« 軽井沢に行って来ました。 | トップページ | 津軽海峡を渡り下北半島に行って来ました(大間崎・恐山)。 »

2020年9月30日 (水)

北海道函館に行って来ました。

2020年9月27日(日)から29日(火)まで北海道函館ー津軽海峡を渡りー東北下北半島ー陸中海岸を見てきました、GOTOトラベル第3回目(安比高原・万座温泉)となりますね。

Dsc0340

北海道新幹線で新函館北斗駅へおよそ2時間半でした、函館は2度目ですね。

Dsc0341

上の図と角度が異なりますが、此れから函館山下の元町を散策、その後五稜郭へ湯の川温泉へ到着後函館山夜景を見ます。

Dsc0342

函館は江戸時代からの開港した場所なので古い建物(当時のものではありませんが)が存在するのです、又坂道ですね、横浜・神戸・長崎と同じくするものですね。

Dsc03463

函館山の麓にある元町を散策します、函館山のロープウェイも見えますね、天気がどんより夜景は大丈夫かな?。

Dsc03473

元町カトリック教会の塔です・・・色々な境界もあります、海外から来た人の心のよりどころだったのでしょう。

Dsc03482

ハリストス正教会・・・ロシア領事館の付属聖堂として安政7年(1860年)に建てられたものです・・・3-4代目?。

Dsc03494

ハリストス正教会正面です。

Dsc03488

ハリストス正教会の庭から津軽海峡です、左側は元町カトリック教会の塔です、右側は東本願寺の建物です。

Dsc03502

函館市のマンホール蓋です、イカが有名なのですね。

Dsc03504

元町公園から見た函館湾、函館山の山麓の町ですから港に向かい坂道ですね。

これから五稜郭へ向かいますね、五稜郭は湾の向こう側です湯の川温泉は向こう側の右側奥ですね。

Dsc03512

五稜郭は戊辰戦争最後の戦いですね・・・箱館戦争と呼ぶのですね。

Dsc03513

五稜郭は武田斐三郎が設計者で国防の要塞として作ったのですね、榎本武揚が幕府戦艦開陽でこの蝦夷地に独立国家を樹立しようとしたのですが・・・土方歳三とは大分考え方が違うと思いますが(土方歳三は我が郷土の先輩ですから大好きですが)。

Dsc03514

五角系の星型の城郭です、日本百名山です、私は学問的な試験的な城郭かなと思っていますがね、本当に戦を考えたお城かな?、まず小さい堀もも小さい、近代戦にはやはり耐えられない大きさかな・・・、見栄えは良いですがね。

Dsc03515

五稜郭も以前来ました、表門です。

Dsc03516

表門への1個目の橋、虎口を出丸が守り、正面の橋で城内へ。

Dsc03518

正面の橋を渡ると、表門(冠木門ですね)が・・・・・箱館奉行所の表札が・・・・幕府が直接治めていたのです。

Dsc03535

城内は土塁又は腰巻石垣の土塁ど区分けされていますね。

Dsc03539

水堀と石垣です・・・・当時は¥の土塁は・・・どうなのでしょうかネ。

Dsc03545

復元された箱館奉行所ですね・・・・以前には多分無かったですが立派なものですね、幕府の威光が解りますね。

Dsc03546

土塁の上から見た奉行所をもう一度。

Dsc03548

土塁の上から表門方面を見ました、五稜郭タワーです、此れも当時はありませんね・・・低いのがあったとか?、左側は表門を守る出曲輪の石垣。

Dsc03561

タワー内にある土方歳三の像、上のは腰かけた歳三の像がありました、人気がありますね。

Dsc03566

タワーの展望室から見た五稜郭の全景です、星形が奇麗に濠・土塁も奇麗に、虎口は内側に石垣を。

Dsc03568

大手門を大きく見ました。

Dsc03574

左側を大きく・・・・私のカメラでは上手く収まらないのです。

Dsc03594

函館山の夜景を見に来ました、天気が良くなりましたね、よく見えます、以前より明かりが少なく感じましたがどうなのでしょうか?。

Dsc03597

これが函館の夜景全景です。

Dsc03609

少しアップ・・・・・少し右側の奥縦棒が五稜郭タワーです、そこの左下が五稜郭の暗がりですね。

Dsc03610

右側をアップで明日はこちら側もう少し右側から船で大間まで津軽海峡を渡りますよ。

 

 

 

 

« 軽井沢に行って来ました。 | トップページ | 津軽海峡を渡り下北半島に行って来ました(大間崎・恐山)。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軽井沢に行って来ました。 | トップページ | 津軽海峡を渡り下北半島に行って来ました(大間崎・恐山)。 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ