2019年5月21日 (火)

茶臼岳・朝日岳に行って来ました(三斗温泉小屋泊)。

2019年5月18日(土)-19日(日)にかけて令和元年初の山行を行いました、天気はハッキリしませんが高曇りでそこそこ景色も見え雨にも降られずでした。

Dsc05753

那須ロープウェイで山頂駅へ標高1680mまで茶臼岳は1915mです、ガレバを直登・・40-50分ですか、風は左横から結構吹いていましたね。

Dsc05759

途中の大きな岩が目安ですね、此処から右側に回り込みながら山頂へ風も少なくなります。

Dsc05764

大岩を過ぎると朝日岳が良く見えます、ガスがかかりますが見えるのでうれしいですね、翌日は朝日岳から茶臼岳は見えませんでしたからね。

Dsc05779

もう少しで山頂です、この右側は噴火口跡です。

Dsc05788

山頂の神社脇茶臼岳1915m日本百名山です。

Dsc05800

山頂脇から見た朝日岳・三本槍方面の雄大な眺めです。

Dsc05823

山頂から下り裏側に回り初めての景色です、左側の尾根に有るのが峰の茶屋跡避難小屋1720mです、今日はこの避難小屋から左側へ下山し三斗小屋温泉の煙草屋旅館へ泊ります。

Dsc05830

峰の茶屋付近から見上げる茶臼岳です、山頂は平が続くヤヤ右側の高い所辺りですね、蒸気が噴出していますね。

Dsc05835

峰の茶屋の裏側のガレバを下ります、正面の山が明日のぼる隠居倉1819mです、此処が1729m三斗小屋温泉が1460mです。

Dsc05837

少し危険な個所をトラバースし落ち着くとなだらかな山道へ脇には残雪もありますね、此処は旧会津中街道?戊辰戦争も行われたとか。

Dsc05849

漸く三斗小屋温泉へ着きました、右側の煙草屋旅館へ宿泊します、この右側に露天風呂があります、内湯もあります、以前は左側の大黒屋さんへ宿泊しましたね。

Dsc05854

これが露天風呂です、如何です・・・今回は三回入りましたね、夜中の二時過ぎに来たらいきなり今晩はの声がかかり吃驚しました、何せ真っ暗な中懐中電気で足元だけ見て階段を上がって来た所でしたからね。

Dsc05860

翌朝は隠居倉から朝日岳に上ります、旅館から温泉神社をへて温泉吹き出し口へ、しばらくは登りに集中ですね、今日はガスが多く景色は殆ど見れませんね。

Dsc05867

ガスと風の中漸く着きました隠居倉1819mです、景色は見えませんでしたね。

Dsc05874

少し上り振り返ると時々ガスが消え隠居倉方面が顔を出してくれました。

Dsc05882

熊見曽根1882mの分岐です、三本槍・朝日岳の分岐ですね、今回は朝日岳方面へ戻ります、もう少しですね。

Dsc05884

朝日岳1896mです、何も見えませんでしたが時々ガスが消えたり・・・・、朝日岳は同じ名前が幾つかありますね、谷川連峰に1945m、北アルプスに2418m、朝日連峰は大朝日岳ですが1871mの山が有りますね・・・・自分が行った山ですが。

Dsc05889

朝日岳を下り峰の茶屋方面へ・・・ここのコースは岩場が多く危険なのです・・・・今はクサリが整備されていますね。

Dsc05898

なをも危険な個所が続きますが、ガスが晴れてきましたね、この向こう側が峰の茶屋です、茶臼岳は見えませんがもう少しです、所々に残雪があり危険な個所もありましたが楽しいゆったりとした山行でしたね皆様に感謝です。

 

 

 

 

2019年2月18日 (月)

陣馬山に行って来ました。

2019年2月16日(土)に山水会で陣馬山に行って来ました、穏やかな暖かな日に恵まれました。
Dsc03110

高尾駅から陣馬山下までバスで入り陣馬街道の舗装道路をしばらく歩きます、陣馬街道は趣のある会堂で私は何となく好きですね。
Dsc03111

街道脇から山道に入ります、昔はこの道が無く和田峠まで舗装道路を歩いたのですが。
Dsc03112

しかし結構急坂ですが。
Dsc03115

しばらくはジグザグな急坂を上り詰めますね。
Dsc03117

高尾山陣馬山の尾根下の道に出て陣馬山山頂方面に・・・・12月ー1月辺りにはシモバシラが見られます。
Dsc03118_2

これは2010年12月のシモバシラの花です。
Dsc03118

山頂のシンボルの白馬です。
Dsc03119

山頂から富士山は殆ど見られず・・・・これも2010年の富士山。
Dsc03120

生藤山方面です。
Dsc03123

藤野方面へ下ります。
Dsc03130

何とかのテラスです、もう少し・・・。
Dsc03132

最後のジグザクを下ればバス停は・・・・すぐバスが来てトイレに行っていた人が乗り遅れることになりましたが無事藤野駅で再開でき反省会を行えました、皆様に感謝ですね。

2018年12月27日 (木)

大平山(大平山城跡)に行って来ました。

2018年12月26日(水)に大平山に行って来ました、大平山・晃石山まで行くつもりでしたが、ぐみの木峠で昼食を食べて引き返しました。
Dsc01787

東武電車新大平下駅から山中に途中見晴らしが開けました、以前は木々があり見えませんでしたが、手前から左側の方面へ一番左の山が大平山です、建物が見えるのが謙信平でしょう。
Dsc01789

上の続きです一段下がった所がぐみのき峠です、そこから三個目の山が晃石山ですね、その先再び下り桜峠上り返して馬入不山で岩舟の方に縦走できます。
Dsc01793

謙信平です、見晴らしの良い場所ですね、昔上杉謙信が北条との話し合いで駒を進めた所からこの名前がありますね、別名陸の松島と景観の良さがついていますね。
わき道からぐみの木峠へ、晃石山には行かず大平山山頂へ急坂を上ります。
Dsc01800

山頂の脇です、左側が山頂の浅間神社です、右側が大平山城跡の腰曲輪?でしょう。
Dsc01802

山頂の浅間神社です。
Dsc01804

山頂の説明版です、大平山城跡については何の説明もありません・・・・多分皆川氏の出城ですかね、何せ規模が小さいので?。
Dsc01809

浅間神社の裏手が少し高台に・・・・櫓台でしょうか?。
Dsc01810

神社脇から見た山頂の広さが此れだけですから・・・・詰めの城規模ですね、大平神社が城ならばわかりやすいですがこの神社は1200年古さがあrのですからね、まあ、戦国の時はわかりませんが。
Dsc01814

これも主郭前に切り開いた腰曲輪で切岸としても素晴らしいがやはり規模が小さいですね。
Dsc01816

現在の表参道です、途中にも石が露出し趣のある城跡?ですね。
Dsc01821

少し下ると大平神社です、パワースポットのなで石があります、台風の雨水で後ろの山が崩れたみたいで以前と景観が変わりましたね。
Dsc01828

帰りは石段の表参道からアジサイ坂を下ります、何年かぶりです、下に見えるのは隋神門です。
Dsc01834

隋神門をなをも下ると枡形構造の石垣が現れますね。
Dsc01838

説明版に幕末の水戸の天狗党の本拠が一時期此処に設けられてとの事・・・確かに防御力のある構えですね。
Dsc01846

下から見上げた所です、正面が石垣で回り込むような作りですから下からは単純には攻め上れませんね。
Dsc01847

此れがアジサイ坂です、いしの階段が終わりなだらかな坂道に石畳みがひかれ両脇にアジサイが6月頃でしょうかネ。
Dsc01856

アジサイ坂入口にある六角の望楼の建物があります虚空菩薩を祀るお堂ですね、此処から舗装された山道を登り帰りの道に合流しました。
Dsc01858

謙信平の少し下の蕎麦屋さんの脇から見た筑波山です、此処から来た道を帰りました。


2018年11月18日 (日)

三浦富士・武山に行って来ました。

2018年11月17日(土)に三浦半島の三浦富士・武山のハイキングコースを行って来ました、山水会の定例山行ですが天気予報が大きくずれ良い天気の中での山行となりました。
Dsc07600

京急長沢駅から津久井浜までの縦走コースで、下山後ミカン狩りも予定・・・本当に天気が良くて。
Dsc07649

駅のすぐ後ろから山道のコースに入ります。
Dsc07652

海沿いの特有の常緑樹の中を進みます、景色は余り見えませんね。
Dsc07653

急な登りがありますが比較的穏やかです、・・・・山が低いですからね、細かなアップダウンで横に進む感じです。
Dsc07660

一時間位で三浦富士の山頂へ出ました、浅間神社奥の宮が祭られています。
Dsc07661

山頂からは富士山が見えましたが写真はご覧の様ですね。
Dsc07664

三浦富士から一時間位の武山へ向かいますが途中の砲台山です、山上に築かれた戦時下の高射砲跡です、此れも城郭?かな。
Dsc07667

なをも進みますもうすぐ武山です。
Dsc07669

武山の展望台からの三浦半島の景色です、この後遅い昼食です。
Dsc07675

下山口傍のミカン農園でミカン狩りをしたのちにミカン農園の送迎バスで津久井浜駅へ、明るいうちから駅前の2MA3さんでの反省会を行い帰途に就きました、皆さんありがとうございました。

2018年11月16日 (金)

浅間嶺・払沢の滝に行って来ました。

2018年11月15日(木)に武蔵五日市の浅間嶺・払沢の滝に行って来ました、浅間嶺は今年2度目です。
Dsc07569

今回は人里から浅間嶺尾根へ登コースを選びました、前回よりコースを少し短くし滝見学に時間を撮ります、人里(へんぼり・・・と読みます)のバス停からいきなり急騰の舗装道路を上りました、舗装道路が切れ此れから山道です、眼下が今上ったコースです向こう側の山は笹尾根ですね。
Dsc07573

細い道を上ると車が通れる林道へでました。
Dsc07574

林道の切れ目に家らしい建物が・・・・。
Dsc07576

山中の一軒家があるのです、昨年2017年8月テレビ朝日に出たとか張り紙がありました、時々大家さんが来るのかも・・・・車で上がれるみたいですから。
Dsc07577

家の前からの展望です、笹尾根が目の前に・・・。
Dsc07581

家を過ぎると本格的な山道でトラバース気味に細い道を上ります、所々落ちれば危険な個所がありましたね、途中山中に小さな社が・・・。
Dsc07583

杉の木がほとんどで展望はありませんね、浅間尾根にぶつかるまで登るのです。
Dsc07587

浅間尾根に出て少し下ると漸く開けた場所にでてきました、御前山ですね。
Dsc07592

しばらく進み浅間嶺の鞍部に出ますが、なお展望台方面へ上ります、眼下が休憩広場?。
Dsc07593

浅間嶺です、富士山も見えますが、写真に写りませんね?。
Dsc07594

富士山に合わせて漸く撮りました、薄いですね(泣)。
Dsc07596

反対側は良く見えました、大岳山ですね。
Dsc07597

先程も登場した、御前山です、この浅間尾根がわにある三頭山と合わせて奥多摩三山と呼ばれいます、長谷川恒男メモリアムで1日で五日市からぐるりと回る耐久競技のコースになっていますね。
遅い昼めしを食べて5・1kmを下ります、この蕎麦屋さん(昔廃屋でしたが)の庭にクリンソウが5月咲いていましたね、・・・此処からは舗装道路が出てきます、残り1・5kmです。
Dsc07603

山の上は紅葉が終わり?ですが、下は色付きが見えます。
Dsc07606

途中にあった10月桜ですかね、寒桜の小さな花がありました。
Dsc07608

払沢の滝入り口にある昔の郵便局の建物が、築80年とか今は木の工芸品のお土産屋さんですかね、ストーブの煙が絵になりませんか?、滝はこの渓谷の先です。
Dsc07612

此れが日本滝100選の払沢の滝です。
Dsc07644

少し離れた所から風情の有る所を・・・・・・。
Dsc08785

これは2015年1月11日に来た時の氷の払沢の滝ですね、水飛沫が氷滝が広がりを見せていますね、今日は滝を見て帰ったのですが、バスが満員状態で座れずに帰り疲れが出ました。


2018年8月25日 (土)

白馬周辺散策に行って来ました(栂池自然園)。

2018年8月23日(木)に栂池自然園に行って来ました、台風19・20号の影響で今回もダメかと思っていましたがそこそこの天気に恵まれました、以前5日間愚図ついた天気にぶつかり最悪の時を過ごしたことを思えば・・・・。
Dsc05466

ゴンドラリフト『イブ』から見た白馬槍ヶ岳2903mと杓子岳2812mです、昔スキーに熱中しこのゲレンデに良く通いました思い出のある所です、難所の馬の背思い出しますね。
Dsc05477

白馬三山です、左側から白馬槍ヶ岳2903m杓子岳2812m白馬岳2932mです、朝の内はガスも無く。
Dsc05490

ゴンドラ駅近くに咲くヤナギランです。
Dsc05498

毒性が強いトリカブト(鳥兜)です・・・自然園も花が終わりでこの花は沢山ありました。
Dsc05500

自然園の入り口近くから見た白馬岳2932mです。
Dsc05507

ほぼ同じ場所から白馬三山手前がトリカブトです。
Dsc05510

今度は手前の花をシシウド?・センキュウ?で。
Dsc05519

日陰の湿った場所にキヌガサソウ(衣笠)が咲いていました。
Dsc05530

自然園の奥展望湿原に向かう途中ですが白馬岳の雄姿を・・・・・この後ガスに阻まれました。
Dsc05555

展望湿原で大分ガスの晴れるのを待ったのですが、此れが一番かな白馬の大雪渓は見えるのですが山頂が杓子も見えずでした。
Dsc05558
展望湿原からの戻りで見た自然園と一昨日見た高妻山・戸隠連峰が目の前に・・・・奥まで入るのに結構登ってきたのでした、此れで今回のツアーは終了です。

2018年8月24日 (金)

白馬周辺散策に行って来ました(八方尾根・八方池)。

2018年8月22日(水)に八方尾根に行って来ました、昨日は暑く良く寝れませんでしたが天気は良いので期待しました。
Dsc05260

白馬槍ケ岳2903mが良く見えましたね。
Dsc05307

白馬三山です、右奥が白馬岳2932m・杓子岳2812m・白馬槍ヶ岳2903m・天狗の頭となります、八方尾根八方池山荘1830mからの尾根道からの景色です、ヤヤ雲がかかりますが見えました。
Dsc05321

八方山ケルン少し手前から見た不帰の剣右側からⅠ峰・Ⅱ峰・Ⅲ峰・唐松岳・唐松岳縦走路です。
Dsc05333

少しアップで右側が天狗の大下りです。
Dsc05336

大分ガスが出てきましたがまだ白馬三山が見えますね。
Dsc05344

これもアップで不帰ノ嶮(かえらずのけん)です。
Dsc05361

約1時間半の尾根登りで着きました八方池です・・・不帰ノ嶮3峰を入れて見ました。
Dsc05383

八方池とガスが沸き上がる天狗の頭。
Dsc05387

八方池に白馬三山・天狗の頭を映し出す・・・ガスが切れず白馬岳はなかなか見えずでした。
Dsc05408

不帰ノ嶮と池を。
Dsc05415

池と迫力ある白馬槍ヶ岳を。
Dsc05417

再度白馬槍ヶ岳で天空の雰囲気を。
Dsc05428

少し離れて、八方池と天狗の頭を・・・・如何ですか?。
Dsc05443

これは八方尾根ヤヤ下側から見上げた白馬三山のアップです。
Dsc05464

これは翌日朝のホテル4Fから見た五竜岳です、うれしいですね。

白馬周辺散策に行って来ました(五竜アルプス平)。

2018年8月21日(火)から23日(木)まで白馬周辺の散策ツアーに行って来ました、、本日は白馬五竜アルプス平1500-1600m位ののお花畑を散策しました、今年ははなの時期が早く盛りが過ぎていました。
Dsc05172

八方尾根・五竜側は雲で山は見えず反対側がわずかに見えました、左側が新潟県側で雨飾山1963m・焼山・火打山・妙高山等の山々です、平らに見える山は乙妻山と高妻山2353mが連なり、戸隠連峰で一番端が飯綱山1917mです。
Dsc05174

雨飾山・・火打山の山々ですね。
Dsc05175

高妻山・・戸隠連峰の山々ですね。
Dsc05186

地蔵の頭1676mです遠見尾根を登れば五竜岳へと行けますが6時間位の登りです、以前下りましたね。
Dsc05200

アザミに似ていますが葉にトゲが無い田村草ですね。
Dsc05206

此れも似た花が多いのですが何とかシャジンでしょうか?。
Dsc05208

シモツケソウですかネ。
Dsc05212

花が開きませんがリンドウですか。
Dsc05220

黄山植物の女王コマクサです・・・・ほとんど終わりで漸く見つけました。
Dsc05228

ヤナギランです。
Dsc05233

マツムシソウです。
Dsc05238

雪割草(エーデルワイス)です。
Dsc05242

これはチングルマ花が咲き終わり種をつけたものです、チングルマは木ですね。
今日はアルプス山が見えず明日に来たいですね。


2018年8月19日 (日)

甘利山・千頭星山に行って来ました。

2018年8月18日(土)に南アルプスの前衛の山甘利山1731m・奥甘利山1843m・千頭星山2139mに行って来ました山水会の定例山行です久しぶりです、本日は非常に良い天気での山行となりました、韮山駅からタクシーで甘利山の山頂下まで上がる楽な登山ですが、4時間強の山歩きとなります。
Dsc05078

本日のコースです、甘利山はツツジで有名でその時期は渋滞で結構な人が来るそうです。
Dsc05087

少し上ると東屋があり富士山が目の前に・・・・・・冠雪していない富士ですが、本当に甲府の上に富士山が。
Dsc05092

ツワブキに似たマルバタケブキの花が群生していました、フキの葉に似ていますが花はツワブキですね。
Dsc05099

甘利山山頂から見た金峰山です山頂の五丈石がわずかに見て取れます、手前が似八・・・茅が岳ですね。
Dsc05104

ご覧のように清々しい景色雲です。
Dsc05106

本当に富士山が今日は良く見えるのです。
Dsc05117

奥甘利山1843mからの富士山です・・・・まだまだこの先も富士山は良く見えます。
Dsc05129

きつい登りを過ぎるとクマザサの草原尾根に右の奥がどうやら千頭星山らしいです、私はこの山は初めてです。
Dsc05131

尾根のカラマツ林の上に富士山が。
Dsc05136

反対側のカラマツの隙間にわずかに鳳凰三山の地蔵岳のオペリスクが見えました、木の隙間から望遠で手がプルプル微妙な写真ですいません。
Dsc05140

漸く千頭星山セントボシヤマ2139mに着きました本日の最高点です、見晴らしはありません、鳳凰三山側?からの冷たい風が吹き抜けます・・・・此処では食事が出来ないので戻ります、どこか鳳凰三山が見える見晴らし台でもあれば良いのですがね!。
Dsc05143

もう一度地蔵岳をよりアップ?。
Dsc05145

このような尾根筋だと楽しいのですがネ。
Dsc05146

サルオガセが風情を醸し出しますが・・・・なんおことやら?。
Dsc05149

これはなんだ・・・・・
Dsc05151

此れも隙間からわずかに見えた八ヶ岳ですよ。
Dsc05152

最後にもう一回富士山を左側が甘利山1731mの山頂です漸くアップダウンを繰り返しましたが戻ってきました、本当に良い天気でした、反省会は快速ビューやまなし号の中でした幹事さん皆さんに感謝です。

2018年6月16日 (土)

尾瀬ヶ原に行って来ました(2日目)。

2018年6月14日(木)山ノ鼻の小屋を4時ごろに起きて近所を散策、食事後7時から尾瀬ヶ原を竜宮・ヨッピ橋・牛首と回りました、良く晴れた暑い日となりました。
Dsc02525

朝の尾瀬ヶ原はカッコウの鳴き声に溢れていました、至仏山2228mです、雪がほとんどありませんね、朝もやが少し流れています、朝は寒いですよ。
Dsc02528

逆側の燧岳2356mです、こちら側は朝もやが多く幻想的です、太陽は山も後ろから上がりますね。
Dsc02532

ヤヤアップでもう一枚。
Dsc02536

今度は離れて、木道は露に濡れ滑るのです。
Dsc02552

至仏山にも霧が漂い、山頂付近に陽が当たり始めましたネ。
Dsc02569

花も交えて。
Dsc02601

朝霧の中の木々をもう一枚。
Dsc02608

燧岳から太陽が上がり、あさのドラマが終わりました、至仏山もクッキリですね。
Dsc02630

食後本格的に尾瀬ヶ原を散策、すっきりした良い天気です、雲が無いのが残念ですが・・・贅沢ですね、まずは池塘です。
Dsc02646

池塘に映る逆さ燧岳、少しさざ波が?。
Dsc02652

やはり池塘と燧岳の組み合わせが続きますが。
Dsc02670

尾瀬ヶ原のビューポイントですが、水は少なく水芭蕉の花は皆無で山に雪も無く・・・・遅かったですね。
Dsc02671

これは2015年6月10日の写真です。
Dsc02672

これは2014年5月29日の写真です、水も花も雪も多いですね、5月の天気の良い日がベストかな?。
Dsc02682

私が落ちたのではありません、鹿の足跡が見られますね、大分鹿がいるのでしょうね。
Dsc02702

やはり雪がもう少しある方が絵になりますか。
Dsc02725

再び逆さ燧岳。
Dsc02765

木々と木道と至仏山を・・・・・・・山ノ鼻から鳩待峠以前はすぐだと思っていましたが結構登りがありますね、人汗かきましたが、帰りに戸倉の温泉に入りやはり高速バスで帰りました、平日なのでバスも道も好いていましたゆったりとしかも時間通りに帰り着きましたね。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ