« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月25日 (木)

奈良高取城跡に行って来ました(3/3)。

2019年4月16日(火)に高取城跡に行って来ました、今回は最終章です、このお城は2度の戦に耐えた防御力の高いものです、関ケ原の戦いの前当城主本田家は徳川家康について会津上杉討伐にその隙をついて西軍2000が西軍への味方を迫りますが城主不在を理由に断りますがお城に攻め入ることは出来なかったみたいですね、あの伏見城の降伏開城を迫った時と同時期です、2度目は幕末文久3年(1863)・・・新選組の時です天誅組1000人以上がお城を乗っ取りに来たのを城方200人で撃退したそうです、その凄い城内へ。

Dsc05238

二の丸中段の巨木脇から本丸天守石垣を見上げます。

Dsc05242

振り返り太鼓櫓の石垣方面を見る櫓の左右が虎口です、櫓の向こう側二の丸、馬出。

Dsc05243

もう一度本丸の石垣の横側。、左側が虎口側です。

Dsc05246

本丸の石垣に沿い進むと曲折した石垣と虎口の登坂が、左側も結構広いですし。

Dsc05248

横の曲輪?から見た本丸虎口、回り込む形で上がりますね。

Dsc05250

もう少し下がり虎口を含め左側まで左側の左下方面が吉野口門で桜の名所吉野山方面です。Dsc05251

角度を変えて、今来た石垣沿いと虎口です。

Dsc05253

本丸下の曲輪脇から・・・奥左下方面が吉野側。

Dsc05254

本丸への虎口全景?、張り出した石垣脇をUターンし上るのですね。

Dsc05261

虎口の中へイザ。

Dsc05262

奇麗な枡形を進みますね、まだ石垣が出てきますね。

Dsc05263

登りつめるとすぐ正面に低い石垣があり左右のいずれかになりますね、此れは右側です天守側へと足が向きましたね、でも正面も石垣?。

Dsc05264

振り返ります、左側の虎口を今上がってきたのです。

Dsc05266

回り込んで上がってみました、左側から上がってきたのです、まるで迷路みたいな作りですね、本丸です。

Dsc05268

絶景スポットですね、虎口をUターンし登り枡形内に入り正面で止められて左右に分かれ両サイドの上から攻撃ですよ。

Dsc05269

本丸の天守石垣(右側)・・・これで半分です。

Dsc05270

天守石垣。

Dsc05274

天守石垣上から見た二の丸側の石垣最初に見た石垣を見てます、右下側が七つ井戸がわで段々の石垣に見えますね。

Dsc05276

これも天守石垣上から見た二の丸方面正面が太鼓櫓跡、左側が七つ井戸方面、右側が十五間多門です。

Dsc05285

本丸虎口の反対方向です。

Dsc05286

本丸からの眺望。

Dsc05298

南北朝時代より南朝方の越智氏が築城、織田信長により一旦廃城、後筒井順慶・・・豊臣秀長が大和郡山城の支城として本多利久に家臣の諸木大膳に命じて縄張り築城・・・・等々、この壺阪寺はお里沢市の壺阪霊験記でも有名ですね、・・・・。

 

 

 

 

 

 

2019年4月24日 (水)

奈良高取城跡に行って来ました(2/3)。

2019年4月16日(火)に高取城跡に行って来ました、今回は続きその2です、大手門に漸くたどり着きましたが、これからが凄いのです2万5千石のお城とは思えませんね、当然天正13年(1585)豊臣秀長の本多でしょうね。

Dsc05145_1

高取城の大手門跡です、この辺が三の丸とか・・・私はこの中の二の丸が三の丸と思ってしまいましたが?、右側が城代屋敷跡とか荒れていましたが、右石垣脇を行けば八幡口登り口壺阪寺へ。

Dsc05146_1

この石垣ですから、綺麗な枡形構造で秀長一統の土木技術は凄いですね・・・竹田城とか藤堂高虎とか、秀吉の補佐の縁の下の力持ちなのですね。

Dsc05147

これは大手門左側の石垣ですからね。

Dsc05148_1

大手門のイメージが此れですよ、山の上で?。

Dsc05155_1

大手門枡形構造、三方から囲まれ曲がるとまた囲まれますね。

Dsc05161

此処が凄いのは門を入るとその先にまた石垣が立ちはだかるのです、この石垣の上が二の丸なのです。

Dsc05165

大手門の枡形を上がりきると見えました、此れが二の丸の石垣と虎口が見えますね、この手前の広場(曲輪)は?、しかも奥行きが凄いのです本丸の下の下まで続きます。

Dsc05168

取り合えず大手門石垣の上から門下を覗きましたね・・・こういうところが大好きなのですが、大砲でもないとなかなか近代戦でも抜けませんね、如何ですか。

Dsc05178

門内の広場には大きな木が幾つか存在していました・・・当時から大切にされたのか江戸期か?。

Dsc05183

それでは十三間多門から二の丸入ります。

Dsc05184

十三間多門・・・これでもかこれでもかと高い防御ですね。

Dsc05190

十三間多門の奥から見た所結構な段差もあります、登敵は眼下です、石垣も屈折し隠れて打てますね。

Dsc05191

上がりきると前側に低い出すが石垣があり、左右に分かれねば二の丸へ入れませんね、私は此処が三の丸?と思うほどまだ奥があるのですよ、本丸は奥の奥の石垣の上ですからね・・・・感じた事は少し病的なほどの防御形を作ったと思いましたが、桜が今満開で奇麗でした。

Dsc05195

今の景色の逆側の二の丸です。

Dsc05197

十三間多門少し脇の石垣の上に大きな木が根を張っていました、石垣が壊れるのですが風情はありますね、大手門方向が見えました。

Dsc05207

二の丸です奥に櫓の石垣が有ります。

Dsc05208

此処から見える景色は?吉野山方向でしょうかネ。

Dsc05209

近づいて見ます、太鼓櫓の石垣です、右側から入りますね。

Dsc05213

壺阪寺方面からの登り口七つ井戸方面です、本丸の脇下で石垣が続きますね。

Dsc05214

此処にも虎口がしっかりした石垣で有ります、此処を入ると二の丸の中段、今までが二の丸下段・・・その奥に二の丸上段が。

 

Dsc05220

虎口脇から本丸の石垣を見る・・・右下が七つ井戸へ下りますね。

Dsc05222

本丸天守の石垣が漸く見えてきました、此処に素晴らしい巨木が立っていましたね。

Dsc05227

嬉しいのでもう一枚。

Dsc05229

巨木脇から振り返りました、太鼓櫓の石垣です、此れから右側へ出て見ます、今は左側から来ました。

Dsc05233

十五間多門とありました、此処までが二の丸の中段?ですね此れから二の丸上段から本丸ですネ、大変なお城ですね。

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月23日 (火)

奈良高取城跡に行って来ました(1/3)。

2019年4月16日(火)に奈良駅より橿原神宮前へ近鉄線で壺阪山駅へここから高取城跡に行って来ました、14日が雨の為中一日開けて今日にしました良い天気ですね、子供たちが遠足?か大勢乗り込みましたが飛鳥駅で下車、後は吉野山の桜でしょうかね、この駅下車は殆どいませんでしたね。

Dsc04981

案内図の真ん中少し上が高取駅・左上隅が高取城跡です、当然山の中のお城です。

Dsc04983

説明版にあるとおり日本三大山城でいずれも百名城に含まれる名城です・・・備中松山城は現存天守で今に建物が残る数少ないものです。

Dsc04985

これは縄張り図からCG復元した高取城のようです、此れから上りますが583m(比高350m)の山の上ですからね、曲輪の繋がる連郭式の山城では国内最大規模でしょうね。

Dsc04988

バスで壺阪寺まで行くつもりでしたが、城下町のある土佐街道を歩く事にしました約2時間弱です、城下の風情ある街並みを上ります立派な武家屋敷も見られます・・・・平和になれば段々山から町へ降りてきますよね、しかし山中にこれだけの・・・。

Dsc04991

街並みが終わり砂防公園まで来ました、此れからは山登りです。

Dsc04995

宋泉寺との分岐です。

Dsc04996

高取城跡の大手道の説明版と距離が掲げられています・・・所々標識もあり有難いです。

Dsc04997

川が道とクロス・・・此処は黒門跡で城戸があったのです多分冠木門でしょうね、城下にも総門跡とか厳しく封鎖しています。

Dsc05000_1

此処はもう城内なのでしょう。

Dsc05008

七曲りと言われる難所です、此れだけでも下から攻める敵を上から狙い撃ちですからネ。

Dsc05025_1

七曲りが過ぎると旧坂な直線コースが一升坂と名前が付くほど、何せ山頂の城内に食べ物等を毎日運び上げたのですからね、食べ物だけでなくこの先見る多量の石も運び上げたのですから・・・。

Dsc05027

登りつめるとT字路に少し立ち寄りますね、右側に回り込みます。

Dsc05034_1

回り込むと此処も幾つかの段丘になっていましたね、城郭の一部でしょうね、一番奥に石仏が(不動明王)、この辺はあれています。

Dsc05039

T字路に戻り左側の本道を進みます。

Dsc05044

漸く出てきました、途中の目安の猿石です、明日香村方面への分岐ですが大手道脇上なので気が付かない人もいました(実は後で聞かれました)、多分明日香村に災いが入らないように結界を張ったのでしょう、この少し先が二の門です。

Dsc05045

高取城の縄張り図です・・・今左下が猿石の場所です、これからが本当のお城の中に入るのです、今回は左側のブロックまでです。

Dsc05049

猿石を少し進むと二の門跡へ、石垣が大分崩れていますが、ハッキリしていますね。

Dsc05054

二の門前の水堀です。

Dsc05067

二の門内の正面は石垣があり、左側に回り込むみますが大分石垣が崩壊しています。

Dsc05085

大きく回り込むと突き当りが見え(矢場門)手前に国見櫓の入り口が出てきました、国見櫓へ行きます。

Dsc05100

矢場門石垣前から進むと左側の広場(荒れているが国見曲輪?)、右側の下段側にも広場が広がっていました(荒れているが)、突き当り奥の石垣上が国見櫓・・・・景色が良く見えます。

Dsc05101

国見櫓の石垣上から見た眺望・・・大和遠く大阪方面まで見えるとか。

Dsc05103_1

矢場門へ入ります、しかし素晴らしい石垣と枡形の防御形ですね。

Dsc05113

少し進むとまた門が・・・松の門です、此処は石垣が崩れ補修してありますが無造作ですね、ここの冠木門が城下に移築されていましたね。

Dsc05126

松の門を過ぎるとすぐまた門が、宇陀門の枡形構造の門。

Dsc05134

少し離れて千早門が此れも枡形形式で・・・・これで先程の縄張り図の左側を終わり右側のブロックへと入りました。

Dsc05142

千早門を抜けて見えて来た大手門です、この右横辺りが三の丸みたいですが荒れていました、しかし、この門の数・・・イエイエこの先病的なぐらいな防御をこのお城は見せるのです、なぜ?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年4月22日 (月)

八王子根小屋城跡(戸吹城跡)に行って来ました。

2019年4月21日(日)に八王子の戸吹城跡・・現在は根小屋城跡に行って来ました、滝山三城(滝山城・高月城・根古屋城)で以前より気に泣ていたのですが、交通の便が悪く行けませんでした、本日高校の時のクラブの飲み会がありお願いし現地に行って来ました。

Dsc050

滝山街道(古甲州道(武蔵府中の国府から甲斐の国府を結んでいます))沿いを少し離れた加住丘陵にあり秋川の渡河地点の近くにある軍事的な要衝なのです、お城というよりは見晴らし砦でしょうかネ、細い道路を入り案内板が有るのでたどり着きましたね。

Dsc0500

どのくらいな規模?、上の方に秋川が有ります、下ののうから入りますが南北に分かれた曲輪が細尾根で連結したものですね、砂交じりの土なので雨風で風化し崩れています。

Dsc05000

少し拡大下南曲輪です右横が秋川側です、私たちは左側中央辺りからこの尾根筋へ出ました、一度上の方に、続いて右側の北曲輪方面へ(いけませんでしたが)最後に下側にと見て歩きました、防御は北側もしくは東側をほぼ重点的に考えられていますね・・・高月城・滝山城の支城ですから。

Dsc05103

案内板の先の竹林がほぼ南曲輪です、私有地の竹林には入れませんが階段状に削地されていますね。

Dsc05105

少し上の方から見ればよくわかりますね。

Dsc05111

急な坂ですが短いのですぐに尾根筋まで登れます、社があります・・・南曲輪の中心でしょう・・・東西に尾根があり、この社の後側に北曲輪の道が有ります。

Dsc05112

右側が南曲輪で北側に空堀が有ります左側が秋川側で奥の高い所を左に行けば北曲輪ですね。

Dsc05116

少し離れて同じ場所を見て見ます、右側の広場の尾根が南曲輪で左側は防御の空堀です。

Dsc05117

南曲輪の西側です、こんもりと土塁?でしょうかネ、横側を尾根が少し下り・・・その後は細い尾根ですね、多分あまり警戒していないのでは。

Dsc05118

此れがその先の尾根筋ですね・・・、防除的仕組みを見て取れませんした、元に戻ります。

Dsc05129

空堀をまたぎいよいよ北曲輪方面へ

Dsc05131

此処から左側へと向かいます、右側は社のうえですね、北側くればこの正面から迎え撃つのでしょう。

Dsc05135

馬出・・・小さな広場がありその先は細い支線の尾根です、両サイドが切れていますね・・・一応注意のロープが。

Dsc05136

上がったり下ったり細い道が続きますねこちら側は結構切れ立つ崖の連続なのですね。

Dsc05139

なおも先へ進みます・・・結構危なそうです、崩れたのと削ったのもわかりませんからね・・・。

Dsc05144

崖で右側が見えました、南曲輪です、今日送迎した人が向こうで見ていますね。

Dsc05145

結局北曲輪まで行かずもどります・・・残念ですが!!。

Dsc05146

いずれにしろ、此処までは無理そうですからね。

Dsc05148

無事元の場所にもどりました、此れから右側(東)へ。

Dsc05149

社の土塁の上から北曲輪方面を見る。

Dsc05151

尾根筋です。

Dsc05153

尾根筋を少し進むと堀切で分断・・・堀切に細いくの字がたの土橋(よく読み取れませんでしたが)横矢がかりの側面攻撃の防御です。

Dsc05155

堀切から竪堀で落としてありますね。

Dsc05164

此方から見るとくの字型土橋に見えますね。

Dsc05189

無事に降りてきましたが、そんなにすごくみえませんが秋川側は天然の要塞なのですね。

これからクラブOB会の飲み会です、幹事さんのご厚意に合わせて感謝です・・・飲みすぎないように注意しますね。

春日大社に行って来ました。

2019年4月17日(水)に奈良春日大社に行って来ました、今日は帰りなので巨木を見ながらゆっくりと散策しました。

Dsc05404

ホテルから真っ直ぐ三条通りを進みます、猿沢の池興福寺を過ぎて一の鳥居にでます。

Dsc05406

一の鳥居から結構距離が有りますね、朝が早いので人は殆どいません鹿も人が居ないと出てきませんね、帰りは沢山の人が居ましたが。

Dsc05413

参道左側にありました、気が付かない人もおおいかも?、ムクロジの木ですが中が空洞なのです、竹が木の中をとおり顔を出しています。

Dsc05421

これは飛火野で行われた陸軍大演習の折に明治天皇が植えられた楠・・・・実は三本で一本の巨木ではありませんね。

Dsc05428

第二の鳥居です。

Dsc05432

春日大社の参道らしく・・・・・。

Dsc05433

左側が春日大社ですが私は右側の若宮神社へ。

Dsc05444

若宮神社です。

Dsc05445

若宮神社の大クスノキです、下の道から見た所、写真が撮りずらく幹回り11・4mとあります。

Dsc05448

若宮神社参道から見た大楠です、石灯籠があり幹がみずらいですね。

Dsc05450

折角ですからもう一枚。

Dsc05478

少し戻り春日大社南門です。

Dsc05484

南門を入り幣殿です回廊があり中門御殿となります。

Dsc05485

幣殿から見た春日大社の大杉幹回り8・7mとか。

Dsc05506

これは駐車場脇のケヤキです。

Dsc05525

この地域はイシイガシの巨木が多いみたいですね。

Dsc05526

参道脇から見た巨木らしいき木を・・・・小さな巨木?は多数ありますが飛びぬけたのは今回の散策で見当たりませんでしたね。

南都東大寺・興福寺に行って来ました。

2019年4月16日(火)に高取城跡(まだ未整理)・橿原神宮・南都東大寺・興福寺に行って来ました、昨日は高校時代のクラブの飲み会があり作業が出来ず、午前中に根小屋城跡(八王子戸吹)を散策。午後から先輩・後輩と大いに飲み語ってようやく帰りました。

Dsc05350

奈良公園の鹿たちです、沢山いました。

Dsc05354

東大寺の南大門(国宝)です。

Dsc05356

有名な金剛力士像(仁王様)です。

Dsc05355

鎌倉期の有名な彫刻士慶派によるものですね。

Dsc05361

世界最大級の木造建築の大仏殿(金堂)です、中門を入り回廊から・・・・東大寺の大仏にお会いするのは初めてです、此れではわかりませんが八角燈籠は奈良時代のもので国宝なのです・・・・此処は国宝の世界遺産で一杯です。

Dsc05364

此れが大仏殿の大きさです。

Dsc05369_1

創建当時は金箔だったそうですが、東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)です、一般に奈良の大仏(ならのだいぶつ)として知られる。 聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に開眼 、現在の大仏は頭は江戸体は鎌倉台座は奈良期だそうです。

Dsc05374

大仏の脇に2体の脇侍・・・虚空蔵菩薩です。

Dsc05386

如意輪観音です、裏側四天王像の内やはり2体おります。

Dsc05380

広目天です。

Dsc05382

多門天です・・・・いずれも大きく大迫力ですね。

Dsc05398

此処は復興した興福寺東金堂です。

Dsc05400

興福寺の五重塔・・・興福寺は翌日の17日に回りました。

Dsc05537_1

南円堂です・・・同じような北円堂もありますね。

Dsc05539

南円堂の裏手にある三重塔です、此れは国宝ですね。

2019年4月20日 (土)

橿原神宮に行って来ました。

2019年4月16日(火)に高取城跡・帰りに橿原神宮にに行って来ました、高取城跡は内容が濃く整理に時間がかかるので本内容を先に。

Dsc05332

橿原神宮の祭神は神武天皇です、皇室にゆかりのある神社で神宮ですね、初めての訪問です、駅前の表参道から。

Dsc05334

鳥居を過ぎて真っ直ぐの参道を進み突き当りまで進みますね。

Dsc05338

突き当たり、左側には深田池、右側の南神門が正面です。

Dsc05340

南神門をくぐると大広場があります、正面奥に北神門、左側に外拝殿です。

Dsc05341

外拝殿です。

Dsc05346

外拝殿。

Dsc05348

外拝殿から見た本殿です、お参りしました。

淀城・伏見城跡に行って来ました。

2019年4月15日(月)大阪の岸和田・住吉、兵庫の尼崎と回りました、いよいよ京都の淀城・伏見城に行って来ました、淀と伏見は比較的近いですね伏見城は廃城解体となり淀城が幕末まで残ったのですね、豊臣・徳川ー幕末の戊辰戦争の始まりもこの近辺でしたね。

Dsc04833

淀駅から近い場所に有ります、宇治川・桂川の合流付近の川中島だそうです、ここは豊臣秀吉時代の淀君がいた淀城とは少し離れて違うとの事です。

Dsc04835

淀神社脇から城内へ、あの春日局の子孫で五代目正知の時に佐倉から10・2万石で入府したときの稲葉家の神社が正面にあります。

Dsc04838

この淀城は伏見城廃城に伴い京都の水陸の要所なので松平定綱が築城した山城の国唯一の居城なのです。

Dsc04845

右側のやや高い石垣が天守の石垣です。

Dsc04850

天守脇から見た石垣と水堀です、向こう側は線路で多分城の一部は分断されたのでしょう。

Dsc04851

淀城天守台石垣です、穴倉式天守台です・・・正面の石垣の間をもぐり中に入るのです。

Dsc04854

天守石垣の上から見た本丸の石垣と堀。

Dsc04855

天守の石垣、穴倉式。

Dsc04864

本丸脇の土塁ですこちらと正面側は石垣水堀の遺構が残っています。

Dsc04868

天守と対角にある隅櫓の石垣。

Dsc04872

隅櫓下から見た石垣と水堀です。

Dsc04869

本丸にある淀城址の碑です。

Dsc04879

この後古淀城跡に行ったのですが、遺構らしきものが解らず、戊辰戦争の碑がありました、鳥羽伏見の戦いで敗北した旧幕府軍が拠り所としたのですが拒絶されましたね、伏見に向かいます。

Dsc04881

伏見桃山駅から伏見城跡まで歩きます。

Dsc04885

伏見桃山駅隣に近鉄線桃山御陵前駅がありその通りをすすむとJR桃山駅がある交通の要所ですね、この門は伏見城大手門を移築したものとか(御香宮神社)、廃城のおり伏見城はあちらこちらで再利用しましたね。

Dsc04888

伏見城大手門です、凄いですね・・・・伏見城は関ケ原前哨戦のおりに徳川家康が会津上杉軍征伐で大阪を離れた時西軍がまず抑えたのがここ伏見城です、鳥居元忠が当時城代で1800で立てこもり、4万の大軍と攻防を繰り広げたのです、今の場所ではないそうです。

Dsc04897

しかし見事なお城ですね、徳川家康が再建・・・・城造りの名人藤堂高虎が普請奉行、将軍宣下は伏見城で受けたのです、後に廃城し天守は二条城に移築・・・・伏見櫓(江戸城にもありますが?)。

Dsc04901

現在中に入れませんが・・・・十分ですね。

Dsc04911

横の方から仰ぎ見ました。

Dsc04928

桜の花も・・・。

Dsc04934

五層六階の大天守見事なものですね、山城の遺構も好きですが、建物があれば・・・・、今日は此れで奈良へ戻ります、疲れましたが明日は高取城跡ですからね。

 

 

 

 

2019年4月19日 (金)

尼崎城跡に行って来ました。

2019年4月15日(月)に尼崎城跡に行って来ました、住吉大社から難波駅乗り換えで阪神尼崎駅へ乗り換え場所が離れていたので大変でしたが無事着きました、電車から良く見えましたネ、本尼崎城は3月末?開城の新しいお城です。

Dsc04780

以前の三の丸の公園に築城。

Dsc04790

立派なお城ですね、今日は天気が良くて・・・・一段と良いですね。

Dsc04792

阪神尼崎駅の側です。

Dsc04803

尼崎城は戸田氏鉄5万石が築城、当時は三重の堀に囲まれていたそうですね。

Dsc04807

Dsc04815

Dsc04818

城跡も遺構があれば良いですが、建物が全然違いますからね、此れから梅田に出て淀城に行きますよ。

 

住吉大社に行って来ました。

2019年4月15日(月)に住吉大社に行って来ました、岸和田城跡からです。

Dsc04702

住吉大社です・・・・所で大社て?・・・・全国の住吉神社の総本社の事です、明日は橿原神宮に行くのですが神宮とは神社に祀られている神様を祭神と言いますが、皇室の祖先や皇族など皇室とゆかりの深い神社名との事ですよ。

Dsc04706

住吉大社で有名な太鼓橋です、階段になっているので上り下りは危なくないですね。

Dsc04711

太鼓橋を渡り右側にある巨木?・・・・幹が白骨化しているが幹の皮一枚で頑張っている感じですね。

Dsc04715

住吉大社へは初めて行きました。

Dsc04724

一番奥の社でお祈り中でした、私は奥の巨木を見てきますね。

Dsc04729

左側の奥に入り目についた大楠を祀ってありました、大分痛んでいました、此処はどこも旗が多く巨木が写せないのです。

Dsc04739

これは夫婦楠で樹齢800年幹回り7・9mとありました。

Dsc04740

この奥の楠が樹齢1000年幹回り9・8mの楠です。

Dsc04746

旗の隙間から見た所です、クスノキはまだまだ大きくなりますからね。

Dsc04751

この木もなかなかの巨木ですね、やはり古い神社に巨木が有りますね、17日は奈良の春日大社に行き巨木を探しますね。

岸和田城跡に行って来ました。

2019年4月15日(月)に岸和田城跡に行って来ました、今日は岸和田城跡ー住吉大社ー尼崎城跡ー淀城跡ー伏見城跡と見て回ります、明日は兼ねてから見たかった高取城跡で最終日は奈良見学です。

Dsc04605_1

奈良から岸和田へ関西の電車に馴れず・・・苦労しました、岸和田と聞いたのですが東岸和田を教えられて?、乗り換え直したり、漸くつきましたね、内堀と石垣が有るので風情がありますね、二の丸の堀も一部ありましたが乗せません。

Dsc04609

搦め手側の石垣に虎口があり堀に出れる珍しいですね、羽柴秀吉の紀州征伐の拠点の折に再築城沢山の水堀に囲まれたお城です。

Dsc04626

時計回りに見て回ります。

Dsc04635

今日は天気も良くお城も生えますね。

Dsc04641

隅櫓から表門へ、この左側に二の丸広場と堀もあります。

Dsc04645

これは昔(江戸時代)の岸和田城ですね三重四重の堀に囲まれた名城なのです。

Dsc04647

表門です。

Dsc04652

城内本丸から天守です。

Dsc04689

一回りしました。

Dsc04690

本丸を裏から全体です、天気も良く桜の花もまだ咲いていますし良かったです。

2019年4月18日 (木)

明石城跡に行って来ました。

2019年4月14日(日)に明石城跡に行って来ました、今日から4日間奈良を中心にしたフリー旅行です、京都からそのまま明石に行きお城を散策し奈良に行きます、生憎雨が降
り始めましたね。

Dsc04432_2

明石駅のホームから見た明石城の堀・石垣。櫓が見えます、古来より交通の要所なので徳川が西国の外様大名の抑えの城として姫路城の次に重視したのですね。
Dsc04443
駅前に広がる堀も大きいですね。
Dsc04449 
明石城公園の全体図ですが、右側が駅でその向こう側が山陽道です、淡路島・四国ルートの要ですからね、左側堀で囲まれた長方形が今に残る城内ですね、グランドは三の丸です。
Dsc04453
正面入口(太鼓門)から見た二つの櫓、左側が坤(サルヒツジ)櫓・右側が巽櫓がある本丸です。
Dsc04459  
太鼓門は枡形構造ですね。
Dsc04463
門を抜けると広場(武家屋敷)の向こうに石垣が有り(本丸の石垣)巽櫓が見えますね。
Dsc04469
右側には坤櫓が桜の花の上に見えました。
Dsc04475
広場右側に武蔵の庭園が広がっています。
Dsc04492
本丸の石垣は二段に積み重ねてありますね、巽櫓の右側は本丸入口として狭められていますね。 

Dsc04508

本丸への登り口です、石垣は二の丸・東の丸側です。
Dsc04514
登り口の途中から見た本丸です、手前の隅櫓が巽櫓奥が坤櫓です。
Dsc04524
登り切った所が二の丸への門ですね、本丸へは直接は入れません。
Dsc04526
本丸に入るのには右側の細まった(鵜首状態)土橋を渡るのです。
Dsc04535
こちら側は二の丸で奥に東の丸と二分されています、左側の土塁の向こう側は石垣で下に桜堀があります。
Dsc04536
二の丸側の反対側から見た本丸側です。
Dsc04537
此処を渡れば本丸です。
Dsc04552
本丸天守台跡から見た坤(サルヒツジ)櫓と三の丸方面・明石の中心街です、天守は無かったみたいですね、この櫓は伏見城の櫓を移築したみたいですね・・・・江戸城の伏見櫓もそういわれていますね・・・・伏見城今回見てきましたが一国一城令で廃城解体したので再利用したのですね。
Dsc04564
搦め手側?の桜堀です、右側が二の丸の石垣ですね。

Dsc04582

坤櫓です、櫓奥の石垣が天守です、天守下側が稲荷曲輪側で剛の池もありますね。
Dsc04591
最後にもう一度巽櫓を・・・結構雨が降っていて写真がハッキリしませんが、明日からはお城巡りに集中しますよ、雨の中四阿の中で花見をしている人もいます、頑張りますね。

 

 

 

 

 

 

2019年4月 1日 (月)

埼玉県伊奈町無線山の花見に行って来ました。

2019年3月31日(日)午後から晴れ間が出て来たので無線山の桜を見に行って来ました。

Dsc04200_1

伊奈町の中央にあり高台の広場に残る桜並木です。

Dsc04357

桜の木の枝も地面近くまで。

Dsc04366

桜並木脇には乗馬場もあります・・・日本薬科大学・埼玉県立ガンセンターに囲まれた自然豊かな場所です。

Dsc04362

何時頃かはわかりませんが大きな桜の木が何十本とあります。

Dsc04351

満開少し前ですが、お花見客が一杯いましたね。

Dsc04358

この時期のみこの桜の並木道を歩きお花見ができますヨ。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ