2020年3月27日 (金)

栃木城跡に行って来ました。

2020年3月26日(木)に栃木城跡に行って来ました、

Dsc02290

栃木第四小学校グランド側のラーメン屋さん脇を入ると案内板が見えました、左側が四小です、右側がわずかな遺構です。

Dsc02297

この栃木城はこの一帯を治めた皆川家は北条の傘下でした、皆川家の藩主広照は小田原征伐時には小田原城へ籠城、徳川家康

の勧めで降伏、皆川城を失いましたが、家康の助けで本領を安堵・・・天正18年1591年この地に栃木城を築城。

Dsc02301

案内板から右側へ・・・・この辺の方が古い作りの武家風の屋敷がありますね。

Dsc02305

この右奥が栃木城跡です。

Dsc02306

この水堀が遺構の一部?です、小さな栃木城址公園です。

皆川広照は小田原征伐後は徳川家康に仕え家康の第六子忠輝を養育長野の飯山に移り、栃木城は弟の俊勝に預けましたが、慶長14年1609年忠輝失脚に伴い皆川家は改易、城は破城となった為、町中で遺構が無いみたいですね。

Dsc02307

水堀もわずかですね。

Dsc02309

この奥少しを含め城址公園です。

Dsc02311

堀脇がわずかに高台で残っているだけですね、しかし、皆川家は1615年豊臣家滅亡の大阪の役で功あり、1623年常陸国石岡で一万石の大名に復帰していますね、・・・・結構数奇な人生を送った戦国大名ですね。

Dsc02312

現在の遺構は写真中央のボツですから、立派なお城ですね。

Dsc02318

桜の花の栃木城遺構です。

Dsc02324

水堀の角から栃木城跡遺構を。

Dsc02335

遺構の土塁うえから水堀を・・・・、この前に皆川城跡を尋ねたのです・・・皆川城跡は山全体が遺構ですからね。

 

2020年3月23日 (月)

舘山城跡に行って来ました(山形米沢)。

2020年3月19日(木)に山形県米沢市の舘山城跡に行って来ました、伊達氏のお城で後に上杉氏時代に廃城となった城ですね。

Dsc01802

鬼面川に架かる大樽橋です、肥大側が舘山城跡です、会津・喜多方面の道路。

Dsc01811

橋左側から見た鬼面川上流です、正面の山が舘山城です、川が合流地点で左側が大樽川・・・上流に小野川温泉があります、右側が小樽川となります。

Dsc01814

橋を渡りチョット左側がお城への入り口ですね、左側の家が資料館です、正面の川(小樽川)を渡れば舘山城城内ですね。

Dsc01819

舘山城跡の縄張り図です、今上右側の端です、上の方の北館跡には行きませんでした、東館から南側虎口から上がり曲輪1・2・3と見て回りました、此処館山城は伊達家の本城で伊達政宗生誕の城なのですね。

Dsc01820

小樽川の橋を渡ると正面に切岸?が現在変電所なのです、左右に道が・・・右側の北館には行かず左側の東館へ行きました。

Dsc01827

舘山城内東館跡です、正面は大樽川です。

Dsc01835

東館跡の脇・・川は大樽川、奥林の中が大手口があり右側の山への登城口です、井戸跡等が有りますね。

Dsc01840

東館の奥(現林の中)の大手道、正面から右側の登り口が有ります。

Dsc01861

横矢掛かりの斜面をジグザグ登りますね、右側下が東館側。

Dsc01863

曲輪1の虎口に出ました。

Dsc01867

曲輪1です、右側(北東)が先程の変電所が有る切岸の上ですね。

Dsc01871

曲輪1の外れから見た米沢側です、下が鬼面川で右側林が米沢城辺りでしょうかネ?、向こうは蔵王方面でしょうかネ?。

Dsc01872

振り返り見た曲輪1.

Dsc01875

曲輪1の北側斜面・・・帯曲輪が有りますね。

Dsc01876

曲輪1の奥側を見れば土塁が見えますね、川に挟まれた丘陵台地を削平ヤヤ細長い三角な曲輪1ですネ。

Dsc01883

曲輪1から見たヤヤ左側の奥、奥は土塁が見えます。

Dsc01888

曲輪1の右側の奥は枡形虎口で小石の石済みが見られます・・・・此処館山城は江戸期に廃城となり壊したのです、大きな石垣は無いですね。

Dsc01892

しかし、趣のある石済み跡ですね、向こう側が曲輪2へ繋がりますね。

Dsc01895

枡形虎口を出た、曲輪2です、左が曲輪1の土塁で空堀があり左側が曲輪2です。

Dsc01901

逆側を見れば空堀から竪堀が落ち込み脇には帯曲輪が有りますね、この下側は北館ですね。

Dsc01905

曲輪2の奥(左側)には大きな土塁が見えます、正面は大樽川側です。

Dsc01918

曲輪2の川側で切り立つ壁で下に大樽川が流れたお城なのです、

Dsc01921

少し進むと曲輪2の大土塁があります。

Dsc01925

土塁の上に小さな石の社と碑が・・・・・、向こう側も大きな堀切が・・・空堀ですが、今は変電所の堀?。

Dsc01930

大土塁の上です、右側が曲輪2、曲輪下奥が虎口です。

Dsc01931

曲輪2の大土塁上から振り返り見た大堀切・・・右側が曲輪3側の物見台方面。

Dsc01939

曲輪2の虎口です。

Dsc01941

曲輪2の虎口、向こう側が曲輪3側・・・横が空堀・・・今は変電所設備の水が流れている?。

Dsc01943

虎口脇の帯曲輪としたが北館。

Dsc01944

曲輪3の虎口・・・手前は空堀跡・・・今は変電所設備の川?。

Dsc01945

空堀・・・・変電所設備の川?・・北側。

Dsc01946

曲輪2と曲輪3の空堀・・・今は変電所設備の川?。

Dsc01950

曲輪3です・・・狭いですね、後ろの物見台の為の削平地?かな。

Dsc01953

曲輪3から見た堀切による空堀・・・実質此処が後ろの壁ですからね・・・この後の物見台の向こう側にももう一つ堀切が有りますがね。

Dsc01956

逆光を浴びた物見台坂道曲輪3から上ります。

Dsc01957

此処が物見台跡です舘山城の一番奥です。

Dsc01958

物見台から見た空堀です。

Dsc01963

舘山城物見台です、米沢市内からの敵が見える位置ですね、此れで舘山城跡の散策は終わりです、良い城でしたね。

2020年3月22日 (日)

米沢城跡に行って来ました(上杉神社)。

2020年3月19日(木)に米沢城跡(上杉神社)に行って来ました、上山城跡の帰りに寄りました。

Dsc01700_20200322101201

米沢城下の絵図・・・今は上杉神社が水堀で残っています。

Dsc01751

上杉神社(米沢城本丸)と一部周辺。

Dsc01753

上杉神社前から見た舞鶴橋。

Dsc01755

正面水堀を南側から左側が米沢城本丸(上杉神社)。

Dsc01757

南側の堀、米沢城はほぼ正方形の本丸・・・右側、左側は上杉伯爵邸です。

Dsc01771

南側の堀に架かる菱門橋。

Dsc01773

上杉神社正門です。

Dsc01777

上杉神社です。

Dsc01779

上杉神社本殿。

Dsc01782

上杉神社正門の舞鶴橋と昆の旗、向こうは蔵王方面でしょうかネ?。

Dsc01792

北側から舞鶴橋を眺める。

Dsc01793

北側の水堀です。

Dsc01796

西側の水堀です、四角な水堀に囲まれた米沢城跡です。

Dsc01800

米沢城の南側の上杉伯爵邸です、堀の脇です。

Dsc01803

米沢藩主上杉家の墓所です。

2020年3月21日 (土)

上山城跡に行って来ました(山形上山温泉)。

2020年3月19日(木)に山形の上山城跡(月岡城跡)に行って来ました、米沢の小野川温泉に宿泊し明日は朝から帰りですが米沢城跡・舘山城跡を今日一日で見て回ります、この城は以前来たのですが工事中だったので再度見に来ました。

Dsc01680

かみの山温泉駅からの手前の端側から見た上山城・・・高欄廻縁の望楼型のお城ですね・・・以前はシートで見えなかったのでうれしいですね。

Dsc01685

お城の下から見上げます、このお城写真が撮りずらいですね、高台ですが住宅地で電線が多く近づくと城が見づらくなりますね。

Dsc01692

右側の公園側から見た上山城です、如何ですかネ。

Dsc01696

やはり公園側からすこし近づき。

Dsc01700

公園から見た蔵王方面の山です、冠雪の山々が・・・・。

Dsc01702

より近づき城横から。

Dsc01705

お城の横からですね・・・これから後ろ側へ最後に正面へ回りますね、この城は山形最上氏の最南端の城で米沢の伊達氏・上杉氏との攻防が行われたのです、江戸期に土岐頼行が2・5万石がおさめ、寛永5年1628年京の大徳寺の沢庵禅師が流布されたお城でもあるわけです、土岐氏が転封後廃城となったみたいですね。

Dsc01710

お城の裏山にある月岡神社です。

Dsc01716

月岡神社側から見た上山城です、桜の木々が多く、隙間を見つけるのが大変です。

Dsc01731

漸く正面へ出てきました、天守脇の櫓門と華麗なお城の神山城です、電車からも奥見えますが、山形方面でないと見えません、今回は駄目です。

Dsc01735

もう少し角度を変えて、このまま少し離れればよりよい写真が撮れるのですが下がれませんからね、でもこの前見えなっかったので今回見えて良かったです、此れから米沢に戻り、米沢城跡・舘山城跡を見てきますね。

2020年3月15日 (日)

桐生城跡(柄杓山城跡)に行って来ました(群馬桐生市)。

2020年3月12日(木)に桐生城跡に行って来ました、桐生駅からおりひめバスで城山入口のバス停へ。

Dsc01334

バス停脇にありました、案内板です、女子高校前のバス停からも歩ける距離でしたね、帰りはバスの時刻の関係でそこまで歩きました、取り合えず城山入口から舗装の林道を上り日枝神社のコースを歩きました。

Dsc01337

林道を上り駐車場まで、奥左側に案内図がありました、まだ舗装道路が続きますね。

Dsc01339

案内板1此れからもう少しで桐生城跡。

Dsc01338

案内板2・・・今右下、少し上がれば分岐・・・左側へ城の案内図(縄張り図は此れだけでしたね案内は無い)・・・私は北郭方面へ行きそこないました残念ですが(悔しい)・・・多分堀切から竪堀脇から下るのでしょうが?。

Dsc01341

此処が分岐ですね、直進し右脇から漸く山道へ入ります、左側は土塁みたいに積み上げた土砂の作業場?・・・お城を作るの?。

Dsc01348

作業場横の山道を少し登れば本格的な山道に入りました。

Dsc01352

山道を進み鞍部へ右側は?、左側が桐生城(柄杓山城)の三の丸への入り口の尾根ですね。

このお城は連格式で三の丸・二の丸・本丸・・・脇に北郭等が有りますが・・・でも居館は本丸側下の山裾向こう側になります、お城は藤原姓足利系佐野氏一族の桐生氏が築城、観応元年1350年頃?、戦国期は北条・上杉らに従い群馬太田金山城の由良氏と抗争、元亀4年1573年由良成繁が攻め桐生親綱は佐野へ逃亡、以後由良氏の居城(北条方)、天正18年1590年廃城。

Dsc01354

分岐の尾根を左側へ、すぐに堀切で区切られた三の丸が現れます、右横は竪堀ですね、ぞくぞくしますね。

Dsc01356

堀切です、右側が三の丸です、道は山の向こう側へ回り込みますね。

Dsc01358

堀切の底道を進みます、正面は竪堀、右側に山道が変わりますね、右側が三の丸で横矢ですね。

Dsc01361

しばらく三の丸脇の道が続きますね、横矢が続くわけです。

Dsc01366

三の丸切れ目は大きく堀切られ左右には竪堀です、道が右側に正面が二の丸です、よく見ると左側に入れそうですね。

Dsc01369

三の丸の虎口から見た二の丸方面、この後三の丸へ・・・中は手入れが無く意外と細い。

Dsc01372

二の丸脇の道です。

Dsc01381

二の丸と本丸の堀切です、横は竪堀です。

Dsc01383

これは二の丸を戻り三の丸との堀切ですが、藪があり見ずらいですね。

Dsc01388

二の丸から見た本丸前の堀切と本丸虎口、手前の木が根事倒れて下の堀切を見ずらくしているのです。

Dsc01391

本丸の虎口です、小さな枡形?、回り込んでいますね。

Dsc01392

本丸の虎口上から見た二の丸との堀切です・・・・此処からは良く見えますね、左側から来るわけです。

Dsc01394

すぐ小さな削平地がありこの奥が本丸です、回り込みますね。

Dsc01395

本丸ですね、回り込みますね、虎口は向こう側です。

Dsc01398

本丸脇を回り込みますが、この右脇下にも帯曲輪が有るみたいでしたね・・・上から見ると削平が見れますが降りる道は?。

Dsc01399

本丸脇を回り込み木々が切れてきました、桐生市内側へ来ました。

Dsc01404

これは土が崩れない様・・・、見晴らしが良いよう木々が切り払われています。

Dsc01406

本丸です、今日は誰にもあわず・・・、桜の時期は名所なのかな?。

Dsc01407

桐生柄杓山城の立派な碑があります。

Dsc01410

本丸から見た桐生市内方面です、この下が日枝神社居館方面となります、此処は詰めの城なのでしょう。

Dsc01414

本丸の北東側?も下側に削平地が見られます・・・居りませんが。

Dsc01416

本丸から日枝神社へ下ります、急な斜面の坂道です。

Dsc01418

急な斜面を下り降りると段々の削平地が見られます、この辺からが居館・・・桐生館でしょうかネ?。

Dsc01421

少し下側に社がありました、まだ日枝神社まで少し距離がありますね。

Dsc01423

この辺りも削平地で向こう側は切岸みたいですね。

Dsc01428

日枝神社脇に降りました、神社脇に楠の巨木が見られました・・・幹回り3-5位の立派なものですね。

Dsc01436

日枝神社から少し離れて楠に囲まれた風情があるり、桐生氏にゆかりのある神社です。

Dsc01437

日枝神社(右下)と柄杓山です、社は右上の緑の林あたりですかネ・・・・やはり山城は遺構が残されて見ごたえが十分にありますね。

 

2020年3月14日 (土)

山上城跡に行って来ました(群馬県桐生市)。

2020年3月12日(木)に上毛電鉄の膳駅から山上城跡に行って来ました、その前に膳城跡に行き、北側に抜けて無事山上城跡へ、意外と近くでしたね。

Dsc01501

山上城跡入口です・・・・。

Dsc01502

模擬櫓?を入ると三の丸に入る木橋が・・・・三の丸は公園ですね。

Dsc01504

三の丸にある案内図です、皆さんが荷物置き場に・・・・少し横にどけて写真を・・・左側公園の外に南曲輪が有りますね、丘陵地を空堀で区画し横にも長い空堀と土塁で囲んだ連格式の中世のお城ですね。

藤原秀郷の流れをくむ山上氏のお城で関東管領山内上杉の重臣、天文15年1546年河越夜戦にも上杉軍として参戦、弘治元年1555年北条氏康により山上氏秀は城を奪われます、永禄9年1566年戻るが、永禄12年1569年上杉謙信の関東攻略で山上氏は滅亡、天正8年1580年武田勝頼により落城と有名な武将に攻められたお城です。

Dsc01505

三の丸です、正面先が二の丸。

Dsc01509

三の丸と二の丸の空堀です、二の丸脇に腰曲輪が北郭まで、右側は土塁でもう一つ腰曲輪が見られますね・・・見た目防御性は高く見受けられませんね。

Dsc01510

三の丸と二の丸を分ける空堀です。

Dsc01511

先程の二の丸の虎口と腰曲輪です。

Dsc01513

二の丸の虎口から三の丸方面を見ました。

Dsc01514

二の丸から見た腰曲輪、その左下にも、もう一つあります。

Dsc01515

二の丸です、奥の盛り上がる所が本丸と本丸二の丸は強く分かれていませんね。

Dsc01517

二の丸西側の土塁です、此方も、空堀・土塁と続いていますね、この空堀は三の丸から北の丸まで直線です堀底道ですね。

Dsc01518

本丸の虎口?、右側奥が本丸で此処だけが空堀で分けられていますね?。

Dsc01526

本丸から北郭を見ました、結構な高さが維持されていました。

Dsc01528

本丸奥に碑、正面が北郭、その向こうが笹郭になります。

Dsc01531

本丸広場です、連格式の簡単な構造のお城です、天正18年1590年の小田原征伐の時には片桐且元らに攻められ落城・・・その後廃城。

Dsc01538

これは西側の虎口?。

Dsc01539

西側虎口から見た三の丸の土塁と空堀、今日は桐生城・膳城・山上城跡を尋ねました、此れで帰りますね。

 

2020年3月13日 (金)

膳城跡に行って来ました(群馬県前橋市)。

2020年3月12日(木)に群馬の膳城跡に行って来ました、西桐生駅から上毛電鉄に乗り、膳駅へ。

Dsc01441

膳駅脇を右側へすぐ大通りを右側へ、少し歩くと案内が在りました、駅から歩いてお城までいけます、左に曲がり兔川を渡れば昔は城内ですね、橋の向こう側が根古屋で右側が南曲輪・追手門方向、根小屋の上方向(北)が西曲輪でその上が本丸です。

Dsc01442

此れが膳城跡の全体図ですね、今は本丸脇から真下に道があり、遺構は本丸・二の丸周辺の曲輪と空堀が残っています、意外にも周辺によく見れば空堀らしき見て取れます、本丸の北側は公園ですが上のお寺さん間でとかなり広いですね。

Dsc01443

坂を上るといきなり膳城跡本丸が・・・・・。

Dsc01444

膳城跡本丸の入り口です・・・それ程大きくはありませんね、西側から南にかけて兔川が流れ、東側に童子川の間の棚状丘陵地帯に空堀を巡らせたお城です。

Dsc01447

本丸の堀底道をまず時計回りに見て回ります、左側は今は通りです。

Dsc01450

反対側へ出てきました、右側が本丸、左側が二の丸。

Dsc01452

空堀の底から見た本丸・二の丸・正面は北曲輪方面ですね、此れから少し先左側を上ります。

Dsc01456

登と空堀があり、左側が二の丸で此処は三の丸(袋曲輪)が有りますね。

Dsc01464

此処が袋曲輪ですね、左側は二の丸を囲む空堀です。

Dsc01472

袋曲輪と二の丸の合流点です、後が西虎口。

Dsc01475

二の丸です。

Dsc01476

二の丸から見た本丸と空堀(先程歩きました)と右側が櫓台です。

Dsc01484

本丸から見た二の丸がわで右奥が先程登った袋曲輪側です・・・・この一角が奇麗な遺構として保存。

Dsc01485

本丸です、右側は通り。

Dsc01487

本丸に残る碑、築城は15世紀後半にはすでに有ったとか善氏(後に膳氏)文明12年1480年佐野昌綱により、落城したが由良氏(佐瀬業繁の援軍で帰城、永禄5年1562年上杉方に降る、元亀3年1572年上杉謙信の下野小俣城攻めで北条軍と戦うが善宗次は討ち死、その後北条軍により落城、膳氏は没落、その後上杉・北条と城主は変わる、天正8年1580年御館の乱で武田勝頼は上杉景勝を支持、上杉景虎の厩橋・大胡・山上・伊勢崎の各城を攻略、膳城近くに来た武田軍(この時武田軍は甲冑を来ていなかった)を膳城から攻撃、逆に打ち取られた”膳城素肌攻め”は有名なお話とか・・・廃城となったとの事。

Dsc01498

後ろは公園でした、三の丸・北曲輪辺りでしょうかネ?、お城が有りました。

Dsc01500

三の丸から見た赤城山ですね・・・これから山上城跡へ道が解るか不安ですが。

2020年2月25日 (火)

逆井城跡に行って来ました。

2020年2月24日(月)に茨木県坂東市の逆井城跡(飯沼城跡)に行って来ました、交通の便が悪く以前より行きたいと思っていましたが、息子のスケジュールと会い急遽行けることに、車では比較的楽に行けましたね。

Dsc01000

逆井城跡の案内図です、上が北側です、下側中央が大手門の筋で左側手前が空堀、左側が西の2の曲輪、大手門から直線で区切り西側の曲輪、大手門から右側斜めが古城でその奥から右側が本丸(御北条が改築)、右側が東2の曲輪で右側手前が3の曲輪に大雑把に分割されています、

左側には蓮沼、北側は西仁連川(昔は飯沼)で西・北・東は湿地帯だったのです、湿地帯に立つ平城です、逆井氏は古河公方に所属、御北条に攻められ滅亡、天正5年(1577年)北条氏繁により大掛かりな改築がなされた・・・・後北条の栃木茨城方面に進出する拠点・・・佐竹氏がいましたからね、お城の説明が現地で少なく?。

Dsc01081

大手門から城外を時計回りにまず見て回ります、大手口の土塁の上に二層櫓が・・・中世のお城の雰囲気が伝わりますね、土塁に架かる木橋もいいですね。

Dsc01089

水堀と二層櫓が・・・。

Dsc01097

角を回り込み蓮沼方面へ、西二の曲輪に立つ井楼矢倉です・・・・どこかで?、そう長野の荒砥城でも見ましたね、復元されイメージがより鮮明になりますね、中世と近世がごっちゃになりますからね。

Dsc01102

水堀の脇を回り込み裏側(北側)の西仁連川へ・・・此処は搦め手?の虎口?で左右を土塁で正面も土塁で抑えた虎口・・左右は馬出?。

Dsc01109

虎口内右側の土塁と右側は堀切の空堀です、右側は本丸側です、正面は当時は沼地ですからね。

Dsc01116

搦め手口から真っ直ぐ奥へ、小刻みの空堀が刻まれています、多分古城(逆井氏時代)の本周辺?、左側が空堀で奥が本丸です、右側が西2の曲輪法目になりますね。

Dsc01119

古城?土塁上から見た空堀・・・中央は鐘堀池(逆井氏落城の折に城主の娘?が鐘と沈んだとの伝説ある?)、左側は本丸。

Dsc01121

逆井城跡の説明版?・・・・わかりますか!。

Dsc01130

撮りの周辺を回り込みました、右側が本丸で奥が鐘堀池。

Dsc01132

なをも回り込むと、本丸に架かる木橋と復原された櫓門です、右側東2の曲輪側です。

Dsc01138

此処が東2の曲輪です、奥には空堀が有りその向こう側が三の曲輪側です

Dsc01139

復元された櫓門と木橋です。

Dsc01143

木橋上から見た空堀、右側が本丸、本丸側は土塁で積み上げた有ります。

Dsc01145

逆側ですね、左側が本丸。

Dsc01148

此処は東2の曲輪の東の外れ。

Dsc01150

本丸から見た先程の搦め手がわの川筋です(昔は飯沼)。

Dsc01151

本丸に残る社・・・・、この城の城主になった北条氏繁は氏綱・氏康に仕えた綱成の子で綱成は地黄八幡の北条軍の黄備えの猛将で天文15年1546年河越の夜戦で半年間の籠城戦に耐え逆転した人です、北条一門で玉縄城主だったのですからこの地に力を結集したのでしょうね。

Dsc01156

此れが鐘堀池です、本丸側からです、向こう側が古城側?でしょう、その向こう側が西の2曲輪側ですね。

Dsc01157

東2の曲輪側・奥が三の曲輪で大軍が収容できる形みたいですね。

Dsc01165

東2の曲輪端から見た本丸側の空堀と櫓門。

Dsc01171

東の2の曲輪と3の曲輪の空堀、向こう側が3の曲輪ですね。

Dsc01182

東2の曲輪林の向こうが本丸。

Dsc01183

此れも2と3の曲輪を繋ぐ木橋、天正18年1590年豊臣秀吉の小田原征伐により、本城も没落廃城となったのですね。

 

2020年2月20日 (木)

難波田城跡に行って来ました(埼玉県富士見市)。

2020年2月19日(水)に埼玉県富士見市の難波田城跡に行って来ました、東武東上線志木駅東口からバスで下南畑バス停へそこから歩きました、南畑=難波田・・・なのでしょうね、難波田弾正左衛門尉善銀の城とか・・・・松山城を預かり扇谷上杉に所属していましたね、後北条に敗れましたかネ?、荒川と新河岸側の間の湿地帯のお城で三重の水堀に囲まれた珍しい平城です。

Dsc01

現在は難波田城公園です、右側半分が城跡ゾーンですが、公園上側は宅地化され当時の曲輪は欠けています、左側は古民家が展示されていました。

Dsc02

当時の縄張り図です、下側が大手門で、中央が本丸(本曲輪)でその上が二の丸(二の曲輪)ですが、上部は現在宅地で有りませんね。

Dsc01020

左側中央辺りから、城内へ、水堀と曲輪3のあずまや目に入ります、左側が本城です。

 

Dsc01023

少し空堀に近づき曲輪3のあずまや、左側が水堀を隔て曲輪2です、右奥が大手門(追手門)側です、こちら側は搦め手側ですね。

Dsc01026

どうも、図と居場所がしっくりしないのですが、今は図の左側か中央左辺りか?、いずれにしろそれ程大きくはありませんね。

Dsc01027

本城です、碑があり、後は民家でそこが本城なのでしょうね?。

Dsc01028

本城の碑から見た本城門と橋・・・狭く空堀ですが・・・広く水堀だったのでしょうが、曲輪2・・馬出の説明が有ります。

Dsc01031

曲輪2(馬出)から見た本城側です、本城門(冠木門と碑)・・・本城は住宅地なのですね。

Dsc01032

曲輪2から見た最初に来た方です、右側は民家ですね・・・本城は結構広かったのでしょう?。

Dsc01033

曲輪2から振り返り見た水堀と曲輪3のあずまや・・・・その向こうが資料館でその後ろ側が古民家展示ゾーンですね。

Dsc01034

曲輪2側から見た東門側と復原橋。

Dsc01036

橋を渡り振り返る(曲輪3側)曲輪2です、右側が本城曲輪1側ですね。

Dsc01043

東門外から見た所です。

Dsc01045

曲輪3から見た曲輪2.

Dsc01047

廻込曲輪3から見た曲輪2と本城(曲輪1)方面。

Dsc01049

曲輪3の外れ大手門手前の筋違い虎口、正面大手門、右側が曲輪4.

Dsc01052

土塁上から見た曲輪4方面、正面は資料館。

Dsc01053

同じ場所から見た筋違い虎口。

Dsc01055

追手門(大手門)冠木門に屋根を乗せた棟門。

Dsc01056

資料館前から見た難波田城です、正面のあずまやは曲輪3、左側奥が曲輪2側ですね、輪郭式平城の片割れですがイメージは府から見ますね。

 

2020年2月 2日 (日)

青梅の今井城跡に行って来ました。

2020年2月1日(土)に青梅の今井城跡に行って来ました、Dsc00520

八高線の金子駅から歩きました、東飯能方面から線路を渡りT字路の大通りを右に霞川の端を渡りすぐ左側の川沿いを上流に歩きます。

Dsc00530

入間川の支流の霞川です、川沿いをT字路まで歩き、T字路で川を離れて右側に少し歩くと大通り此処もT字路左側に進みますね。

Dsc00550

金子橋(霞川)に出ます、埼玉県と東京都の境目です橋を渡らず右側の山根通りを少し進みますね・・・駅から20-30分(迷わなければ)私は迷いましたね。

Dsc00560

山根通りのこの看板が目印です、この建物の奥の林が今井城跡です、私は此処で今井城跡はこの辺ですかと尋ねたら・・・この山根通りの大分先だと告げられました(途中でおかしいと感じたので結局無視しました)、右側を巻いても・・・、少し先右からも入れますが少し解りずらいですね。

Dsc00567

此れが今井城跡の縄張り図です、下側が山根通り、右側がカンバンを回り込むほうです、たいして大きい城跡ではなく地方の豪族のお城ですが此れから見るように遺構は良好に保存されていましたね。

Dsc00568

此れが大手門側からのお城の入り口です、二の曲輪の脇の外郭へ出ます。

Dsc00570

カンバン脇の道へ、この竹林は三の曲輪です、少し先を左側に回り込みます。

Dsc00590

此処が三の曲輪・・・・大分道路で削られているのでしょうが、ここは加治丘陵の南端の舌状台地ですね、この少し先から城内に入れる場所が有ります。

Dsc00719

此処先程の縄張り図では外の外郭ですが城内の一部??で右側上に案内図が有ります、左側が今井城です。

Dsc00723

外郭の上にありました今井城跡の案内図です、この奥に空堀があり、二の曲輪・一の曲輪と続きますね。

Dsc00730

案内板の後です、丘陵の高台が続きますね、住宅地も脇まで来ていますね。

Dsc00738

空堀ですね、左側が外郭(案内板がある方)、右側が二の曲輪です。

Dsc00739

外郭から見た二の曲輪です。

Dsc00744

此処が二の曲輪です。

Dsc00750

これは二の曲輪から見た一の曲輪と空堀此方のからほりの方が大きく深いですね。

Dsc00751

二の曲輪の一部が一の曲輪を回り込むように突き出いますね前は空堀でその向こうは一の曲輪を取り巻く腰曲輪みたいですね。

Dsc00753

その先は民家の中庭へ続きます・・・多分大手筋ですね。 

Dsc00756

二の曲輪から一の曲輪を見ました、この空堀が回り込むように有るわけですね。

Dsc00757

此処も二の曲輪から見た一の曲輪の空堀です。

Dsc00761

これは二の曲輪の空堀です外郭と分けていますが堀が浅く小さいですね。

Dsc00764

此れも二の曲輪の空堀です。

Dsc00765

先程の裏側の道路が見える所です、二の曲輪と三の曲輪の境目です、此れから三の曲輪帆面へ。

Dsc00768

三の曲輪を進みます・・・左側の道路があり低く削られているみたいですね。

Dsc00771

これは手前が三の曲輪側で右側が一の曲輪です。

Dsc00772

此れも三の曲輪から見た一の曲輪です。

Dsc00773

三の曲輪にある虎口でしょうか、一の曲輪の外側湿地帯へ下る?。

Dsc00777

三の曲輪から見た道路側・・・大分道路で削られているのか??。

Dsc00781

一の曲輪と三の曲輪の空堀の中から見た。

Dsc00783

一の曲輪です、三方に土塁が積み上げられています。

Dsc00785

一の曲輪に有る社ですが、朽ち果てていました、今井城は今井四朗左衛門経家の居城で武蔵七党の児玉党出身とか天正年間(1573-1592年)に後北条に滅ぼされた、築城時期は鎌倉後期ー室町時代中期に有った居館を後北条が改修築城、中世豪族の館で規模は小さいですが遺構は良好でした。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

無料ブログはココログ