2010年7月 1日 (木)

イエローストーン国立公園に行ってきました。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

成田=>ソルトレイク・シテイ=>ジャクソン(箔)

=>グランドテイトン国立公園=>イエローストーン国立公園=>

ウエストイエローストーン=>ソルトレイク・シテイ=>

P6250001_4 P6270262_2 P6280282_2

ジャクソン   ウェストYS    ソルトレイクの議事堂

以前は直行便が無く大変とのこと、ソルトレイクからも

400-500KMもあり、アメリカは広い

ガイザーカントリー(間欠泉)

301 302_2 211

観光の拠点オールドフエイスフル イン

建物と内部および間欠泉予想時間表示

221 234

オールドフェイスフルガイザーの噴出し(予想時間10分後ぐらい)

沢山のお湯が流れる。

240_3 265_3 276_3

タイミング良く、噴出したキャッスルガイザー

噴出すお湯もすぐ冷めて冷たい、今日は

沢山のガイザーが噴出してアチラこちらと良く見えた。

256_3 235_2 289_2

グランドガイザー 一番高く噴出す何時も見れるとは限らない

右の写真はプール(温泉)でモーニング・グローリ・プール

丸い朝顔の形をした美しい温泉です。

キャニオン・カントリー(峡谷)

363 382

名前の由来の峡谷で天気もよく美しいものでした。

348_2

イエローストーンレイクより流れ出したリバーが削り落とした

造形美、奥の滝はロウアー滝(名前は単純上流、下流の滝)

400 417

上流に有るアッパー滝 滝を上から見るので迫力が無い

右の渓谷はバスの中より撮影。

マンモス カントリー(石灰棚)

426 435

温泉が石灰を溶かし、中国の黄龍、トルコのパムッカレと

概観は同じ様に出来るが、出来る速さが以上に早く

何年かで造形が変わるようです。

左の写真は リバテイキャップで地下から噴出し

塔が出来たとのこと。

470 489 485

写真はアッパーテラス(上の方の意)よりの景観

数年で色々変わるそうです。

大地の浅い地下で変動が繰り返し行われいる

大変な場所とのことです。

2010年6月30日 (水)

イエローストーン国立公園に行ってきました(前編)。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

前日の夜はカミナリと雹がふりましたが、

全体に天気がよく素晴らしい旅行になりました。

標高が2000m以上で寒いと聞いていましたが。

穏やかな晴天でした。

164 190

前日の夕方(9時まで明るい)のグランド・プリズマテイツク・

スプリングを側の丘上まで登り見た写真と木道より見た

写真、お湯の温度によりバクテリヤの色彩が微妙に違い

美しくみえる。

126 134

写真が前後しますが、イエローストーンレイク

湖の脇に色々な温泉が湧き上がっている。

139 143

湖より顔を出している温泉の噴出し口と水の中で

噴出している温泉、この噴出しの位置も一定でなく

変化する、生きている大地が此処で実感できます。

235 289

温泉の温度でバクテリアが色々な色彩をだすとの事、

美しい景観です。

イエローストーン国立公園に行ってきました(グランドティトン国立公園)。

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

今回はグランドティトン国立公園の写真です。

こ国立公園は映画「シェーン」で有名です、

シェーン カムバック トーミ

スネークリバーとティトン山脈が中心です。

天気がよくグランドティトンの山山がよく見えました。

008_3 028_3

写真は シェーン当時の家と

トランスフィギュレーション礼拝堂です。

礼拝堂は木の十字架と大きい窓ガラスがあるだけで

後ろのグランドティトンの山が額縁の中に有るように

見えます、日本人でも式を挙げにくる人もいるとか。

051_2 060_2

ティトンの山々です、天気がよく見えました。

087 106

ジャクソンレイクよりグランドティトン(最高峰)の山

右の写真はジャクソンレイクロツジの前庭より。

イエローストーン国立公園に行ってきました(動物たち).

2010年6月24日(木)よりイエローストーン国立公園

に行ってきました。

併せて映画「シェーン」で有名なグランドティトン国立公園

も行きました.

成田からソルトレイクシテイ空港そこからバスでジャクソン

とかなり遠いです。

それでも直行便で以前に比べると近くなったとの事です。

アメリカの土田舎ですが、自然が豊かで四国の半分の

大きい国立公園です。

まず、そこの動物にあえました。

309 201 514

川のそばにいるペリカンと、白頭鷲の親子

前日の夜、雹が降り雷も、鷲の子供も大丈夫でした。

502 209 420

コヨウテですが元気がありませんでしたね、餌が取れない?

鹿の仲間ですかね、メス(写真がうまく撮れない)と

オス 角が見事ですね。

観光バスのため外に降りられないので見るだけ

(その分危険は無いですが)

410 023 218

熊がいました大きいのではなっかたですが。

写真では分かりずらいですが、間違いなく歩いていました。

小さいのはリス、ネズミみたいのがよく出てきました。

310 317 323

バッファロウの群れです。

とても大きいですね、道を横切ると車は止まります。

すべて、動物優先です。

508

毛が汚く付いているので落としてあげたいですネ。

もともと、アメリカインデイアンの土地で開拓者に取られ

絶滅寸前までなったとのこです。

狼も絶滅したが、コヨウテ等との自然のバランスが必要に気がつき

狼も今では500頭あまりいるそうです。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ