« 岳温泉に行って来ました(福島岩谷観音堂の磨崖仏)。 | トップページ | 浅草サンバカーニバルに行って来ました。 »

2017年8月20日 (日)

二本松城跡に行って来ました。

2017年8月18日(金)朝から雨の為本日も安達太良山は無し二本松城跡へ行って来ました。

Dsc04833

二本松駅前から歩いて丘陵の向こう側にある二本松城跡(別名霞城)へ駅近くの薬局にて虫よけスプレーを購入しイザ見参・・・これで三度目の登城ですかね、丹羽長秀の孫の光重10万700石のお城です、豊臣秀吉が一時期名乗った羽柴の文字です・・・・戊辰戦争の悲劇の城ですね。

Dsc04852

二本松城跡の復元された箕輪門です、手前の千人溜まりにある像は少年隊の像です、戊戊辰戦争が始まる前に白河小峰城の城代を丹羽氏が行っていたため白河口での備えに多くの兵が出かけたため、少年・老人兵が防御していたのです。

Dsc04858

枡形構造の立派な城門(箕輪門)。

Dsc04860

本日は雨の為駐車場も空で石垣も良く見えました、この石垣の向こう側が三の丸です、菊人形の準備をしていました。

Dsc04879

門を入り枡形の石垣を回り込み城門内側を見ました。

Dsc04880

此れが城門石垣をUターンさせる枡形石垣です・・・・立派な防御システムですが、一日で落城しました、刀や槍の旧軍備では薩長土の新軍備には適しなかったのです。

Dsc04881

御姫様御殿も石垣に囲まれた御殿ですが。

Dsc04908

これは二合田用水です、安達太良山中腹から18K山中を通して水をひいたのです、幕府に届けず無許可での工事だそうです、この先が搦め手門です、山の上ですね。

Dsc04922

搦め手門の石垣です。

Dsc04939

搦め手を少し上ると本丸の石垣(復元)が現れます。

Dsc04942

本丸への虎口ですね、いまだ雨は降り止まず。

Dsc04947

本丸脇に天守台跡が昔三重の天守が在ったそうです、天守脇の碑は戊辰戦争での落城時に自決した家老の碑です、慶応4年(1868年)戊辰戦争、奥羽越列藩同盟に参加し会津を支援したのですが、旧態依然の軍備のため多くの人命が失われての責任自決です、さぞかし無念ですね。

Dsc04960

この石垣は旧の石垣の野面積みが見られます。

Dsc04963

平山城ですが本丸下にある日影の井戸です、朝からの雨が昼過ぎても降りやまず、早めに今日も温泉へ戻ります。









« 岳温泉に行って来ました(福島岩谷観音堂の磨崖仏)。 | トップページ | 浅草サンバカーニバルに行って来ました。 »

城郭、2017年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1316295/71473492

この記事へのトラックバック一覧です: 二本松城跡に行って来ました。:

« 岳温泉に行って来ました(福島岩谷観音堂の磨崖仏)。 | トップページ | 浅草サンバカーニバルに行って来ました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ