2017年12月30日 (土)

2017年度訪問の天守・櫓。

2017年度に訪問した天守もしくは櫓がある城郭を年賀用に一覧にしました。

Dsc09897

三重県伊賀上野城の天守です、梯郭式平山城現在は木造模擬天守で層塔型3重3階ですが昔は5重と大きく石垣を当時の半分しか使用していないみたいです、此処は高石垣でも有名です。

Dsc00680

福井県越前大野城の天守です、現在は連結式望楼型2重3階、織田信長の家臣金森長近が一向一揆鎮圧の恩賞にこの地をもらい建てたそうです。

Dsc00423

福井県丸岡城の現存天守です、独立式望楼型2重3階、柴田勝家の甥柴田勝豊築城。

Dsc05294

岐阜県岐阜城の天守です、長良川脇の金華山(稲葉山)山頂、織田信長が斉藤龍興から奪い天下布武の号令戦国統一に向かいました、独立式望楼型3重4階。

Dsc06056

愛知県犬山城の現存天守国宝です、木曽川の脇望楼型3重4階。

Dsc03816

青森県弘前城の現存天守です、独立層塔型3層3階、現在石垣修理の為曳家で本丸広場に移動中でした。

Dsc03871

東京都江戸城伏見櫓・多門櫓です、皇居二重橋の奥に見える櫓です、西の丸の櫓はこれ一つとか。

Dsc04109

新潟県高田城です、松平忠輝で有名ですね独立式望楼型3重3階、大阪城が欲しくなるのも?。

Dsc02238

福岡県小倉城望楼型4重5階。

Dsc04362

長野県上田城西櫓です、真田氏の居城。

Dsc06041

岐阜県大垣城です関ケ原の戦いでの拠点でした、層塔型3重4階。

Dsc09748

大阪府大阪城です望楼型5重8階、豊臣秀吉で有名ですが、徳川秀忠が再建したのです。

Dsc01764

大分県府内城人質櫓幕末再建の櫓です、右側石垣が本丸です。

Dsc00046

奈良県大和郡山城追手門・追手門向櫓、本丸はこの奥の石垣に囲まれた跡があります、豊臣秀長です。

Dsc02425

大分県中津城です、黒田官兵衛(考高)築城の城です、独立式望楼型5重5階です。

Dsc04858

福島県二本松城箕輪門・付櫓、幕末の戦乱で落城した悲劇の城です(少年隊の悲話も)。

Dsc03963

宮城県白石城です、片倉小十郎の城です、三階櫓層塔型です、幕末の奥州連合の舞台とか。

Dsc00147

京都府福知山城です、明智光秀の居城で連結式望楼型3重3階です。

Dsc06303

愛知県名古屋城です、連結式層塔型5重5階の大天守・左側が小天守です、右側が御主殿です、徳川家康が天下普請でつくり尾張徳川家が治めました、今度木造での再建とか楽しみですね。

Dsc09641

和歌山県和歌山城です連立式層塔型3重3階豊臣秀長が築城、のち紀州徳川家が治めましたね。

他にも沢山のお城を訪問しましたが、お正月用に櫓・天守があるお城を載せました、来年も元気にお城探索が出来ればと良いと思っています。










2017年12月 7日 (木)

八王子の浄福寺城跡に行って来ました。

2017年12月6日(水)に八王子の恩方に在る浄福寺城跡(別名・・松嶽(竹)城・案下城・千手城・新城)に行って来ました、12月2日(土)に同じ八王子の高月城跡に行きましたが立ち入り禁止区域が多く消化不良の為、再度山城を見に行きました。

Dsc07500

浄福寺城は八王子城の裏手の方(高尾駅方面から見て)にあり大石氏の城でしたが手狭になり、滝山城・・その後八王子城を作ったので出城として使用されていました、別名が多いのは山・道・地名などの呼び名の為ですか?、今回は一番右側の恩方第一小学校脇(松竹橋すぐ)から山道に入りー山の神ー飯縄山ー東尾根中の丸ー三の丸ー二の丸ー北の丸ー本丸ー南尾根ー浄福寺へ(大手門・・・中尾根丸方面へは行きませんでした)。

Dsc07564

まず、大手門跡方面へ行きニウータウン方面(恩方第一小裏方面)を歩きましたが現地の方に尋ねても(4人)わからず、採石場があり登り口が無い?もしくは危険で迷惑なのかも?、引き返して松竹橋脇の理髪店裏の駐車場脇の細い道から山中に入りました。

Dsc07570

入口少しはヤブですが、山道がその後ついていました、しばらく進むと人工的な切岸?が出現。

Dsc07571

山の神の曲輪です、後が飯綱山259mです、漸く城の中に入れました。

Dsc07584

飯綱山を下り振り返ります、左が大手門跡方面への下り道ですね・・・・今回はそちら方面へ行きません、東尾根中の丸へ進みます・・・しばらく山道が続きます。

Dsc07588

出てきましたね、正面に立ち塞がる切岸、左右から挟み込むような土塁です。

Dsc07590

土塁上から下を見るとご覧のようですね、上から横から打ち取れる防御です、山の尾根筋を利用した同じ形の防御が此れからアチラコチラの尾根筋で見られます。

Dsc07601

土塁の上横を来る敵横矢がかりの餌食が想像できますね、山城の醍醐味ですね、ちなみに本日この城で一人も合わず独占でしたね、しかし興味ない人は歩いても気が付きませんね。

Dsc07618

なおも先に行くと再び急な登り口・・・・うかうかとは登れませんね。

Dsc07627

これは尾根筋を建ち割った堀切ですね、木々が多い堀が埋まっていますが、まだまだこれからです。

Dsc07639

三の丸を過ぎて二の丸へ、北の丸の細い尾根筋です、堀切で分断もあります。

Dsc07640

此処が北の丸で小さな山頂を削り落とした曲輪みたいですね、これで二の丸へ戻ります。

Dsc07643

北の丸の堀切から二の丸方面を覗いた所です、細長い尾根ですね先程通過したところです。

Dsc07650

細長い二の丸の端に険しい堀切があります、二の丸と本丸入り口を分けています、荒れていて登りに気を付ける必要があります。

Dsc07652

本丸側から見た堀切と二の丸側です、本丸へはこの後しばらく急坂を上りますね。

Dsc07655

登りつめると本丸です、奥が一段と土盛した土壇になっていますね。

Dsc07658

此処が本丸です。

Dsc07664

本丸跡に石社が・・・他に説明版もありませんね。

Dsc07675

本丸の虎口ですね、観音堂への降り口です・・・・もう少し、左側方面に中の尾根丸への下り場所があったのでしょうが気が付かず下りに・・・・・?。

Dsc07677

この南尾根筋も防御台が連続していて、細い急坂で上りくる敵兵を上から攻める仕組みで固められています。

Dsc07683

上から見ると下ががら空き状態ですからね。

Dsc07693

下からは急坂を上るわけです、上が楽なわけです、この城も八王子城と共に落城したわけですが、守りの人数が多分少なく、しかも鉄砲に武装された敵方の前には守り切れずに玉砕したのでしょう・・・・歩いていて水の手がわかりませんでしたが、多分沢筋から運び上げたのでしょうかネ?。

Dsc07695

漸く、観音堂へ降りてきました、此処も小さな曲輪後なのでしょうね?。

Dsc07698

観音堂周りも切岸状態の防御になっていますからね。

Dsc07707

浄福寺の白山大権現堂脇に下り墓から境内へ紅葉も終わりですね。

Dsc07709

浄福寺ですこの前に説明版がありました、登り口は左側墓の奥です、バスが陣馬街道(案下道)は一時間に一本と少ないので、帰りには川原宿まで歩きました、天気も穏やかで、山城も最高でしたね、規模は小さいですが小谷城の尾根筋を思い出しましたね。

















2017年10月13日 (金)

名古屋城に行って来ました。

2017年10月9日(月)に犬山城を見学したのちに名古屋城に行って来ました、地下鉄市役所前から城内へ此処名古屋城は日本三大平城で大阪の豊臣家を意識徳川家康が西国大名に築かせた天下普請の城です、旧国宝ですが戦災で焼失戦後再建されましたが、今話題の木造で再建が進行中です・・・・ぜひ新しい名古屋城も見たいものです。

Dsc06190

市役所がわ東御門から二の丸へと入りました。

Dsc06197

名古屋城外堀です、正面が東御門入り口です、三の丸は左手後ろの堀の外です、大きな城郭なのです。

Dsc06201

東御門入り口です。

Dsc06214

東御門を入ると、右側が広大な二の丸があり此処は庭園です。

Dsc06222

二の丸をなおも進むと堀に囲まれた本丸があります、辰巳(東南)隅櫓と南一の門(表一の門)です。

Dsc06227

南一の門です、内部が枡形構造です、高麗門中が櫓門です。

Dsc06231

南一の門の先にある未申(西南)隅櫓です、それぞれ小さなお城の天守なみですね。

Dsc06236

未申隅櫓と名古屋城天守(北西)です、左側・後がわは西の丸で奥左側が御深井丸でその外側は水堀で囲まれています、名古屋城は徳川御三家筆頭で徳川家康の九男義直尾張徳川家62万石のお城です。

Dsc06237

正門の櫓門です西の丸内側から。

Dsc06241

西の丸から見た大天守。

Dsc06243

未申隅櫓方面から見た表一の門と辰巳隅櫓。

Dsc06250

西側の堀外から見た手前小天守(よくわからず)と大天守。

Dsc06283

本丸から見た小天守(2層2階)と大天守入り口・・・小天守は大天守の関門の役割。

Dsc06288

小天守から大天守への入り口です、出入り口は此処のみです。

Dsc06295

ここ名古屋城は連結式層塔型です、最上階から見た未申隅櫓方面、西の丸正門も見えます、手前は建設中の本丸御殿です。

Dsc06302

本丸から見た大天守・・・・これが木造で生まれ変わるのが楽しみですね。

Dsc06303

連結式層塔型小天守と大天守です、手前の建物は再建中の本丸御殿の一部です。

Dsc06335

此れが本丸御殿の玄関車寄せです、すべて木造による建物です、迷子になりそうな内部です。

Dsc06326

此れが御殿内部、二条城と並ぶ武家風書院造りの双璧です、見事な襖絵ですね。

















2017年10月12日 (木)

国宝既存天守(5個のみ)の犬山城に行って来ました

2017年10月9日(月)に国宝既存天守(5個のみ)の犬山城(2回目)に行って来ました、大垣から名古屋に途中で清州城?が見えました、今回の計画で気が付きませんでした残念です。

Dsc06050

名古屋より名鉄犬山線で犬山遊園(図の右上)駅へ木曽川沿いに既存12天守で国宝5重要文化財7・・・国宝犬山城へ向かいます、尾州藩附家老成瀬家のお城ですね(今でも個人の城ですかネ?)。

Dsc06051

此れは江戸時代の城郭です、今は天守・本丸門・鉄砲櫓ですかね。

Dsc06054

木曽川上流側から見た犬山城天守です横面側ですね、当時は丁度下側の川沿いにも櫓が在りましたね。

Dsc06056

やはりアップでの犬山城です望楼型です入母屋の屋根上に切り込んだように乗っています、廻縁がみえます、下横は石落としですね。

Dsc06087

イザ、お城に大手道を上がります、右側が杉の丸、左側崖下が樅の丸、左奥の石垣の上が鉄砲櫓、正面石垣横が枡形構造で本丸門です。

Dsc06089

此れが本丸を守る鉄砲櫓の石垣です。

Dsc06091

大手門で枡形構造ですね。

Dsc06094

大手門脇から見た鉄砲櫓ですね。

Dsc06097

大手門をくぐり本丸から見た天守です。

Dsc06102

正面から見た所です、右側に付櫓(入り口を守る)、屋根の上に乗っていますね、唐破風がおしゃれですね、天守脇の窓が華頭窓です、三重四階地下二階です。

Dsc06106

入口左脇から見上げました右側突き出しが付櫓です。

Dsc06132

天守建物の内部です、急な梯子で登ります。

Dsc06138

廻縁から見た木曽川です、あの橋右側が駅です。

Dsc06143

これも廻縁から本丸と犬山の城下です、正面が本丸門・鉄砲櫓です。

Dsc06157

大手道を下ります、右側は樅の丸の堀ですね。

Dsc06174

下流の橋側からみた天守です、やや天気が悪くなりましたネ、石落としが川側に在りますね、秀吉はこの川側から攻め上りましたね。

Dsc06176

これもアップで如何でしょう?、流石既存天守12個の写真も漸くそろいましたね、以前は仕事の合間に来たので周りから見ていなかったかな?。













2017年10月11日 (水)

大垣城跡に行って来ました。

2017年10月8日(日)に大垣城跡に行って来ました、当日は大垣市の10万石まつりで賑わっていました。

Dsc06017

駅前通りを少し進むと右側に大垣城跡が在りました、大手門脇の丑寅隅櫓です、大垣城は関ケ原の戦いで石田三成の西軍の拠点になった事でも有名ですね、三重・四重の堀に囲まれた平城ですが戦前は国宝でした。

Dsc06022

戌亥隅櫓脇から見上げた天守です、今は町中と木々がありお城が見ずらい環境でした。

Dsc06023

少し中に入り見上げました。

Dsc06026

本丸中よりの姿です木々が多くもう少し離れたいのですが取れません、江戸時代の本丸は内堀内に二つの分かれた敷地が連結し虎口は一つの防御性の優れたお城みたいですが今は想像しずらいですね。

Dsc06028

お城を正面入り口から見ました。

Dsc06032

現在の大手門です右端が先程の丑寅隅櫓です。

Dsc06038

天守脇の黒門跡とありました、この周辺が堀で此処から橋で本丸へは入れたのでしょう?。

Dsc06041

西側からのお城です、此方がわ公園ですが今日はお祭りで沢山の方がいました、丁度も粽まき前でした。

Dsc06043

西門とお城と戌亥隅櫓です。

Dsc06047

江戸時代の城主戸田氏鉄公の像左が戌亥隅櫓です。

Dsc06050

木が邪魔して、此処で今餅まきが始まり私も二個ゲットしましたがチョット危険でした。

Dsc06052

関ケ原の戦いは1日で終わりましたがその後もここでは攻防戦は続いたのですが最後は裏切りが出て落城したのです、明日は犬山城・名古屋城です、清州城を計画しなかったのが残念ですが!!。










2017年10月10日 (火)

岩村城址に行って来ました。

2017年10月8日(日)に名古屋周辺のお城巡りに行って来ました、まず岩村城跡です。

Dsc05854

明知鉄道恵那駅から30分程で岩村に着きました、1車両の単線です。

Dsc05855

ここ岩村は松平の城下町です、城下の奥の山に岩村城があります。

Dsc05859

城下のメイン道路を進みます、今日はお祭りでした、帰りに見ましたネ。

Dsc05864

酒屋さんに女城主の看板が・・・・おつやさんです信長の叔母が此処遠山家に嫁いだのですが旦那が亡くなり・・・・その後武田軍の秋山虎繁が攻め無血開城・・・夫婦になったのですが信長の為後に殺されました・・・・。

Dsc05867

城下端から山の入り口から山頂にかけて岩村城です、完全な山城です・・・日本三大山城?の一つです。

Dsc05868

山麓にある岩村城太鼓櫓です。

Dsc05891

山道を登りしばらくすると石垣が出てきました、一の門です。

Dsc05902

この辺は山登りですね、横矢がかりのくねった道です。

Dsc05905
土岐門手前です、この辺から見事な石垣が在りますね。

Dsc05909

大手門を入ると両サイドが石垣の通路に入りました右側が三重櫓跡ですね。

Dsc05935

なおも進むと右側に菱型の石垣があり上が二の丸です。

Dsc05940

回り込むと本丸の石垣が見えます、左側はガケです、六段の石垣でとみに有名ですね、左側の石垣の上が東曲輪です。

Dsc05942

左側が東曲輪右側が長局・本丸側です。

Dsc05944

本丸の六段の石垣です。

Dsc05956

東曲輪から見上げた長局埋門です、本丸は石垣手前が長局奥が本丸と二段になっていますね。

Dsc05960

長局門跡です、切り込み接ぎの石垣ですね。

Dsc05963

本丸の六段石垣の上から見た登ってきた道です、正面左側が二の丸で菱型石垣が在ります。

Dsc05965

同じ位置から見た東曲輪と長局門方向です。

Dsc05972

本丸跡です、左側は井戸のあとで、奥が天守跡です。

Dsc05975

岩村城天守跡です。

Dsc05988

本丸脇の埋門跡です。

Dsc05990

味方を変えた埋門跡です、上が本丸、下が長局です。

Dsc05998

埋門を下から見た所です。

Dsc05999

埋門下からの石垣で石垣向こうが六段の石垣です。

Dsc06012

城下は祭礼でした、此れから大垣へ向かいます、結構山道での石段が歩くのに大変でしたが素晴らしいものでしたので満足です。





















2017年6月30日 (金)

上田城跡に行って来ました。

2017年6月27日(火)に長野の上田城跡に行って来ました、キップ期限4日目の最終日で新潟まで行きたかったのですがヤヤ近場にしました、二度半の訪問ですね。

Dsc04289

昨年のNHK大河ドラマ真田丸の舞台ですね、今回はゆっくりと見学させて頂きました。

Dsc04290

昔の縄張り図でです、千曲川の断崖尼ケ淵が天然の要害ですね、三方が水堀での防御ですからね、御存じ真田昌幸が築いた平城です・・・真田は山城も多いですが、地形を見抜いての築城に長けていたのでしょう。

Dsc04297

二の丸橋を渡り二の丸方面から見た、東虎口櫓(正面)・南櫓(左側・・・その左側が尼ケ淵)・北櫓です、北櫓前から土塁での水堀が三方向に囲っています、中が本丸で外側が二の丸となります。

Dsc04298

南櫓ですね。

Dsc04300

東虎口櫓門と北櫓です・・・・枝垂れ桜。

Dsc04304

櫓門の石垣真田石・・・・信之が松代移封の折持ち去ろうとしたが動かなかったとの伝説が?。

Dsc04310

城内から見た東虎口櫓門と南櫓です。

Dsc04319

西櫓と石垣です、西側の虎口ですね。

Dsc04324

本丸跡です。

Dsc04329

真田神社の真田井戸・・・実は抜け穴で外と通じていたとの事?。

Dsc04362

尼ケ淵から見た西櫓自然の崖と石垣の組み合わせた防御で当時は下を千曲川が流れて居たみたいですね。

Dsc04367

同じ位置から見た南櫓です。

Dsc04389

北側の内堀です、本丸土塁の隅落とし・・・(土塁の北東(丑寅)隅を切り落とし鬼門よけして隅櫓を二個建てたのです。

Dsc04398

此処は昔の城主館跡・・・今は上田高校ですか。












2017年6月29日 (木)

春日山城跡に行って来ました。

2017年6月26日(月)に新潟の春日山城跡に行って来ました、御存じ越後の竜上杉謙信のお城です。

Dsc04126

信越線春日山駅前の通りから見える山がそうです、正面全体の山城です。

Dsc04127

山全体が城跡です。

Dsc04132

上越市埋蔵文化財センター前の上杉謙信像です、後程出ますが春日山神社脇にも像が在りました。

Dsc04134

右側が神社方面ですが、大手道を進みました、山道と舗装が入り交じった道を登りました。

Dsc04145

しばらく山道を上り詰めると峠にでます、この辺りは南三の丸に当たり権現堂方面へとイザ城が落ちそうな時の落ち筋とも思われます。

Dsc04166

なおも山側の大手道を進むみ堀切状態を上がると大きな曲輪に出ました、重臣の柿崎泉の守の屋敷跡です、大手道の守りの要でしょう。

Dsc04175

御成り街道?関白近衛前嗣が通ったのでこの名前が山道に着いたそうですね、関東に受け入れてもらえず失敗したのですが、左側の上の曲輪は上杉兼勝の屋敷跡、正面は鐘櫓跡です。

Dsc04191

鐘櫓から見た大手道方面です回り込んで上がってくるのです。

Dsc04192

堀切・切岸で各曲輪を分けてありますね。

Dsc04197

山頂直下にある井戸曲輪です、水は今も枯れることなくあります・・・山城は水が命ですからね。

Dsc04199

井戸曲輪を登ると本丸横の天守台に出ました、直江津方面が一望ですね、米山も見えます。

Dsc04210

天守台の脇が本丸跡です。

Dsc04211

本丸の下に二の丸・三の丸と続きますね。

Dsc04217

本丸横に護摩堂跡があります、建物は休憩所です。

Dsc04230

護摩堂跡です、出陣に辺り護摩堂にこもり毘沙門天に祈ったのでしょう。

Dsc04234

護摩堂下に毘沙門堂があり・花畑曲輪と続きます。

Dsc04252

虎口から二の丸・三の丸方面ですが(上の山頂は本丸)崩れて立入禁止でした。

Dsc04259

少し下がると千貫門跡です、登り口が分かれて迷路・・空き堀に誘導の防御を構築したみたいですね。

Dsc04265

上杉謙信を祭神にした春日山神社本殿です。

Dsc04270

神社脇に建つ謙信公像です。

Dsc04274

下から見た春日山城です。

Dsc04279

謙信公の墓がある林泉寺…山門です、流石春日山城歩きでもあり遺構がよく保存されていました、・・・大人の休日倶楽部パス15000円キップで3日目流石に疲れてきました。




















高田城に行って来ました。

2017年6月26日(月)に新潟の高田城・春日山城に行って来ました。

Dsc04072

高田駅から駅前通りを行くと高田城跡の外堀(西堀)があります、すごい幅の外堀です東洋一のハス園で有名とか、向こう側が西二の丸側です、三方向を二の丸が囲み北側は北の丸とよばれますね。

Dsc04078

縄張り図です、平城です、大阪の陣前に川を利用し4ケ月で造成したとか、石垣・天守の無いお城ですが、天下普請ですね、伊達政宗が築いたそうです。

Dsc04079

当時のお城の縄張り図ですね、左側が西堀で西二の丸を入ると本城堀と呼ばれる内堀が在り本丸です、南側が三の丸で現在は公園の一部です。

Dsc04084

内堀の本城堀です、河川利用のため、石垣無の土塁です、右側が本丸側です。

Dsc04085

南西の隅に建つ高田城三重櫓です、初代城主は松平忠輝です、徳川家康六男ですが、家康に嫌われた?、不運な武将ですね、晩年は諏訪湖の高島城預かりで亡くなりましたね。

Dsc04087

高田城三重櫓です。

Dsc04095

城内側から見た三重櫓で望楼型ですね。

Dsc04109

此れは南側から見た三重櫓ですね、土塁の上に建っています。

Dsc04111


南二の丸と本丸に架かる極楽橋です。

Dsc04121

もう一度、高田城三重櫓を本丸無いは今は桜の名所で夜桜でとみに有名ですね。








2017年6月28日 (水)

白石城に行って来ました(宮城県白石市)。

2017年6月25日(日)に宮城県白石市の白石城(別名益岡城)伊達氏の重臣片倉小十郎の城に行って来ました。

Dsc03900

JR白石駅からほぼ直進で着きます、新幹線白石蔵王からは少し離れているので福島から乗り換えていきました、平山城ですね。

Dsc03953

坂道を少し上がればお城ですね。

Dsc03963

お城が見えてきました、平成に木造で再建されたお城です・・・白河小峰城が少し早く木造で史実に合わせて復元した天守で同じですね・・・・・此処東北は戊辰の役でも戦乱に巻き込まれましたね・・・・会津藩救済と停戦を呼びかけた仙台・米沢両藩の呼びかけでの会場です、奥羽越列藩同盟…戦乱へと進みましたね。

Dsc03971

大手門です、宮城県の南側で仙台藩ですが一国一城令の例外で伊達家の重臣片倉小十郎がが治めた城ですね、そのため天守と呼ばず大櫓と呼んでいたそうですね。

Dsc03979


樹外側北面と西面(此方がわ)には切妻出窓があり石落としが設けられています、最上階には華頭窓を設け高欄廻縁の美しい城ですね。

Dsc03993

城内から見た白石城です。

Dsc04000

やはり城内本丸から見た大手門と天守です。

Dsc04022

最上階から見た大手門と城内の一部と街。

Dsc04029

大手門から見た天守。

Dsc04045

城の北側に流れる沢橋側沿いにある武家屋敷、ここ白石には世良修藏の墓があるのですね・・・行きませんでしたが。

Dsc04049

その世良を暗殺した福島に立ち寄り福島城跡を尋ねました、奥州街道の束ね、板倉藩の城下町ですが、今は県庁で遺構はありませんね。

Dsc04050

県庁の庭に残る碑。

Dsc04059

県庁脇のモミジ山・・・・ケyキの巨木が・・城内の庭の一部とか。

Dsc04067

阿武隈川が後側の防御を担っていましたね。










最近のトラックバック

無料ブログはココログ