2018年7月14日 (土)

中国に行って来ました(臥龍パンダセンター・成都)。

2018年7月9日(月)に四姑娘山山麓の日隆から臥龍パンダセンターへ寄り成都のホテルへとバスで山を下りました。
Dsc04231

中国も雨が多く下山の道路で道が崩れ渋滞しました、ガケ崩れです、ブルトウザーの重機が入り川に土砂を落としていました。
Dsc04237

山がわから土砂が流れ落ちたのです。
Dsc04346

漸く臥龍パンダセンターについて見学。
Dsc04253

Dsc04258

Dsc04260

結構パンダが動いてくれていましたが大人のパンダは1頭事でした。
Dsc04297

Dsc04307

Dsc04310

Dsc04327

Dsc04329

子供のパンダは一か所で遊んでいました、動きも良く見ていて飽きませんでしたね。
Dsc04562

成都では私は町中を少し散歩しました、ホテル脇に地下鉄が有ったので見てきました。
Dsc04561

切符売り気ですね。
Dsc04567

夜の成都・・・・・。
Dsc04572
町中で酎ハイを購入し久しぶりにアルコールを飲みました、明日は帰国ですから。

中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(長坪溝ハイキング)。

2018年7月8日(日)の午後から四姑娘山6250mの脇の渓谷沿いにある長坪溝を歩きました、海子溝の入り口からグリーンバスでラマ寺まで上がり、渓谷沿いの木道を往復3・5時間ぐらいかけて歩きます、標高3300-3450mとか結構きつかったですね。
Dsc04127

バスを降りて歩き出すと見えてきましたラマ寺です、少し咲より木道の山道に入ります。
Dsc04129

今日も四姑娘山は姿を現しませんね、山はガスの中今回一番山に近いルートなのですが。
Dsc04132

このような木道の道がアップダウンしながら続くのです。
Dsc04146

再び山を見ますが?。
Dsc04143

見上げれば四姑娘山がこのように見えるみたいですがね?、凄いですね。
Dsc04153

道の約半分ぐらいで見えてきました、虫虫脚瀑布の滝です、標高3700m前兆200m(富士山の高さ近くの大滝です)見晴らし台までが急な階段で結構登りましたね。
Dsc04164

Dsc04172

滝の呼び方わかりませんが、結構な滝です、双橋溝でもバスから見えましたが、見晴らし台からなので迫力あります。
Dsc04185

山は相変わらず見えませんが風情はありますね。
Dsc04188

手前の岩場しか・・・未練じゃ。
Dsc04189

河を渡りますが雨の為汚れた濁流ですね。
Dsc04198

河を渡ったので四姑娘山山とは逆側の低いや岩場の山を撮りました、それでもスッキリしませんね。
Dsc04199

取り合えず今回の終点の枯樹灘?・・・立ち枯れ木々がある川幅の広い所まで来ました、この後来た道を引き返しました、高地でしたが私は高山病の症状も無く毎日スラスラと歩けましたね、以前黄龍では少し頭が痛くなったのですがゆっくり歩いたのが良かったかな・・・・・これで明日はパンダを見ての帰国ですね。

2018年7月13日 (金)

中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(双橋溝ハイキング)。

2018年7月8日(日)に中国四川省四姑娘山山麓の自然遺産双橋溝のハイキングに行って来ました、今日は朝から天気は雨です。
Dsc03978

入り口から約1時間渓谷沿いをグリーンバスで遡ります、再奥地紅杉坪標高3580mでポイントの各拠点毎に散策しバスで移動することができます、下りの1時間位歩きます。
Dsc03985

紅杉坪の高地の山で主峰は5280mの玉兔峰で雪渓がちらほら見えました、雨なので霧がかかりご覧の様ですが。
Dsc03988

Dsc03995

原生林の紅杉の間を歩きました。
Dsc04001

次はラマ寺ですかね、此処は見学のみ。
Dsc04015

名前がハッキリしませんが渓谷の川が広がり池状態の地形で上高地の大正池みたいに立木の立枯れが見られました晴れていないので色がくすんでしまいますね。
Dsc04026

Dsc04037

渓谷沿いの美しさが随所に見られました。
Dsc04052

途中の山から沢山の滝が見られましたがそばには行きませんでした。
Dsc04055

やはり、景色が良くて。
Dsc04076

Dsc04079

Dsc04085

立ち枯れの池の風情が良く、此れで山が美しく霧でもかかれば最高ですがね。
Dsc04096

Dsc04105
人参果措ですかね?、奇麗な景色でした、この後最後のハイキングへ向かいます、雨も小降りに。


中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(ハイキング(海子溝))。

2018年7月7日(土)の午後四姑娘山山麓のハイキングコースの一つ海子溝を歩きました、今回は世界遺産四姑娘山山麓の三つのエリアをハイキングします(明日は双橋溝・長坪溝)です、海子溝は四姑娘山主峰の南東部に広がる草地の多い渓谷で山上には海子と呼ばれる湖があるとか・・・今回湖までいけませんでした、標高3200-3300mでの歩きでおよそ3時間ほど歩きました。
Dsc03903

日隆の海子溝入り口?です、明日の長坪溝もここからグリーンバス乗り場になります、今日はそのまま歩きます。
Dsc03905

広場脇から木道の山道に入ります。
Dsc03908

木道の山道脇には花が咲いていますね。
Dsc03915

しばらく登ると海子溝入り口です、此れから本格的に山道ですね。
Dsc03916

入り口から奥すぐは庭園みたいですがその後は山道です、馬による上り下りは可能ですが私たちは歩くがタイトルですから。
Dsc03918

花を見ながら歩きますね。
Dsc03924

四姑娘山は見えませんが、今日は雨からそこそこの天気ですね。
Dsc03928

向かい側のチベットの人たちの家ですね随分高い所に家並みがならんでいます。
Dsc03933

漸く斎戒坪?の尾根に出ました、馬の後の崖下が私たちが宿泊しているホテルの有る所です。
Dsc03940

少し上ると四姑娘山の眺めがの良い展望台なのですが相変わらず雲の中で見えませんね、この後雨が降り出しました、この大分先の上に海子があるのでしょうが、私は鼻を見て下りました。
Dsc03952

Dsc03961

時間的に海子の有る所までは無理みたいでしたね、景色が見えず・・・花の時期は無理なのかも?、明日は双橋溝と長坪溝のハイキングです、天気は?。

2018年7月12日 (木)

中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(巴朗山峠4480mのフラワーウオッチング)。

2018年7月7日(土)チベット日隆のホテルから昨日来た道を引き返しトンネル横の観光用花道を巴朗山峠4480mまでバスを所々止めながらのフラワーウオッチングです、標高差により花の群生が異なりますね。
Dsc03762

昨日見た猫鼻梁展望台から見た四姑娘山(スークーニャンシャン)です、チベット族の4人の娘が一人の男性を好きになり、美しさを競い山に姿を変えたとの事、四姑娘山6250m・三姑娘山5355m・二姑娘山5276m・大姑娘山5025mからなります、山の周りの観光コースを登ります。
Dsc03768

巴朗山の道路わきから見た山・・・名前は?4000m位ですかネ、トンネルが富士山ぐらいの標高ですから。
Dsc03772

赤ケシの花です、花弁が長く、写しずらいですね。
Dsc03787

今日は雨でなく少し景色が見えるので山を撮りたいです。
Dsc03788

ユキワrソウ(エーデルワイス)です。
Dsc03790

Dsc03791

花名は?。
Dsc03795

Dsc03798

Dsc03805

青ケシです。
Dsc03818

赤ケシ。
Dsc03835

Dsc03837

黄ケシ、ケシは標高4000m近くが多いですね?。
Dsc03844

巴朗山峠4480m地点です、脇にはトイレがありましたネ。
Dsc03848

峠から見た今来た方面です、右側下方面にトンネル(標高3700m位)があり昨日通りました、この後逆側に下り再びトンネルをくぐります。
Dsc03854

逆側の草地に在った紫ケシですヨ。
Dsc03862

白いケシもありました。
Dsc03873

白いケシを見ていたらヤクの群れが押し寄せてきました、歓迎か邪魔か?。
Dsc03879

再び猫鼻梁展望台から・・少し見えるようになったかな。
Dsc03884

Dsc03891

Dsc03893

Dsc03901
これは日隆のホテルから見た日隆村方面です、午後からは、日隆の海子溝ハイキング(3200-3300m)を3時間30分歩きます。


中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(巴朗山峠周辺のフラワーウオッチング)。

2018年7月8日(金)に都江堰見学後いよいよバスで中国四川省四姑娘山山麓へ、巴朗山峠手前の貝母坪付近へ役2時間の山道を登ります。
Dsc03620

チベットの雰囲気の旗がある貝母坪付近(3200m)の高所です、辺り一面の花フラワーウオッチングの開始です、今回の天気予報では毎日雨・・・・これからどうなるのでしょうかネ。
Dsc03628
アヤメが多いです。
Dsc03647
Dsc03648
コバイケイソウ。
Dsc03654
サクラソウ・・・。
Dsc03657
Dsc03668
キンポウゲ。
Dsc03680
?・・・・・そこからまた少し移動し標高アップ。
Dsc03685
Dsc03693
青ケシですね。
Dsc03727
ウスユキソウ。
Dsc03732
アザミ?。
Dsc03733
シシウド?。
Dsc03734
シオガマ・・・多く見られましたね。
Dsc03737
コバイケイソウ。
Dsc03739
?。
Dsc03741
アツモリソウがありました、我が家のキバナアツモリソウに比べるとはるかに大きいです。
Dsc03753

Dsc03758
巴朗山の長いトンネルを抜けて猫鼻梁展望台から見た四姑娘山方面ですがご覧の様に・・・会うもう一度・・・。
Dsc03974
四姑娘山の絶景は弧の様らしいです現地の写真から・・・見たいですが雪は此処までないし天気が?、此処から近い日隆のホテルへ・・・・此処も標高3300m位ですかネ、取り合えず明日もフラワーウオッチングから・・・.

2018年7月11日 (水)

中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました(都江堰)。

2018年7月5日(木)から10日(火)にかけて中国四川省四姑娘山山麓に行って来ました、成田空港から成都空港へ当日は成都まで翌日から中国四川省都江堰・四姑娘山山麓の花旅ですが標高は3000-4500mと高山の尾根筋を巡る山旅です。
Dsc03570

成田からの飛行が1時間も早く着きました気流の関係か揺れましたが珍しいことです、雲は多くご覧のような空です。
Dsc03574
成都は三国志で有名な劉備玄徳蜀の都です、以前(2007年・・・2008年の四川大地震の前の年に九寨溝・黄龍ツアーで来ました)、夜遅く成都のホテルに着き寝るだけ、翌日は成都の西側にある都江堰により、その後四姑娘山(スーグーニャン)の山麓にある日隆(3連泊)まで行きます。
Dsc03575

成都から西へバスで約1時間世界遺産の都江堰の水利施設(現在も使用されている貴重な施設)を見学しました、都江堰が見渡せる楼門です、向こう側が民江です、2017年にも地震が起き建物の一部が壊れたとか。
Dsc03580

楼門から見た民江で三分割?、手前が川を2分割し成都への水を流すダムを造らず分水する仕組みを構築したのです。
Dsc03581

河の真ん中に島を作り分水したのです、先頭を魚醤と呼ぶとか。
Dsc03584

島の後方面です、溜まる泥を捨てる仕組み?とか・・・説明できませんが、今でも使用できる資産なのです。
Dsc03601

吊り橋を渡り島がわから見た所です。
Dsc03611

河の真ん中に突き出した魚醤です、分水の先端です、今は石で固めてありますが昔は蛇篭でしたね。
Dsc03615

先程の楼門少し上流にある立派な都江堰門です。
Dsc03616

都江堰門の屋根瓦の上に見事な人物瓦が乗っていました、此れから食事をして約2時間の危険な山道を登ります、花旅は此れからチベットへと入りますネ。

2016年7月 6日 (水)

中国桂林に行って来ました(龍勝の棚田)。

2016年7月3日(日)桂林観光の最後の日桂林郊外90kmの山中標高1200mぐらいにある少数民族(チワン族)の生活する棚田龍勝に行って来ました、この日は朝から大雨です、途中の道路に石が崩れています・・・・結構危ないですね(昔成都から九寨溝・黄龍にバスで行った所はもっと凄かったですが地震で??)。
Dsc05000
龍勝の棚田・・・少数民族チワン族日本人のルーツに近いとか?、漢民族に追いやられたが、山中に耕作地を設けた為広大な棚田がありますね。
Dsc05090
大雨の為視界が悪く見えなくなりますが、小ぶりの時には近場は見えました・・・でも遠くまではガスがあり見えませんが、何せ道路が川のように水浸しですが私は靴カバーを下の入り口でで購入したので濡れずに済みましたが、武陵源でも買いましたが途中で破け水浸しになりましたが今度は大丈夫でした・・・この頃雨にぶつかりますね!。
Dsc05095
ガスの関係で沢山写真を撮りましたがぼんやりしていますね。
Dsc05097

Dsc05103

Dsc05126

Dsc05129

Dsc05137

Dsc05176
集落です。
Dsc05187
この建物は食堂です、私たちでした・・・・食事は桂林の食事より味が日本人好みで私は美味しく頂きましたね、この館大雨で外が見えないぐらいでしたが、しばらくすると又小降りになりました。
Dsc05262
帰り際にまた奇麗な棚田が見えました、一日中こんな感じでしょうか・・・でも見えて良かったです、でも翌日帰国ですが広州空港でまた大雨雷雨で空港が1時間位閉鎖、結局2時間位遅れました、今回は毎日雨で大変でしたが現地ガイドの劉さんによると涼しのでラッキーですよと言われました。

 

2016年7月 5日 (火)

中国桂林に行って来ました。

2016年7月2日(土)に桂林観光のハイライト漓江(リコウ)下りです、竹江~陽朔へ4-5時間かけてのクルーズです。
Dsc04675
竹江の船着き場です何十もの船が接岸しています・・・・三国志の赤壁での船団見たい沢山です。
Dsc04677
出発して1時間ぐらいは山が無く見所は少ないです・・・・・今日も途中から雨が降ったり止んだりの天気でカメラが雨で取れないことが何回もあります。
Dsc04681
船の料理に特別料理があり、必要な具材は購入するみたいです、船に売りに来ます。
Dsc04688
桂林の岩場に名称があるのですが、良くわからずに撮りました、順番に羅列します。
Dsc04706

Dsc04763

Dsc04776

Dsc04814

Dsc04839

Dsc04843

Dsc04876
Dsc04914
この岩右側は九馬画山ですね・・・・馬が九頭見えるらしいですが?。
Dsc04984
此れが?20元の札裏の景色とか?。
Dsc05001

Dsc05018

Dsc05033
陽朔の船着き場出口です。
Dsc05035
陽朔の船着き場から西街に出ます、此処はスリが多いので気を付ける指示が出ました・・・。
Dsc05036
陽朔は大きな町です、橋を渡り船着き場方面を見た所です。
Dsc05052
工農橋から見た風景です、川の船と山が風情ありますね・・・・雨は降りますが川霧は出ませんね。
Dsc05076
たいしたことは無いのですが月亮山です、山の岩場に丸い穴が開いているので有名なのでしょう、ガイドブックに像鼻山・月亮山ありますね。

中国桂林に行って来ました。

2016年6月30日(木)から7月4日(月)まで中国の桂林に行って来ました、30日は羽田から中国の広州空港へそこから広州南駅から高速電車(新幹線)で桂林西駅です桂林のホテルに4泊の連泊です、この時期は雨期の為毎日のように雨でした、しかも湿気が90%ぐらいの蒸し暑さでしたね。
Dsc04568
飛行機からも雲が多く広州空港では着陸後大雨で荷物が遅れました・・・・帰りはもっと大雨で1時間30分位飛行機が飛べませんでした・・・帰れるか不安でしたネ。
Dsc04572
新幹線駅の広州南駅です、大きいですが人もいっぱいです・・・プラットホームは時間が来ないと入れてくれない。
Dsc04575
パスポートが必要で荷物検査もありますね。
Dsc04577
この電車に乗りました、ゴミ掃除の方がすぐ捨てろとか?、公安の方が荷物の載せ方を直したり・・・・その割に携帯電話ダメなのに大きな声で電話していたり、チグハグでした。
一日目はホテルまでです。
Dsc04583
翌日、桂林市内観光でまずパンダが起きて居そうな時間に七星公園に行きました。
Dsc04592
Dsc04589
パンダは一日4時間ぐらいで後は寝ていることが多いとか・・・昔上野動物園では寝ていたを見ました、此処は2匹ですが、起きて(1匹は寝転んでいましたが)いました、野生の猿がパンダの周りにも来たりしていました。
Dsc04602
その後像鼻山を見に行きましたが?・・・・!!!!、沖縄の崖”万座毛”の鼻の方が象さんらしいかな。
Dsc04612
古い街並み(老街)の大きょ古鎮探索です、その後整備されておらず古いまま・・・・・!!!!。
Dsc04617
此れはしっかりとした横浜中華街で見れそうな建物ですね。
Dsc04623
街が壁門で区切られているのがわかります、古い壁門があります。
Dsc04638
桂林は石灰岩の山々なので沢山の鍾乳洞があるそうです、此処は穿山岩鍾乳洞です。
Dsc04645
中国の鍾乳洞らしく派手な色のライトアップです。
Dsc04656
色々な石があります。
Dsc04668
大きな鍾乳洞がありますが、此れはそれ程大きくはありませんでしたね。
明日はいよいよ桂林の漓江(りこう)下りです。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ