2018年1月 2日 (火)

高尾山に行って来ました。

2018年1月1日(月)に高尾山に初詣とシモバシラの花を見に行って来ました、1月1日流石に沢山の人が初詣に来ていました。

Dsc08257

高尾山のリフト降り場からの東京の見晴らしです、スカイツリーが見えるはずですが?、リフトを15分位待ちましたネ。

Dsc08259

参道の門から吊り橋コースへ入ります、正面のお堂は役行者をお祭りするものです、参道は人込みです。

Dsc08263

冬枯れの山ですね、吊り橋コースも人がいませんね、参道と異なり静寂です。

Dsc08267

人が居ないので味のある?木でも。

Dsc08268

これは山頂直下のトイレ下にある木になる巨木なのですが、急斜面を在りることが出来ないのですが、一度傍で見たいものですね。

Dsc08270

これはトイレの此処からの大岳山方面です、流石正月でスッキリしていましたね。

Dsc08271

山頂からの霊峰富士山です、雲が横に張り付いていますしヤヤ逆光でした、此れから裏高尾に入りシモバシラの花を探します。

Dsc08278

近年裏高尾の路も奇麗に整備されぐしゃぐしゃの泥道から解放されましたね。

Dsc08279

一丁平の見晴らし台からの富士山です、逆光で温度が上がりぼやけ始めましたね。

Dsc08283

同じところからの遠景写真です、この後シモバシラの花を見つけたのですが皆無でした。

Dsc08286

その後薬王院へ初詣へ飯綱権現堂へ。

Dsc08291

その下の薬王院本堂へ、下から来るとお参りの人が順番まち状態でしたね・・・上から来たので良かったです。

Dsc03538

結局シモバシラの花が今日は見れませんでした、3年前も少しでしたね、此れは5年前の1月5日に見たシモバシラの花でこの年は沢山見れました、今日は?どうしたのでしょうかネ早いのかな?。

マア、本年もよろしくお願いします。











2017年12月10日 (日)

青梅丘陵ハイキングコースに行って来ました(辛垣城址)。

2017年12月9日(土)に山水会の12月定例山行で青梅丘陵ハイキングコースに行って来ました、軍畑駅から青梅駅までの低山ですが長いコースです、低山ですが戦国時代の山城コースです、地元の豪族三田氏の辛垣城跡です。

Dsc07727

軍畑駅から榎峠へいよいよ山の入り口です・・・・ここまでは舗装道路です、軍畑は三田氏と後北条とが多摩川を挟んで戦をした場所です。

Dsc07729

雷電山まで厳しい登りが続きます。

Dsc07733

尾根筋からも急な登りが続きます・・・・まあ、距離が短いのが救いですが。

Dsc07737

此処が雷電山の山頂です、ここも山城の一部の外郭の曲輪で山頂が平らで奥深く一段低い帯曲輪で構成されています。

Dsc07738

気が付かない人がほとんどですが、雷電山の尾根筋ですが堀切で分断してありますね。

Dsc07740

辛垣城跡の入り口です・・・・戦前に石灰を採ったので山頂付近が削られ当時の遺構かがわからない所が多いのですが。

Dsc07741

これは多分当時の土塁空堀と思われますが。

Dsc07742

そそり立つ土塁に見えますが、当時かは?。

Dsc07746

本丸前の小さな曲輪で向こう側が堀切で分断独立した形が見られます。

Dsc07749

此処が本丸から見た城の内部?が見られますが削られた所も多いので?。

Dsc07754

真ん中の奥が虎口で両サイドの土塁(岩場)でしょう。

Dsc07757

上の虎口を近ずいてみます。

Dsc07758

降りた方から見た虎口です、如何でしょう?後世の石灰石の採掘とも取れますが?。

Dsc07760

これは尾根筋に作られた防御の仕組みに間違いありませんね、尾根を削り回り込むようにし敵を上から横から攻撃するのです、二個ほど見られます。

Dsc07766

尾根筋を下り二俣尾からの峠へ出ました。

Dsc07773

低山ながらアップダウンを繰り返し漸く櫓台跡へ出てきました、もう少しで青梅駅へと近ずきましたね。

Dsc07777

櫓台跡から見た青梅の街です、この後は青梅の駅前で反省会を行い楽しい山行をしめくくりました、皆様に感謝です。













2017年11月25日 (土)

筑波山へ行って来ました。

2017年11月24日(金)に筑波山に行って来ました、紅葉はヤヤ終わりかけていましたが部分的に残っていました。

Dsc07194

つつじケ丘より奇岩を見ながら女体山877mへ上り御幸ヶ原男体山871mへ帰りはケーブルーカで筑波神社へ降ります。

Dsc07195

つつじケ丘です、此処から急な登りがしばらく続きますね。

Dsc07198

急な直線的な登りです。

Dsc07203

弁慶茶店跡少し手前ですが少し紅葉が見え始めました。

Dsc07209

弁慶茶店跡から見える女体山頂です、結構人が岩場に居るのが見えますね。

Dsc07210

ロープウェイが丁度見えました。

Dsc07215

イヨイヨ、奇岩場所を歩きます、弁慶の七戻岩をくぐりました。

Dsc07235

しばらく平らな道を進みますブナ林と正面に女体山が落ち葉後なので見えました。

Dsc07237

北斗石です、右側の脇の石をくぐれますね。

Dsc07243

大仏石です、最後の登りが此処から始まります、ガンバ。

Dsc07248

女体山山頂877mから見た男体山871mです、筑波山は双耳峰です真ん中が御幸ヶ原です。

Dsc07249

同じく山頂から振り返れば登り口のつつじケ丘・・・奥は霞ケ浦ですかね。

Dsc07259

御幸ケ原脇にある紫峰の杉樹齢800年幹回り7mです、そばにブナの巨木、男女川の源流があります。

Dsc07268

男体山871m脇から女体山877mを見ました。

Dsc07269

今回下山に初めてケーブルカーを使いました、楽に下山しました、筑波神社です、がまの油で有名です。

Dsc07274

神社脇の大杉です、樹齢800年幹回り9・8mの巨木です、神社脇にまだ紅葉がありました。














2017年11月10日 (金)

日光半月山に行って来ました。

2017年11月09日(木)に日光の中禅寺湖脇の半月山に行って来ました、紅葉も終わり渋滞もなく良い天気でしたが風が相当に強い日でしたね。

Dsc06917

中禅寺湖バス停での乗り換え時間が少し有ったので華厳の滝を見てきました、相変わらず迫力ある水飛沫を挙げて落下していました。

Dsc06932

半月山の直下までバスが入ります、30-40分上りますが、初めてのコースです、皇海山2143mの山が見えました、左脇が鋸山1998m、以前庚申山1892mから行きました日本100名山の山です、手前が足尾銅山で有名な松木渓谷です。

Dsc06935

松木渓谷その手前が中禅寺山1650m・・・これから縦走する山です。

Dsc06941

半月山頂上脇の展望台です、向こう側が日光方面?です・・・・。

Dsc06943

展望台からの眺望です、八丁出島・中禅寺湖・男体山2486mと日光連山です、紅葉でなく残念ですが良い景色です。

Dsc06972

展望台から200mぐらい奥が山頂です、半月山1753mです視界は無しです。

Dsc06978

山頂から展望台まで戻り中禅寺山を目指します、奥は社山1826m、右奥は日光白根山2577m方面です、すでに冠雪していますね。

Dsc06979

此れが日光白根山方面です。

Dsc06980

中禅寺山・社山・日光白根山です、中禅寺山を越えていきますね。

Dsc06982

途中の景色です、今日は良く見えますが風は強いですよ。

Dsc06983

半月峠です、此れから直進し中禅寺山へ右側は中禅寺湖へ下りますが景色が見えないようです。

Dsc06989

中禅寺山山頂1650mから半月山1753mを見ました。

Dsc06997

中禅寺山を下る途中での社山1826mです。

Dsc07000

このコースは木々がありますが、所々で男体山中禅寺湖が見れます。

Dsc07014

阿世潟峠です、此処から中禅寺湖に下ります、下りよりも湖畔が長いですね、阿世潟ー小寺ケ崎ー八丁出島ーイタリア大使館別荘記念館と歩きます。

Dsc07016

湖畔から見た男体山2486mと湖・・・風が強いので波がありますね。

Dsc07017

日光白根山2577mの雲が取れました冠雪しています、冬山です。

Dsc07022

これはイタリア大使館別荘です・・・初めての半月山ですが天気に恵まれ良かったです、三連休に来ようとしたのですが3時間渋滞との事で後ろにずらしたのが良かったですね。














2017年10月19日 (木)

群馬県中之条の嵩山(たけやま)に行って来ました。

2017年10月18日(水)に嵩山(たけやま)(嵩山城跡)に行って来ました、生きがい大学の他科のお誘いに参加です、連日の雨模様が続く中本日のみカラリと秋晴れに恵まれました。

Dsc06355

群馬県中之条町の道の駅嵩山(たけやま)からのハイキングです、右下から登り時計回りに歩きました、此処の道の駅には以前同じ仲間と中山城跡巡りでも来ましたが今回は裏山に登ります、現地のガイドボランテイア神藤さん・伊東さんに大変お世話になりありがとうございました。

Dsc06356

道の駅から見上げた奇岩・・・男岩と屏風岩です、山頂は見えませんね、此処の山は祖霊をまつる霊山で山全体が神様との事です、嵩山周辺の奇岩に沿って三十三観音像が建立されています、低い山ですが眺望が素晴らしく史跡・奇岩があり面白い山行でした。

Dsc06357

道の駅左側の表登山道から登りますが、いきなり一ノ木戸(一番観音)です、此処は武田・上杉の激戦地区で斉藤氏が治めていた所の山城です、1565年永禄8年真田昌幸軍が戦っかい多くの戦死者が出たとあります。

Dsc06363

一ノ木戸(大手門)を登ります、左側が巨石で右側が土塁に挟まれた狭い道を入ります。

Dsc06375

本格的な山登りでジグザクの急坂のをしばらく上ります。

Dsc06388

急坂を上りしばらくするとやはり巨石が巨石の下には観音様が鎮座しています・・・番号があります。

Dsc06392

展望台を過ぎて稜線へ突き当たりました天狗の広場(二の丸・・・遺構は?)、左側へ進み小天狗へ出ました。

Dsc06394

小天狗の山頂です、社があります、景色も抜群です。

Dsc06395

小天狗から見た不動岩です、不動岩山頂には不動明王像が見えますね?。

Dsc06398

此方が大天狗方面嵩山(たけやま)山頂ですね、紅葉には少し早いですね。

Dsc06405

天狗の広場に引き返し少し先から脇に下ると胎内くぐりの奇岩があります。

Dsc06408

胎内くぐりの岩場にも観音様が・・・・。

Dsc06411

幅22cmとか私は抜けられませんでしたネ!、無理するとまたアバラ骨が折れそうなので止めました。

Dsc06416

稜線は平ら・・・イエ結構アップダウンがあります、イヨイヨ本丸近くですかネ、堀切ですかね?、遺構かはっきりしませんが?、小袖の渡しと在りました。

Dsc06419

此処が嵩山城本丸跡(実城の平・無常の平)、1565年永禄8年11月武田信玄方の真田幸隆(真田初代・次が昌幸・雪村へとなります)に攻められ陥落、若き城主の斉藤城虎丸(当時18歳)は山から飛び降り自ら命を絶ち女性や子供も後を追ったとの悲劇が伝わるそうです、この戦いの犠牲者供養と霊山信仰のため多数の像が建立されていました。

Dsc06423

経塚・・・この後は曲輪後でしょうね・・・・明らかに人口的に見えます。

Dsc06430

経塚の後広場の後から龍の背渡の岩場が40m程続きます、クサリの連続ですヨ。

Dsc06442

登りきり少し進むと山頂嵩山(たけやま)です789mです、女岩です。

Dsc06440

女岩からの眺望ですね、榛名山でしょうかね、吾妻川での浸食作用でこの辺は河岸段丘が見られますね。

Dsc06454

龍の背渡を慎重に下り、東口に下山します、此れが一升水?の岩場・・・見事な断崖絶壁です、城主城虎丸が飛び降りた岩場だそうです。

Dsc06469

岩の中腹に空いた穴が弥勒菩薩が安置されたみろく穴だそうです、今回はいけませんでした大変な場所だそうです。

Dsc06476

通の駅前の親都神社の大ケヤキ、樹齢700年・幹回り9・1mの御神木です。

Dsc06497

真田家ゆかりのお寺林昌寺と宝筐印塔です、本当に今日は雨の間の晴れ間にぶつかりうれしい山行が出来皆様に感謝です。






















2017年10月 1日 (日)

那須岳(茶臼岳・朝日岳)に行って来ました。

2017年9月30日(土)に那須岳に行って来ました、今回は紅葉時期を外して早めに計画した山行でしたが、天気に恵まれた最高の登山日和でかつ紅葉も見られました。

Dsc05684

ロープウエーイ乗り場から見た茶臼岳1915mです、昨日NHKのテレビで那須の紅葉を放送していたのでか登山?・観光客?が多数来ていました、以前紅葉時に来た時には道路渋滞でバスが登れず苦労しましたが今回はスムーズでした。

Dsc05685

此れは帰りに撮った朝日岳1896mです。

Dsc05698

ロープウエーイの山頂駅から50分程で登れますが、結構なガレ場で歩きにくいですが、大きな岩が2個ありますね。

Dsc05733

途中右側に朝日岳が良く見えます、崩壊した山肌がアルペン的山?を連想します。

Dsc05736

大きな岩を回り込むように登り漸く茶臼岳の山頂が見えてきます、右側は噴火口跡です。

Dsc05765

茶臼岳(那須岳)の山頂です、後が牛ケ首峠日の出平方面ですが、紅葉していますね、余り美しい赤ではありませんが。

Dsc05770

山頂脇からみた手前が茶臼岳の岩稜と奥が朝日岳方面です。

Dsc05776

朝日岳と雲です、良い天気に恵まれましたが、風は強く寒いです。

Dsc05791

茶臼のお鉢(噴火口)巡りをし回り込むように峠の茶屋に出ました、茶屋を眼下に朝日岳をとらえました、素晴らしい景色でしたよ。

Dsc05811

峠の茶屋から朝日岳方面へと進みました、布袋・大黒岩と雲です。

Dsc05813

朝日岳方面から見た茶臼岳です、此方は雲がかかっています。

Dsc05816

此方の登山道は岩場が多い(剣が峰)のですが大分整備され危険度が無くなりましたね、奥が朝日岳です。

Dsc05819

岩場も道が大分整備されクサリ・階段があり見てくれほどではありませんが、風が強いので注意は必要ですね。

Dsc05823

分岐点から見上げた朝日岳山頂です、紅葉です。

Dsc05833

朝日岳山頂直下です、紅葉ですが日差しが当たらないので奇麗に撮れませんでした。

Dsc05842

朝日岳山頂から見た茶臼岳です、ほぼ同じ高さの山ですね、茶臼岳の上の横線を下り峠の茶店から稜線をたどり剣が峰を回り込み此処朝日岳へ帰りは同じコースを戻り茶臼岳の下の横線を下山しました、イヤー久しぶりの気持ち良い山行でした、歩いた時間は4時間位ですが、岩場なので気持ち良く疲れましたね。










2017年9月 3日 (日)

伊吹山・醒ヶ井の湧水・天竜舟下りに行って来ました。

2017年8月31日(木)に醒ヶ井宿の地蔵川湧水のバイガモを見て、その後関ケ原へ・・・関ケ原はバスで石田三成の笹尾山周辺を見ただけですが、今日は天気に恵まれ日本100名山の伊吹山へ上ります、昼神温泉にて宿泊し翌日9月1日(金)天竜舟下りで帰ります。

Dsc05358

地蔵川のバイガモです。

Dsc05359

バイガモをアップで・・・澄んだ湧水を好み梅の花に似た白い花です、赤は違います。

Dsc05373

岐阜県米原市醒ヶ井宿の湧水の吹き出し口です、この神社のガケ下からコンコンと水が沸き上がります。

Dsc05377

醒ヶ井の地蔵川で川の中白いのがバイガモの花が一面デスネ。

この後関ケ原・・・いよいよ伊吹山です。

Dsc05384

日本100名山・・・花の100名山、伊吹山も9合目まで車で上がれます。

Dsc05390

9合目の駐車場から(1260m)西登山道コースをのぼります。

Dsc05419

花の100名山なので1枚は花を載せました。

Dsc05432

頂上少し手前ですが、琵琶湖が眼下に見えました、安土城も見えたかも?。

Dsc05435

見上げると山頂付近が見えます。

Dsc05457

伊吹山(1377m)の山頂です、右側が日本武尊ですね、伊吹山の神退治に来て神の怒りに触れて下山したそうですが・・・チョット趣味悪ですね、2012年大山の74座目から5年目で日本100名山75座目を登りました・・・昨年・今年と焼岳を天候が悪く登れませんでしたが思いがけず簡単に登れましたネ・・・・今は登山対象の山ではないのでしょうかネ?下から登ればすごく大変ですが!。

Dsc05465

山頂は結構広く天気が悪いと迷いやすいですね、山々が美しく。

Dsc05467

此処は1等三角点で奥の屋根があるあたりが山頂です。

此れで昼神温泉まで戻ります、その夜天空の星空を見に行ったのですが雲が多く敗退でした、天気の良いときの映像でも見せて説明ぐらいあっても良いのではと思いましたねがイベントとしてはだらしない内容でした(怒っています)。

Dsc05481

翌日9月1日、天竜川の舟下りです、河原にはトンビがいます餌が目当てですが身近に見えました。

Dsc05495

水神橋を過ぎると渓谷になります。

Dsc05502

凄い濁流かなと思いましたがそれ程でもありませんでしたね、水が少ないのかな。

Dsc05511

名前が付いた岩場です・・・サメ岩・・・。

Dsc05519

この辺が波が荒いかな?。

1週間前は天気予報が3日間雨マークなので中止しようかなと思ったりしましたが天気に恵まれ良かったです、前回も雨でしたので漸く雨男から抜け出したかな。















2017年6月11日 (日)

日光千手ケ浜に行って来ました(九輪草)。

2017年6月10日(土)に日光の中禅寺湖湖畔の千手ケ浜に行って来ました、九輪草の群生地です。

Dsc03530

日光三名曝竜頭の滝です、此処から中禅寺湖湖畔にでて約3・8k程歩いて千手ケ浜まで行きます。

Dsc03531

中禅寺湖と高山の間を回り込むように湖畔を此れから歩きますが、木々の新緑の美しさが此れからつつく最高のスポットですよ。

Dsc03541

道は少しのアップダウンがあり細いですが歩きやすいですね。

Dsc03542

所々で中禅寺湖が見えます。

Dsc03546

湖畔脇の平坦な所もあり美しい緑が・・・・・しかも此処には樹齢200年ぐらいの巨木が沢山見られますね。

Dsc03550

ミズナラ・ハルニレ?わかりませんが巨木です、木の幹が柔らかいので何百年とは持たないのでしょうが?凄いですね。

Dsc03554

中禅寺湖の水も西側の上流なので美しいですね。

Dsc03559

巨木が目について・・・・下の方に人が・・・。

Dsc03565

そうかと思えば足元にはギンリョウソウも・・・・・色素が無い幽霊花ですね。

Dsc03570

再び中禅寺湖湖畔へ左端が千手ケ浜ですね。

Dsc03580

湖畔にせり出したツツジの花が・・・ツツジはもう終わり加減ですね、シロヤシオツツジが群生していますが花弁が沢山落ちていました写真が撮れませんでした。

Dsc03582

木々の新緑の美しさに癒されて再び撮りました、本当に柔らかい緑なのです。

Dsc03586

千手ケ浜からの中禅寺湖と男体山です、今日は天気が良いとの事で出かけて来たのですが雲行きが悪くなり始めましたね。

Dsc03589

ズミ(コナシ)の花です、戦場ヶ原に群生していますが、帰りに見ましたが終わりに近いですね。

Dsc03590

お待たせしました、九輪草の花たちです、以前より少ないかな?。

Dsc03597

サクラソウの仲間ですが、立ち上がり花が段々に輪状に九段(そこまで?)になるので名ずけられた?。

Dsc03606

Dsc03615

Dsc03617

Dsc03650

幾つかの花を見て頂きます、清流脇に咲き誇っていました、この後天気が急変し豪雨になり戦場ヶ原散策を諦め帰りましたが、低公害バスに上手く乗れ赤沼バス停では茶店脇に入りそれ程濡れずに帰れました。

















2017年5月28日 (日)

西沢渓谷に行って来ました。

2017年5月27日(土)に山梨市の西沢渓谷に行って来ました、行は塩山から帰りは山梨市までバスとなります、沢山の人が来ていました。

Dsc02888

西沢渓谷入り口から笛吹川左岸を登り二俣吊り橋を渡り西沢渓谷へ入ります、5年ぶりかな5回目ぐらいですね。

Dsc02904

吊り橋で東沢と西沢に分かれ左手に川を見ながら渓谷沿いの山道を登ります、昨日まで雨が降っていたので道が悪い所もありますね。

Dsc02930

三重の滝です奇麗な滝が此れから続きます、水も多く新緑も奇麗です。

Dsc02960

三重の滝の始まり部分?かな。

Dsc02970

龍神の滝です。

Dsc02975

貞泉の滝?何せ沢山の滝が次から次えと出てきますから。

Dsc02984

此れは少しアップしたところですね。

Dsc02989

此れは名前は無いと思いますね、昨日までの雨で水が多く渓谷美を引き立たせています、でも水は澄んでいますから。

Dsc03006

此れは母胎淵ですね、水が噴き出すような強さで落ち正面の岩が洞窟上に削られた淵ですね、迫力がなかなか写真に撮れませんが。

Dsc03022

此れも名も無い滝ですね、美しいですが。

Dsc03049

方丈橋を渡り川を右側に西沢渓谷のメインの七ツ釜五段の滝です、三段までしか見えませんが奇麗なt機です、此れから上部へ。

Dsc03072

此れが上部の滝ですね、上部三段の滝と釜(滝つぼ)ですね、実に美しいですね、此れで渓谷と離れます。

Dsc03085

帰りは旧森林軌道のトロッコ線跡のなだらかな山道を下り元の入り口に戻りました、アズマシャクナゲの群生地ですが、ほぼ咲き終わりでわずかに見られました、日本屈指の渓谷美ですね森林浴を素晴らしく肌も若返りました?。






2017年5月21日 (日)

大菩薩嶺に行って来ました。

2017年5月21日山水会の定例山行で日本100名山の大菩薩嶺に行って来ました、長編の中里介山が書いた甲源一刀流音無の剣を使う机龍之介の大菩薩峠でも有名ですネ、武田家終焉の地甲斐大和駅からタクシーで上日川峠まで入りました。

Dsc02732

途中の林道は新緑で一杯でしたが、上日川峠付近はまだこれからですね、此れから福ちゃん山荘まず登ります。

Dsc02734

福ちゃん山荘への上りの途中です、本日は天気が良く人が駅から溢れていましたねバス待ちの人をよそに私たちは予約で良かったです。

Dsc02737

途中の道から大菩薩の尾根筋が見えました、右側の峠から左側方面に歩きますね。

Dsc02738

富士見山荘脇からの富士山です、タクシーからはスッキリですが温度が上がり視界が悪くなりますね。

Dsc02742

大菩薩峠です1897mですお地蔵さまの頭が在りませんね、此処が小説”大菩薩峠”の書き出しの場所ですね東に落ちる水清かれ・西に落ちる水きよかれです・・・・・今しも巡礼親娘が峠で・・・娘が水汲みに・・・・此処ですよ・・・今は人が沢山で写真を撮るのが大変です、今回は大菩薩嶺2057mに行ったのですが人が沢山いたので写真を撮らずで下山してしまいました。

Dsc02743

此れも残念ですが、南アルプスです・・・白根三山・甲斐駒等が見えていましたが温度が上がり霞み始めました。

Dsc02745

峠から見上げる親不知の頭方面です。

Dsc02759

頭方面から今来た峠を見ました、向こう側が小金沢連峰へ続きます、以前笹子まで縦走しましたが今はとても無理ですね・・・・やる気が起こりませんからネ。

Dsc02765

親不知の頭から見た賽の河原の避難小屋です。

Dsc02774

富士山?と上日川ダム(大菩薩湖)ですダム湖の脇をきたわけです・・・タクシーで。

Dsc02783

富士見新道の岩場から今来た道方面と小金沢連峰方面です。

Dsc02786

富士見新道の岩場から丁度標高2000mの場所を写しました、此処で暑く日陰はありませんが昼食でした。

Dsc02787

此処が雷岩で大菩薩嶺は此処から奥の樹林帯中で見晴らしはありませんね、沢山のツアー客が100名山なので来ていました・・・・写真を順番に撮るのに待ち状態でした集合写真は撮りましたが、場所のみの写真忘れました、再びここまで戻り福ちゃん荘までくだります、天気が良く陽に焼けましたね。










より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ