« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月26日 (火)

大嘗宮に行って来ました(皇居・・大嘗祭の場所)。

2019年11月25日(月)に大嘗祭に使われた大嘗宮に行って来ました・・・・江戸城本丸の広場に造営されたものです、大嘗祭は11月14日の夕方から翌日の早朝に行われた、天皇陛下ご即位の後、初めて新穀を皇祖・天神地祇に供えられ、自らもお召し上がりになり、国家・国民のためその安寧と五穀豊穣などを感謝される大嘗祭の中心的な儀式の場所です。

Dsc09015

東京駅丸の内側です、今日は朝の内は天気もそれ程でないので、人が少ないのではないかと思い出かけました。

Dsc09019

東京駅からの行幸通りのイチョウは結構黄葉し奇麗でしたね。

Dsc09021

東京駅から二重橋方面まで歩きます、入場口は坂下門ですが、今日はジグザグでなく一列なのでそれ程待たずに行列が進みますね混むとブロック毎ですからね・・・正月の皇居参賀では大変でしたからね。

Dsc09027

手荷物検査も無事通過、いよいよ坂下門から皇居内へ・・・この門をくぐるのは2度目です。

Dsc09034

本丸の内堀の乾濠ですね、左側が乾通り・・・11月30日から公開されますね・・・これと重なるとより混雑するので早めにしました、本丸の折れた石垣見事なもんですね、石垣上の建物は富士見多門・・・濠の正面は西桔橋門かな?。

Dsc09036

富士見櫓ですね、此方がわからは普段見えませんからね。

Dsc09044

この櫓下を回り込み二の丸方面へ・・・・此処も普段は通れませんね。

Dsc09049

本丸大手門の中の門です、普段は正面右側の大手門から三の丸門方面から来るのです、此方かわ西の丸下曲輪からくる老中・年寄りの幕府執権者たちが来る道ですね。

Dsc09056

中の門を入り坂を上れば本丸の最後の門、中雀門となりますね。Dsc09061

中雀門からは本丸です、本丸広場奥に造営された大嘗宮です。

Dsc09062

大嘗宮は悠紀殿(東)と主基殿(西)の東西左右対称に作られた建物で構成されていますね、中央奥に廻立殿(天皇皇后両陛下の準備する建物)があり、中央の廊下、他に斉庫(新穀を保管した建物)が1建物・・・・ほとんどは2建物ですね。

Dsc09072

見学通路に従い此れから見て回ります、中央から右側へ回り込み左側へ。

Dsc09078

右側です、男子皇族が参列された建物とか。

Dsc09087

南神門・・・・。

Dsc09097

左側から見た所。

Dsc09101

回り込んで左側横から見た所、大きな建物が主基殿です・・・此処で供せんの儀が行われましたね。

Dsc09110

もう少し回り込みヤヤ後ろから見た、主基殿と左側が廻立殿、奥が悠紀殿ですね。

Dsc09122

これは後ろ側から見た廻立殿です。

Dsc09117

これは御存じ江戸城本丸の天守台石垣です・・・今日は登れませんね・・・・此処に天守は立つのでしょうかネ?、此れから平川門方面へ行き戻り大手門から出ます。

Dsc09137

梅林坂を下り平川門方面へ。

Dsc09142

平川門の中の中門?、左側が天神濠・右側が平川豪です。

Dsc09144

平川豪ですね、奥の石垣が上の写真の中門?、この右側が平川門です右奥のの向こう側は清水豪があり防御性が高いですよね。

Dsc09145

平川門の渡櫓門ですね、その先が枡形構造で高麗門となりますね。

Dsc09151

またもとに戻り二の丸方面へ、此処は本丸の石垣で内堀の白鳥濠と坂は汐見坂・・・昔は海が見えたのですね。

Dsc09158

大手門です、此れから丸の内から有楽町へ向かいます。

Dsc09162

丸の内仲通りで見た羽生さんと栃ノ心さんです。

Dsc09165

ほぼ同じ場所の仲通り・・・都心の真ん中高層ビルの間です。

Dsc09167

これは三菱一号館美術館の裏側の広場?・・・。

Dsc09170

馬場先門通りと大名小路の脇にある三菱一号館美術館ですね。

Dsc09173

日比谷のビルから見た皇居です伏見櫓・富士見櫓は見えますが大嘗宮は?。

 

 

2019年11月11日 (月)

斑尾高原に行って来ました(赤池・沼の原湿原)。

2019年11月6日(水)に斑尾高原の赤沼・沼の原湿原に行って来ました、今日も斑尾観光ホテルの車で沼の原湿原に送って頂きました感謝です。

Dsc08652

ホテルの部屋から見た雲海です、綺麗に沸き上がって流れます。

Dsc08654

赤池に行きたかったのですが、台風の影響で道が崩れ沼の原湿原脇に着けてもらいました、そこからまず赤池へ歩きます、赤池ー沼の原湿原ーホテルまでのコースとなります。

Dsc08664

紅葉の山道を気持ちよく歩きます、アップダウンはありますが楽な山道ですね。

Dsc08668

見てください気持ちの良い山道?を進みますね。

Dsc08677

途中マウンテンバイクの方に会いましたが悠長な日本語を話せるフランスの方でした、ホテルに帰ったらフロントの女性の旦那とか・・、漸く赤池にでました、水の色は赤・・・イエ泥でしょうね。

Dsc08680

丁度?太陽が雲間に入り陽が指しませんが紅葉の木々が・・・しばらく待ったのですが日差しが出ず残念です。

Dsc08684

赤池に架かる橋?‥‥船着き場?。

Dsc08695

もう一度紅葉を、ここから袴岳1135mまでいけますが、赤池ぶな林トレイルに行きます。

Dsc08700

ぶな林の結構な木が有る尾根の山道ですが気持ちよいですね、今は森林浴にはならないのでしょうが癒しの空間ですね、ここ山歩きが続き高尾山・日光半月山・昨日・・・山歩きに馴れて足の疲れも無く快調ですね。

Dsc08709

微妙なぶなの木の模様に見えませんか・・・・。

Dsc08710

ぶなが沢山色々な形を見せてくれますネ。

Dsc08715

雪が深いので変形したぶながあり、変化が有ります。

Dsc08718

此処が赤池ぶな林トレイルです、此れから沼の原湿原へ。

Dsc08723

沼の原湿原ですが、この時期は何も花はありませんね、木道に大きな糞が・・・熊の糞かな?。

Dsc08726

湿原も寂しですね。

Dsc08729

紅葉も日差しが無く・・・・・。

Dsc08731

でももう一枚・・・・・・・・・。

Dsc08736

湿原らしいところを、これからホテル帰ります。

Dsc08743

翌日のホテルからの朝焼けです、今日は風が少しあり雲海は流れ少しですが・・・今日は散策なしで早めに帰途となります、明日は日帰りで朝早くから那須塩原です・・・疲れますよね。

2019年11月10日 (日)

斑尾高原に行って来ました(斑尾山・希望湖)。

2019年11月5日(火)に斑尾山・希望湖トレイルに行って来ました、朝から天気は良かったですが、途中から雲がで妙高山山頂は見えませんでしたが気持ちの良い山歩きになりました、又斑尾観光ホテルでの車での送迎があり比較的楽な山旅ができ併せて感謝です。

Dsc08500

斑尾高原の全体図です、今日は斑尾山1382mに上り、その後希望湖(のぞみこ)を歩きました、登山口までの送迎及び希望湖までの送迎に感謝です、翌日は赤池・沼原湿原にも車を出して頂いて併せて感謝です。

Dsc08539

斑尾山1382mです、ゲレンデの登山口からかえでの木トレイルコース・・・・スキーゲレンデの中を直登します。

Dsc08543

紅葉も光が当たればまだ奇麗です、ゲレンデ脇の木々の黄葉・・・最近は黄色が多いとか運転手さんも行っていましたね?。

Dsc08549

ゲレンデを直登し大分上りました、最後はジグザグで登りますが、此処斑尾高原は女子に人気のあるスキー場で私も来ましたが、野沢スキー場の方がよく野沢スキー場へは何度も行きましたね、正面が日本海側ですね、此処は雲海がこの時期出やすいのです。

Dsc08553

上から見た紅葉です、赤みが少ないですが如何ですか。

Dsc08555

漸くスキー場の上に来ました、リフトがあれば簡単でしたがね、此処はまだ運転していません、此処からブナの山中に入ります、急なのです。

Dsc08559

急坂を過ぎ開けてきました、ブナの木々ですね。

Dsc08560

一つの山頂ですが、左右の分岐路です、右側は下りで万坂峠方面で明日行く赤池方面へ出ます、私たちは左側の山頂を目指します。

Dsc08563

正面に見えるのが斑尾山山頂です、一度下り上り返しますね、時々右側に野尻湖・妙高山が見えますがハッキリしません。

Dsc08570

斑尾山山頂1382m?、此れは切り捨てか?、此処は展望があまりなく此れから後ろを回り込み大明神岳に行きます。

Dsc08574

斑尾山山頂から10-15分位で大明神岳1360mへ展望の良い所です。

Dsc08577

大明神岳からの眺望・・・如何ですか、眼下が野尻湖、山頂に雲が妙高・・・槍ヶ岳も見えました・・・。

Dsc08578

此れです、スッキリしませんがほぼ見えましたね、妙高の山頂だけが見えませんでしたが。

Dsc08582

振り返ると斑尾山山頂です、此れからもと来た道を帰ります、スキーならばあっという間に下れるのですが、結構下りがきついのでした、登山口に車で来て頂いたのでまだ時間も早いので、ダメもとで希望湖をお願いしたら快くOkでした。

Dsc08587

希望湖周辺の黄葉です、山上より葉がまだ沢山有りますね。

Dsc08593

希望湖です、波があり木々の写りが・・・。

Dsc08623

希望湖に出ている出島・・・・。

Dsc08625

日光八丁出島みたいに湖に突き出ています。

Dsc08643

湖周辺の黄葉・紅葉。

Dsc08645

天気もよく紅葉も奇麗なのでホテルまで歩いて帰りました、連絡が無く遅いので運転手さんが希望湖まで迎えに行ってくれたとの事で申し訳ありませんでした・・・併せて感謝です。

2019年11月 9日 (土)

飯田城跡に行って来ました(斑尾高原)。

2019年11月4日(月)から6日(木)まで斑尾高原に行って来ました、飯山駅まで新幹線なので飯山城跡を散策しました、飯山駅から寺町方面へ歩いて行きました、あまり電車の本数が無いので・・15分ー20分位と一駅(北飯山駅)意外と近くでした。

Dsc08413

高橋まゆみ人形の店の角を曲がればすぐですね、この奥が少し高台で飯山城です、この辺りはお堀でしょうかネ。

Dsc08414

飯山城の縄張り図です、上が千曲川(東)で私は右下から入りました、この城は上杉謙信が甲斐武田との前進基地として改修したお城です、江戸時代は色々大名が変わりましたが、本多家が飯山藩2万5千石で明治を迎えました、・・・武田対策では逆方向の城向きなのですね(左側が越後側なのですから)、でも後堅固な作りとか水堀が大きく土塁が高く急な造りでいきなり本丸ですからね、それと下側の飯山街道脇は山側で寺が山沿いに並び街道を見ていますね、沢山の寺は当時越後から信州善光寺への軍隊を派遣する拠点だったのでしょう、春日山城ー鮫ケ尾城(御館の乱)-飯山城は近いですからね・・貴重な防衛ラインでもあるわけですからね。

Dsc08415

飯山城の駐車場石垣・・・此処はお堀跡なのでしょう。

Dsc08418

石垣上に復元した城門・・・江戸期には十幾つかの門が有ったとか・・・どこの御門かは?、左下が先程の石垣右側の土塁上が西の丸で門奥から回り込むように西の丸へ・・・・今はこの右側から西の丸へ直接上がれますが。

Dsc08419

御門を潜り抜け、振り返りました、左側上がが西の丸です。

Dsc08420

西の丸の虎口上です下の道から上がって来た所ですね、正面方向が本丸です・・・今は葵神社への登り口ですが、昔は無く左方面から二の丸へ登要でした。

Dsc08423

西の丸です、右側下が先程の御門からの道になりますね。

Dsc08424

西の丸端(南側)奥が本丸下の帯郭の土塁です、土塁が割れていますが(葵神社への道)昔は無かった。

Dsc08433

先程の分岐の道から左側奥へ・・・右側は葵神社への道で昔は無かったはず、此処が三の丸への上がり路のはずですね。

Dsc08436

石段を上らず三の丸脇を進む、北中門跡とか、奥が三の丸土塁です、この右側方面は現在グランドで当時堀があり北郭の外郭が有った場所ですね、お城は越後方面の防御構造ですね、20mの丘を切り崩し構築した梯郭式平山城ですからね。

Dsc08445

先程の階段を上ります、三の丸です、右側は二の丸の土塁ですね、奥は千曲川側です。

Dsc08447

二の丸の少し入った所から左が登り口、奥が三の丸、此処は二の丸の虎口ですね。

Dsc08448

二の丸虎口から見た二の丸と奥が本丸の石垣と建物は葵神社です。

Dsc08450

本丸石垣上から見た二の丸全景です・・・江戸期は此処が殿さまの御殿場所とか。

Dsc08455

二の丸脇から見た千曲川です、結構高いですね。

Dsc08461

二の丸から見た本丸石垣です、正面が本丸門の石垣枡形構造。

Dsc08462

同じく裏側の虎口の本丸石垣・・・搦め手門側です。

Dsc08467

本丸から見た搦め手の虎口。

Dsc08470

本丸南西の端二重櫓跡?から見た、下が帯曲輪と先程の西の丸・・・真ん中の石垣の道は当時は無かった?。

Dsc08471

同じ場所から見た南側です、現在は学校?、急な高い土塁の斜面と広い水堀で当時は防御。

Dsc08472

同じ場所からの本丸・・・現葵神社です。

Dsc08482

本丸にある葵神社Ⅾえす。

Dsc08484

本丸御門の石垣。

Dsc08488

本丸御門の石垣・・枡形構造。

Dsc08492

少し角度を変えて。

Dsc08495

二の丸側から見た本丸御門・・・・。

Dsc08503

此処は二の丸から続く帯曲輪です、右側が本丸です。

Dsc08504

現在の葵神社への登り口・・・・昔は無かった・・帯曲輪の一部、正面下側は現在弓道場ですが、大手門筋の城内の曲輪跡ですね。

Dsc08507

現在の葵神社への登り口です、昔は無かったのです・・・石垣か土塁か?、少し姿が変わっていますが当時の面影が色濃く残ていますね。

 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ