2020年8月 7日 (金)

家に咲く花・・・今年も咲きました、年年歳歳花相似たり(サギソウ)。

2020年8月7日(金)昨日までGOTO・・・で出かけていました、花が心配でしたが咲いていました。

Dsc02810

夕顔(ユウガオ)一部は枯れてしまいましたが・・・・夜に開くのです(朝顔とちがいます)。

Dsc02808

もう旬は過ぎましたが、紫陽花が・・・。

Dsc05516

サギソウです、花言葉・・・無垢・清純・夢でもあなたを思う。

Dsc05519

毎年2月に植え替えします、1株でヤギの糞みたいな球根が2個・・・・一時期1株になりましたが、それ以後毎年増やして12株へまだ満開ではありませんが無事開花。

Dsc05520

何となく涼しげなので癒されますね、サギソウの話ご存知ですかネ、世田谷城城主吉良頼康に嫁いだ常盤姫の悲劇のお話がありますね。

Dsc05521

サギソウは田んぼの畦道に咲く水が好きな花なのですが、今年は雨が多く心配しましたが、無事に根腐れせず咲きました、来年も又咲いてほしいので植え替えを忘れずに。

2020年3月17日 (火)

慶福寺の江戸彼岸桜(枝垂れ桜)に行って来ました(蓮田)。

2020年3月15日(日)に蓮田市の慶福寺に枝垂れ桜の花の様子を見に行って来ました。

Dsc01552

慶福寺の江戸彼岸桜です、まだ6分咲ぐらいでしょうかネ、でも咲いていましたね、将軍桜の名前がある枝垂れ桜です。

Dsc01555

江戸城から川越の喜多院へ移植され桜だそうです、大正14年(1925年)子木を頂いたそうです、もう少しで100年ですから名木ですね。

Dsc01556

枝垂れの棚を数年前に作り替えたのですが、今は大分枝も伸び落ち着いてきましたね。

Dsc01559

まだ花が少ないかなでも大分枝垂れ如何です。

Dsc01561

来週にももう一度見て見ますかネ・・・・・ライトアップは今年はどうなのかな?。

2019年12月13日 (金)

等々力に行って来ました(等々力渓谷・善養寺のカヤ)。

2019年12月11日(水)に等々力に行って来ました、等々力渓谷とその先の善養寺の大カヤの巨木を散策しました。

Dsc00034

等々力渓谷は東急大井町線の等々力駅から近いのですね、駅は町中ですが・・・・。

Dsc00039

駅から道路に案内が埋め込まれているのですぐわかりました・・・・有名な観光地?なのですね、此処から渓谷に。

Dsc00043

等々力渓谷は国分寺崖線(ハケ)の最南端に位置する約1KMの都区内隋一の渓谷。

Dsc00044

谷沢川が切り込んだ台地と谷との標高差10Mの渓谷で所々に湧水も出るそうです。

Dsc00047

谷間には武蔵野の雑木林の風情が色濃く残っています。

Dsc00049

地元の方が水の汚れを改善されたようです・・・地道な努力が必要ですね。

Dsc00053

等々力不動尊です。

Dsc00055

脇から湧水が・・・これが不動の滝です、昔は行者さんの修行の場だとか。

Dsc00066

脇の方に庭園もあり紅葉が・・・・。

Dsc00070

渓谷をあがり、アチラコチラで道を聞きながら、善養寺の大カヤを尋ねましたね、此処です、沢山の大きな石仏があるお寺でした。

Dsc00082

此れがオオカヤの巨木です、幹回り6M・・・東京では2番目とかいてありました・・・1番目に今度行きたいですね(病気?)。

Dsc00089

向きを変えて、中は空洞みたいですね。

Dsc00091

もう少しアップで・・・・・これから市ヶ谷靖国神社脇の方で忘年会・・・近くまで行ったら雨が・・・・飲んでいる間にh上がっていました、疲れたが楽しく無事帰りました。

2019年12月12日 (木)

旧岩崎邸庭園・日本銀行に行って来ました。

2019年12月11日(水)に都内で山の会の忘年会があり序に都内を散策、上野不忍池脇の旧岩崎邸庭園と日本橋脇?(常盤橋かな)の日本銀行の建物・・・他。

Dsc00001

三菱財閥岩崎家本邸として、有名な設計者コンドルが明治29年完成、当時は1万5千坪で20棟あったそうです、現在は洋館・和館・撞球室の3棟です、大きなイチョウの木が目に入りました。

Dsc00002

この地は越後高田藩榊原家の屋敷跡で当時からのイチョウで樹齢400年幹回り7・4mの巨木でした。

Dsc00003

洋館の表面です。

Dsc09972

庭の木が紅葉していました。

Dsc09975

庭の築地山がイチョウの葉で埋まっていました。

Dsc09984

裏側斜め横からの洋館。

Dsc09989

洋館と連結した和館、此れから神田駅へ。

Dsc90015

此処が神田南口斜めの日銀通り真っ直ぐ来た、日本銀行の北口です、旧と新の建物が混在していますね。

Dsc90016

東側にある建物ですね。

Dsc90021

道の反対側にも凄い建物が、三井本店(今は三井住友銀行本店)と三越の建物裏側ですね。

Dsc90023

南東から見た所・・・・東館?なのでしょうね。

Dsc90027

南側からです右側が東館で東側が本館の右前。

Dsc90030

此方が本館前の左側真ん中奥中央にドームが見えますよね・・・・今度中を見学しようかな?。

Dsc90034

此れが本館の西側ですね、此れから等々力渓谷を散策です。

 

2019年11月26日 (火)

大嘗宮に行って来ました(皇居・・大嘗祭の場所)。

2019年11月25日(月)に大嘗祭に使われた大嘗宮に行って来ました・・・・江戸城本丸の広場に造営されたものです、大嘗祭は11月14日の夕方から翌日の早朝に行われた、天皇陛下ご即位の後、初めて新穀を皇祖・天神地祇に供えられ、自らもお召し上がりになり、国家・国民のためその安寧と五穀豊穣などを感謝される大嘗祭の中心的な儀式の場所です。

Dsc09015

東京駅丸の内側です、今日は朝の内は天気もそれ程でないので、人が少ないのではないかと思い出かけました。

Dsc09019

東京駅からの行幸通りのイチョウは結構黄葉し奇麗でしたね。

Dsc09021

東京駅から二重橋方面まで歩きます、入場口は坂下門ですが、今日はジグザグでなく一列なのでそれ程待たずに行列が進みますね混むとブロック毎ですからね・・・正月の皇居参賀では大変でしたからね。

Dsc09027

手荷物検査も無事通過、いよいよ坂下門から皇居内へ・・・この門をくぐるのは2度目です。

Dsc09034

本丸の内堀の乾濠ですね、左側が乾通り・・・11月30日から公開されますね・・・これと重なるとより混雑するので早めにしました、本丸の折れた石垣見事なもんですね、石垣上の建物は富士見多門・・・濠の正面は西桔橋門かな?。

Dsc09036

富士見櫓ですね、此方がわからは普段見えませんからね。

Dsc09044

この櫓下を回り込み二の丸方面へ・・・・此処も普段は通れませんね。

Dsc09049

本丸大手門の中の門です、普段は正面右側の大手門から三の丸門方面から来るのです、此方かわ西の丸下曲輪からくる老中・年寄りの幕府執権者たちが来る道ですね。

Dsc09056

中の門を入り坂を上れば本丸の最後の門、中雀門となりますね。Dsc09061

中雀門からは本丸です、本丸広場奥に造営された大嘗宮です。

Dsc09062

大嘗宮は悠紀殿(東)と主基殿(西)の東西左右対称に作られた建物で構成されていますね、中央奥に廻立殿(天皇皇后両陛下の準備する建物)があり、中央の廊下、他に斉庫(新穀を保管した建物)が1建物・・・・ほとんどは2建物ですね。

Dsc09072

見学通路に従い此れから見て回ります、中央から右側へ回り込み左側へ。

Dsc09078

右側です、男子皇族が参列された建物とか。

Dsc09087

南神門・・・・。

Dsc09097

左側から見た所。

Dsc09101

回り込んで左側横から見た所、大きな建物が主基殿です・・・此処で供せんの儀が行われましたね。

Dsc09110

もう少し回り込みヤヤ後ろから見た、主基殿と左側が廻立殿、奥が悠紀殿ですね。

Dsc09122

これは後ろ側から見た廻立殿です。

Dsc09117

これは御存じ江戸城本丸の天守台石垣です・・・今日は登れませんね・・・・此処に天守は立つのでしょうかネ?、此れから平川門方面へ行き戻り大手門から出ます。

Dsc09137

梅林坂を下り平川門方面へ。

Dsc09142

平川門の中の中門?、左側が天神濠・右側が平川豪です。

Dsc09144

平川豪ですね、奥の石垣が上の写真の中門?、この右側が平川門です右奥のの向こう側は清水豪があり防御性が高いですよね。

Dsc09145

平川門の渡櫓門ですね、その先が枡形構造で高麗門となりますね。

Dsc09151

またもとに戻り二の丸方面へ、此処は本丸の石垣で内堀の白鳥濠と坂は汐見坂・・・昔は海が見えたのですね。

Dsc09158

大手門です、此れから丸の内から有楽町へ向かいます。

Dsc09162

丸の内仲通りで見た羽生さんと栃ノ心さんです。

Dsc09165

ほぼ同じ場所の仲通り・・・都心の真ん中高層ビルの間です。

Dsc09167

これは三菱一号館美術館の裏側の広場?・・・。

Dsc09170

馬場先門通りと大名小路の脇にある三菱一号館美術館ですね。

Dsc09173

日比谷のビルから見た皇居です伏見櫓・富士見櫓は見えますが大嘗宮は?。

 

 

2019年9月24日 (火)

久しぶりにプスオ君が来ました(フレンチブル)。

 2019年9月21日(土)から我が家に来ています、フレンチブルッドグのプスオ君です、もう7歳とか大分歳をとってきていますね。

Dsc07697

ヤヤ重い感じですが優しい子ですよ。

Dsc0700

黒い瞳が哲学者を連想?。

Dsc0701

もう一枚アップで優しい子(おじさん)です。

Dsc07698

今までは沢山食べていたのですが、今回は食べないので?、ダイエット中なのかしらね・・・・心配しますね?。

Dsc07700

でも横になれば十分すぎるほど太とていますね、まるでマグロのよう?。

Dsc07711

散歩から帰ると疲れたのか音を立ってて倒れハアーハアー、口を開いて体温調節?、口を大きく開き凄いですよ、まだしばらく我が家に。

 

2019年8月24日 (土)

新宿界隈に行って来ました(四谷大木戸跡・新宿御苑・鳩の森八幡神社・新国立競技場)。

2019年8月23日(金)に元の会社の関係者による飲み会があり早めに出て新宿界隈を散策、生憎雨模様の天気で傘をさしながらの散策となりました。

Dsc05300_20190824073401

今回は四谷大木戸跡が主眼です、御府内の別れが四谷の大木戸で新宿は外の宿場町ですね、四谷区民センター脇にある説明版です。

Dsc05301

右側の通りが新宿通りで後ろの建物が区民センター。

Dsc05380_20190824073401

この大きな碑は玉川上水(多摩川の羽村の堰から江戸に飲み水を取り入れ)の終着点の説明、この地に水番所があり、江戸市内へ水道で排水していたのです、今の四谷区民センターの場所が水番所跡とか、碑の大きな文字は徳川16代家達公の文字とか、江戸っ子は水道の水を産湯に使うと粋がっていたのですね、最初は井の頭公園の水を使用していたのですが、とても足らなくなり玉川上水を。

Dsc05383

この碑が四谷大木戸跡を示すものですが、場所は四谷四丁目交差点で80m位離れています、元和2年(1616)に作成寛永4年(1792)に廃止、道路は石畳。両サイドは石垣で甲州街道の御府内の出入り口で夜間は通行禁止だったのです、大木戸は他に板橋(はっきりせず)と高輪・・・東海道の出入り口で道路わきに今でも石垣が有りますね、この碑の石は4丁目交差点工事中にでた水道管を利用したものとか、此処の石垣等は交通の障害となるため現在は何もなしです。

Dsc05385

これが現在の四谷4丁目交差点です、向こう側が御府内です、右側が御苑下のトンネルの入り口です。

Dsc05387

新宿御苑の北側を走るトンネルです、この工事で玉川上水跡は無くなったとか?。

Dsc05393

新宿御苑の大木戸口です、トンネルはこの下に有るはずです、此れから千駄ヶ谷の将棋会館へ行くので御苑内を通り抜けます。

Dsc05396

御苑内庭園です、この辺りは四谷・千駄ヶ谷と谷の名前が付くので低地が多いのです、昔も道路わきから抜けられず、木戸で塞げたし今は庭園の池として利用しているのですね(当時も?)。

Dsc05402

新宿御苑内は巨木も多数あり良いのですが今日は雨が?。

Dsc05404_20190824073501

池にドコモのビルですかね、天気が良ければ生えるのですが。

Dsc05407

新宿御苑の千駄ヶ谷口です初めて?かな、道路右側へ行けば千駄ヶ谷駅です。

Dsc05408

千駄ヶ谷の鳩の森八幡神社の入り口にあるイチョウの巨木、御神木でしょうか、樹齢400-500年幹回り4mとか?、戦火の火災からも無事に・・・。

Dsc05410

同じ神社内にある、千駄ヶ谷の富士塚、都内に幾つかありますね・・・品川神社とかにも。

Dsc05411

鳩の森八幡神社です・・・・、此れから隣の将棋会館へ寄ります。

Dsc05416

その後、工事中の新国立競技場を見ました、どこか近所のビル屋上から全体を見たいのですが?。

Dsc05419

散策は此処までですがこの後都庁に行き観光資料をもらい、飲み会会場へ行きました、将棋会館で購入した、藤井聡太七段の扇子です、綺麗な字ですね。

 

 

 

 

 

2019年5月 9日 (木)

山梨県都留市の太郎・次郎滝に行って来ました。

2019年5月8日(水)に連休も終わり、天気も良いので勝山城跡に出かけました併せて太郎・次郎滝をも見てきました、

富士急行の東桂駅から15分ぐらいでしょうか。

Dsc05554

柄杓流川に流れ落ちる滝ですね、川そのものの滝(?)と思っていたのですが・・・チョット勘違いしましたね、

川は三つ峠を源流に桂川へ流れ込む支流です。

Dsc05556

大きい方が太郎滝、小さい細い方が次郎滝ですね。

Dsc05562

その他からも細い水が滴り落ちていましたね、此れが横に広がれば白糸の滝ですね、この辺りは富士山の伏流水で水も奇麗なのでしょうね。

Dsc05564

案内板もあります、此れから”おなん淵”に行ったのですが、行き止まり(道を間違えた)にあい結局勝山城跡の谷村町に行きました。

2019年4月 1日 (月)

埼玉県伊奈町無線山の花見に行って来ました。

2019年3月31日(日)午後から晴れ間が出て来たので無線山の桜を見に行って来ました。

Dsc04200_1

伊奈町の中央にあり高台の広場に残る桜並木です。

Dsc04357

桜の木の枝も地面近くまで。

Dsc04366

桜並木脇には乗馬場もあります・・・日本薬科大学・埼玉県立ガンセンターに囲まれた自然豊かな場所です。

Dsc04362

何時頃かはわかりませんが大きな桜の木が何十本とあります。

Dsc04351

満開少し前ですが、お花見客が一杯いましたね。

Dsc04358

この時期のみこの桜の並木道を歩きお花見ができますヨ。

2019年2月15日 (金)

白鳥が近くの調整池にやってきました。

2019年2月14日(木)に近くの調整池を散歩・・・見慣れない鳥がいました、多分白鳥・・・・毎年?2-3羽が短い期間きます、一度家に帰りカメラを持ってきました。
Dsc03078

オオハクチョウでしょうネ?、首も長く鼻孔の先まで黄色があり・・・しかも灰色が少しかかり幼鳥なのでしょうかネ?。
Dsc03092

2羽出来ていました、昨日はいませんでしたね、葦の根を引っ張りながら食べています。
Dsc03094

すっくとした首。嘴の黄色。
Dsc03095

遠くから来てお腹がすいているのか・・・・。
Dsc03096

私は少し羽ばたきをして欲しいのですが・・・寒空の下風も結構あり・・・・同じ格好では。
Dsc03100

結局寒さに負けて羽ばたく姿は見られませんでした・・・・・・・・・・・。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ