« 山上碑および山上古墳に行って来ました(上信電鉄山名)。 | トップページ | 高崎根小屋城跡に行って来ました。 »

2019年2月23日 (土)

高崎山名城跡に行って来ました。

2019年2月19日(火)に上信電鉄山名駅より山名八幡宮・山上碑から高崎自然歩道に入り山名城跡・根小屋城跡と見て回りました、今回は山名城跡です。
Dsc03320

高崎自然歩道には幾つかの石碑・と城跡がありますね、山上古墳の脇から入り少し進むと案内図がありました。
Dsc03329

山道を少し進むと山名城跡の案内板が出てきました、此処山名家は鎌倉時代初期からの名門です、源義家の孫新田義重の子義範が山名を名乗り、何代も続き、鎌倉滅亡時期に足利尊氏側に着き大大名となったのです、応仁の乱(山名:細川)の山名家の祖ですね、戦国期には地元の豪族木部家が治め武田家方ですね、ここは西上州武田方のテリトリーで後北条との境目の城なのです・・・・・すぐ近くの根小屋城跡も武田信玄が築城し北条氏康と対戦したのです、天正18年1582年武田勝頼が天目山で滅亡した折には木部範虎も殉じたとか。
Dsc03331

細い尾根筋を立ち割り幾つかの郭が構成されていますね、右側が里の方です・・・山は低くそれ程でもないです、私は左側下から上り右側下から本丸へ・・・・本丸手前とか二の丸の先の方は冬でも入りずらいですね。
Dsc03332

高崎自然歩道です、右側に入る路が山名城跡への入り口です・・・・正面も多分城の一部でしょうね。
Dsc03334

下の道を進むと不透明な竪堀、明らかな堀切が見えます、登れあ郭の一部かな?。
Dsc03337

なおも進むと本丸への堀切・・・、横の方には狭い腰曲輪もあります。
Dsc03339

右側が本丸でしょうねす。
Dsc03340

本丸への登り口です。
Dsc03343

本丸へ上がらず先に進むと、やはり腰曲輪状態が見えますが・・・右側に回り込めば本丸下から二の丸側へ。
Dsc03345

本丸へ上がります、それ程の広さはありませんね。
Dsc03347

本丸中央に山名城址の碑があります案内板は読めませんでしたね。
Dsc03352

本丸から見た腰曲輪で、左側方向が二の丸側ですね。

« 山上碑および山上古墳に行って来ました(上信電鉄山名)。 | トップページ | 高崎根小屋城跡に行って来ました。 »

城郭 2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高崎山名城跡に行って来ました。:

« 山上碑および山上古墳に行って来ました(上信電鉄山名)。 | トップページ | 高崎根小屋城跡に行って来ました。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ