« 京都に行って来ました。 | トップページ | 大阪城に行って来ました。 »

2017年3月20日 (月)

和歌山城に行って来ました。

2017年3月13日(月)今日から京都市役所前のホテルから毎日周辺のお城巡りを実施します、今日は和歌山城・大阪城に行って来ます、JRでの移動は青春18キップを使用します今回3回使用しました、しかし、山小屋発ではありませんが、朝早くから移動を原則したので最後は疲れ切りましたね!。

京都大阪間は簡単ですが、大阪駅は複雑で馴れない私は疲れますね、本当は岸和田城にも行きたいのですが時間が足らないので諦めたのです、和歌山の駅前の観光センターで情報を入手しイザ和歌山城へ。

Dsc09450

バスで和歌山城大手門前へ、最初豊臣秀長が藤堂高虎を普請奉行にし岡山の峰(虎伏山)に築いた近世城郭です、秀長は大和郡山を居城にした為此処は城代がいました、関ケ原の戦い(1600年)の後、浅野幸長が37・6万石で入り増築し今の連立式天守閣を建てたとあります、その後徳川家康の十男・頼宜が徳川御三家の紀州藩として収めました。

Dsc09451

上の地図の左下から入ります堀と大手門口ですね、当初市之橋=>一の橋。

Dsc09467

大手門を入り左側の土手上から見た堀です、随分と大きな堀ですね。

Dsc09472

左側が二の丸ですね、この石垣の上に大きなクスノキがあります、此処は一中門跡です、正面が大手門です。

Dsc09478

此れが大クスノキです、樹齢450年幹回り7mと説明が在りました、枝ぶりが見事ですね。

Dsc09500

表坂登り口です、石垣は殆ど野面積み(自然石をそのまま積み上げる)ですが、打ち込み接ぎ(石の正面を加工・・浅野時代)、切り込み接ぎ(石を精密に加工して積み込む)も見られますね。

Dsc09509

見てくださいこの荒々しい石垣打ち込み接ぎですか?隅が算木積みたいですね。

Dsc09520

和歌山城天守です、左側が大天守・右側が小天守です、連立層塔式梯郭型平山城三重三階です・・姫路城・伊予松山城も連立式ですね。

Dsc09550

天守裏側から見た所です奥が小天守です。

Dsc09551

再び回り込み、天守への入り口です、左側から二の門櫓・楠門・多門ですね。

Dsc09555

多門櫓から大天守です、城内を回るころから雨が降り、レンズが水滴で大分写真が撮りそこないました反省です・・・・焦らず早めに傘を差せば良いのですが・・・・。

Dsc09579

楠門を入り天守の庭内へ乾櫓(北西(戌亥))です。

Dsc09581

楠門(右側)の枡形を登り小天守・大天守を見る、此処は国宝でしたが戦災で焼失、その後忠実に復元されたのです。

Dsc09585

大天守の最上階から見た天守です菱型ですね、右側が乾櫓・二の門櫓・楠門、それぞれを多門櫓でつないでいます、小天守は右側ですね、奥が紀の川ですかネ。

Dsc09604

江戸時代初期のままの岡口門です、築城時は大手門だとか。

Dsc09610

城外から見た岡口門です。

Dsc09614

岡口門脇から見上げた和歌山城です、此方がわからわ大天守のみですね。

Dsc09620

再び二の丸方面へ回り込み、裏坂登り口です、此処からはお城がみえます、左側が二の丸側・西の丸側です。

Dsc09635

此れは二の丸と西の丸(堀の奥側)をつなぐ御橋廊下です、殿様とお付きの女性たちが行き来するのを外から見られないように作られた部屋のような橋です。

Dsc09639

この二の丸から見上げた和歌山城全景です、大天守・小天守・多門櫓・乾櫓です。

Dsc09641

よりアップでの大天守・小天守です・・・・・・如何ですか。

Dsc09675

此れは西の丸の堀内を庭園化したものです・・・・この後飯も食べずに大阪城を目指します、今回2000枚弱の写真を撮りましたが、雨で駄目とか整理するのは此れからなのでおいおいとやりますからネ。




















« 京都に行って来ました。 | トップページ | 大阪城に行って来ました。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316295/69985600

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山城に行って来ました。:

« 京都に行って来ました。 | トップページ | 大阪城に行って来ました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ