« 山形米沢城跡に行って来ました(上杉神社)。 | トップページ | 奥蓼科に行って来ました(御射鹿池・横谷渓谷・白駒池散策)。 »

2019年7月 1日 (月)

猪苗代城跡に行って来ました(巨木天子のケヤキ)。

2019年6月27日(木)福島の猪苗代町の巨木天子のケヤキと猪苗代城跡に行って来ました。

Dsc06300

天子のケヤキ・・・私有地立入禁止の看板がありました、ごめんなさい。

Dsc06323

樹齢伝1000年幹回り15・4mと日本でもトップクラスのケヤキですが中が崩れて大きさが解りずらいですね、昨年の東根のケヤキはハッキリしていましたが、この時期周りの木々と草もあり益々はっきりせず・・・。

Dsc06343

少し盛り上がった台地に建っています、周りの木が邪魔しているので全体像が此処までですね・・・それだけ大きのですが、お地蔵様もお顔が見えませんね。

Dsc06346

全体が入らないので中心のアップ・・・凄さが解りますかネ、石の社と地蔵様。

Dsc06356

上部もアップで木の皮で栄養が伝わり枝も頑張っていますね。

Dsc06365

裏の道方面からの天子のケヤキ草があり左側が解りずらいが一本なのでしょうね?、割れて分かれてしまったのでしょう、冬で草葉が無い時期でないと(雪も)駄目ですね、此れからすぐ横の猪苗代城跡へ行きます。

Dsc06300_20190701062501

天子のケヤキが有る所から近いのです、猪苗代城跡は図の右側で左側上が鶴嶺城跡と二つのお城が有るのですが、途中雨模様なので猪苗代城跡を見て回りました。

Dsc06301

これが古地図の猪苗代城跡です、豪族猪苗代氏のお城で後に会津藩の支城(一国一城の例外みたい)戊辰戦争で落城しましたが、天子のケヤキは中央右側の城下の所ですね、絵でもわかりますが磐梯山南山麓の高台にあります。

Dsc06379

猪苗代城大手口多門櫓台石垣・・・土塁と石垣(会津時代でしょうか)、いざ見参。

Dsc06390

大手門跡、右石垣が多門櫓台石垣で喰い違い門で右側にすぐ左側へと上ります。

Dsc06392

多門櫓横から突き当り左側に井戸がありますが井戸手前を左側へと進みますね。

Dsc06399

お城の中段に帯曲輪があり二の丸・本丸を囲んでいますね、奥上が本丸です。

Dsc06402

最初の階段を上り喰い違いで本丸の階段へと繋がります、この帯曲輪が一周しています、この石垣帯郭法面石垣と説明あり。Dsc06406

帯郭を時計回りに回りますね、本丸へは後程。

Dsc06408

帯郭の胴丸跡から大手口をみます、井戸も見えますね。

Dsc06416

此処が南帯郭跡です。

Dsc06420

南帯郭からの景色です、左奥が猪苗代湖です。下は歴史資料館の一部。

Dsc06424

南帯郭から見た二の丸土塁。

Dsc06428

二の丸搦め手道、石垣は本丸隅櫓台です。

Dsc06431

西側の土塁と下に空堀が見えますね。

Dsc06434

北帯郭から見た土塁下、この左側奥方面に鶴峰城跡があるみたいです。

Dsc06445

漸く本丸登り口へ。

Dsc06447

左右に分かれますが、左側の二の丸へ、上の石垣が二の郭櫓門です。

Dsc06451

この石垣は二の郭櫓門東側石垣。

Dsc06454

二の郭から見た本丸黒門跡ですね。

Dsc06458

二の郭上から見た南帯郭ですね。

Dsc06459

二の郭から見た本丸方面、左側石垣が先程の本丸隅櫓台跡で搦め手道、右側は黒門の石垣跡でしょうかネ。

Dsc06466

猪苗代城本丸です背景に会津磐梯山です、鶴峰城跡は出来れば次回にでも?、小ぶりですが良いお城でしたね、此れで今回の大人の休日15000円切符は終わりです・・・・明日は別の旅行が入り三日で終わりです、連続は疲れますね。

 

 

« 山形米沢城跡に行って来ました(上杉神社)。 | トップページ | 奥蓼科に行って来ました(御射鹿池・横谷渓谷・白駒池散策)。 »

城郭 2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山形米沢城跡に行って来ました(上杉神社)。 | トップページ | 奥蓼科に行って来ました(御射鹿池・横谷渓谷・白駒池散策)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ