« プスオ君の留守番のお土産。 | トップページ | 斑尾高原に行って来ました(斑尾山・希望湖)。 »

2019年11月 9日 (土)

飯田城跡に行って来ました(斑尾高原)。

2019年11月4日(月)から6日(木)まで斑尾高原に行って来ました、飯山駅まで新幹線なので飯山城跡を散策しました、飯山駅から寺町方面へ歩いて行きました、あまり電車の本数が無いので・・15分ー20分位と一駅(北飯山駅)意外と近くでした。

Dsc08413

高橋まゆみ人形の店の角を曲がればすぐですね、この奥が少し高台で飯山城です、この辺りはお堀でしょうかネ。

Dsc08414

飯山城の縄張り図です、上が千曲川(東)で私は右下から入りました、この城は上杉謙信が甲斐武田との前進基地として改修したお城です、江戸時代は色々大名が変わりましたが、本多家が飯山藩2万5千石で明治を迎えました、・・・武田対策では逆方向の城向きなのですね(左側が越後側なのですから)、でも後堅固な作りとか水堀が大きく土塁が高く急な造りでいきなり本丸ですからね、それと下側の飯山街道脇は山側で寺が山沿いに並び街道を見ていますね、沢山の寺は当時越後から信州善光寺への軍隊を派遣する拠点だったのでしょう、春日山城ー鮫ケ尾城(御館の乱)-飯山城は近いですからね・・貴重な防衛ラインでもあるわけですからね。

Dsc08415

飯山城の駐車場石垣・・・此処はお堀跡なのでしょう。

Dsc08418

石垣上に復元した城門・・・江戸期には十幾つかの門が有ったとか・・・どこの御門かは?、左下が先程の石垣右側の土塁上が西の丸で門奥から回り込むように西の丸へ・・・・今はこの右側から西の丸へ直接上がれますが。

Dsc08419

御門を潜り抜け、振り返りました、左側上がが西の丸です。

Dsc08420

西の丸の虎口上です下の道から上がって来た所ですね、正面方向が本丸です・・・今は葵神社への登り口ですが、昔は無く左方面から二の丸へ登要でした。

Dsc08423

西の丸です、右側下が先程の御門からの道になりますね。

Dsc08424

西の丸端(南側)奥が本丸下の帯郭の土塁です、土塁が割れていますが(葵神社への道)昔は無かった。

Dsc08433

先程の分岐の道から左側奥へ・・・右側は葵神社への道で昔は無かったはず、此処が三の丸への上がり路のはずですね。

Dsc08436

石段を上らず三の丸脇を進む、北中門跡とか、奥が三の丸土塁です、この右側方面は現在グランドで当時堀があり北郭の外郭が有った場所ですね、お城は越後方面の防御構造ですね、20mの丘を切り崩し構築した梯郭式平山城ですからね。

Dsc08445

先程の階段を上ります、三の丸です、右側は二の丸の土塁ですね、奥は千曲川側です。

Dsc08447

二の丸の少し入った所から左が登り口、奥が三の丸、此処は二の丸の虎口ですね。

Dsc08448

二の丸虎口から見た二の丸と奥が本丸の石垣と建物は葵神社です。

Dsc08450

本丸石垣上から見た二の丸全景です・・・江戸期は此処が殿さまの御殿場所とか。

Dsc08455

二の丸脇から見た千曲川です、結構高いですね。

Dsc08461

二の丸から見た本丸石垣です、正面が本丸門の石垣枡形構造。

Dsc08462

同じく裏側の虎口の本丸石垣・・・搦め手門側です。

Dsc08467

本丸から見た搦め手の虎口。

Dsc08470

本丸南西の端二重櫓跡?から見た、下が帯曲輪と先程の西の丸・・・真ん中の石垣の道は当時は無かった?。

Dsc08471

同じ場所から見た南側です、現在は学校?、急な高い土塁の斜面と広い水堀で当時は防御。

Dsc08472

同じ場所からの本丸・・・現葵神社です。

Dsc08482

本丸にある葵神社Ⅾえす。

Dsc08484

本丸御門の石垣。

Dsc08488

本丸御門の石垣・・枡形構造。

Dsc08492

少し角度を変えて。

Dsc08495

二の丸側から見た本丸御門・・・・。

Dsc08503

此処は二の丸から続く帯曲輪です、右側が本丸です。

Dsc08504

現在の葵神社への登り口・・・・昔は無かった・・帯曲輪の一部、正面下側は現在弓道場ですが、大手門筋の城内の曲輪跡ですね。

Dsc08507

現在の葵神社への登り口です、昔は無かったのです・・・石垣か土塁か?、少し姿が変わっていますが当時の面影が色濃く残ていますね。

 

« プスオ君の留守番のお土産。 | トップページ | 斑尾高原に行って来ました(斑尾山・希望湖)。 »

城郭 2019年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プスオ君の留守番のお土産。 | トップページ | 斑尾高原に行って来ました(斑尾山・希望湖)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ