2017年5月 2日 (火)

大分臼杵城跡に行って来ました。

2017年4月27日(木)に大分臼杵城跡に行って来ました、今日は帰りの日ですが少し時間が有るので逆方向ですが行って来ました。

Dsc02000

臼杵は磨崖仏で有名ですね、駅にもレプリカが在りますがとても時間がありませんから。

Dsc02454

臼杵は海の近くです此れから行く臼杵城跡は別名丹生島城で陸地近くの島でしたから。

Dsc02455

島一つがお城で左側したの方が濠で三の丸方面でした、上・左側が海みたいですね。

Dsc02457

駅からの都合で搦め手門・・・卯寅口門から入りました今は島の脇まで民家と道路で埋まっています、右側が臼杵城跡です。

Dsc02458

門を入ると左側の建物は現存の卯寅口門脇櫓です、岸壁と石垣を組み合わせた城壁ですね。

Dsc02471

此れは本丸の鉄門櫓跡ですね、二の丸と本丸の櫓門です、この左側が本丸です。

Dsc02478

本丸と二の丸の間には石垣による空堀があります。

Dsc02481

城の外側は岸壁ですね。

Dsc02482

京はグランドゴルフの大会か人が一杯で本丸跡に車が止められていました、此処は空堀横の二の丸屋敷跡です、その向こう側が二の丸ですね。

Dsc02491

この城の当初の主大友宗麟です、大分の府内城も大友宗麟です、豊後の大大名ですね、薩摩との戦で敗れおかしくなりましたが、この地では国崩し・・・フランキ砲を使い薩摩を撃退しました、その後藩主が入れ替わりますが関ケ原合戦ごは稲葉貞道が入封しました、1877年(明治10年)西南戦争では薩軍により落城。

Dsc02495

大手門です内側から。

Dsc02500

大手門をでて脇に畳櫓(現存遺構)、右側が大手口です。

Dsc02504

畳櫓から見た大手門です。

Dsc02510

大手門脇の鐘楼から見た大手口です(左上方向大手門公園)、堀(濠)・古橋・亭櫓跡です。

Dsc02512

鐘楼方向からの大手門櫓と畳櫓とあぶみ坂です・・・あぶみ坂は石垣と天然の岩場を削りできた大手門道です。

Dsc02526

大手門櫓方面二の丸から見た二の丸屋敷跡、左側は神社です。

Dsc02528

下の道は腰曲輪です、埋門前櫓跡です、左下は海でしょう。

Dsc02536

なおも腰曲輪を回り込みます、本丸の石垣で右側は空堀へ回り込みますね、右の石垣は二の丸屋敷跡です、少し時間が足りず三の丸(大手門口した周辺)までいけませんでした、此れから大分まで戻り大分空港です、出来れば杵築にも行ければ良かったのですが予定はすべて行けました。



















大分中津城跡に行って来ました。

2017年4月26日(水)に小倉から戻り大分の中津城跡に行って来ました、雨もも少し小降りになりました。

Dsc02300

中津川の下流で海(周防灘)の近くです、駅はこの写真の少し下です、昔は海沿いですね、三大海城の一つです(今治城・高松城)・・・明日行く臼杵城は元々の海の島ですから海城でしょうが・・・・?、此処は大分県ですが豊前ですね。

Dsc02310

中津城今は真ん中の三角が本丸としてあります、左と右端が三の丸で下から右が二の丸です。

Dsc02339

本丸には幾つかの神社があります、右端は藩主一族の奥平神社です、真ん中が中津城右側が南東隅櫓(二重櫓)です。

Dsc02367

薬研堀側(二の丸側)から見た中津城です、模擬天守で萩城天守をモデルとか、外観下見板張り五重五階の望楼型です。

Dsc02389

中津城は御存じ黒田官兵衛(孝高)如水が1588年(天正16年)12・3万石で入封、その後細川忠興(小倉城へ)・小笠原・奥平家となります、像は黒田官兵衛・光姫です、右側の石垣斜めは黒田時代のものだそうです。

Dsc02411

此処からが良いですかネ、雨が降ったり止んだりです。

Dsc02425

此方からも如何でしょうか?、堀は内堀の薬研堀です。

Dsc02439

最上階から見た景色ですが、天気が悪いので・・・・中津川です、この後別府に戻ったのですが普通電車は無く雨なので臼杵に行くつもりは無いが仕方なく特急で帰りました。






2017年5月 1日 (月)

福岡小倉城に行って来ました。

2017年4月26日(水)に小倉城跡・中津城跡に行って来ました、昨日の天気予報があたり朝から雨です、岡城は山中なので当初予定を入れ替えたのでまだ良かったです。

Dsc02100

雨なので歩く距離が半分のJR西小倉駅にしました。

Dsc02183

小倉城のお堀です、昔の北の丸今は八坂神社の石垣です、左側が神社入口方面ですが、右側の堀沿いに。

Dsc02188

堀沿いに見える着見櫓と八坂神社の社です、櫓は三層三階ですから天守なみですね。

Dsc02211

廻込駐車場(城内)から見た小倉城です、小倉城は関ケ原合戦の功労で細川忠興が39・9万石の大名になり1602年築城・・・・中津城からこの地に入封、後に熊本城へ移りますが。

Dsc02218

駐車場の道を大手門を過ぎお城近くに。

Dsc02230

小倉城です唐造りの天守と呼ばれます、四層五階で四と五階の間に屋根のひさしが無く五階の方が大きいのです、石垣は野面積みで荒々しいですね。

Dsc02238

このポイントの写真がほとんどなので堀を入れて、右側が八坂神社側です。

Dsc02248

北の丸の八坂神社本殿です。

Dsc02254

八坂神社入口の門です。

Dsc02258

堀外から見た小倉城です堀の正面左が北門口です。

Dsc02276

駐車場に戻り大手門から入城です、枡形ですね。

Dsc02279

大手門を入ると槻門櫓跡ですね、今はお城が直見えますが。

Dsc02293

天守と逆側の松丸(本丸の一部)には小倉陸軍歩兵旅団本部があり門が残っていました、西南(の役)戦争には後の乃木将軍もここから出征しました。

Dsc02299

着見櫓です。

Dsc02301

小倉城入城口です。

Dsc02315

天守最上段から見た小倉城庭園方面です。

Dsc02317

これは八坂神社側を見ました、雨は降りつづけています、此れから中津まで戻ります。















2017年4月30日 (日)

大分県豊後竹田の岡城跡に行って来ました。

2017年4月25日(火)に豊肥本線の豊後竹田にある荒城の月でおなじみの岡城跡に行って来ました、駅からはレンタル自転車で行きました、日本100名城です。

Dsc01600

大野川の支流である稲葉川と白滝川に挟まれた標高325mの天神山の山上に高石垣がそびえる防御力の高い城ですね。

Dsc01700

左橋の大手門から入城し、西の丸方面・近戸門・家老屋敷・桜の馬場・本丸方面へ見て回りました、前の図は上からの入城になりますね、やはり、竹田城を思い出しますね、南千畳・本丸・北千畳の各石垣の構成です。

Dsc01821

駐車場(総役所跡)から見た西の丸の石垣、右側を回り込み大手門へ、左側を廻り込み急坂を上ると近戸門へとでます。

Dsc01829

この山は天然の壁があり石垣が不要の断崖を多いですね。

Dsc01831

山側を回り込み大手門を仰ぎます、左側の斜面を上がります、奥の石垣は大手門の方がわです・・・まるで塔のように見えますね。

Dsc01845

急坂を上ると大手門です、右側はガケ、左側は石垣です。

Dsc01848

大手門跡ですね大手門前に番所が在ったのですね。

Dsc01853

大手門跡を入り内側から見た所です、奥が西の丸側ですね、こちら側が後期になると主流になるみたいですね。

Dsc01856

大手門内側の石垣から今来た道を見ました。

Dsc01872

西の丸脇の道です、上が西の丸です。

Dsc01886

西の丸は結構広いのです、端まで来て下を見ると駐車場が眼下です、右横上には小さな物見台跡がありますね

Dsc01902

西の丸脇から右側が家老屋敷跡(3家老か?それぞれあります)と正面石垣が普請方跡、左側が近戸門側です。

Dsc01913

近戸門跡です、石垣に囲まれた防御性が高いですね。

Dsc01920

近戸門を入り真すぐな道を突き当たるとガケに出ます、正面左側に見えるのが三の丸・二の丸の高石垣です、その奥が本丸の石垣です、右側を迂回し本丸がわへ向かいますね。

Dsc01949

大手門から西の丸側に行かず右側に直進するとやはり家老屋敷跡(左石垣)・さくらの馬場(正面)へと続きます。

Dsc01954

さくらの馬場の奥の狭まった場所に西中仕切り門があります。

Dsc01959

入口脇から見る高石垣です。

Dsc01962

有名な所なのでさらにアップで・・・・高石垣です。

Dsc01966

西中仕切り門を入るとそこにも枡形の太鼓櫓門跡(奥)がありました。

Dsc01972

太鼓櫓門を入ると三の丸です、奥の石垣が本丸の石垣ですね。

Dsc01978

三の丸です。

Dsc01997

三の丸奥脇から本丸への登り口左側奥が二の丸で階段横に井戸があります、結構井戸が見られますね。

Dsc02002

西の丸側の石垣です、深い急な崖で分けられています、なおかつ石垣で防御です、島津軍が天正14年三万七〇〇名の大軍で三回に及ぶ攻撃にも落城しない難攻不落の城ですから。

Dsc02005

此処が二の丸です、荒城の月の作曲家滝廉太郎の像もあります、阿蘇山・久住・祖母山等が見えますから。

Dsc02010

此処が本丸です。

Dsc02012

本丸から見た三の丸方面です、右側石垣が西の丸方面です。

Dsc02024

やはり本丸から見た東中仕切り門跡の石垣です、この奥にも御廟所跡があります。

Dsc02025

東中仕切り門跡から二の丸の石垣を望む、岡城は中川氏が7・3万石で13代続きました、山城は遺産が当時のまま残り規模の大きさが目の当たりに見え感動しますね、ゆっくりしたいのですが他の予定もあり急いで戻りました。
























2017年4月29日 (土)

大分・府内城跡に行って来ました。

2017年4月24日(月)に大分府内城跡(日本100名城)に行って来ました。

Dsc01720

江戸期の府内城の縄張り図です、1597年(慶長2年)福原直高が関ケ原後1602年(慶長7年)竹中重利が改修水城です、右側の外側が大分川側で横が人工土手の帯曲輪、現在は西丸・本丸・東丸の内堀が埋め立てられていますネ、北側は海で東側が川で水の上に浮かぶ城に見えたそうですね。

Dsc01725

西の丸の隅櫓(二階櫓)・・中間に宗門櫓(1859年)・・大手門、右脇が大手門脇の着到櫓です、右側は当時は三の丸です。

Dsc01732

大手門です。

Dsc01739

東の隅櫓?・・・石垣が出ている所が三階櫓の石垣です。

Dsc01747

東丸の脇の二階櫓、左側が土手の帯曲輪ですね。

Dsc01751

帯曲輪を回り込み右端が人質櫓で中央奥が天守台です。

Dsc01763

現松栄神社(当時北の丸)側から見た人質櫓(1861年)です。

Dsc01766

北の丸(此方がわ)と西の丸をつなぐ廊下橋(床板を外し敵の侵入を防ぎます)。

Dsc01785

本丸櫓台から人質櫓方面を見ます。

Dsc01789

天守台から廊下橋を見たところ。

Dsc01790

天守台から大手門方面を見る、途中に内堀があり本丸と分けていましたね・・・復元したら良いのにね。

Dsc01792

本丸から西の丸を見た所、途中に内堀があり西の丸と分けていましたね。

Dsc01794

大手門側から天守台を見ました、明日は天気の関係で岡城跡を回ります。









2017年4月21日 (金)

三春城址に行って来ました(舞鶴城址)。

2017年4月20(木)に三春の滝桜を見に行きました、併せて三春城跡も見てきました、4月6日(城の日)に続日本100名城が発表されました、その1城に選ばれていました。

Dsc01564

三春城跡の縄張り図です、旧と今が重なりずれているので見ずらいですが、戦国当初は田村氏の山城で伊達氏が介入との事、豊臣秀吉の小田原征伐に田村氏は参陣しなかったので改易されたそうです(伊達正宗の指示とか?)、その後寛永5年(1628年)松下長綱が三春3万石に封じられ改修し戦国の山城から城郭へ、最終的に寛永22年(1645年)秋田俊季が5・5万石で封じられ近世城郭としたそうです。

Dsc01570

丘陵地(山に近い)407mに作られています、今の町役場前の丘の上です、下から二の丸方面を見上げました、今回は回り込み搦め手口から本丸へ上がりました。

Dsc01585

搦め手門から本丸方面に上がると石垣?が見えます、搦め手門の下側にも今は桜の公園ですが、何かの曲輪跡ですね。

Dsc01591

搦め手からの直線的な車道を上がると突き当り右側が二の丸、左側が本丸の猪口です。

Dsc01592

二の丸です、この端に二層二階の櫓が天守代わりに在ったそうです。

Dsc01599

本丸門を回り込みます、下の道が今来た道で奥が二の丸です、此処の本丸は二段に整地された腰曲輪みたいですね。

Dsc01602

本丸門を少し上がると本丸ですね、上の写真は左側を廻り込んでみたところです。

Dsc01603

本丸を上がると神社後みたいな石垣が一段高い所にあります。

Dsc01626

本丸の低い橋から見た所です、結構広いですね、右側・向こう側は切り立つ土塁ですね、奥の左側が先程の石垣が有る場所です。

Dsc01627

今の場所から左側の二の丸を見た所です。

Dsc01632

二の丸櫓跡から三春の街を見ました、多分正面先が三春駅のほうかな、左下が小学校・・旧の居住館ですね。

Dsc01636

二の丸の脇に大門跡が・・・横矢の登り口ですね。

Dsc01650

ジグザグに上ります、大門を下ると三の門跡と奥が本丸脇の腰曲輪ですね。

Dsc01670

山道を下ると三春小学校があります・・・此処が御殿跡ですね。

Dsc01672

この学校の門は当時の藩校明徳堂の表門だそうです、やはり山城はヤヤ車の道が作られ微妙な所が在りますが、当時の遺構がはっきりしていますね滝桜以外にもこの山にも桜が沢山見られました。

Dsc01683

最後に帰りの電車から見た(駅のドア越しに)白河小峰城です、まだ石垣は修理中ですがいいもんですね。









2017年4月14日 (金)

小机城跡に行って来ました。

2017年4月13日(木)に横浜の小机城跡に行って来ました、以前茅ヶ崎城跡に行ったのですが時間が足らず行きそこなった城跡です、続日本100名城に選出されビックリしましたが見に行きました・・・武蔵松山城が選出されなかったのにはガッカリしましたが!。

Dsc02991

横浜線小机駅まえから見える小高い丘陵です、右側から裏手にかけて鶴見川が流れて居ます、小机城は長尾景春の乱で大田道灌が攻撃していますね、後に後北条の小机衆が治めていますね・・・・しかし豊臣秀吉との戦乱は無かったみたいですね(殆ど小田原城籠城ですかね)。

Dsc03002

縄張り図です、駅から線路沿いを根古屋へそこから本丸(西郭)横の帯曲輪へ入り、右側へ回り込み櫓台から本丸へ・・・・・。

Dsc03003

この丘全体が今ではタケノコ山ですね、此れからが楽しみの時期です・・、根古屋から奥を見上げました。

Dsc03007

登り詰めると帯曲輪が本丸を囲み本丸との間が空堀です、左側が根古屋、空堀の右側が本丸(西郭)、正面は土橋で本丸入り口(冠木門があり)へ続きます。

Dsc03009

私は本丸側と逆側へ進みます。

Dsc03014

本丸との間の空堀です。

Dsc03018

此処は本丸を囲む帯曲輪の終点の櫓台?ですかね。

Dsc03030

帯曲輪を下り回り込みます、右側上が二の丸(東郭)側で二の丸下の腰曲輪が右下にあり、左側が本丸前衛の帯曲輪の土塁。

Dsc03035_2

階段を上がると右側が露台跡と二の丸(東郭)側です・・・こちらは本丸後に来ますネ。

Dsc03036

此処が本丸と二の丸の間の帯曲輪の入り口で櫓台が左側に在ったのでしょう、今は左側から上がりました、右側も見事な空堀です。

Dsc03048

入口を登った所です、櫓台で本丸と二の丸の間にある帯曲輪です。

Dsc03062

帯曲輪の土橋を渡ると本丸です。

Dsc03067

帯曲輪の端から見た先程の根古屋から北帯郭が眼下に見えますね。

Dsc03068

本丸を抜けて外側から見た冠木門です、土塁・空堀・土橋の奥に門です。

Dsc03088

本丸を抜けて二の丸へこのお城は山内・扇谷上杉時代と後北条時代のお城が重なり本丸が微妙なようですね。

Dsc03090

二の丸上から見た空堀です・・・見事な空堀ですね・・・後北条の土木でしょうね。

Dsc03097

此処は第三京浜道路で分断された富士仙元(浅間)台です。

Dsc03104

富士仙元の碑がある櫓台でしょうね。

Dsc03108

そこの脇から見た鶴見川方面です、左後方面が小机城跡です。


















お台場に行って来ました(第三台場)。

2017年4月13日(水)天気が良いので小机城跡とお台場の第三台場(砲台跡地)に行って来ました、幕末の要塞・・・・・台場も城の一種なのですね(続日本100名城で知りました)。

Dsc03114

新橋から”ユリカモメ”で「お台場海浜公園」駅へここから歩いて10分ぐらいで海辺です、レインボーブリッジの脇に広がるのが第三台場公園です、右側から歩いていけます。

Dsc03121

海脇の砂浜を回り込み台場へつながる道です、奥が第三台場公園です。

Dsc03124

この階段を上ると第三台場です、昔は海に囲まれていました、2017年4月6日に続日本100名城にあがりました・・・品川台場は幕末ペリーの黒船(1853年)来航で大騒ぎになり翌年までに急いで作ったもので未完成を含み9要塞だそうですが、今は2個(第六台場・・・立入禁止)のみと説明に在りました。

Dsc03128

此れが台場の縄張り図です、四角(菱型)で周りが土塁で中が窪地です、左下が船着き場ですね、設計者は伊豆韮山の代官江川太郎左衛門です。

Dsc03130

中を覗いた風景です、真ん中に陣屋があり土塁に囲まれた窪地です・・・・土塁は敵船からの砲弾を吸収しますからね。

Dsc03132

土塁上から海浜公園を見た所1です、奇麗な所ですね。

Dsc03133

同じく景色2です。

Dsc03140

レプリカの砲台跡です、後側にレインボーブリッジがみえますね。

Dsc03150

砲台の先に見えるのが、鳥の島(旧防波堤・・・立入禁止)です。

Dsc03157

レインボーブリッジの左側が第六台場です(立入禁止)100名城ですよ・・・。

Dsc03161

後側に史跡の碑が在りました。

Dsc03164

史跡脇に船着き場が・・・陣屋への補給が必要ですからね。

Dsc03175

船着き場うえの土塁から見たところです。

Dsc03176

土塁を利用した弾薬庫です・・・・そうそう、レインボーブリッジの遊歩道を歩くと第六台場も上から覗ける見たいです・・・花粉で鼻水が止まらず見ませんでしたが機会が在れば歩いてみたいものですね。








2017年4月 7日 (金)

甲府に行って来ました(甲府城)。

2017年4月4日((火)に要害山城跡・武田神社・甲府城に行って来ました、電動自転車で回ったので以外と楽に回れました、甲府城は甲府駅を含む中央線で分割されていますが、武田神社と合わせて日本100名城ですね。

Dsc01380

この地図の下側が中央線で山手渡櫓門も復元されています、本城は元々対徳川用に豊臣政権の拠点として作られました、羽柴秀勝・五奉行の浅野長政で慶長5年(1600年)ですが関ケ原の戦い後は徳川一門が抑えました・・・・・・・何のことやら。

Dsc01383

此れが山手渡櫓門です、向こう後に見えるのが稲荷櫓ですね、歴代の徳川一門凄いですよ・・義直(家康の九男)、忠長(秀忠の三男)、綱重(家光の三男)、綱豊(6代の家宣)、この後は甲斐源氏武田一門の柳沢吉保・吉里です、吉保は館林藩の家来でしたが5代綱吉の下で大老まで上り詰めましたね(川越藩・大和郡山藩)。

Dsc01384

同じ場所から見た天守台の石垣です、手前が中央線で稲荷曲輪の石垣・本丸の石垣です。

Dsc01388

内松陰門です。

Dsc01389

内松陰門から見た内側の石垣です、この門内は二の丸ですね、ここは枡形構造です。

Dsc01395

内松陰門内を本丸への石段踊り場から見たところです、枡形構造です、美しいですね。

Dsc01397

石段を登ると本丸で奥が天守台の石垣です、天守は内側建物下から入る構造ですね。

Dsc01400

本丸の虎口である鉄門です、これも渡り櫓門ですね。

Dsc01402

鉄門から見た天守曲輪ですね。

Dsc01403

鉄門脇の石垣上から見た鍛冶曲輪・堀・甲府の街並みと富士山です。

Dsc01414

反対側から見た稲荷曲輪と稲荷櫓です。

Dsc01416

最後に稲荷櫓をアップで如何ですか?、これで青春18切符も使い切りました、次はどこかな?。




2017年4月 6日 (木)

甲府に行って来ました(要害山城跡)。

2017年4月4日(火)に武田氏の詰め城である要害山城跡に行って来ました、青春18切符の最後で三春の滝桜を見に行く予定でしたがまだ咲いていないのと天気が崩れ?そうなので此処に切り替えました、バスの時間が無いので駅前からレンタルサイクルで出かけました、電動アシストなので登り坂でも楽に行けました。

Dsc01120

此れが武田神社裏側の詰め城要害山(正面の山770m)城跡です、武田氏館の翌年永正18年(1520年)構築の山城ですね・・・館とセットです、武田信虎恐るべきですね、山の下が根古屋地区で城番が置かれているそうですね。

Dsc01127

温泉地区でもありますが(信玄の隠し湯・・・彼方こちらにありますが)此処が左側裏手側の登場口です(要害温泉)。

Dsc01129

お城の縄張り図です、下側が登り口、右側下が根古屋地区です、山の両サイドは急ですね、山道の半ばまではジグザクの上りでそこから先は曲輪群が折り重なるように構築し横に回り込めないように竪堀が彫られていますね、山頂の主郭は細長く結構な広場で裏側にも堀切・竪堀で絞り込んだ防御です。

Dsc01157

ジグザグの山道を行くと南アルプスの白根三山?、ですか見えてきます、甲府の街も見えるのですが木々が邪魔して奇麗には見えず。

Dsc01167

山道途中に竪堀・土塁のカンバンが、山道正面に土塁が下側を回り込めないように竪堀が彫られているのです。

Dsc01171

登り坂も切り落としてあり沢山の人が同時に上がれないよう工夫されていますね。

Dsc01184

此れは枡形構造の防御ですね、両サイドに門塀があり廻は土塁での曲輪正面は一段と高い土塁で、右側に進むのですが右側にも門が在りますね、袋のネズミです、このような曲輪が繰り返しあるのです。

Dsc01199

不動曲輪です、武田不動尊が祭られているので跡から命名された曲輪だそうです。

Dsc01211

不動曲輪の反対側方面の井戸曲輪?ですね。

Dsc01218

水神・諏訪水(古井戸)です・・・小さな井戸ですが今でも水がありましたね。

Dsc01225

井戸曲輪の奥側から見た所ですが、下側にも腰曲輪らしきものがあり脇から下への援軍が送り込めるように見て取れました。

Dsc01230

此処は石の門塀で枡形構造(正面土塁でせき止め)、左右からの攻撃です。

Dsc01258

ここも似たような門塀ですが方がわへの落とし込みですかね。

Dsc01265

正面上からの土塁上から見た下側の景色です、上からの攻撃を掻い潜り攻めるのがいかに大変かわかりますね。

Dsc01270

此処が最後です主郭への門跡です。

Dsc01272

上がりこむとそこが主郭です、右側は土塁です、奥行きが結構ありますね。

Dsc01273

信玄公誕生の地の石碑と山梨100名山要害山の案内です、今川軍に攻められこの城に避難していた信虎夫人がここで信玄を生んだそうです、今川の大軍を信虎は破り戦国大名に名乗り出たのです。

Dsc01283

主郭の搦め手門です、土塁も今に残っていますね。

Dsc01285

裏手の門を出ると石積の残る堀切とつながる縦堀です。

Dsc01289

狭い尾根筋に建て堀を設け沢山の人が同時に通れないよう、此方は高みから敵兵を抑えるのです。

Dsc01302

攻める側から見た堀切と縦堀と正面の土塁です、正面の土塁上からこの細い道から攻めるのは容易ではないのがわかりますね、素晴らしい防御システムですね、でも勝頼は織田の大軍の前にはこの規模の城では無理と判断し新府に城を築いたのですが・・・・・負け戦となると人が集まらないのですね。

Dsc01327

これは根古屋地区に残るお寺さんです、後の山が要害山です、素晴らしい山城ででしたね、この後甲府城に行き帰ります。



最近のトラックバック

無料ブログはココログ