« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月26日 (火)

川口の赤山陣屋跡(赤山城跡)に行って来ました。

2017年9月25日(月)に川口に墓参り行、帰りに赤山陣屋跡に行って来ました、西川口駅からバスで鳩ケ谷車庫行で曲輪バス停下車5分と在ったのですが、昼間は車庫行が無いとの事で鳩ケ谷団地行きのバスに乗りました、桜町2丁目から歩いたのですが15分位との事ですが道がわからず苦労しました、バス停の道を直進==>新井宿駅方面の丁字路を右側に==>赤山(交差点)を直進し手信号を左側に在りました。

Dsc05600

この地図では下側から赤山交差点にでて損のまま直進左中央です。

Dsc05601

関東郡代とは・・・将軍ーー老中ーー勘定奉行ーー関東郡代で天正18年(1590年)に家康が関東入国に時==>代官頭として伊奈忠次に任命(当時は伊奈町小室)、荒川・利根川の治水工事新田開発に手腕を発揮、2代目が幼く病没し改易、名門伊奈一族三代目として伊奈忠治が800石から勘定役から始め後に7000石となり赤山に陣屋を築いたのです寛永6年(1629年)彼も伊奈流の土木工事を駆使し徳川幕府の財政基盤を築いたとあります、赤山は2万4000坪の広大なお城なのです。

Dsc05602

本丸の周りは空堀で二の丸は自然の低地で囲まれた陣屋・・・お城、なお、三代目忠治は深川の埋め立て・永代橋の構築・宝永4年(1707年)富士山噴火の復旧とうの業績があります十二台163年間続いたのですが伊奈忠尊の時寛政4年(1792年)に郡代を罷免されたとありました、この当時は江戸打ちこわし・天明の大飢餓等幕府財政の悪化と合わせて辞めさせられたのでしょう?。

Dsc05603

その後関東郡代は廃止陣屋も取り壊され今に残るのは一部の空堀・土塁ですね。

Dsc05626

濠の土を積み上げた赤山日枝神社。

Dsc05633

わずかに残る空堀ですね。

Dsc05642

これも空堀です公園用に整理したのでしょう、右側が本丸側です。

Dsc05650

二の丸脇の方から見た本丸です、今は畑ですね、右側は空堀です。

Dsc05652

此れは右側本丸がわ左側が二の丸側です、空堀が当時は深甲斐のでしょうが?。

Dsc05657

上の空堀脇をくだり自然低地へでます、かなりに落差の上に右側本丸が在ります。

Dsc05675

先程の公園風空堀の中央部分表門側に碑があります、赤山城址とありました。









2017年9月10日 (日)

昭和記念公園に行って来ました。

2017年9月9日(土)昭和記念公園に行って来ました、秋晴れの天気が良いとの予報でしたが、確かに天気は良かったですが夏晴れですこぶる暑かったですね・・・・。

Dsc05534

西立川口から入りました・・・立川口へ出ました、シニア料金で210円です、本日はトランアスロン競技の試合会場でアスリート達が続々と来ていましたね。

Dsc05538

此処は立川基地跡なので広いのです、これはパークトレインです、公園内を巡回しています。

Dsc05543

こんな乗り物で遊んで?いる人も・・・暑い中歩いているので私も乗りたいな!。

Dsc05541

このサークルは?こどもの森の庭に水たまりが出来た?。

Dsc05545

日本庭園です・・・・此処まで1kmぐらいありますね、池の辺を回り込みながら写真を。

Dsc05570

本日の狙いは”みんなの原っぱ”のコスモスです、西花畑はまだ咲いていません、此れは東花畑に咲くさわやかなレモンイエローのキバナコスモス(レモンブライト)です。

Dsc05584

Dsc05587

この後すこしずれて咲く、花の丘、づづいて西花畑と10月末までコスモスが咲いています、雲が秋雲ならばより良いのですがネ。

Dsc05599

水鳥の池です今日は暑いのでボートが良いかな、それとも風が無いのでやはり暑いかな。

Dsc05600

ヒマラヤスギのマツボックリです・・・大きいですよ、思わず撮りましたネ。

Dsc05617

噴水涼しそうなので思わずパチリ・・・・如何ですかネ・・・此処は立川口です・・・此処からは駅に向かい見るものが無いコースを歩きます(暑い)。











2017年9月 3日 (日)

伊吹山・醒ヶ井の湧水・天竜舟下りに行って来ました。

2017年8月31日(木)に醒ヶ井宿の地蔵川湧水のバイガモを見て、その後関ケ原へ・・・関ケ原はバスで石田三成の笹尾山周辺を見ただけですが、今日は天気に恵まれ日本100名山の伊吹山へ上ります、昼神温泉にて宿泊し翌日9月1日(金)天竜舟下りで帰ります。

Dsc05358

地蔵川のバイガモです。

Dsc05359

バイガモをアップで・・・澄んだ湧水を好み梅の花に似た白い花です、赤は違います。

Dsc05373

岐阜県米原市醒ヶ井宿の湧水の吹き出し口です、この神社のガケ下からコンコンと水が沸き上がります。

Dsc05377

醒ヶ井の地蔵川で川の中白いのがバイガモの花が一面デスネ。

この後関ケ原・・・いよいよ伊吹山です。

Dsc05384

日本100名山・・・花の100名山、伊吹山も9合目まで車で上がれます。

Dsc05390

9合目の駐車場から(1260m)西登山道コースをのぼります。

Dsc05419

花の100名山なので1枚は花を載せました。

Dsc05432

頂上少し手前ですが、琵琶湖が眼下に見えました、安土城も見えたかも?。

Dsc05435

見上げると山頂付近が見えます。

Dsc05457

伊吹山(1377m)の山頂です、右側が日本武尊ですね、伊吹山の神退治に来て神の怒りに触れて下山したそうですが・・・チョット趣味悪ですね、2012年大山の74座目から5年目で日本100名山75座目を登りました・・・昨年・今年と焼岳を天候が悪く登れませんでしたが思いがけず簡単に登れましたネ・・・・今は登山対象の山ではないのでしょうかネ?下から登ればすごく大変ですが!。

Dsc05465

山頂は結構広く天気が悪いと迷いやすいですね、山々が美しく。

Dsc05467

此処は1等三角点で奥の屋根があるあたりが山頂です。

此れで昼神温泉まで戻ります、その夜天空の星空を見に行ったのですが雲が多く敗退でした、天気の良いときの映像でも見せて説明ぐらいあっても良いのではと思いましたねがイベントとしてはだらしない内容でした(怒っています)。

Dsc05481

翌日9月1日、天竜川の舟下りです、河原にはトンビがいます餌が目当てですが身近に見えました。

Dsc05495

水神橋を過ぎると渓谷になります。

Dsc05502

凄い濁流かなと思いましたがそれ程でもありませんでしたね、水が少ないのかな。

Dsc05511

名前が付いた岩場です・・・サメ岩・・・。

Dsc05519

この辺が波が荒いかな?。

1週間前は天気予報が3日間雨マークなので中止しようかなと思ったりしましたが天気に恵まれ良かったです、前回も雨でしたので漸く雨男から抜け出したかな。















2017年9月 2日 (土)

岐阜に行って来ました(岐阜城跡・長良川鵜飼い)。

2017年8月30日(水)から9月1日(金)にかけて岐阜近辺に行って来ました、長良川の鵜飼いを見に行ったのですが、岐阜城にもよりました。

Dsc05196

岐阜市長良川です、目の前の山が金華山・・・山頂には岐阜城が・・・そうです斉藤道三・織田信長で有名ですね。

Dsc05197

川を渡り橋上からのお城です、望楼型の天守です。

Dsc05214

川の向かい側です、山の山頂木々の中なので全貌が撮れませんが、お城に行く時間が無く本日は此処までです。

Dsc05237

そうです長良川の鵜飼い見学が主ですから、早目の食事で見物船に。

Dsc05241

何匹かの鵜を手縄で操りアユを採らせますね、かがり火の明かりで魚を驚かせ採るみたいですね。

Dsc05253

鵜が沢山食べると船に上げアユを吐き出させまた採らせますね、結構流れるのと暗いので上手く写真は取れません。

Dsc05259

今日は宮内庁への奉納日で伝統漁法の総がらみも見えました、鵜舟が横隊になりアユを浅瀬に追い込み採るのです・・・ホウホウと掛け声をかけながら追い込みます。

Dsc05292

私だけ朝早くから岐阜城に上りました(次の見学に行く前に走って行って来ました)、

金華山ロープウエーで往復、下台所からの天守です。

Dsc05294

山城で狭い曲輪からなので天守全貌が見える個所がわずかなのです、山は岩場なので防御性が高いですね、この城の手前下に水場が有るのです。

Dsc05303

天守入り口の石垣です、下からは全体が見えないのです。

Dsc05316

上台所からの天守です。

Dsc05342

此れは山下の織田信長居館跡の虎口の冠木門です、低い石垣に囲まれた日常的な館跡です。










« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ