« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月24日 (月)

熊谷ウチワ祭に行って来ました。

2017年7月22日(土)に熊谷のウチワ祭に行って来ました、関東一の祇園が売り込みで八坂神社の祭礼です。

Dsc04679

筑波町区の山車です、山車と屋台が在ります・・・・山車は人形がせりあがる仕組みの屋台ですね?。

Dsc04688

熊谷の囃子の特徴は鉦ですね・・・祇園ですから・・・直径30cm位の鉦で大音響が3個4個あるのもありますね。

Dsc04702

此れが完成形の山車の姿です、電線が在れば出来ませんね、人形は手力男之命。

Dsc04705

この人形は神武天皇ですか。

Dsc04706

各町内の維持をかけた囃子連がぶつかる、”曳っ合せ叩き合い”が始まりましたね。

Dsc04714

叩き合いです、祭の醍醐味ですね。

Dsc04728

此処でもたたき合いが、山車は絢爛豪華な彫り物緞子。

Dsc04731

正面からみた山車です。

Dsc04742

続々と国道17号脇のお祭り広場へと集合してきます。

Dsc04765

集合した陀sが人形をせり出し叩き合いです。

Dsc04772

人形まで光が届きませんが、雰囲気が伝われば・・・・今日の熊谷は一段と暑いですね、今日は赤城山に登り・高崎・電車内で反省、此処で祭に酔い有意義な1日でした。









2017年7月23日 (日)

赤城山に行って来ました(黒檜山・駒ヶ岳)。

2017年7月22日(土)に4月の定例会時に残雪があり延期していた赤城山に行って来ました、梅雨明けですが、山間部は集中豪雨の予報が在りましたが。

Dsc04654

赤城神社の大沼に架かる橋・・・駒ヶ岳方面ですかネ?。

Dsc04658

神社裏手の道路からの登山道を直登します。

Dsc04660

途中の登山道から見た大沼と地蔵岳ですかね、大沼(1342m)これから登、黒檜山(1828m)ですからおよそ500mをのぼります。

Dsc04662

石がゴロゴロ段差のある山道を直登します、風が入らず蒸し暑く汗だくです。

Dsc04664

山頂の黒檜山(1828m)です、辺り一面ガスの世界でした。

Dsc04665

短めの食事でしたが、晴れ間が出ました。

Dsc04670

折角ですから、山頂脇の絶景ポイントに行きました、やはり雲ガスがかかり絶景までは行きませんでしたね。

Dsc04672

やはり早目に次の駒ヶ岳へ向かいました、黒檜大神の社前ですね、この山はクマザサが多く花は見えませんね。

Dsc04675

一気に下り少し上ると駒ヶ岳(1689m)の山頂にでました、・・・・駒ヶ岳ここにもありました多い山名ですね。

Dsc04676

そこからまた下りますが、このコースは階段が多いコースなので登るのは大変そうですね、ようやく下り降りたらいきなり豪雨に会いましたが下山後なので助かりました、それこそ大雨の中下るのは大変ですからネ、高崎の駅で260円引の生ビールが美味しかったですね。








2017年7月20日 (木)

日光戦場ヶ原散策に行って来ました(赤沼から湯の湖)。

2017年7月19日(水)に日光戦場ヶ原に行って来ました、クリンソウから1月後でしょうか?、梅雨明けを期待し行って来ました。

Dsc04546

バスの時間が有ったのでJR日光駅へ1912年(大正元年)現在2代目の駅舎です100年前のネオ・ルネサンス様式のハーフテインバー様式白亜の木造洋風建築2階建て、関東の駅百選の一つです、趣が在りますね、改修したばかりなのでよりきれいですね。

Dsc04548

電車は殆ど東武日光駅ですね(左側建物)、女峰山2454m・赤薙山2010mどちらも雲がかかっていました。

Dsc04551

8時40分のバスでおよそ10時に赤沼茶屋へそこからオグイス・カッコウの鳴く戦場ヶ原へ湯川脇を湯の湖方面へ。

Dsc04557

戦場ヶ原からは山王帽子山2077m・太郎山2367mが目の前に見えます、ワタスゲは殆どありません・・・ニッコウキスゲはありませんよ。

Dsc04559

ハクサンフウロがチラホラありました。

Dsc04569

男体山2484mも山頂付近は雲でした。

Dsc04571

先程の太郎山・小真名子山・大真名子山2484mです。

Dsc04575

カラマツソウですかね、奇麗に開いていました。

Dsc04581

チョット名前がわかりませんが、此処だけに咲いていましたね?。

解りました・・・・ラン科の仲間で湿地帯に咲く・・・ミズチドリです。

Dsc04587

シモツケソウはあちらこちらに咲いていました。

Dsc04584

此れは高山1668mでしょうね?。

Dsc04591

イブキトラノオが群生していました。

Dsc04603

湯の滝近くの小滝です、少し上流が湯滝です。

Dsc04607

趣のある巨木が在りましたので・・・・・。

Dsc04631

湯滝です、以前の写真と比べたら以前の方が水量が多かったですね、でも素晴らしい滝ですね。

Dsc04643

滝上に出ると湯の湖です、温泉ケ岳?金精峠方面です。

Dsc04647

ヤマアジサイでしょうかネ?

Dsc04652

此れは似ていますがツルアジサイ(シメゴロシ)ですね・・・・大きな木に巻き付き木を締め付けるのですよ・・・・怖いのです。









2017年7月12日 (水)

あれから1週間再び原市沼の古代ハスに行って来ました。

2017年7月12日(水)あれから1週間再び原市沼の古代ハスに行って来ました、今日は朝早くに行きました、結構人が来ていますね。

Dsc04000

大分花が開きました、今が見頃でしょうか?。

Dsc04475

花が見事に先並びましたね。

Dsc04476

花は奇麗に光をあびて。

Dsc04484

ミツバチも懸命にミツを吸っていました。

Dsc04526

この前はボツボツでしたが並んで撮れました。

Dsc04544

浄土の花ですよ。




2017年7月 9日 (日)

三頭山に行って来ました。

2017年7月8日(土)に武蔵五日市奥の奥多摩三山の一つ三頭山1531mに都民の森から登ってきました、五日市駅から1時間強バスで標高1043mまで登ります、標高差500mを上り下りするので3時間強ですが意外と手ごわいですね(年を取ったかな)。

Dsc04406


三頭大滝からブナ路・ムシカリ峠・三頭山山頂を目指します、歩き始めて栃ノ木の巨木に会います、幹回り6・7mでこの山1番です。

Dsc04410

三頭大滝までの道は木くずの歩きやすい道が続きます。

Dsc04411

遠くの景色は温度が上がり見ずらいのですが木々は美しく見て取れます、森林浴に最適な都民の森です。

Dsc04416

落差30m以上の大滝です、水量がヤヤ少ないですね、以前はもう少し多かったかな?。

Dsc04422

渓谷に吊り橋を架けて、正面から三頭大滝が見えるのです。

Dsc04428

三頭山への最短コースブナの路に入ります、左側の水が滝の水です・・・・やがて秋川となり、多摩川となるのです、この水をブナ林が保水しているのです、東京都の奥です。

Dsc04434

しばらく登ると2番目の巨木カツラです幹回り5・7mです。

Dsc04436

なおも上りますね、なにせ標高差500mを登分けです、涼しそうに見えますが風が入らず蒸し暑く汗がダラダラです。

Dsc04444

3番目の巨木が現れました、幹回り5mのシオジです、余り聞かない名前ですね?、他にも結構大きな木がありますよ。

Dsc04453

漸くムシカリ峠に出ました、爽やかな風が尾根筋は通ります、左側が大沢山の避難小屋方面です、避難小屋正面から富士山が目の前なのですよ・・・・先輩が今度此処に泊まり朝の富士を見ようと話したのですがね・・・・、右側を少し上がると山頂ですね。

Dsc04463

山頂の側に曲がったブナの木が有りました、思い出しました。

Dsc04464

三頭山の山頂です1531m表示と異なりますが・・・・奥多摩三山の文字も東京都も山頂に沢山人がいます。

Dsc04467

今の写真の奥にも標識が・・・山梨100名山です、東京・山梨の県境が三国山(東京・神奈川・山梨)から続いているのです・・・・長谷川恒男ロードのコースですからね。

Dsc04469

鞘口峠へ一気に下ります、ブナ林を見ながらジグザグな下りを100m後との標高標識をみながら、バスのタイミングも良く快速電車にも恵まれ下山しましたが家の周りは暑い。









2017年7月 7日 (金)

上野に行って来ました(入谷の朝顔市にも)。

2017年7月7日(金)に上野のスケッチに行って来ました、帰りに入谷の鬼子母神の朝顔市にも寄ってきました、今日は暑かったですね。

Dsc03578

上野の東照宮の五重塔の絵を書きました・・・ひさしのバランスが難しくどうも偏ってしまいました。

Dsc03582

東照宮です、お化粧直しも済奇麗になりましたね。

Dsc03584

私はこの漢字のスケッチをしましたが左右上下の奥行きバランスが崩れるのです、才能なしですね。

Dsc03588

唐門ですね、此処までは無料です、左右の彫り物は左甚五郎の上り下りの龍です。

Dsc03590

今日は神社内に入りました、オオクスノキの神木ですね、樹齢600年幹回り8mです。

Dsc03600

権現造りの本殿です、昨年まで改修工事をしていましたね・・・中には入れないのです。

Dsc03610

入谷の鬼子母神の夏の風物詩朝顔市です、沢山の人がいましたね。

Dsc03612

此処が恐れ入り屋の鬼子母神さまです、鶯谷から歩き、帰りは上野まであるきました。

Dsc03619

下手な絵をもう一度反省しながら書き直ししましたが、なかなか思うように表現できません。







2017年7月 6日 (木)

近所の調整池に行って来ました。

2017年7月6日(木)に近所の調整池に行って来ました、7月4日(火)の夜間に豪雨が在りました、気にしなかったのですが昨日調整池に水が溜まっていたので今朝再び見てきました。

Dsc03553

昨日と同じくらい水が溜まっていました、右側の奥の草刈りを行っていたのですが刈った草が手前に流されていました・・・・手前下の水下は芝生です。

Dsc03556

流された刈り取られた草の上にカモがのんびりと止まっています。

Dsc03564

バラバラの草も流されていますね、後片付けも大変そうですね。

Dsc03566

コイがまた池に入り込みました・・・水面の揺れは鯉が泳いでいるのです・・・大きいと出口が無く水の出口近くに取り残されます。

Dsc03571

川にはミドリガメが甲羅干ししていました。

Dsc03573

川の水位は下がっていますが、この場所から水が溢れ左側に流れ落ちたのです、ゴミが残ていますね。

Dsc03574

調整池に入った魚です、多分ナマズカのギバチでしょうか?、トゲに毒が在りますね、でも絶滅危惧種Ⅱ類ですくなくなっていますね、以前多分うなぎを見ました??、ギョ。






2017年7月 5日 (水)

今年も見てきました原市沼の古代ハスに行って来ました。

2017年7月5日(水)に原市沼の古代ハスを見に行って来ました、昨日の雨で一部水があふれていましたが大分花は咲いていました・・・・もう1週間ぐらい後が良いかな?。

Dsc03515

ここ原市沼には半夏生が群生しているのです、半分色が変わるので化粧しているみたいなのでしょうね。

Dsc03518

沼中に群生しています、木だと化粧柳みたいなものでしょうか?。

Dsc03520

おなじみ古代ハスです。

Dsc03529

本日は昨日の雨で足元が悪くなかなか覗くように写真が撮れず。

Dsc03530

花弁がかろうじて残っています、帽子のように?。

Dsc03545

蕾がまだまだ多く此れからが見ごろになりますね、朝早くが良いのですよ。

Dsc03550

出来れば来週にでももう一度入ってみたいですね。




« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ