2020年9月30日 (水)

北海道函館に行って来ました。

2020年9月27日(日)から29日(火)まで北海道函館ー津軽海峡を渡りー東北下北半島ー陸中海岸を見てきました、GOTOトラベル第3回目(安比高原・万座温泉)となりますね。

Dsc0340

北海道新幹線で新函館北斗駅へおよそ2時間半でした、函館は2度目ですね。

Dsc0341

上の図と角度が異なりますが、此れから函館山下の元町を散策、その後五稜郭へ湯の川温泉へ到着後函館山夜景を見ます。

Dsc0342

函館は江戸時代からの開港した場所なので古い建物(当時のものではありませんが)が存在するのです、又坂道ですね、横浜・神戸・長崎と同じくするものですね。

Dsc03463

函館山の麓にある元町を散策します、函館山のロープウェイも見えますね、天気がどんより夜景は大丈夫かな?。

Dsc03473

元町カトリック教会の塔です・・・色々な境界もあります、海外から来た人の心のよりどころだったのでしょう。

Dsc03482

ハリストス正教会・・・ロシア領事館の付属聖堂として安政7年(1860年)に建てられたものです・・・3-4代目?。

Dsc03494

ハリストス正教会正面です。

Dsc03488

ハリストス正教会の庭から津軽海峡です、左側は元町カトリック教会の塔です、右側は東本願寺の建物です。

Dsc03502

函館市のマンホール蓋です、イカが有名なのですね。

Dsc03504

元町公園から見た函館湾、函館山の山麓の町ですから港に向かい坂道ですね。

これから五稜郭へ向かいますね、五稜郭は湾の向こう側です湯の川温泉は向こう側の右側奥ですね。

Dsc03512

五稜郭は戊辰戦争最後の戦いですね・・・箱館戦争と呼ぶのですね。

Dsc03513

五稜郭は武田斐三郎が設計者で国防の要塞として作ったのですね、榎本武揚が幕府戦艦開陽でこの蝦夷地に独立国家を樹立しようとしたのですが・・・土方歳三とは大分考え方が違うと思いますが(土方歳三は我が郷土の先輩ですから大好きですが)。

Dsc03514

五角系の星型の城郭です、日本百名山です、私は学問的な試験的な城郭かなと思っていますがね、本当に戦を考えたお城かな?、まず小さい堀もも小さい、近代戦にはやはり耐えられない大きさかな・・・、見栄えは良いですがね。

Dsc03515

五稜郭も以前来ました、表門です。

Dsc03516

表門への1個目の橋、虎口を出丸が守り、正面の橋で城内へ。

Dsc03518

正面の橋を渡ると、表門(冠木門ですね)が・・・・・箱館奉行所の表札が・・・・幕府が直接治めていたのです。

Dsc03535

城内は土塁又は腰巻石垣の土塁ど区分けされていますね。

Dsc03539

水堀と石垣です・・・・当時は¥の土塁は・・・どうなのでしょうかネ。

Dsc03545

復元された箱館奉行所ですね・・・・以前には多分無かったですが立派なものですね、幕府の威光が解りますね。

Dsc03546

土塁の上から見た奉行所をもう一度。

Dsc03548

土塁の上から表門方面を見ました、五稜郭タワーです、此れも当時はありませんね・・・低いのがあったとか?、左側は表門を守る出曲輪の石垣。

Dsc03561

タワー内にある土方歳三の像、上のは腰かけた歳三の像がありました、人気がありますね。

Dsc03566

タワーの展望室から見た五稜郭の全景です、星形が奇麗に濠・土塁も奇麗に、虎口は内側に石垣を。

Dsc03568

大手門を大きく見ました。

Dsc03574

左側を大きく・・・・私のカメラでは上手く収まらないのです。

Dsc03594

函館山の夜景を見に来ました、天気が良くなりましたね、よく見えます、以前より明かりが少なく感じましたがどうなのでしょうか?。

Dsc03597

これが函館の夜景全景です。

Dsc03609

少しアップ・・・・・少し右側の奥縦棒が五稜郭タワーです、そこの左下が五稜郭の暗がりですね。

Dsc03610

右側をアップで明日はこちら側もう少し右側から船で大間まで津軽海峡を渡りますよ。

 

 

 

 

2020年9月 7日 (月)

軽井沢に行って来ました。

2020年9月3日(木)万座温泉の帰りに軽井沢を見て回りました。

Dsc03387

軽井沢駅から歩いていける範囲です、雲場池から旧軽井沢周辺を歩きました、浅間山(もしくは離山)の伏流水?がこの先から沸き上がり流れ溜まった池で右側を先まで歩きました。

Dsc03390

落ち着いた池で結構人も来ていましたね、上流に向かいます。

Dsc03392

少し上流から池の終点です、紅葉の時期が良いのでしょうね。

Dsc03395

池の右側にも風情のある池が見えました・・・誰かさんちの庭でしょうかネ・・・・この辺は大きな別荘地がありますからね。

Dsc03399

上流に進むと池も浅く細くなり水も奇麗ですね、紅葉が水に映る・・・・。

Dsc03407

これも池の右側にあった誰かさんの庭の中巨木と川橋をのぞき見し写しました、庭園ですね・・・別荘は此れでなくてはね!。

Dsc03411

雲場池の上流で見た美しい水草の彩です。

Dsc03413

折角ですから、アップで水草の様子を如何でしょうか・・・・これから旧軽井沢方面へ行きますが、いきなり大雨に傘を差しましたが結構濡れてしまいました。

Dsc03422

漸く雨もあがり、旧軽井沢へ・・・・雨の水たまりが・・・・土砂降り(ゲリラ豪雨)でしたからネ、この近くで昼食・・・あまり・・・。

Dsc03425

旧軽井沢・・・此処は中山道の宿場町なのです。

Dsc03434

街道脇お寺で見つけました、江戸彼岸桜シダレの巨木です樹齢400年とか、・・・神宮寺のシダレ桜。

Dsc03441

もう一枚アップで・・・裏側は痛んでいますが桜の時期は見事なのでしょうね。

Dsc03443

町中も見ましたが、興味のある所だけ、諏訪神社(長野県ですからね)・・・この神社左てにテニスコートがありますネ有名なのですが拠りませんでした・・・私が中学生の頃でしたね?。

Dsc03445

参道脇の巨木?・・・ミズナラの神木。

Dsc03446

反対側にあるケヤキでしょうか・・・・これは巨木です、この奥にもう少し大きな木が見えます。

Dsc03450

この木が一番大きな巨木でしょうかネ、少し傷みが見られますが・・・・まだいくつか見て見ます。

Dsc03455

この木も大きく見えましたがネ。

Dsc03459

諏訪神社です、入口から一段低い所に建てられた社で珍しいとか、ああ、先程の軽井沢テニスコートは昭和天皇(現上皇)と正田美智子さんがテニスをなされた場所でした。

 

 

 

2020年9月 6日 (日)

万座温泉に行って来ました(その2)。

2020年9月1日(火)万座温泉に行ってます、温泉は24時間いつでも入れるので、全くの湯治客です、今日は余り天気も良くないですね、明日は雨が降ったので温泉三昧でしたね。

Dsc0330

ホテルから見える昔の噴火口です・・・・空吹(岩の割れ目から水蒸気・ガスが噴出するのです、万座温泉の入り口横にあります。

Dsc03306

万座温泉は現在熊の出没が・・・・アチラコチラニ熊が出没・・・通り道がある程度決まっているみたいですが?、今日は朝から空吹を見て石庭温泉に入る予定でしたが温泉場にクマが出たので午前中は入浴禁止となりました、散策後午後から行きました、温泉中は撮影禁止なので写真はありません、しかも混浴ですからダメですネ。

Dsc03365

空吹(からぶき)の手前を流れる川・・・硫黄が強く魚はいないそうです(すめない)。

Dsc03366

ここが空吹ですが、近寄れないですね・・・ガスを吸い込むわけには行きませんからネ。

Dsc03367

どこから噴出?わからないで帰りました・・・・・これだけです。

Dsc03372

結局昨日の熊四郎山へ向かいました、熊四郎岩窟です、今日はシャクナゲコースを散策しますね。

Dsc03373

硫黄のあるところです、右下が湯畑のある所です。

Dsc03374

省も無いですが、ナナカマドの一部紅葉を写しました。

Dsc03376

昨日登った熊四郎山を横の方から回り込みますね。

Dsc03377

散策路はしっかりしています、川とか岩場には橋が架かっています。

Dsc03378

何せ硫黄のガレ場ですから大変は大変ですね・・・・私は山登りのいでたちですからネ。

Dsc03384

シャクナゲコースを散策し、石庭温泉の露天風呂へ入りました・・・4種類の源泉から出来ています、一部のお湯は私にはピリピリとしましたね肌が弱いのですぐ辞めましたが、この川の下流が温泉場で熊は上に行ったとの事・・・・この辺を登ったのでしょうかネ、翌日は雨なので温泉のみを繰り返しました。

2020年9月 4日 (金)

万座温泉に行って来ました(ほぼ湯治)。

2020年8月31日(月)から9月3日(木)まで万座温泉に行って来ました、遊ぶところが無く、毎日温泉に浸かっていましたね、天気も良くありませんでしたし。

Dsc03278

ホテル横の牛池を散策しました、8月31日の今日が一番天気が良かったですね、着いた日に散策しました。

Dsc03281

風が無く牛池に移る木々が・・・特にダケカンバの白い幹が生えます、此処は標高1800mの高地です、以前スキーで2度程着た覚えが・・・。

Dsc03287

池の周辺をまず巡り奥の湿原へ・・・・湿地がありませんね。

Dsc03292

でもウメバチソウ・・・梅の花に似ているのでが群生?していました。

その後展望台方面へ・・・・本格的な登山?です、クマが沢山出るみたいです・・・熊の通り道とか、翌日には露天風呂に出たりしましたね。

Dsc03300

万座の湯畑です、ガスが出るので近寄れません・暑いので危険ですし。

Dsc03305

薬師堂脇の階段から右側の熊四郎山へと上りますね。

Dsc03317

少し上ると熊四郎窟の神社があります、此処からが急な階段を上りますね。

Dsc03321

急な階段を上り大きな岩が覆い被さるように・・・岩の前が展望台です。

Dsc03325

展望台の後の岩です、基本は此処までですね!、階段も終わります、でも岩場に穴が?。

Dsc03328

展望台から見た万座の温泉街ですね、一番奥の右側が私が宿泊のホテルです、右側から回り込み下の所から登って来ました、帰りは正面の硫黄を横切り湯畑から真ん中の道へ。

Dsc03330

岩場に穴があり通り抜けられますね!。

Dsc03332

穴を抜けた上から見た所、黒い所っが洞窟ですね。

Dsc03335

穴を抜け周りを見ました、ガレバを少し上が熊四郎山の山頂かも・・・行きませんでしたが1900m少しです温泉街が1800mですから多分少し先が山頂でしょう、正面の丸い山が白根方面かな・・・現在横手・白根方面は立入禁止ですからネ。

Dsc03342

無事に下山岩場を仰ぎ見ました。

Dsc03351

硫黄の山を下山時に通りました・・・・実は明日も来ました。

Dsc03353

再び熊四郎山1936mを仰ぎ見ました、登ったのは山頂の下の岩場の上まででした。

Dsc03360

下山です、湯畑・奥が薬師堂(上った所)此処からホテルへ戻ります、万座温泉は混浴ですよ。

 

 

2019年12月22日 (日)

伊東市の八幡宮来宮神社に行って来ました(高見のシイ)。

2019年12月19日(木)に伊豆城が崎近辺を散策、八幡宮来宮神社に行って来ました、その後橋立吊り橋にも。

Dsc00262

八幡宮来宮神社に行く手前にある高見のシイの巨木に出会えました、幹が見ずらいですが凄く趣のある巨木です、鎌倉以前と在りますから樹齢1000年幹回りは8mです。

Dsc00263

神社に向かう橋を渡り坂道の上に、凄い存在感が。

Dsc00270

坂道を上がり後ろ側から見た所です。

Dsc00271

少し離れて・・・・伊豆高原の観光協会の方は何も教えてくれなかったですね・・・・神社の杉は教えてくれましたが。

Dsc00272

この迫力嬉しいですね、まだまだ元気ですから・・・うれしかったです。

Dsc00281

八幡宮来宮神社です・・・お酒のみの神様とか?、楽しみです。

Dsc00287

確かに観光課の方に勧められた森の静けさの中にたたずむ神社です。

Dsc00293

八幡宮来宮神社です、今見ているのがリュウビンタイ・・・大型シダ植物で日本列島北限の自生地だそうです、神社左側が千年杉です。

Dsc00298

此れがリュウビンタイです・・・わかりますか?。

Dsc00299

神様が2体同居する珍しい建物とか、八幡宮来宮神社です。

Dsc00307

神社手前にある千年杉の巨木です。

2019年12月21日 (土)

伊豆熱川に行って来ました(一碧湖・大室山)。

2019年12月18日(水)に伊豆熱川から伊豆高原駅へここから一碧湖・大室山に行って来ました、大室山は初めてですね、一碧湖は以前会社の研修・・・殆ど単なる旅行?出来ましたが。

Dsc00190

伊豆の瞳と言われる一碧湖です、今日は穏やかな良い天気なので助かりました、湖畔を一周するつもりでしたが、一部遊歩道を工事中の為、途中で曳き帰ります。

Dsc00197

途中いい感じの巨木?が湖に張り出していましたね、枝にも趣がありますね、ちなみに伊豆半島は巨木が多いですね。

Dsc00200

木の後側にある碑、与謝野鉄幹・与謝野晶子が此処で詠んだ句が刻まれていました。

Dsc00205

一碧湖には幾つかの島が点在しています。

Dsc00209

スタート位置から丁度反対側位でしょうか、一碧神社があります、此処にも趣のある木が、ちなみに湖の中にも鳥居が有りますね。

Dsc00213

湖の中島の前に鳥居が見えました。

Dsc00218

少しアップ。

Dsc00220

よりアップで如何ですか、この先は行かれず引き返しました、バスで大室山リフト乗り場に向かいます。

Dsc00227

大室山のリフト山頂から伊豆高原側を眼下に・・・強風の為一時間あまりリフトに乗れず待ったのですが再開されました、良かったです。

Dsc00230

此れが大室山の噴火口です4000年前に噴火したそうです、直径300m一周1kです、来たら風が強く西側は強風でしたね。

Dsc00240

大室山はお椀を伏せた形の山ですが、凄い急坂です、リフト以外登山できませんが、歩く気にはなれませんよ、2月にこのカヤを焼くので有名ですね、丁度半分お鉢巡りが終了此処が山頂、向こうがリフトの山頂です、今日は富士山は見えませんでした。

Dsc00242

大室山山頂の三等三角点です、標高580mです。

Dsc00249

リフ山頂付近の標識、撮影個所です。

Dsc00253

伊豆熱川に戻りました、海岸の露天風呂に行く途中にありましたね、太田道灌の像、この熱川のなずけ親とか、今日も飲み放題の酒を沢山飲むぞ。

 

2019年12月20日 (金)

伊豆熱川に行って来ました(伊豆高原城が崎)。

2019年12月17日(火)に伊豆熱川に行って来ました、今日は伊豆高原の城が崎門脇吊り橋・連着寺を散策朝の内は雨でしたが、お蔭で雨はやみ海岸を歩けました。

Dsc00114

伊豆高原駅のヤマモモ・・・・この地区はヤマモモが多いみたいですね。

Dsc00115

この駅は2度目ですが、以前は無かったような・・・・江戸城の石垣はこの地からの石が使われたのです切り出した石を船で江戸まで運んだのです。

Dsc00119

伊豆半島東側の城が崎です。

Dsc00121

海洋公園から森の中を散策しながら海沿いに出ます、リスがいましたね。

Dsc00137

海岸沿いです。

Dsc00139

門脇吊り橋です長さ48m高さ23mの吊橋です、この海岸は大室山の溶岩が波に浸食され数10mの断崖絶壁を形成したところにかけられたものです・・・これで2度目ですね。

Dsc00148

向こう側に渡り吊橋と門脇埼灯台。

Dsc00150

吊り橋先にある島・・・名前は?。

Dsc00160

少し角度を変えて、左側は島ではありませんね、回り込めば登れますね。

Dsc00165

岩場の先から吊り橋を見ました、灯台は色が白く霞んで写りが悪いですね。

Dsc00166

日蓮上人とゆかりのある連着寺です。

Dsc00172

此処にはボケ封じとヤマモモの巨木が有ります。

Dsc00177

樹齢1000年根廻7・2mのヤマモモ。

Dsc00184

後ろ側に廻込もう一枚、如何ですか。

2019年11月11日 (月)

斑尾高原に行って来ました(赤池・沼の原湿原)。

2019年11月6日(水)に斑尾高原の赤沼・沼の原湿原に行って来ました、今日も斑尾観光ホテルの車で沼の原湿原に送って頂きました感謝です。

Dsc08652

ホテルの部屋から見た雲海です、綺麗に沸き上がって流れます。

Dsc08654

赤池に行きたかったのですが、台風の影響で道が崩れ沼の原湿原脇に着けてもらいました、そこからまず赤池へ歩きます、赤池ー沼の原湿原ーホテルまでのコースとなります。

Dsc08664

紅葉の山道を気持ちよく歩きます、アップダウンはありますが楽な山道ですね。

Dsc08668

見てください気持ちの良い山道?を進みますね。

Dsc08677

途中マウンテンバイクの方に会いましたが悠長な日本語を話せるフランスの方でした、ホテルに帰ったらフロントの女性の旦那とか・・、漸く赤池にでました、水の色は赤・・・イエ泥でしょうね。

Dsc08680

丁度?太陽が雲間に入り陽が指しませんが紅葉の木々が・・・しばらく待ったのですが日差しが出ず残念です。

Dsc08684

赤池に架かる橋?‥‥船着き場?。

Dsc08695

もう一度紅葉を、ここから袴岳1135mまでいけますが、赤池ぶな林トレイルに行きます。

Dsc08700

ぶな林の結構な木が有る尾根の山道ですが気持ちよいですね、今は森林浴にはならないのでしょうが癒しの空間ですね、ここ山歩きが続き高尾山・日光半月山・昨日・・・山歩きに馴れて足の疲れも無く快調ですね。

Dsc08709

微妙なぶなの木の模様に見えませんか・・・・。

Dsc08710

ぶなが沢山色々な形を見せてくれますネ。

Dsc08715

雪が深いので変形したぶながあり、変化が有ります。

Dsc08718

此処が赤池ぶな林トレイルです、此れから沼の原湿原へ。

Dsc08723

沼の原湿原ですが、この時期は何も花はありませんね、木道に大きな糞が・・・熊の糞かな?。

Dsc08726

湿原も寂しですね。

Dsc08729

紅葉も日差しが無く・・・・・。

Dsc08731

でももう一枚・・・・・・・・・。

Dsc08736

湿原らしいところを、これからホテル帰ります。

Dsc08743

翌日のホテルからの朝焼けです、今日は風が少しあり雲海は流れ少しですが・・・今日は散策なしで早めに帰途となります、明日は日帰りで朝早くから那須塩原です・・・疲れますよね。

2019年7月 2日 (火)

奥蓼科に行って来ました(御射鹿池・横谷渓谷・白駒池散策)。

2019年6月28日(金)に奥蓼科に行って来ました(御射鹿池・横谷渓谷・白駒池散策)事前の天気予報では雨でしたが散策中は何とか雨に当たらず良かったです。
Dsc06481

御射鹿池です、知らずに行きましたが以前何度かバスで通りましたね、天狗岳の帰り渋の湯から茅野への道路脇にある小さな溜池です、東山魁夷の絵で有名とか・・・・確かに部分的に切り取れば神秘的な池に見えますね。

Dsc06487

少しのさざ波なので水面の写りも良かったですね。

Dsc06492

もう少し光が有れば・。

Dsc06502

今はインスタ映えで一躍有名に?・・・・ツアーのコースに取り上げられるのですから。

Dsc06522

次は横谷渓谷の霧降の滝です、此処も以前冬に行きました氷瀑が凄かったのを覚えていました。

Dsc06527

もう一つ霧降の滝を。

Dsc06539

此れも近くにある乙女の滝です。

Dsc06550

結構豪快に落ちていますが、乙女の滝とは?。

Dsc06554

これは大分上流です以前は川沿いを歩いたのですが、バスで展望台へ王滝ですね。

Dsc06563

最後は北八の白駒池散策です、北八はコケの森が多いですが、此処は特にコケが有名ですね。

Dsc06571

池の淵に咲いていました、マルバイチヤクソウですね。

Dsc06575

雨の後なので木道が滑りますが頑張りました、白駒池を回りました。

Dsc06579

出てきましたね、コケの世界が。

Dsc06580

もののけの森です、そういえばもののけの横顔に見えませんかネ。

Dsc06590

今にもコケがムクムクと立ち上がりそうですね、此処は沢山の種類のコケが有るみたいですね。

Dsc06591

今日はもののけは休みみたいで良かったですが如何でしたか、本当に雨に降られず。

Dsc06603

何池が無い・・・白駒池と木道を。

Dsc06620

これが白駒池全体です、今にも泣きそうな天気ですね、今回4日間連続での外出が続き、すれすれの梅雨時の合間に急いで遊び明日。

2019年4月22日 (月)

春日大社に行って来ました。

2019年4月17日(水)に奈良春日大社に行って来ました、今日は帰りなので巨木を見ながらゆっくりと散策しました。

Dsc05404

ホテルから真っ直ぐ三条通りを進みます、猿沢の池興福寺を過ぎて一の鳥居にでます。

Dsc05406

一の鳥居から結構距離が有りますね、朝が早いので人は殆どいません鹿も人が居ないと出てきませんね、帰りは沢山の人が居ましたが。

Dsc05413

参道左側にありました、気が付かない人もおおいかも?、ムクロジの木ですが中が空洞なのです、竹が木の中をとおり顔を出しています。

Dsc05421

これは飛火野で行われた陸軍大演習の折に明治天皇が植えられた楠・・・・実は三本で一本の巨木ではありませんね。

Dsc05428

第二の鳥居です。

Dsc05432

春日大社の参道らしく・・・・・。

Dsc05433

左側が春日大社ですが私は右側の若宮神社へ。

Dsc05444

若宮神社です。

Dsc05445

若宮神社の大クスノキです、下の道から見た所、写真が撮りずらく幹回り11・4mとあります。

Dsc05448

若宮神社参道から見た大楠です、石灯籠があり幹がみずらいですね。

Dsc05450

折角ですからもう一枚。

Dsc05478

少し戻り春日大社南門です。

Dsc05484

南門を入り幣殿です回廊があり中門御殿となります。

Dsc05485

幣殿から見た春日大社の大杉幹回り8・7mとか。

Dsc05506

これは駐車場脇のケヤキです。

Dsc05525

この地域はイシイガシの巨木が多いみたいですね。

Dsc05526

参道脇から見た巨木らしいき木を・・・・小さな巨木?は多数ありますが飛びぬけたのは今回の散策で見当たりませんでしたね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ