2017年4月21日 (金)

三春城址に行って来ました(舞鶴城址)。

2017年4月20(木)に三春の滝桜を見に行きました、併せて三春城跡も見てきました、4月6日(城の日)に続日本100名城が発表されました、その1城に選ばれていました。

Dsc01564

三春城跡の縄張り図です、旧と今が重なりずれているので見ずらいですが、戦国当初は田村氏の山城で伊達氏が介入との事、豊臣秀吉の小田原征伐に田村氏は参陣しなかったので改易されたそうです(伊達正宗の指示とか?)、その後寛永5年(1628年)松下長綱が三春3万石に封じられ改修し戦国の山城から城郭へ、最終的に寛永22年(1645年)秋田俊季が5・5万石で封じられ近世城郭としたそうです。

Dsc01570

丘陵地(山に近い)407mに作られています、今の町役場前の丘の上です、下から二の丸方面を見上げました、今回は回り込み搦め手口から本丸へ上がりました。

Dsc01585

搦め手門から本丸方面に上がると石垣?が見えます、搦め手門の下側にも今は桜の公園ですが、何かの曲輪跡ですね。

Dsc01591

搦め手からの直線的な車道を上がると突き当り右側が二の丸、左側が本丸の猪口です。

Dsc01592

二の丸です、この端に二層二階の櫓が天守代わりに在ったそうです。

Dsc01599

本丸門を回り込みます、下の道が今来た道で奥が二の丸です、此処の本丸は二段に整地された腰曲輪みたいですね。

Dsc01602

本丸門を少し上がると本丸ですね、上の写真は左側を廻り込んでみたところです。

Dsc01603

本丸を上がると神社後みたいな石垣が一段高い所にあります。

Dsc01626

本丸の低い橋から見た所です、結構広いですね、右側・向こう側は切り立つ土塁ですね、奥の左側が先程の石垣が有る場所です。

Dsc01627

今の場所から左側の二の丸を見た所です。

Dsc01632

二の丸櫓跡から三春の街を見ました、多分正面先が三春駅のほうかな、左下が小学校・・旧の居住館ですね。

Dsc01636

二の丸の脇に大門跡が・・・横矢の登り口ですね。

Dsc01650

ジグザグに上ります、大門を下ると三の門跡と奥が本丸脇の腰曲輪ですね。

Dsc01670

山道を下ると三春小学校があります・・・此処が御殿跡ですね。

Dsc01672

この学校の門は当時の藩校明徳堂の表門だそうです、やはり山城はヤヤ車の道が作られ微妙な所が在りますが、当時の遺構がはっきりしていますね滝桜以外にもこの山にも桜が沢山見られました。

Dsc01683

最後に帰りの電車から見た(駅のドア越しに)白河小峰城です、まだ石垣は修理中ですがいいもんですね。













三春の滝桜に行って来ました。

2017年4月20日(木)に福島県の三春の滝桜を見に行って来ました、郡山から磐越東線に乗り換え2駅目の三春駅へ、駅から臨時バス「滝桜号」1000円(観桜料込)でさくら湖脇の滝桜まで行きました、帰りは町役場前で降りて三春城跡を見学しました。

Dsc01463

駅から結構離れているのです、朝も早く風もあり結構寒かったですね、でも平日なのですが人が沢山来ていました、まず下の定位置から。

Dsc01472

桜近くへ右側に回り込みながら、8-9分咲きでしょうかネ?。

Dsc01477

余り説明することもないのですが、確かに滝のように降り注ぐイメージが在りますね、滝桜。

Dsc01481

ヤヤ右側上から、場所により雰囲気が異なりますから。

Dsc01493

上の方から・・・丁度反対側ですね。

Dsc01496

此れもほぼ上から。

Dsc01514

少し下りヤヤ横。

Dsc01519

横からですね、滝桜は日本三大桜の一つで天然記念物、エドヒガン系ベニシダレザクラです、神代桜は以前見ました、薄ずみ桜は見ていませんが。

Dsc01541

此れは正面見上げる形です。

Dsc01553

此れも同じですね。

Dsc01554

巨木好きな私はやはり根元をしっかりと撮りたいですから、樹齢1000年以上、根回り11・3mでまだまだ元気ですね。

三春町には沢山の桜が在りますね、帰りに駐車場待ちの車が大渋滞で並んでいました、焦らず待てばまだまだ桜は散りませんよ、以前、高遠城の桜の渋滞を思い出しました、此れから役場前までバスで戻り三春城跡にイザ見参。









2017年3月25日 (土)

観音寺城跡・近江八幡に行って来ました。

2017年3月18日(土)雨で流れた観音寺城跡・帰りに近江八幡に行って来ました、観音寺城は安土駅から自転車で桑実寺往復します。

Dsc00745

桑実寺の門です、石の階段が続きます、このお寺の敷地の山(繖山(キヌガサ)=観音寺山)を登り切り向こう側に出るのです。

Dsc00747

見事な石階段を上るのです、お寺はまだまだ先なのです。

Dsc00752

漸く本堂に出ました、此処から右側の本格的山道へと入ります夏は山城散策に向きませんね、桑実寺(クワノミ)は西国薬師第46番霊場で南北朝時代の建物の古刹です。

Dsc00766

20-30分上ると堀切の切通があり山頂を回り込むように歩くといきなり本丸の虎口の石垣が現れます、正面奥が本丸、右側下に水の手井戸が在りました。

Dsc00768

石に囲まれた井戸です上が今歩いてきた道です、この水は左上の山頂から来るのでしょうね?。

Dsc00778

石の門を入ると碑があり観音寺城本丸どわかります・・・・いきなり本丸へ、しかも山頂ではありません、この右側の細い道を少し行くと観音正寺があります(北側の尾根ですね)。

Dsc00786

本丸から他に行く道が無いので正面の階段を下ります、此れが正しい道ですね、山頂で無い所に本丸があり裏道から本丸に出たので慌てましたね。

Dsc00792

階段を下りると腰曲輪状態の道が続きます。

Dsc00800

道脇に石垣が出てきましたね。

Dsc00806

此れが伝平井の石垣虎口でしょう、石垣がみごとですが?、石壁の仕切り壁です、防御用?。

Dsc00809

右側が大手道で今下ってきた道です、確かに奇麗な石垣には驚きますね。

Dsc00810

石垣の内部です、奥の左上が本丸方面です、大きな屋敷の敷地ですね。

Dsc00821

なおも下ると伝池田の曲輪へこの道は大手道でした、観音寺城は佐々木源氏の六角氏のお城です、山に沢山の曲輪が石壁で仕切られて、織田信長の安土城の各割り当てられた部下の居住地域に類似したものですかね?、織田信長に攻められた時も六角義賢・義治は支城を落とされると逃げ無血開城ですから防御性は悪いのでしょう、いずれにしろ従来の感覚に無い山城での石の文化に来て見て良かったです。

Dsc00890

安土から近江八幡へ寄りました。

Dsc00893

豊臣秀次のお城がある八幡山のお堀である八幡堀です、テレビ映画の撮影スポットです。

Dsc00895


Dsc00896


時間が止まったような川岸ですね。

Dsc00897

ひむれ八幡宮の山門です。

Dsc00898

ひむれ八幡宮の本殿です、時間が無く八幡山城跡には残念でしたが行けないのでここから帰りました・・・・・結構疲れましたが色々なお城に触れられた有意義な旅でした。















2017年3月24日 (金)

丸岡城・越前大野城・福井城に行って来ました。

2017年3月17日(金)福井に行って来ました、既存天守12個の一つ丸岡城・越前大野城・福井城です。

Dsc00411

昔の丸岡城との事、今は町中の小高い丘にポッツンとある感じですね、福井駅からバスで40-50分行った福井県坂井郡丸岡市です。

Dsc00420

連郭式平山城で二重三階の独立式望楼型の天守です、一時国宝指定でしたが、福井大地震で倒壊し重要文化財です。

Dsc00423

柴田勝家の甥の柴田勝豊築城で既存天守で最も古い建築とか、石垣も野面積ですね。

Dsc00429

幾つかの特徴がありますが、屋根瓦は寒い国なので割れない様石瓦だそうです。

Dsc00479

天守から見た丸尾の町です。

Dsc00481

建物と石垣の隙間にある腰屋根です・・・雨・雪が中に入らない仕組みですね、これで既存12天守すべて行きました・・・・でも幾つか写真が在りませんがね、また行く機会があるかも!。

Dsc00579

福井に戻り越前大野城に行きました、交通が不便(2時間に1本)で行はバスで1時間、帰りは電車で50分位でした。

Dsc00555

町中から見上げた越前大野城です、ここも天空の城(竹田城址が有名ですが)で靄に浮かぶお城として売り出し中です、連郭式平山城で連結式望楼型で二重三階の大天守と二重二階の小天守からできています、隣の山から見るコースが案内に在りましたネ。

Dsc00582

急な山を登ります、なをも天守にかけて階段を上ります。

Dsc00593

小天守側から見た所です。

Dsc00595

此れも小天守脇下の石垣から見上げました、奥が大天守、左側が入り口の場所ですね。

Dsc00615

本丸から見た越前大野の街です、周りの山々は美しく雪をまだ頂いています、お城の中にはまだは入れません(冬季休み)ですから。

Dsc00677

石垣も荒々しい野面ですね、織田信長の武将金森長近が築城者です。

Dsc00680

本丸から見た石垣と天守全景です、美しい城ですね。

Dsc00718

この町に朝倉義景のお墓もありました、湧き水も町中にあり美しい街並みです。

Dsc00521

JR福井駅近くにある福井城です、石垣がありますね、福井駅前の観光センターで親切にお世話になり、お蔭で丸岡城・越前大野城・福井城を見学し帰り時間まで教えて頂きました感謝です。

Dsc00520

堀と石垣ですね、柴田勝家・結城秀康(徳川家康次男ですが・・豊臣家に養子、次に豊臣秀吉に関東の結城家に養子に出された人です、秀忠の兄貴です)の居城です。

Dsc00530

福井城大手門です。

Dsc00542

城内左奥に天守石垣が在りますね、今この辺り工事中で何か復元されそうですね?。

Dsc00545

天守台の石垣です。

Dsc00551

復元された?御橋廊下です?。

Dsc00729

これは少し離れた場所にある(三の丸跡?)柴田勝家の北ノ庄城跡と在りました、流石に京都ー福井往復による見学には疲れましたです、明日はいよいよ帰りですが以前雨で中止・今回も雨で流れた観音寺城に行きたいと思います。


















2017年3月23日 (木)

比叡山・三井寺に行って来ました。

2017年3月16日(木)は比叡山延暦寺・三井寺に行って来ました、最初京都八瀬ルートで行く予定でしたが、冬季休業との事で急遽琵琶湖坂本ルートに回りました、坂本は明智光秀の本拠地で城跡にも行こうかな・・・・観光センターに尋ねたら少し遠いのと湖に石垣が沈み跡地の碑のみ・・・他にも此処大津近辺は城跡(大津・膳所)が無いそうです諦めました。

Dsc00270

坂本駅から続く日吉大社前の道横で見つけた、大将軍神社の坂本スダジイの巨木です、樹齢300年以上幹回り5mと在りました、根元が露出して立ち上がっています。

Dsc00289

坂本ケーブルです、日本最長2025m11分かけて山頂駅へ。

Dsc00294

ケーブルからの車窓景色琵琶湖が眼下に・・・・途中は余り景色が見えませんネ。

Dsc00295

比叡山延暦寺の案内図、大まかに東塔地区・西塔地区・横川地区・・・今回は東西のみです。

Dsc00301

比叡山延暦寺と言えば有名な根本中堂(国宝)・・・修復中で建物は良く見えず・・中には入れますが、足が冷たいです。

Dsc00306

此方が玄関口にあたる文珠堂です、裏側から入りましたが、根本中堂の正面にあります。

Dsc00313

阿弥陀堂ですか?、多分昨日の雪ですね春の雪ははかなくもすぐ消えます。

Dsc00317

東塔です・・・・説明する内容がないので、しかし、この時期は人手が少ないので助かりますが(シャトルバスは冬季運休中)、お蔭で西塔地区にゆっくりと散策出来ます。

Dsc00327

浄土院・・・伝教大師の廟だそうです。

Dsc00335

にない堂(法華堂・常行堂おなじ形の堂が渡り廊下で連結されています)。

Dsc00339_2

釈迦堂です・・・この後行く、三井寺(園城寺)の金堂を移築したものです、ここから再び戻り三井寺へ。

Dsc00344

三井寺の案内図です、見るものも沢山ありました。

Dsc00342

仁王門です。

Dsc00353

金堂です・・・やはり釈迦堂に似ていますか?。

Dsc00357

金堂の前脇に杉の巨木が在りました、天狗杉です樹齢1000年、幹回り4mの存在感のある赴きな神木です。

Dsc00368

一切経蔵と三重の塔です。

Dsc00370

一切経蔵内保管庫ですよ、美しいかったですね。

Dsc00398

此処は西国第14番札所園城寺の観音堂です、時間を過ぎたのですが線香を挙げさせて頂きました、燃え尽きるまで待って頂き感謝です、お参りの同行方にお参りの作法を教えて頂き合わせて感謝です。

Dsc00406

観音堂裏山の展望台に上がりました、素晴らしい近江の海(琵琶湖)が良く見えました。

















2017年3月22日 (水)

福知山城・園部城・二条城に行って来ました。

2017年3月15日(水)今日は朝から雨で当初予定の観音寺城(以前も雨で敗退2度目です(泣き))・明石城から山城を避けて京都福知山城にしました、途中から雨が雪に変わり辺り一面真白になりましたネ。

Dsc00103

京都福知山盆地の横山に築いた連郭式平山城で外観復元した複合・連結式望楼型です、ご存知明智光秀の城です、居城が琵琶湖坂本にあり丹波進行の拠点ですね・・・此処から今日へ本能寺の変につながります。

Dsc00107

二重二階の小天守と三重三階の大天守からできていますね。

Dsc00123

大天守を本丸広場から見た所です。

Dsc00137

本丸の川側から見た大天守・入り口・小天守です。

Dsc00147

同じ川側ですが、小天守側から見ました。

Dsc00162

大天守から見た福知山の川側です、川が見えますね由良川と土師川の合流点だそうです。

Dsc00184

本丸を降りて堀外から見上げた所です。

Dsc00201

市役所裏の高台伯耆丸から見た福知山城の全景です、城の手前は二の丸で山が今は削られて民家が建ち並んでいます。

Dsc00207

京都と福知山の中間の駅園部、駅待ちしていたらお城(小出吉親)が有るとの事で30分程歩いて見に行きました、園部城址です。

Dsc00210

遺構は殆どありません、今は学校で櫓門は校門としてそのまま使用してますね、あと巽櫓がある平山城です。

Dsc00213

校内から見た櫓門・巽櫓です、無断で入りました・・・卒業式ですかね!。

Dsc00227

学校横から後ろにかけて園部公園なのです、公園に立派なお城が有りましたね、思わず撮りましたが南丹市国際交流会館です・・・・海外から来た人は嬉しいでしょうね?。

Dsc00238

帰りに二条で降りてお堀端を散策しました、京都の雨・・・不思議ですね、雨が晴れていても振り出したり良くわからない天気です虹も見えましたが、これは二条城の西南隅櫓(現存)です。

Dsc00247

此れも似ていますが東南隅櫓(現存)で奥に見えるのが東大手門ですね。

Dsc00254

これは北大手門?、今回は時間切れで中に入れず堀端を散策しました。














2017年3月21日 (火)

伊賀上野城・郡山城・京都東寺・本能寺に行って来ました。

2017年3月14日(火)に近鉄線沿線の伊賀上野城・郡山城帰りに京都の東寺・本能寺に行って来ました。

Dsc09830

伊賀は忍者の里電車の棚の上にもいましたが駅にも・・・途中の駅名にも名張・赤目とか忍者で有名な地名が出てきました・・・・此処は三重県上野市です。

Dsc09831

俳人の松尾芭蕉もこの地の出身・・・忍びとの仮説が出ていましたね?。

Dsc09836

私は伊賀上野城に来ました、大阪城包囲網の為ここにも強固なお城を構築必要があり藤堂大学高虎に城を改築させました・・・・以前の城主・筒井定次は失政を挙げられ領地没収の憂き目にあいました、大阪方との闘いに備え西側に日本一二の高石垣(29・7m)を築いたのです。

Dsc09847

本丸高石垣から見た堀がわです、三方が石垣で東側は築かないです・・手を抜きました。

Dsc09854

本丸の天守です、実際は完成まじかに暴風で倒壊し大阪方との戦いには間に合わず天守は築かずとのこと。

Dsc09869

此れは二の丸側の石垣です。

Dsc09895

堀側から石垣を見上げた所です。

Dsc09897

本丸に建つ天守です梯郭式平山城で層塔型三重三階で付櫓がありますね、昭和10年木造での模擬天守ですが、随分昔に作りましたね。Dsc09914

付櫓側からややアップで如何でしょうかネ!。

次に奈良県の郡山に行きました、この地も筒井順慶・定次とも関連の地ですね、奈良は松永久秀が有名ですね・・・敵同士です、1585年(天正13年)豊臣秀長が大和・和泉・紀井三カ国100万石になり此処に住んだのです1595年(文禄4年)秀長・秀保(急死・・暗殺説もあり)断絶しました。

Dsc0000

二の丸は学校で石垣・堀以外は最近のものですね。

Dsc00007

追手(大手)東隅櫓と多門櫓です・・・城内から見た所。

Dsc00014

此れも城内から追手門です。

Dsc00020

追手向櫓です。

Dsc00027

本丸天守へ渡る橋門跡です、そのうち橋が出来るかも?。

Dsc00046

堀の外側から見た追手向櫓・追手門ですね。

Dsc00052

追手門から離れて見た、追手向櫓・追手門・追手東櫓?です。

Dsc09942

線路がわから見た追手東隅櫓と多門櫓です。

Dsc09950

線路先の踏切を渡ると堀・石垣もあります、この先の空堀は現在道路拡張工事で埋められていましたね!!!。

Dsc09987

此れが内堀に囲まれた天守台の石垣です、見事な物ですが、如何ですか。

Dsc00073

帰りに京都の東寺(世界遺産)を見ました、東寺(正式名は教王護国寺)です、京都の駅に近いです。

Dsc00079

金堂(焼失後豊臣秀頼が再建)と五重塔(焼失後徳川家光が再建)(どちらも世界遺産)です。

Dsc00085

美しい塔ですね、わが国で一番高い五重塔で55mです。

Dsc00265

ホテル脇の本能寺です、信長の本能寺の変後、豊臣秀吉の命で今の地に遷ったそうです、京都区役所も本能寺敷地で当時は広大な敷地だそうです。

Dsc00261

織田信長公の廟です、この脇の小路を抜けるとホテルです。

明日は天気が悪いので行先を検討せねば・・・・・。























2017年3月20日 (月)

和歌山城に行って来ました。

2017年3月13日(月)今日から京都市役所前のホテルから毎日周辺のお城巡りを実施します、今日は和歌山城・大阪城に行って来ます、JRでの移動は青春18キップを使用します今回3回使用しました、しかし、山小屋発ではありませんが、朝早くから移動を原則したので最後は疲れ切りましたね!。

京都大阪間は簡単ですが、大阪駅は複雑で馴れない私は疲れますね、本当は岸和田城にも行きたいのですが時間が足らないので諦めたのです、和歌山の駅前の観光センターで情報を入手しイザ和歌山城へ。

Dsc09450

バスで和歌山城大手門前へ、最初豊臣秀長が藤堂高虎を普請奉行にし岡山の峰(虎伏山)に築いた近世城郭です、秀長は大和郡山を居城にした為此処は城代がいました、関ケ原の戦い(1600年)の後、浅野幸長が37・6万石で入り増築し今の連立式天守閣を建てたとあります、その後徳川家康の十男・頼宜が徳川御三家の紀州藩として収めました。

Dsc09451

上の地図の左下から入ります堀と大手門口ですね、当初市之橋=>一の橋。

Dsc09467

大手門を入り左側の土手上から見た堀です、随分と大きな堀ですね。

Dsc09472

左側が二の丸ですね、この石垣の上に大きなクスノキがあります、此処は一中門跡です、正面が大手門です。

Dsc09478

此れが大クスノキです、樹齢450年幹回り7mと説明が在りました、枝ぶりが見事ですね。

Dsc09500

表坂登り口です、石垣は殆ど野面積み(自然石をそのまま積み上げる)ですが、打ち込み接ぎ(石の正面を加工・・浅野時代)、切り込み接ぎ(石を精密に加工して積み込む)も見られますね。

Dsc09509

見てくださいこの荒々しい石垣打ち込み接ぎですか?隅が算木積みたいですね。

Dsc09520

和歌山城天守です、左側が大天守・右側が小天守です、連立層塔式梯郭型平山城三重三階です・・姫路城・伊予松山城も連立式ですね。

Dsc09550

天守裏側から見た所です奥が小天守です。

Dsc09551

再び回り込み、天守への入り口です、左側から二の門櫓・楠門・多門ですね。

Dsc09555

多門櫓から大天守です、城内を回るころから雨が降り、レンズが水滴で大分写真が撮りそこないました反省です・・・・焦らず早めに傘を差せば良いのですが・・・・。

Dsc09579

楠門を入り天守の庭内へ乾櫓(北西(戌亥))です。

Dsc09581

楠門(右側)の枡形を登り小天守・大天守を見る、此処は国宝でしたが戦災で焼失、その後忠実に復元されたのです。

Dsc09585

大天守の最上階から見た天守です菱型ですね、右側が乾櫓・二の門櫓・楠門、それぞれを多門櫓でつないでいます、小天守は右側ですね、奥が紀の川ですかネ。

Dsc09604

江戸時代初期のままの岡口門です、築城時は大手門だとか。

Dsc09610

城外から見た岡口門です。

Dsc09614

岡口門脇から見上げた和歌山城です、此方がわからわ大天守のみですね。

Dsc09620

再び二の丸方面へ回り込み、裏坂登り口です、此処からはお城がみえます、左側が二の丸側・西の丸側です。

Dsc09635

此れは二の丸と西の丸(堀の奥側)をつなぐ御橋廊下です、殿様とお付きの女性たちが行き来するのを外から見られないように作られた部屋のような橋です。

Dsc09639

この二の丸から見上げた和歌山城全景です、大天守・小天守・多門櫓・乾櫓です。

Dsc09641

よりアップでの大天守・小天守です・・・・・・如何ですか。

Dsc09675

此れは西の丸の堀内を庭園化したものです・・・・この後飯も食べずに大阪城を目指します、今回2000枚弱の写真を撮りましたが、雨で駄目とか整理するのは此れからなのでおいおいとやりますからネ。




















2017年3月19日 (日)

京都に行って来ました。

2017年3月12日(日)から18日(土)にかけて京都を中心にその周辺を遊び歩いてきました、地下鉄京都市役所前近くの(本能寺脇)京都ロイヤル&スパホテルに6泊です、写真の整理をしながら掲載しますが、まず12日(日)の午後からです。

Dsc09398

ホテル着後歩いて祇園・河原町・八坂神社・高台寺・清水寺界隈を散策しました、鴨川です。

Dsc09401

河原町から祇園へ八坂神社へお参りしました。

Dsc09406

高台寺です、豊臣秀吉の北の政所(妻)ねね(高台院)が晩年を過ごしたお寺です、ねねの道(八坂神社から清水寺)には人が沢山ですね、ライトアップが行われるので夜も人が途切れませんね。

Dsc09407

高台寺から見た祇園閣です、屋根が祇園祭の山鉾のような建物です。

Dsc09411

高台寺の庭園です臥龍池です、架かる橋を渡るつもりで来たのですが時間切れで渡れませんでした・・・あと10分前位に着ていれば残念です(特別なのです普段は当然渡れません)。

Dsc09414

此れも庭園の一部です、山がわにも散策しました、利休さんの茶室等もありました。

Dsc09439

その後、清水寺へ暗がりの胎内くぐり(馬鹿にされたような仕掛け)もしましたが、お堂を修理中なので写真も迫力ありませんが、ライトアップされたお寺です。

Dsc09442

此れは何だ?、清水寺の池です木々が池に写り池の奥深く吸い込まれるように見えるのです、あまり見ない内容なので?。

Dsc09445

祇園のシンボル・・・・八坂の塔です、やはり八坂神社と清水寺の中間の法観寺の五重の塔です、明日から始まるお城巡りが楽しみです・・・・期待してくださいね。







2017年2月26日 (日)

塩原に行って来ました(渓谷・滝巡り)。

2017年2月23日(木)~25日(土)に塩原温泉に行って来ました、塩原は渓谷美にあふれ滝巡りをしてきました。

Dsc09172

柱状節理の岩肌が見えますね、硬い岩盤が有るため渓谷では滝が出来やすいのでしょうか?、見所のある滝をこれから紹介します。

Dsc09180

竜化の滝の手前にある風挙(ふうきょう)の滝、この奥が氷の為歩けず断念しました、アイゼンを持ってきたのですが昨日は大丈夫なので旅館に置いてきたのが失敗ですね・・・でも無理しないのが一番。

Dsc09184

道路沿いにある”ほう雪の滝”、風挙の滝の流れが箒川へと落ちる所です。

Dsc09190

その道路の逆側が箒川で道路から見た”布滝”です。

Dsc09197

河原に降りて滝脇から除いた”布滝”です、この日風が強く余り近くに拠れずおよび腰で撮りました。

Dsc09299

留春(りゅうしゅん)の滝、道路から河まで下り留春の吊り橋を渡ります、奇麗な滝です。

Dsc09305

少し近くで如何でしょうか。

Dsc09319

正面からシャワーを浴びるように!。

Dsc09322

川は箒川、留春の吊り橋、この後回顧(みかえり)コースから回顧の滝へと向かいました、1時間強の急な山道を登り展望台と思しき所まで行きましたが、下り側に雪が沢山有るので引き返しました・・・山歩きだけしました・・・温泉で疲れを癒せるからマアいいか?。

Dsc09339

最終日再びアイゼンを付けアッタックしました”竜化(りゅうか)の滝”滑る氷をものともせず来ました、如何です見事な三段の滝が岩の隙間から見えました。

Dsc09352

少しアップしてみました、写真を撮れる位置がほぼ固定化されていますからネ、此れから旅館で温泉で暖まり帰りますね、来月は京都に1週間行きます、そこを足場に関西の城郭を巡りますからね楽しみです。









より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ