« 安中城跡に行って来ました。 | トップページ | 金沢に行って来ました(小松城跡)。 »

2019年2月27日 (水)

伊奈代官屋敷跡に行って来ました(埼玉・伊奈町)。

2019年2月26日(火)に伊奈代官屋敷跡(伊奈城跡)に行って来ました、散策路の整備が24日にあり奇麗になっていたので照会。
Dsc04900

その前に家に咲く花たちを採ったので・・・福寿草が今満開になっていますね。
Dsc04901

マンサクの花も漸く・・・・・まず咲くから マンサクとか?。
Dsc04902

梅の花も一気に咲き始めましたね・・・紅梅。
Dsc04903

白梅も。
Dsc04905

代官屋敷の二の丸跡の標識も奇麗になりました、今回の散策路は二の丸周辺が整備されたのです、此れで本丸側・蔵y式側と三か所が奇麗になりましたし見やすくなりましたね。
Dsc04906

表門跡から少し入った二の丸跡の裏手の空堀が今回の整備場所ですネ、写真中央が二の丸跡。
Dsc04907

表門跡から屋敷内へ入り二度目のクランクの個所左側が二の丸跡となっています、本丸の土塁が残っています、切通状態の舗装道路の角左手前がが今回の散策路です。
Dsc04908

クランクの右側が土塁・左側も土塁・・・昔は真ん中の舗装道路は無かったのでしょうかネ?、左側が空堀ですからね。
Dsc04909

舗装道路から見た二の丸と本丸の間の空堀ですね、竹藪は土塁が続きますね。
Dsc04910

ついこの間まではボサボサでしたが奇麗になりました、左土塁上が二の丸跡ですね、右側は本丸の土塁が続きます、正面方向は原市沼側です。
Dsc04913

空堀の突き当りが原市沼川(現)手前の湿地帯ですね(昔は沼でしょうね?)。
Dsc04914

二の丸側を回り込むように湿地帯手前を奇麗にしていますね。
Dsc04915

反対側(本丸)は未整備ですが・・・また奇麗にするのでしょうか?。
Dsc04920

基に戻り検証すると、本丸の土塁が此処は高く感じられますね、右側の土塁上が二の丸跡です、右側手前も空堀が二の丸を囲っていますね。
Dsc04921

これは二の丸跡の脇から表門跡方面を見ました。
Dsc04922

此れも二の丸跡の脇から先程の空堀を見た所です。
Dsc04927

これは搦め手のシャトル丸山駅信号脇にある縄張り図です、今回は上の所です。
Dsc04955

新幹線下シャトルの丸山駅の橋上から見た搦め手側です、左側は障子堀の埋め立て跡地です、こちら側にも空堀跡が見られますね。
Dsc04957

今の障子堀の裏側も空堀が続きますね・・・・こちら側も奇麗にするのかも?。
Dsc04958

搦め手側の道路を入ると昔ながらにクランクした道筋が当時の面影を残し?。
Dsc04959

曲がり曲がり・・・右側の奥には前回整備した散策路が有ります。
Dsc04961

反対側にも初回に行った整備の散策路が有ります、私有地が多い中で此れだけ遺構が解りやすく残っているのも珍しいのでは無いでしょうか?。

Dsc04963

これは原市沼をながれる原市沼川です、正面は新幹線です、右側が伊奈代官屋敷跡表門です、湿地帯に囲まれた城郭なのです。
Dsc04967

原市沼は大きな調整池だったのでしょう、今は沼地が無くなり代わりに川のほとりに調整池が作られています、原市川の左側には、現在2個、右側に1個と現在造成中です。

« 安中城跡に行って来ました。 | トップページ | 金沢に行って来ました(小松城跡)。 »

城郭 2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊奈代官屋敷跡に行って来ました(埼玉・伊奈町)。:

« 安中城跡に行って来ました。 | トップページ | 金沢に行って来ました(小松城跡)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ