« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月20日 (水)

金沢市内見物に行って来ました。

2019年3月13日(水)に金沢市内見物に行って来ました。
Dsc03000
金沢駅前の鼓門です、北陸新幹線開通に合わせた駅前のモニュメントですね。
Dsc03955
いきなり何でしょうですね、しいのき迎賓館前の巨木です、金沢城のいもり堀近くにあるのです。
Dsc03961
此れが正面から見たしいのき(スダジイ)二本です。
Dsc04228_1
金沢城石川門脇の兼六園です、此れから庭園内を見て回ります。
Dsc04234_1
有名な琴柱燈籠と虹橋です。
Dsc04236_1
琴柱燈籠と雪吊松です、兼六園は松が多いですね。
Dsc04238_1
霞ケ池に写る雪吊松。
Dsc04255_1
兼六園の松たちをこれから。
Dsc04256_1
Dsc04260_1
Dsc04265_1
Dsc04288_1
Dsc04273_1
松だけではないですよ。
Dsc04274_1
コケも。
Dsc04295_1
Dsc04305
梅林も花開いていました。
Dsc04316_1
もう一度霞ケ池と雪吊松。
Dsc04327_1
武家屋敷も見て回りました。
Dsc04330_1
Dsc04332_1
如何ですか。
Dsc04344_1
最後ににし茶屋付近を昼間ですからね・・・・ヒガシ茶屋が有名ですかね。
これで今回の金沢は・・・天気に恵まれませんでしたがアチラコチラと見て回りました。

金沢城に行って来ました。

2019年3月13日(水)に金沢城に行って来ました。
Dsc03880
金沢城惣構跡ですね、惣構は小田原城が有名ですね。
Dsc03886
黒門口から見た大手堀です。
Dsc03887
黒門口です、左側が新丸、右側は今は駐車場?。
Dsc03893
金沢城の縄張り図です、下側の右側から上がりました。
Dsc03894
新丸の広場から見た、二の丸の菱櫓と左側が河北門。
Dsc03898
河北門をアップで以前来た時は新丸広場に降りないのでこの角度は初めてです。
Dsc03905
正面からの河北門。
Dsc03908
河北門の登り口からの石垣と菱櫓。
Dsc03927
城内をでて外側からの石川門です、門付きの櫓・高麗門・渡櫓門の枡形構造、手前は百間堀。
Dsc03933
百間堀側本丸脇の四段にわたる石垣です。
Dsc03939
本丸脇のいもり堀側から見た所上が辰巳櫓跡ですね。
Dsc03969
金沢城の出丸・・・・金谷出丸(現・尾山神社)に行きました。
Dsc03977
加賀前田家の初代前田利家の像が。
Dsc03980
奥さんのお松の方も。
Dsc03986
尾山神社です、前田家の神社ですね。
Dsc03987
神社の門も変わっていますね。
Dsc04141
再び城内へ大手門口か入城します。
Dsc04142
建物はありませんが見事な巨石の石垣です。
Dsc04148
この石垣と堀は三の丸と二の丸の内堀です、旧第六旅団司令部側です。
Dsc04168
玉泉院丸です、左奥が二の丸・正面奥が本丸で建物は三十間長屋です。
Dsc04175
玉泉院の庭園バックの短冊石垣です・・・色々な石で遊び心のある石垣です。
Dsc04179
二の丸・本丸との内堀(空堀)です、極楽橋が見えますね。
Dsc04182
本丸に架かる極楽橋です、三十間長屋です、左側に鉄門跡が在りますが本丸です(昔の尾山御坊の跡とか)。
Dsc04186
菱櫓内から見た河北門です手前が内堀で三の丸です。
Dsc04192
五十間長屋から見た橋爪門と内堀です。
Dsc04208
本丸戌亥櫓跡から見た橋爪門・橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓と三の丸も右奥が石川門です。
Dsc04215
菱櫓をアップで見ます。
Dsc04217
橋爪門枡形の中から見た橋爪門(渡櫓・続櫓・高麗門)です。
Dsc04222
三の丸から見た橋爪門です。
Dsc04223
同じく三の丸から見た菱櫓と五十間長屋です、金沢城は三度目ですが、復元されて沢山の建物が見られて嬉しいですね、玉泉院丸側は今も工事中ですが、何か出来るのでしょうかネ。

2019年3月17日 (日)

越前一乗谷城跡に行って来ました。

2019年3月13日(水)に越前(福井県)一乗谷城跡に行って来ました、天気予報では雨カミナリなので金沢城を見に行きましたがあまり雨も降らないので特急で福井へ福井駅から高速バスで一乗谷朝倉氏遺跡の復原街並へ行きました、雨は降ったり止んだりです。
Dsc02000

一乗谷城跡はご覧のような山の谷間(一乗谷)を利用した生活空間の城下町と背後に有事の際の詰めの城(山城)と周囲の山々の山上にも支城を設けた防御に優れた城です、一乗谷の前後に城戸を設けてを有ります。
Dsc03993

此れが上城戸です、土塁・石垣を積み上げ敵を遮断しています。
Dsc03997

川の両側に館を築いた城下町で朝倉氏五代103年の栄華を誇ったのです。
Dsc03998

復原した武家屋敷の街並みです、発掘により基石通りに建物を復元したのです。
Dsc04004

もう一つ復原写真を。
Dsc04005

復元していない場所も当然多数あります、当時1万人からの集落だそうです。
Dsc04012

此処が朝倉氏当主朝倉義景の館跡です、三方を堀・土塁で囲んだ通常の生活空間です、後は山です。
Dsc04015

唐門ですね・・・・。
Dsc04018

此れが館跡内部です、多数の建物の基石があります。
Dsc04027

内部から見た土塁です、普通の生活空間の館ですね。
Dsc04029

朝倉氏は朝倉孝景の時は室町時代管領の下の御相伴家ですが、応仁の乱(応仁元年1467年~文明9年1477年)で活躍し戦国大名として力を付けました、隣国加賀は一向一揆の為100年にわたり争ってきました、戦国期の最初から最後近くまで頑張ってきたわけですね。
室町幕府最後の将軍足利義昭も一時この一乗谷館にいたわけですが織田家に移り織田家越前侵攻の名目を与え元亀元年(1570年)侵攻、この時は織田信長の義弟浅井長政の寝が入りで敗退、以後4年間対立、織田方の内部懐柔工作等で戦意が無くなり、天正元年1577年に織田軍再度侵攻、刀根坂の戦いで敗れ一乗谷へ帰陣したが500名程とか、再起をはかり越前大野へ移るが裏切りにあい自刃。
Dsc04035

これから一乗谷城跡・・詰めの城へ登城、八幡宮脇からの馬出コースからです。
Dsc04036

馬出ルート・下城戸ルートが有りますが馬出ルートは急坂を上りますね、約1時間とあります。
Dsc04041

少し林道を上ると山道の入り口がこの辺が馬出曲輪ですね。
Dsc04042

大きく削平されているのが解りますか。
Dsc04043

段々に削平・・・石積みも少し見えますが?。
Dsc04056

しばらく上ると砂防ダムがありその上に小見放城の看板が、右奥が多分堀切でしょうその上が多分・・・・急坂なうえに雨でグシャグシャで・・・。
Dsc04060

もう少しわかりやすい写真を、右側が明らかに堀切ですね、そちら側には入れず左側の道を上がります、ハッキリ城跡はわからず。
Dsc04063

なをも上に、磨崖仏の石です、登りには気が付かずでした。
Dsc04064

帰りに撮ったのです、わかりますか。
Dsc04072

所々が泥濘で滑る急坂を上り漸く標識があらわれてホー・・・・何せクマよけの鈴を手に持ち鳴らしながら登るのですからね!。
Dsc04077

千畳敷下の不動清水の水場です、後少しですね。
Dsc04080

頂いた歴史の証人の城跡の縄張り図が解りやすいので、左側千畳敷に直接登ってきたのです、此れから山上御殿群を見て連続曲輪群を見て回ります。
Dsc04086

千畳敷です、城主の山上の居住空間ですね。
Dsc04090

千畳敷脇に土塁で囲まれた観音屋敷跡、奥が月見櫓跡で右側が宿直郭です。
Dsc04095

宿直郭です。
Dsc04099

宿直郭からの景色です眼下に一乗谷が見えますね・・・・当番で山上に居住し見張っていたのでしょうね?。
Dsc04105

この標識の縄張り図では上側から登って来たのです、今山上御殿群と連続曲輪群の分岐にいます。
Dsc04106

分岐です、下城戸ルートと右側が馬出ルート(千畳敷)が合流、此れから連続曲輪群へ入ります(直進)。
Dsc04108

細く切った尾根筋を進みます、奥が一の丸です。
Dsc04110

この上が一の丸です、この上には今日は登れませんね・・・・滑りそうで危険ですから、脇を回り込み二の丸へ。
Dsc04117

此処も二の丸の広場には登れません。
Dsc04120

二の丸と三の丸を区切る堀切です、一の丸と二の丸の堀切が一番大きいかな。
Dsc04124

三の丸です、此処は上りました細い尾根筋ですね、昔でも建造物が有ったのか?柵ぐらい?。
何せ雹が雪のように降ったり、雨になったり道は悪く、脇の構造までは・・・・・帰りは木の杖で慎重に下りましたが靴ズボンは泥だらけでした、信長との戦いではこの城の防御も使われなかったのでしょうね?、防御の仕組みも人心が離れれば崩壊ですね。


2019年3月16日 (土)

石川県加賀市の大聖寺城跡に行って来ました。

2019年3月12日(火)に金沢に午後から大聖寺城跡に行ってきました、JR大聖寺駅から歩いて20分ぐらいでしょうか、やはり途中から雨・雹にあい大変でしたね、大聖寺城は旧北国街道に面した標高60-70mの小高い山に築かれたお城です。
Dsc03600

駅前の案内所に有ったお城の模型ですが??。
Dsc03662

駅前から旧北国街道にでて熊坂川の向こう側に見える森が大聖寺城跡です。
Dsc03665

大聖寺城跡の入り口に架かる案内図です、この城跡は加賀藩の御止め山で入山禁止だったので遺構が良く残っているのです、本丸・二の丸・三の丸(北の丸)・東西・鐘の丸と各曲輪が解りやすく配置されています。
Dsc03671

真ん中に駐車場でこの東側の脇から入りますね。
Dsc03677

階段を少し上ると本丸脇が続きます、正面が本丸方面で、左側が東の丸側です。
Dsc03678

まず左側の東の丸から・・・急な横矢状態の階段を上がります。
Dsc03683

回り込むように上がると東の丸です。
Dsc03686

此処からの見晴は良好ですね大聖寺の街が眼下に見えますね、今日は天気が悪いので霞んでいますが。
Dsc03707

小さな曲輪が幾つか続きますが、漸く鐘が丸でしょうか?。
Dsc03717

登り詰めると大きな曲輪が・・・鐘が丸です、奥が高くなっています。
Dsc03736

鐘が丸を回り込み進むと本丸の脇(左側)に右側奥が鐘が丸です、此処を左方面へ回り込みます・・・本丸脇へ。
Dsc03743

この辺では大雨ですね、先程の登り口の上に出てきたのです、此れから左側の本丸方面へ進みます。
Dsc03745

イザ、本丸へ。
Dsc03752

登った所が馬出曲輪。
Dsc03755

馬出曲輪から本丸へ。
Dsc03760

階段を上ると本丸・・・イイエ本丸前の腰曲輪でした、奥が本丸ですね。
Dsc03765

本丸南虎口を経て本丸へ。
Dsc03769

大聖寺城本丸です、奥が城主山口宋永(玄葉)の墓です、此処加賀の国は一向一揆が根強く尾山御坊(金沢御坊)を織田信長軍の柴田勝家が鎮圧・・・佐久間盛政がここの城主になりました天正5年1577年の事です、元亀天正・・・戦国期の真っただ中です、その後上杉謙信が能登七尾城を攻略し南下、柴田軍は大敗したのです、秀吉時代に小早川秀秋が越前北ノ庄(福井)で15万石となり重臣の山口宗栄が6万3千石で大聖寺城の城主となったのですが関ケ原の戦いで西軍(のちに秀秋は寝返り東軍へ)へ前田利長は2万山口宗栄は500での攻防となり滅亡したのです。
Dsc03776

城を枕に討ち死にした山口玄葉の墓が今も本丸に・・・・。
Dsc03779

本丸北東虎口で二の丸方面へ・・・本丸からの虎口は二つですね。
Dsc03788

本丸・二の丸・西の丸の間にある馬洗池・・・ここでは大雨・雹でカメラは曇るは足元はぬかるは大変の一言でもここまで来たら帰るわけにはいかない・・・・。
Dsc03790

二の丸へと上がりました、此処から右側奥の虎口へ・・・この向こう側に腰曲輪のように三の丸(北の丸)が・・。
Dsc03799

二の丸からの虎口です、左側が三の丸側、右側が戸次丸方面です。
Dsc03800

左側の三の丸(北の丸)へ戸次丸へは下りませんでした。
Dsc03804

三の丸です。
Dsc03814

三の丸を回り込み西の丸へ下が馬洗池斜め左側が二の丸、右側が本丸と空堀で鵜あけられていますね、なをも進むと本丸脇から下城、なお、この城は元和元年1615年の一国一城令で廃城となり、1639年利家の三男利治が7万石で加賀支藩となったがお城は置かず陣屋だったそうです、結構数奇なお城です。


2019年3月15日 (金)

金沢に行って来ました(小松城跡)。

2019年3月12日(火)から14日(木)まで金沢方面に行って来ました、写真の整理の都合上小松城跡を乗せます、石川県小松市にある城跡ですが、今は天守の石垣のみが有ります、芦城・小松の浮き城と呼ばれやはり加賀藩ですが金沢城の2倍の面積を誇る珍しいお城なのです。
Dsc03844

小松駅から芦城公園へ・・・ここは三の丸跡とか現在は小松城は市役所・公園図書館・裁判所・小松高校ですね。
Dsc03845

公園内にある藤の巨木です、幹回り2・14m樹齢は200年以上とか、この日は天気が悪く(3日間すべて悪い)土砂降り・雹・雷と大変でしたね、特にこの藤を見ていたら落雷が近くで・・・・・・。
Dsc03846

近所で聞いてもお城が解らず・・・・・取り合えず小松高校へグランド橋で漸く見つけました。
Dsc03849

グランド脇に本丸の碑が、この辺は加賀一向宗が盛んで天正4年1576年若林長門守が築城、その後丹羽長重が治めたが関ケ原の戦いで西軍に着いたため東軍の前田利長が2万5千の大軍で攻撃したが湿地帯の為落城しなかったそうです、その後前田家2代目藩主利常の隠居城として改修・・・この時広大なお城を築いたが元和元年1615年一国一城令で廃城となる・・・が後に加賀藩から20万石の分藩として小松藩をおこしお城も復活したみたいですね。
Dsc03850

流石に立派な石垣が・・・小松は石の産地ですからね。
Dsc03853

石垣には登れず仕方ないので周りをウロウロと。
Dsc03854

こちら側の石垣野横に白山井戸があります・・・・、芝生も雨で水を含み大変ですよ。
Dsc03855

こちら側が小松高校のグランドでその向こう側は川原です。
Dsc03866

これで一回りですね・・・この天守石垣がポッツ・・・・実はこの小松城を訪れる前に大聖寺城跡に行ってきたのですそれは山城で御止め山なので遺構が残っていましたね。


« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ