿が無い古代祭祀なのです。
Dsc07892

神社左脇の方に説明版があり、此れから登ります、階段の急坂の両側に歌碑が沢山並んでいました、芭蕉の碑もありましたね。
Dsc02640

金鑽御嶽城の縄張り図です、上から下がってきています、城は尾根筋を利用した山城です。
Dsc07899

しばらく階段を登ると突き当り左側に鏡岩がありました、確かに岩肌が奇麗に避けて光っていました、断層活動のスベリ面で天然記念物。
Dsc07906

少し登ると尾根筋に出ました、右側から登りました写真正面が山頂方面で左側は法楽寺跡方面の分岐路です、後が東郭です。
Dsc07907

分岐路を左側(東)が東郭で石仏が沢山あります、奥は岩山で左側が弁慶穴、正面が護摩壇・物見岩です。
Dsc07921

岩場を上り詰めると護摩壇と岩場があります、方位版の説明が消えていて読めませんが景色は良いですね、此処は上州と武蔵野の境目です。
Dsc07924

注連縄のある岩山山頂から見た御嶽山山頂です、此れからイザ山頂本郭へ。
Dsc07937

先程の分岐まで戻り尾根筋を山頂方面へ堀切7でしょうか?結構埋もれていますから。
Dsc07945

本郭への虎口(東)此処は土が流れて厳しいですね。
Dsc07948

登るとすぐ本郭です、それ程大きくないですね、すぐ左横が西郭・ワタルセ側への虎口があります、ここは横矢型です、奥の虎口は二の郭側となります、まず、二の郭へ行きます。
Dsc07956

本郭を下り見上げた所です、右側は少し広い帯郭ですが伐採した木々が多数あり・・・此れからこの方面は整備が為されておらず道脇には殆どこの時期でも入れませんね(無理して入りましたが却って全体が見えず)。
Dsc07958

堀切1のうえから二の郭方面を見る、木々が多くあまり先がわかりませんね。
Dsc07961

堀切1を上った所からの二の郭全景、奥に踏み込んでみました先の方が高く櫓跡かも。
Dsc07963

堀切1を超えて二の郭から本郭をみる、本郭は結構高いですね。
Dsc07966

二の郭は北側には土塁がありますネ。
Dsc07971

二の郭脇からの尾根筋に沿うように段々の跡が見て取れます。
Dsc07974

再び本郭に戻り西郭・ワタルセ側へ、まず西郭方面へ下る。
Dsc07977

堀切8で右側が平場2ですが、荒れていては入れませんでした。
Dsc07982

先に進むと西郭があります、結構な段差で登りも横矢掛かり状態ですね。
Dsc07987

再び戻り返してワタルセ方面です、南側です、ここの腰郭は素晴らしいので最後に載せます。
Dsc07990

この高い位置の下にも帯郭があります左から急坂を下りれますが、この邪魔な木を回り込むように下の帯郭に来た敵をほぼ真上から攻撃できる形状が見られます。
Dsc08019

三時近くのバスでJR本庄駅に戻り、折角ですから本庄城跡に行きました、遺構はありませんね。
Dsc08040

城内?の城山稲荷神社の大ケヤキです、樹齢400年幹回り6・3mですやはり足を延ばして良かったです。
Dsc08049

疲れましたが最後にここにもある金鑽神社へ行きました、クスノキの巨木が有るのです、朝バスに乗る前に駅前の観光案内に巨木ありますと尋ねたら教えてくれたのでした、樹齢400年幹回り6mです、カヤの木もあります、暗くなり始めました急いで帰らないと・・・・。


2016年12月 8日 (木)

寄居に行って来ました(少林寺)。

2016年12月6日(火)に寄居の花園城址から少林寺に行って来ました、五百羅漢・千体三宝荒神を見てきました。
Dsc02536

花園城址散策後無理やり城外へ出た道が少林寺近くで下方角に間違いなくて良かったです。
Dsc07762

少林寺境内脇から裏山にかけて五百羅漢様が追わします、併せて千体三宝大荒神の板碑が有るので有名です、まず草むらの羅漢様です・・・・羅漢とは仏道修行者で釈迦の直弟子の姿で庶民信仰の中心で段々地蔵菩薩的な存在に変化したみたいです。
Dsc07767

裏山沿いの道端に沢山の羅漢様が。
Dsc07768

それぞれの様子が皆違うので見てください。
Dsc07777

Dsc07781

説明は必要ありませんが色々な顔を見せてくださいますね。
Dsc07787

もう一つが荒神様の石碑・・・・板碑と呼んで良いのかな?、ここ秩父では緑泥片岩の板石卒塔婆の板碑が多いのですが。
千躰三宝大荒神王⇒(三宝=仏法僧=仏教徒の意)荒々しく、祟りやすい神様・火と水をお守り下さる神様で災難を除き衣食住に不自由しない・・・・水害火災よけなのです。
Dsc07792

沢山の板碑が乱雑に立っています壮観・・・不気味(暗いときはネ)。
Dsc07799

このお姿が荒神様なのでしょうネ。
Dsc07800
やはり夜は怖くて歩けませんね。
Dsc07829

Dsc07841

Dsc07853

羅漢様も夜見たら怖いですが、昼間は愛嬌がありますね、しかもそれ程大きくなくかわいいですからネ。
Dsc07860

これはおまけ(?)大宮駅で”撮り鉄”の皆さんが写真を撮り捲るっていたので私もわからずに撮りました”EF65”型で廃止状態の機関車みたいですね?・・・有難味がわからずですが、しかし花園城址・少林寺とも見ごたえがあり良かったです。

2016年12月 7日 (水)

寄居に行って来ました(花園城址)。

2016年12月6日(火)出かける予定は無かったのですが今日は天気が良く暖かいとの言葉に反応し急遽出かけました(殆ど病気だね!)、金さな神社には時間が無いので寄居の花園城址にしました、熊谷から秩父鉄道で寄居へ、何と寄居駅では風が強く雨がパラパラ・・・・・様子見に町役場に入り観光案内で場所を尋ねましたがご存知ありませんでした(お城と言えばここでは鉢形城ですから)。
Dsc02536

パンフレットを頂きまず正龍寺・善導寺・花園城・少林寺・波久礼駅と行きます、この地図には花園城跡がありました。
Dsc07600

チョット道がずれましたが、正龍寺へ。
Dsc07609

此処は鉢形城城主北条氏邦・大福御前の墓と大福御前の父母の15代目の藤田康邦・西福御前の墓があります、藤田氏はこの地方の豪族で関東管領山内上杉の支配下で15代の名門です。
新興勢力の後北条三代目の氏康(8,000人)・河越城主福島綱成(3,000人)に対して上杉憲正(当時23歳)が65,000人プラス古河公方(足利晴氏で嫁さんは氏康の妹)20,000人で河越城を攻めました天文15年(1546年)の事です、このとき有名な河越夜戦で北条方が圧勝しました、・・・その後八王子の大石氏(滝山城)・寄居の藤田氏(天神城・花園城)は北条の氏照・氏邦がそれぞれ養子に入りこの地を収めたみたいですね、ちなみに西福御前は八王子の大石氏からの嫁さんとか。
Dsc07635

藤田善導寺を見城への入り口を探したが見つからず、少し先の諏訪神社に行きました。
Dsc07636

神社を上がり右側に古い木の札に花園城と在りました、此処からわずかな道跡を探りお城の中に・・・冬枯れのこの時期でないととても山城探訪はできませんね。
Dsc07641

道を探しながら城中へ、多分縦堀と思われる道を上がり途中で縦堀と確信しましたね。
Dsc07651

縦堀から脇の土塁?を上ると郭らしく見えますね、少し奥に入ると石積(石垣では無い)がやはりありました、木々が沢山あり全体がわからない状態ですが部分的に今城に居ます。
Dsc07656

縦堀?(堀切状態)で丁字型に堀が組んでありますね、正面は土塁で上は郭でしょう。
Dsc07676

正面左側は行き止まりで上からの攻撃用ですね。
Dsc07687

漸く尾根筋に上がりました、堀切ですね、尾根を分割してあります。
Dsc02538

縄張り図が無いのでボンチ図で東西の尾根筋を5個の堀切で分割しそれぞれの郭の隙間子縦堀とか帯郭状に細かな段々状態で郭を形成、北側は崖状態かあまり構造物がわからず(下は川か)尾根はは岩盤の場所があり堀切も岩場が露出していい状態ですね。
Dsc07700

郭のうえから堀切と向こう側の郭を望む。
Dsc07711

結構な堀切がわかりますか、昔はより深く抉れていたのでしょう。Dsc07713

郭の上からです。
Dsc07728

1の郭です結構細長いですね。
Dsc07731

花園城址の石碑が在りました、昔は案内板等もあったのでしょうかネ、個人の持ち物でしょうかネ、少し手を入れてくれれば有名になるかも・・・・鉢形城だけで手が回らないのか?。
Dsc07738

一番西側の堀切です(一の郭)、この外側は段々状態の小さな郭がとづきますね。
Dsc07741

この堀切(横堀を回り込むと1の郭(左側)をまわり縦方向に降り曲がり縦堀となりますね、結構石積も見られるし規模は小さいが技巧が入った防御構成に見えました、西側の段々の状態を見ながら下りました、道はありませんね。
Dsc07756

少林寺方面からの道から(西側と左側が北側ですね)西側を下り切通の石垣にでたので横に歩き石垣の無い所から道に出ました・・・・・結構大変でしたよ。
Dsc07757

此れは少林寺側から見た御城の全体です北側です、手つかずの城址でした。


2016年12月 4日 (日)

黒山三滝から顔振峠に行って来ました。

2016年12月3日(土)に越生から黒山三滝からグリンラインの尾根から顔振峠経由で吾野駅に行って来ました、舗装道路が多く最悪のコースでした。
Dsc07523

黒山バス停の近くの有った熊野神社です、結構大きな杉の木が有りました。
Dsc07541

15分位上ると黒山三滝の天狗滝が現れました、狭い渓谷なので落石が危ないので中への立ち入りは禁止です、趣がありますね。
Dsc07560

途中から登り男滝・女滝へ出ます、天狗滝の方が趣がありますが滝に打たれて修行するならば此方でしょうね?。
Dsc07570

滝を見た後に役の行者像方面へ向かいます、結構直線的に上りますね、景色は無いです。
Dsc07577

小一時間上ると漸く役の行者像が現れました、比較的新しいみたいですね。
Dsc07588

その後も尾根筋までは急な岩場を回り込む必要がありました。
Dsc07590

漸く尾根にでました、此処までは山登りでした、此処から傘杉峠へ出て黒山三滝に降りれば良かったですね、顔振峠に向かいました、尾根の舗装道路を1kmほど歩きました景色も見えませんね。
Dsc07593

顔振峠から下りました峠下からの景色です、ここから下り路を間違えて舗装道路を駅まで歩く最悪なことになりました、此れなら秩父の祭が良かったな・・・・・・。

2016年12月 1日 (木)

新座平林寺に行って来ました(紅葉)。

2016年11月30日(水)新座の平林寺に行って来ました、紅葉時期のイベントで企画しました、丁度天気に恵まれました、此れで雨男の汚名は返上ですね、後はどのくらいの紅葉か?。
Dsc07381

新座駅から野火止用水沿いを平林寺に向かいました、ゆっくりと歩くには丁度良い天気に恵まれましたね、野火止用水は玉川上水からの分水から流れる用水です。
Dsc07390

平林寺の総門です入館料が必要です、紅葉時期なので沢山の人が来ていました。
Dsc07391

総門を入ると紅葉が目に入りました。
Dsc07399

平林寺のシンボルの山門です築350年以上とか趣がありますね。
Dsc07414

紅葉が山門とマッチし趣がありますね。
Dsc07419

境内は奇麗な紅葉が在りました、紅葉が終わりかな・・・と思っていましたが今が丁度いい時期でした。
Dsc07423

半僧坊感応殿と放生池と紅葉です。
Dsc07425

再び山門を感応殿側から見ました。
Dsc07461

この墓は川越藩主松平信綱(知恵伊豆)夫婦の墓です。
Dsc07462

境内の裏山もご覧のような見事な紅葉でした。
Dsc07471

鐘楼です。
Dsc07474

仏殿を鐘楼裏側から見た所です。
Dsc07489

山門裏側にあるコウヤマキの巨木です樹齢500年以上とか。
Dsc07490

やはり奇麗な紅葉で色も微妙で美しいものです、良い時期の紅葉が見れ良かったです帰りも駅前で盛り上がり帰りました。


« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ