« 城郭の縄張り図と本丸(徳川関連)。 | トップページ | 穂高岳・・・アルプス散策。 »

2020年6月18日 (木)

日光戦場ヶ原・小田代ヶ原に行って来ました。

2020年6月17日(水)久しぶり(約3ケ月)に外出し日光戦場ヶ原(海抜1390-1400m)の高原を散策しました、カッコウの鳴き声も聴きましたよ・・・でも普段散歩をしていますが疲れましたね。

Dsc02602

JR日光駅です・・大正元年(1912)現在の駅が落成(2代目)ネオ・ルネサンス様式の木造洋風建築2階建の見ごたえのある駅舎。

Dsc02601

JR日光駅前から見た日光連山(左側の男体山は入っていませんが、女峰山・赤薙山・小真名子山・大真名子山)ですが雲がかかっています。

Dsc02633

日光イロハ坂・中禅寺湖を過ぎて赤沼から戦場ヶ原を散策しますが、昨年の台風19号の水害で木道が数か所通れません、特に戦場ヶ原脇を流れる湯川脇が被害にあいまだ駄目ですね・・・、小田代ヶ原方面へ回り込み、泉門池から光徳方面へ抜けました、クリンソウの千手が浜の方が良かったかな?・・・でもこちらも良かったですよ。

Dsc02606

赤沼から戦場ヶ原へ・・・見てください、美しい新緑が・・・いきなりカッコウの鳴き声が・・コロナなんてどこ。

Dsc02615

途中からは通行止めですが、戦場ヶ原のワタスゲを見に取り合えず行けるとこまで行きました、白いのはワタスゲの花です、ここ戦場が原は男体山の神大蛇と赤城山の神大ムカデが中禅寺湖の取り合いで争ったのでこの名があるのです。

Dsc02616

同じ戦場ヶ原ですが、バックの山を入れて・・・多分温泉が岳2333mと思いますが。

Dsc02617

もう一枚・・・これは太郎山2368m。

Dsc02629

レンゲツツジです、木には毒性があるみたいですね、牛や馬も残すので牧場でも群生したりするそうですね。

Dsc02630

ここは小田代ヶ原です、海抜1400-1430mですが盆地なので昨年の台風19号の時もしばらく湖水になっていたみたいですね。ラムサール条約湿地に登録・・・湿地から草原への遷移期、後ろの山は外山ですね(日光白根山を隠している山)。

Dsc02638

小田代ヶ原を角度を変えて、手前にレンゲツツジ、奥左側の山、太郎山2368m、真ん中小さい山?(女峰山か赤薙山)、小真名子山2323m、大真名子山2375mですね。

Dsc02641

これが・・・・小田代ヶ原の貴婦人と呼ばれるシラカバです・・・・。

Dsc02648

美しい指・・・イエイエ、セミですね、ジーツ・ジーツ?と無く春セミです、マツ林だけに生息するセミで余り姿を見せないのですが。

Dsc02651

小田代ヶ原(左側)から湯滝ー赤沼の散策路へ出てきました、通行止めで赤沼方面は駄目ですね。

Dsc02657

外山からの湧水による、泉門池・・・奇麗な湧き水がこんこんと出ています。

Dsc02659

泉門池と男体山2486m・・・日光二荒山神社の御神体の山ですね。

Dsc02663

もう一枚奇麗な泉門池(いずみやどいけ)と木骨を芸術的に。

Dsc02665

湯川沿いに湯の滝へ上がる路が通行止めの為、戦場が原へ出て光徳方面へ、男体山を目の前に・・・白はカヤの枯れた茎です。

Dsc02671

此処でも芸術的にレンゲツツジと新緑のカラマツを。

Dsc02672

もう一枚、大真名子山・小真名子山。

Dsc02679

あわせて・・・貴婦人とは行きませんが・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 城郭の縄張り図と本丸(徳川関連)。 | トップページ | 穂高岳・・・アルプス散策。 »

山関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 城郭の縄張り図と本丸(徳川関連)。 | トップページ | 穂高岳・・・アルプス散策。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ