« 都留市の勝山城跡に行って来ました。 | トップページ | 茶臼岳・朝日岳に行って来ました(三斗温泉小屋泊)。 »

2019年5月11日 (土)

大月駅前岩殿城跡に行って来ました。

2019年5月8日(水)に都留市の勝山城跡、次に大月市の岩殿城跡に行って来ました、どちらも武田軍団の小山田氏のお城です、岩殿城は関東三山城(久能・岩櫃城)で要害な地に有りますね。

Dsc05666

大月駅の横から見た岩殿城跡です、此れから右側からジグザクに登り最後に正面岩左脇から城内へ。

Dsc05668

まず桂川を渡ります、川まで簡単に登り降り出来ない深い谷です、この下流に猿橋が有ります。

Dsc05669

橋を渡り山裾を右側に回り込むと入り口が・・・此処から。

Dsc05671

少し上ると冠木門が迎えてくれます、此処はほんの入り口ですね。

Dsc05673

私は左のわき道から上りました・・・・山道なので。

Dsc05674

岩殿山中腹の丸山公園にあるふれあいの館です・・・中世の城をイメージ・・・此処までは比較的簡単に登れますね、此処から急坂をジグザグと上りますね。

Dsc05677

登と脇に先程見た鏡岩の岸壁が・・・この岩横をジグザグと上ります。

Dsc05679

見上げます、此れがジグザグです、岩が崩れたらアウトですね、そんなことは無い・・・イイエ2-3年前の台風の時アチラコチラ崩れ落ちたので今も通行止め状態ですヨ。

Dsc05681

漸く、大手門との分岐まで来ましたね、今回は右側ですが、大手門・兜岩方面は直進ですね、大手門コースがこの狭さですから大変な城なのですよ。

Dsc05682

ちなみに大手門コースです、今の先が此れですからね・・・・クサリが付いた此処を降りていくのです。

Dsc05683

漸く山頂直下まで来ました、城内への入り口の揚げ城戸門跡です、上下する門で塞いでいたのですね。

Dsc05688

揚げ城戸の向こう側に番所跡・・・・門番たちがいた空間が有りますね。

Dsc05691

番所跡から見た城内方向、右の岩脇から上ってきたのです、階段の上が山頂の尾根・・・岩殿城城内です。

Dsc05692

西物見台跡です、切り立つ岩の先です。

Dsc05696

西物見台から城内を見る(尾根)正面クイが崩落の一つです。

Dsc05698

台風による大雨での崩落跡です、馬場跡と帯曲輪が消えましたね、復旧?難しそうですね。

Dsc05702

南物見台跡、乃木大将詩碑と岩殿城縄張り図が有ります、山頂本丸は右奥アンテナの場所ですが、此処が見晴らしがよく山頂見たいです。

Dsc05703

岩殿城跡縄張り図まだ右側に広がっているのです、この城は織田・徳川軍に攻められ武田勝頼が最後に立てこもる予定の城でしたが、武田軍団も人心が離れ、この岩殿城城主小山田信茂の裏切りにあい、立てこもる事無く滅亡、城主信茂も裏切りの為甲府善光寺で殺害滅亡したのです。

Dsc05706

南物見台を過ぎて振り返りました。

Dsc05707

左横が馬場、右側奥が三の丸、右側の下が用水(亀ケ池・馬洗い池)・・・・本丸はまだ先です。

Dsc05709

三の丸で右側奥の道も崩落で通行止めですね、左側から本丸方面へ。

Dsc05712

蔵屋敷跡とか。

Dsc05716

この辺左上が二の丸?・・・奥が本丸狼煙台です。

Dsc05718

本丸跡です、現在アンテナ群が立ち風情がありませんが、本丸脇は空堀跡がこの先は東物見台ですが現在は景色は皆無、その先は崩落で歩けませんね。

Dsc05729

最後の用水池を、上段の池が亀ケ池で飲用、下段の池が馬洗池、左側は切り立つ岩・・・駅から見て右側の岩の上です、武田勝頼が籠城してもどれだけ持ちこたえたか?、高天神城の籠城戦でも救えなかったのですから人は石垣・・・・ですね。

« 都留市の勝山城跡に行って来ました。 | トップページ | 茶臼岳・朝日岳に行って来ました(三斗温泉小屋泊)。 »

城郭 2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 都留市の勝山城跡に行って来ました。 | トップページ | 茶臼岳・朝日岳に行って来ました(三斗温泉小屋泊)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ